AWS DMS のターゲット - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS DMS のターゲット

AWS DMS を使用したデータ移行のターゲットエンドポイントとして、以下のデータストアを使用できます。

オンプレミスおよび Amazon EC2 インスタンスデータベース

  • Enterprise、Standard、Standard One、および Standard Two エディションの Oracle バージョン 10g、11g、12c、18c、19c。

  • Enterprise、Standard、Workgroup、および Developer エディションの Microsoft SQL Server バージョン 2005、2008、2008R2、2012、2014、2016、2017、2019。Web および Express エディションはサポートされていません。

  • MySQL バージョン 5.5、5.6、5.7、8.0

  • MariaDB (MySQL 互換データターゲットとしてサポート) バージョン 10.0.24 から 10.0.28、10.1、10.2、10.3、10.4。

    注記

    ターゲットとしての MariaDB のサポートは、MySQL がサポートされているすべての AWS DMS バージョンで利用できます。

  • PostgreSQL バージョン 9.4 以降 (バージョン 9.x 用)、10.x、11.x、12.x、13x。

  • SAP Adaptive Server Enterprise (ASE) バージョン 15、15.5、15.7、16 以降。

  • Redis バージョン 6.x.

Amazon RDS インスタンスデータベース、Amazon Redshift、Amazon DynamoDB、Amazon S3、Amazon S3、AmazonOpenSearchサービス, アマゾンElastiCacheRedis、Amazon Kinesis Data Streams、Amazon DocumentDB、Amazon Neptune、Apache Kafka

  • Oracle バージョン 11g (バージョン 11.2.0.3.v1 以降) および Enterprise、Standard、Standard One、Standard Two エディション向け 12c、18c、19c。

  • Enterprise、Standard、Workgroup、および Developer エディションの Microsoft SQL Server バージョン 2012、2014、2016、2017、2019。Web および Express エディションはサポートされていません。

  • MySQL バージョン 5.5、5.6、5.7、8.0

  • MariaDB (MySQL 互換データターゲットとしてサポート) バージョン 10.0.24 から 10.0.28、10.1、10.2,10.3、10.4。

    注記

    ターゲットとしての MariaDB のサポートは、MySQL がサポートされているすべての AWS DMS バージョンで利用できます。

  • PostgreSQL バージョン 9.4 以降 (バージョン 9.x 用)、10.x、11.x、および 12.x。

  • Amazon Aurora MySQL 互換エディション

  • Amazon Aurora PostgreSQL 互換エディション

  • Amazon Aurora サーバーレス

  • Amazon Redshift

  • [Amazon S3]

  • Amazon DynamoDB

  • アマゾンOpenSearchサービス

  • アマゾンElastiCacheRedis 用

  • Amazon Kinesis Data Streams

  • Amazon DocumentDB (MongoDB 互換性)

  • Amazon Neptune

  • Apache Kafka —Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (Amazon MSK)そしてセルフマネージド Apache Kafka

特定のターゲットでの操作方法の詳細については、「」を参照してください。の使用AWS DMSエンドポイント