AWS DMS レプリケーションインスタンスを使用する - AWS Database Migration Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS DMS レプリケーションインスタンスを使用する

レプリケーションインスタンスを作成すると、AWS DMS は AWS DMS サービスに基づいて Virtual Private Cloud (VPC) の Amazon EC2 インスタンスにそのインスタンスを作成します。Amazon VPCこのレプリケーションインスタンスを使用して、データベース移行を実行します。[マルチ AZ] オプションを選択すると、レプリケーションインスタンスを使用することで、マルチ AZ 配置で高可用性とフェイルオーバーサポートを得られます。

マルチ AZ 配置では、AWS DMS によって異なるアベイラビリティーゾーンにレプリケーションインスタンスの同期スタンバイレプリカが自動的にプロビジョニングされて維持されます。プライマリレプリケーションインスタンスは、同期的にアベイラビリティーゾーン間でスタンバイレプリカにレプリケートされます。このアプローチでは、データの冗長性が確保されて I/O のフリーズは排除されるため、レイテンシーのスパイクは最小限に抑えられます。


             AWS Database Migration Service レプリケーションインスタンス

AWS DMS はレプリケーションインスタンスを使用してソースデータストアに接続し、ソースデータを読み取り、ターゲットデータストアが使用できるようにデータをフォーマットします。レプリケーションインスタンスもターゲットデータストアにデータをロードします。この処理のほとんどはメモリ内で行われます。ただし、大きいトランザクションではディスクでのバッファリングが必要になることがあります。キャッシュされたトランザクションとログファイルもディスクに書き込まれます。

レプリケーションインスタンスは、次の AWS DMS リージョンで作成できます。AWS

リージョン 名前
アジアパシフィック (東京) リージョン ap-northeast-1
アジアパシフィック (ソウル) リージョン ap-northeast-2
アジアパシフィック (ムンバイ) リージョン ap-south-1
アジアパシフィック (シンガポール) リージョン ap-southeast-1
アジアパシフィック (シドニー) リージョン ap-southeast-2
カナダ (中部) リージョン ca-central-1
中国 (北京) リージョン cn-north-1
中国 (寧夏) リージョン cn-northwest-1
欧州 (ストックホルム) リージョン eu-north-1
欧州 (フランクフルト) リージョン eu-central-1
欧州 (アイルランド) リージョン eu-west-1
欧州 (ロンドン) リージョン eu-west-2
EU (パリ) リージョン eu-west-3
南米 (サンパウロ) リージョン sa-east-1
米国東部 (バージニア北部) リージョン us-east-1
米国東部 (オハイオ) リージョン us-east-2
米国西部 (北カリフォルニア) リージョン us-west-1
米国西部 (オレゴン) リージョン us-west-2

AWS DMS は、米国政府機関および関係者のために、機密性の高いワークロードをクラウドに移行することを可能にするように設計された、AWS GovCloud (US) という特別な AWS リージョンをサポートしています。AWS GovCloud (US) は、米国政府の特定の規制とコンプライアンスの要件に対応しています。の詳細については、「AWS GovCloud (US)AWS (米国) とはGovCloud」を参照してください。

以下で、レプリケーションインスタンスの詳細について参照してください。