のレプリケーションの設定AWS Database Migration Service - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

のレプリケーションの設定AWS Database Migration Service

このトピックでは、ソースデータベースとターゲットデータベースの間でレプリケーションを設定します。

ステップ 1: を使用してレプリケーションインスタンスを作成します。AWS DMSconsole

で作業を開始するにはAWS DMSで、レプリケーションインスタンスを作成します。

Aレプリケーションインスタンスソースエンドポイントとターゲットエンドポイント間で、実際のデータ移行を実行します。インスタンスには、ソースデータベースからターゲットデータベースにデータを移行するタスクを実行するのに十分なストレージと処理能力が必要です。このレプリケーションインスタンスの大きさは、移行するデータの量と、インスタンスで実行する必要があるタスクによって異なります。レプリケーションインスタンスの詳細については、「AWS DMS レプリケーションインスタンスを使用する」を参照してください。


                レプリケーションインスタンスの作成

コンソールを使用してレプリケーションインスタンスを作成するには

  1. [] にサインインします。AWS Management Console[] を開き、[AWS DMSコンソールのhttps://console.aws.amazon.com/dms/v2/

  2. ナビゲーションペインで [] を選択します。レプリケーションインスタンス[] を選択してから、[レプリケーションインスタンスの作成

  3. リポジトリの []レプリケーションインスタンスの作成ページで、レプリケーションインスタンスの設定を指定します。

    1. [名前] に「DMS-instance」と入力します。

    2. を使用する場合説明[] にレプリケーションインスタンスの短い説明を入力します (オプション)。

    3. を使用する場合インスタンスクラス、離れるdms.t3.medium選ばれた。

      インスタンスには、移行に十分なストレージ、ネットワーキング、処理能力が必要です。インスタンスクラスの選択方法の詳細については、「」を参照してください。権利を選択するAWS移行用の DMS レプリケーションインスタンス

    4. を使用する場合エンジンバージョン[] (デフォルト) を受け入れます。

    5. を使用する場合割り当てられたストレージ (GiB)[GiB] のデフォルトを受け入れます。

      EclipseAWS DMSでは、ストレージは主に、ログファイルと、キャッシュされたトランザクションで使用されます。キャッシュされたトランザクションでは、ストレージは、キャッシュされたトランザクションをディスクに書き込む必要がある場合にのみ使用されます。従って、AWS DMSは大量のストレージを使用しません。

    6. を使用する場合VPC] で、DMSVPC

  4. [高度なセキュリティとネットワーク構成必要に応じて、[] タブを使用して、ネットワークおよび暗号化設定の値を設定します。

    1. を使用する場合レプリケーションサブネットグループ[] で、レプリケーションサブネットグループを現在選択されているままにします。

    2. を使用する場合アベイラビリティーゾーン] で、us-west-2a

    3. を使用する場合VPC セキュリティグループ] で、デフォルト値セキュリティグループを選択します (まだ選択していない場合)。

    4. を使用する場合AWS KMS key、離れる(デフォルト) aws/dms選ばれた。

  5. 設定をメンテナンスタブをそのまま使用します。デフォルトは 30 分のウィンドウで、ランダムに選択されます。AWSリージョンで、ランダムな曜日に発生します。

  6. [作成] を選択します。

AWS DMSでは、移行を実行するレプリケーションインスタンスが作成されます。

ステップ 2: ソースおよびターゲットエンドポイントを指定する

レプリケーションインスタンスの作成時に、前に作成した Amazon RDS データベースのソースとターゲットのデータストアのエンドポイントを指定できます。各エンドポイントは個別に作成します。


                エンドポイントの作成

ソースエンドポイントとデータベースエンドポイントを指定するには、AWS DMSconsole

  1. コンソールで、[エンドポイントナビゲーションペインで [] を選択し、[エンドポイントの作成

  2. リポジトリの []エンドポイントの作成[] ページで、[送信元エンドポイントタイプ。 [] を選択します。RDS DB インスタンスの選択[] ボックスにチェックマークを付けて、[dms-MySQLインスタンス。

