Windows インスタンスを手動で結合する - AWS Directory Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Windows インスタンスを手動で結合する

既存の Amazon EC2 Windows インスタンスを手動で Simple AD ディレクトリまたは AWS Directory Service for Microsoft Active Directory ディレクトリに結合するには、「Windows EC2 インスタンスをシームレスに結合する」で指定したとおりにインスタンスを起動する必要があります。

Simple AD または AWS Managed Microsoft AD ディレクトリに Windows インスタンスを結合するには

  1. 任意の Remote Desktop Protocol クライアントを使用してインスタンスに接続します。

  2. インスタンスで [TCP/IPv4 Properties] ダイアログボックスを開きます。

    1. [Network Connections] を開きます。

      ヒント

      インスタンスのコマンドプロンプトから以下のコマンドを実行すると、直接 [Network Connections] を開くことができます。

      %SystemRoot%\system32\control.exe ncpa.cpl
    2. 有効になっているネットワーク接続のコンテキストメニュー (右クリック) を開き、[Properties] を選択します。

    3. 接続のプロパティダイアログボックスで、[Internet Protocol Version 4] をダブルクリックして開きます。

  3. (オプション) [Use the following DNS server addresses (次の DNS サーバーアドレスを使用する)] を選択し、[Preferred DNS server (優先 DNS サーバー)] および [Alternate DNS server (代替 DNS サーバー)] のアドレスを AWS Directory Service 提供の DNS サーバーの IP アドレスに変更して、[OK] を選択します。

    
                                DNS サーバーアドレスの設定
  4. インスタンスの [System Properties] ダイアログボックスを開き、[Computer Name] タブを選択して、[Change] を選択します。

    ヒント

    インスタンスのコマンドプロンプトから以下のコマンドを実行すると、直接 [System Properties] ダイアログボックスを開くことができます。

    %SystemRoot%\system32\control.exe sysdm.cpl
  5. [Member of (所属)] フィールドで、[Domain (ドメイン)] を選択し、AWS Directory Service ディレクトリの完全修飾名を入力して、[OK] を選択します。

  6. ドメイン管理者の名前とパスワードの入力を求められたら、ドメイン参加権限を持つアカウントのユーザー名とパスワードを入力します。これらの権限の委任に関する詳細については、「のディレクトリ結合権限を委任するAWS Managed Microsoft AD」を参照してください。

    注記

    ドメインの完全修飾名または NetBIOS 名のいずれかに続けて、バックスラッシュ (\)、ユーザー名の順に入力できます。

    AWS Managed Microsoft AD を使用している場合、ユーザー名は Admin になります。たとえば、corp.example.com\admin または corp\admin となります。

    Simple AD を使用している場合、ユーザー名は Administrator になります。たとえば、corp.example.com\administrator または corp\administrator になります。

  7. ドメインへのウェルカムメッセージを受信したら、インスタンスを再起動して変更を有効にします。

これでインスタンスはドメインに結合されました。そのインスタンスにリモートからログインし、ユーザーやグループの追加など、ディレクトリを管理するためのユーティリティをインストールできます。