メニュー
AWS Database Migration Service
ユーザーガイド (Version API バージョン 2016-01-01)

データ移行のターゲット

AWS Database Migration Service (AWS DMS) では、最もよく利用されているデータベースの多くをデータレプリケーションのターゲットとして使用できます。ターゲットには、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンス、またはオンプレミスデータベースを使用できます。

注記

ソースストレージエンジン (MyISAM、MEMORY など) にかかわらず、AWS DMS によってデフォルトで InnoDB テーブルとして MySQL 互換のターゲットテーブルが作成されます。InnoDB 以外のストレージエンジンを使用するテーブルが必要な場合は、手動でテーブルを MySQL 互換のターゲットで作成し、"Do Nothing" モードで移行できます。"Do Nothing" モードの詳細については、「全ロードタスク設定」を参照してください。

データベースには次のものが含まれます。

オンプレミスおよび EC2 インスタンスデータベース

  • Enterprise、Standard、Standard One、および Standard Two エディションの Oracle バージョン 10g、11g、12c

  • Enterprise、Standard、Workgroup、および Developer エディションの Microsoft SQL Server バージョン 2005、2008、2008R2、2012、2014、および 2016. Web および Express エディションはサポートされていません。

  • MySQL バージョン 5.5、5.6、5.7

  • MariaDB (MySQL 互換データターゲットとしてサポートされています)

  • PostgreSQL バージョン 9.4 以降

  • SAP Adaptive Server Enterprise (ASE) バージョン 15、15.5、15.7、16 以降

Amazon RDS インスタンスデータベース、Amazon Redshift、Amazon S3、Amazon DynamoDB

  • Amazon RDS Oracle バージョン 11g (バージョン 11.2.0.3.v1 以降) および 12c (Enterprise、Standard、Standard One、Standard Two エディション)

  • Enterprise、Standard、Workgroup、および Developer エディションの Amazon RDS Microsoft SQL Server バージョン 2008R2、2012、2014。Web および Express エディションはサポートされていません。

  • Amazon RDS MySQL バージョン 5.5、5.6、5.7

  • Amazon RDS MariaDB (MySQL 互換データターゲットとしてサポートされています)

  • Amazon RDS PostgreSQL バージョン 9.4 以降

  • MySQL と互換性がある Amazon Aurora

  • PostgreSQL との互換性を持つ Amazon Aurora

  • Amazon Redshift

  • Amazon S3

  • Amazon DynamoDB