  3. エンドポイント設定セクションで、dms-mysql-sourceforエンドポイント識別子

  4. を使用する場合Source engine、離れるMySQL選ばれた。

  5. を使用する場合エンドポイントデータベースへのアクセス] で、アクセス情報を手動で提供する。であることを確認します。ポート,Secure Socket Layer (SSL) モード,[User name], およびパスワードが正しいことを確認します。

  6. [エンドポイント接続のテスト (オプション)[] タブ。を使用する場合VPC] で、DMSVPC

  7. を使用する場合レプリケーションインスタンス、離れるdms-インスタンス選ばれた。

  8. 選択テストの実行

    あなたが選択した後テストの実行,AWS DMSは、指定した詳細を含むエンドポイントを作成し、そのエンドポイントに接続します。接続に失敗した場合は、エンドポイント定義を編集して、接続を再テストします。エンドポイントを手動で削除することもできます。

  9. テストが成功したら、エンドポイントの作成

  10. を使用してターゲットデータベースエンドポイントを指定するにはAWS DMSconsole. これを行うには、次の設定を使用して、上記の手順を繰り返します。

    • エンドポイントタイプ: ターゲットエンドポイント

    • RDS インスタンス:dms-Postgresql

    • エンドポイント識別子:dms-postgresql-target

    • ターゲットエンジン: 離れるPostgreSQL選ばれた。

エンドポイントに関するすべての情報の提供が終了したら、AWS DMSは、データベースの移行中に使用するソースおよびターゲットのエンドポイントを作成します。

ステップ 3: タスクの作成とデータの移行

この手順では、作成したデータベース間でデータを移行するためのタスクを作成します。


                移行タスクの作成

移行タスクを作成し、データベース移行を開始するには

  1. コンソールのナビゲーションペインで、[] を選択します。データベースの移行タスク[] を選択してから、[タスクの作成。-データベース移行タスクの作成ページが開きます。

  2. タスクの設定セクションで、以下のタスクオプションを指定します。

    • タスク識別子: dms-task と入力します。

    • レプリケーションインスタンス: レプリケーションインスタンス(dms-インスタンス-vpc-<vpc id>).

    • ソースデータベースのエンドポイント: 選択dms-mysql ソース

    • ターゲットデータベースエンドポイント: 選択dms-postgresql ターゲット

    • 移行タイプ: 選択既存のデータを移行し、継続的な変更をレプリケートする

  3. [タスク設定[] タブ。以下の設定を設定します。

    • ターゲットテーブル作成モード: 何もしない

    • 全ロードの完了後にタスクを停止する: 止まらないで

  4. [テーブルマッピングタブをクリックし、選択ルール。選択新しい選択ルールの追加。以下の設定を設定します。

    • スキーマ: スキーマの入力

    • スキーマ名:dms_sample

  5. [移行タスクのスタートアップコンフィギュレーション[] タブを選択してから、[作成時に自動的に実行

  6. [タスクの作成] を選択します。

AWS DMSは、移行タスクを作成して開始します。最初のデータベースレプリケーションには約 10 分かかります。チュートリアルの次の手順を実行する前に、AWS DMSはデータの移行を完了します。

ステップ 4: テストレプリケーション

このセクションでは、最初のレプリケーション中およびレプリケーション後にソース・データベースにデータを挿入し、挿入されたデータについてターゲット・データベースに問い合せます。

レプリケーションをテストするには

  1. データベース移行タスクのステータスが実行中ですが、前の手順で開始した最初のデータベース複製は完了していません。

  2. Amazon EC2 クライアントConnect、次のコマンドを使用して MySQL クライアントを起動します。MySQL データベースエンドポイントを指定します。

    mysql -h dms-mysql.abcdefg12345.us-west-2.rds.amazonaws.com -P 3306 -u admin -pchangeit dms_sample
  3. 次のコマンドを実行して、ソースデータベースにレコードを挿入します。

    MySQL [dms_sample]> insert person (full_name, last_name, first_name) VALUES ('Test User1', 'User1', 'Test'); Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
  4. MySQL クライアントを終了します。

