AWS Database Migration Service
ユーザーガイド (Version API Version 2016-01-01)

AWS DMS エンドポイントの使用

エンドポイントは、データストアに関する接続、データストアタイプ、および場所情報を提供します。AWS Database Migration Service​ はこの情報を使用してデータストアに接続し、ソースエンドポイントからターゲットエンドポイントにデータを移行します。追加の接続属性を使用して、エンドポイントの接続属性をさらに指定できます。これらの属性により、ログ記録やファイルサイズなどのパラメータを管理できます。追加の接続属性の詳細については、データストアのドキュメントセクションを参照してください。

以下で、エンドポイントの詳細について参照してください。

ソースおよびターゲットエンドポイントの作成

レプリケーションインスタンスの作成時にソースエンドポイントとターゲットエンドポイントを作成することができます。また、レプリケーションインスタンスの作成後にエンドポイントを作成することもできます。ソースおよびターゲットデータストアには、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) DB インスタンス、またはオンプレミスデータベースを使用できます。

以下の手順では、AWS DMS コンソールウィザードを選択したことを前提とします。このステップは、 コンソールのナビゲーションペインで [Endpoints (エンドポイント)AWS DMS]、[Create endpoint (エンドポイントの作成)] の順に選択することでも実行できます。コンソールウィザードを使用するときは、ソースエンドポイントとターゲットエンドポイントの両方を同じページで作成します。コンソールウィザードを使用しないときは、各エンドポイントを個別に作成します。

AWS コンソールを使用して、ソースまたはターゲットデータベースエンドポイントを指定するには

  1. [ソースおよびターゲットデータベースエンドポイントの接続] ページで、ソースまたはターゲットデータベースの接続情報を指定します。次の表で設定について説明します。

    
                        DB エンドポイントの作成
    使用するオプション 操作

    エンドポイントタイプ

    このエンドポイントに対して、ソースエンドポイントまたはターゲットエンドポイントを選択します。

    RDS DB インスタンスの選択

    エンドポイントが Amazon RDS DB インスタンスの場合は、このオプションを選択します。

    エンドポイント識別子

    エンドポイントを識別するのに使用する名前を入力します。名前に、oracle-source または PostgreSQL-target などのエンドポイントの種類を含めることができます。名前はすべてのレプリケーションインスタンスに対して一意である必要があります。

    ソースエンジンターゲットエンジン

    エンドポイントであるデータベースエンジンのタイプを選択します。

    サーバー名

    サーバー名を入力します。オンプレミスデータベースの場合、IP アドレスまたはパブリックホスト名にすることができます。Amazon RDS DB インスタンスの場合、DB インスタンスのエンドポイント (DNS 名) とすることができます。たとえば、mysqlsrvinst.abcd12345678.us-west-2.rds.amazonaws.com とします。

    ポート

    データベースが使用するポートを入力します。

    SSL モード

    このエンドポイントの接続暗号化を有効にする場合は、SSL モードを選択します。選択したモードにより、証明書、およびサーバー証明書情報の提供を求められることがあります。

    ユーザー名

    データ移行を許可するために必要な権限を持つユーザー名を入力します。必要な権限の詳細については、このユーザーガイドの「ソースまたはターゲットデータベースエンジンに対するセキュリティセクション」を参照してください。

    パスワード

    必要な権限のあるアカウントのパスワードを入力します。パスワード内に特殊文字 ("+" や "&" など) を使用する場合は、パスワード全体を中かっこ "{}" で囲みます。

    データベース名

    エンドポイントとして使用するデータベースの名前。

  2. 必要がある場合は、次に示す通り、[Advanced] タブを選択して、接続文字列および暗号化キーの値を設定します。[テストの実行] を選択して、エンドポイントの接続をテストできます。

    
                        ソースまたはターゲット DB エンドポイントを作成
    使用するオプション 操作

    追加の接続属性

    追加の接続パラメータをここに入力します。追加の接続属性の詳細については、データストアのドキュメントセクションを参照してください。

    KMS マスターキー

    使用する暗号化キーを選択して、レプリケーションのストレージと接続情報を暗号化します。(デフォルト) aws/dms を選択する場合、アカウントおよびリージョンに関連付けられたデフォルトの AWS Key Management Service (AWS KMS) キーが使用されます。暗号化キーの使用の詳細については、「暗号化キーの設定と KMS のアクセス許可の指定」を参照してください。

    エンドポイント接続のテスト (オプション)

    VPC およびレプリケーションインスタンス名を追加します。接続をテストするには、[テストの実行] を選択します。