AWS Database Migration Service
ユーザーガイド (Version API Version 2016-01-01)

データ移行のターゲット

AWS Database Migration Service (AWS DMS) では、最もよく利用されているデータベースの多くをデータレプリケーションのターゲットとして使用できます。ターゲットには、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンス、またはオンプレミスデータベースを使用できます。

データベースには次のものが含まれます。

オンプレミスおよび EC2 インスタンスデータベース

  • Enterprise、Standard、Standard One、および Standard Two エディションの Oracle バージョン 10g、11g、12c

  • Enterprise、Standard、Workgroup、および Developer エディションの Microsoft SQL Server バージョン 2005、2008、2008R2、2012、2014、および 2016。Web および Express エディションはサポートされていません。

  • MySQL バージョン 5.5、5.6、5.7

  • MariaDB (MySQL 互換データターゲットとしてサポートされています)

  • PostgreSQL バージョン 9.4 以降

  • SAP Adaptive Server Enterprise (ASE) バージョン 15、15.5、15.7、16 以降

Amazon RDS インスタンスのデータベース、Amazon Redshift、Amazon S3、Amazon DynamoDB、Amazon Elasticsearch Service、Amazon Kinesis Data Streams、および Amazon DocumentDB

  • Oracle バージョン 11g (バージョン 11.2.0.3.v1 以降) 向け Amazon RDS および Enterprise、Standard、Standard One、Standard Two エディション向け 12c

  • Microsoft SQL Server バージョン 2008R2、2012、2014 向け、および Enterprise、Standard、Workgroup、Developer エディション向け Amazon RDSWeb および Express エディションはサポートされていません。

  • MySQL バージョン 5.5、5.6、5.7 向け Amazon RDS

  • MariaDB (MySQL 互換データターゲットとしてサポートされています) 向け Amazon RDS

  • PostgreSQL バージョン 9.4 以降向け Amazon RDS

  • MySQL と互換性がある Amazon Aurora

  • PostgreSQL との互換性を持つ Amazon Aurora

  • Amazon Redshift

  • Amazon S3

  • Amazon DynamoDB

  • Amazon Elasticsearch Service

  • Amazon Kinesis Data Streams

  • Amazon DocumentDB (MongoDB 互換性)

注記

AWS DMS は、以下のターゲットエンドポイントタイプについては、クロスリージョンの移行をサポートしていません。

  • Amazon DynamoDB

  • Amazon Elasticsearch Service

  • Amazon Kinesis Data Streams