    MySQL [dms_sample]> exit Bye
  5. レプリケーションが完了する前に、ターゲットデータベースに新しいレコードを問い合せます。

    Amazon EC2 インスタンスから、次のコマンドを使用してターゲットデータベースに接続し、ターゲットデータベースのエンドポイントを指定します。

    psql \ --host=dms-postgresql.abcdefg12345.us-west-2.rds.amazonaws.com \ --port=5432 \ --username=postgres \ --password \ --dbname=dms_sample

    パスワードを入力します (changeitプロンプトが表示されたら、[] をクリックします。

  6. レプリケーションが完了する前に、ターゲットデータベースに新しいレコードを問い合せます。

    dms_sample=> select * from dms_sample.person where first_name = 'Test'; id | full_name | last_name | first_name ----+-----------+-----------+------------ (0 rows)
  7. 移行タスクの実行中は、データベースの移行の進行状況を監視できます。

    • DMS コンソールのナビゲーションペインで、[] を選択します。データベースの移行タスク

    • 選択dmsタスク

    • 選択テーブル統計

    モニタリングの詳細については、「MonitoringAWSDMS タスク」を参照してください。

  8. レプリケーションの完了後、ターゲットデータベースに対して新しいレコードを再度照会します。AWS DMSは、最初のレプリケーションの完了後に新しいレコードを移行します。

    dms_sample=> select * from dms_sample.person where first_name = 'Test'; id | full_name | last_name | first_name ---------+------------+-----------+------------ 7077784 | Test User1 | User1 | Test (1 row)
  9. psql クライアントを終了します。

    dms_sample=> quit
  10. 手順 1 を繰り返して、ソースデータベースにもう一度接続します。

  11. 別のレコードをpersonテーブル。

    MySQL [dms_sample]> insert person (full_name, last_name, first_name) VALUES ('Test User2', 'User2', 'Test'); Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
  12. 手順3と4を繰り返して、ソースデータベースから切断し、ターゲットデータベースに接続します。

  13. レプリケートされたデータについてターゲット・データベースに再度問い合せます。

    dms_sample=> select * from dms_sample.person where first_name = 'Test'; id | full_name | last_name | first_name ---------+------------+-----------+------------ 7077784 | Test User1 | User1 | Test 7077785 | Test User2 | User2 | Test (2 rows)

ステップ 5: クリーンアップAWS DMSのリソース

入門ガイドのチュートリアルを完了したら、作成したリソースを削除できます。♪AWSコンソールから削除します。レプリケーションインスタンスとエンドポイントを削除する前に、移行タスクを削除してください。

コンソールを使用して移行タスクを削除するには

  1. リポジトリの []AWS DMSコンソールのナビゲーションペインで [] を選択します。データベースの移行タスク

  2. 選択dmsタスク

  3. [ Actions] で、[Delete ] を選択します。

コンソールを使用してレプリケーションインスタンスを削除するには

  1. リポジトリの []AWS DMSコンソールのナビゲーションペインで [] を選択します。レプリケーションインスタンス

  2. 選択DMS インスタンス

  3. [ Actions] で、[Delete ] を選択します。

AWS DMSによってレプリケーションインスタンスが削除され、レプリケーションインスタンスページで.

コンソールを使用してエンドポイントを削除するには

  1. リポジトリの []AWS DMSコンソールのナビゲーションペインで [] を選択します。エンドポイント

  2. 選択dms-mysql ソース

  3. [ Actions] で、[Delete ] を選択します。

削除した後、AWS DMSリソースを削除する場合は、次のリソースも削除してください。他ののサービスのリソースを削除する方法については、各サービスのドキュメントを参照してください。

  • RDS データベース。

  • RDS データベースのパラメータグループ。

  • RDS サブネットグループ。

  • データベースおよびレプリケーションインスタンスとともに作成された Amazon CloudWatch ログ。

  • Amazon VPC および Amazon EC2 クライアント用に作成されたセキュリティグループ。受信ルールをデフォルト値向けの起動ウィザード-1セキュリティグループを削除します。これは、削除できるようにするために必要です。

  • Amazon EC2 クライアント。

  • Amazon VPC。

  • Amazon EC2 クライアント用の Amazon EC2 key pair。