データ移行のターゲット - AWS Database Migration Service

データ移行のターゲット

AWS Database Migration Service (AWS DMS) では、最もよく利用されているデータベースの多くをデータレプリケーションのターゲットとして使用できます。ターゲットには、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンス、またはオンプレミスデータベースを使用できます。

データベースには次のものが含まれます。

オンプレミスおよび Amazon EC2 インスタンスデータベース

  • Enterprise、Standard、Standard One、および Standard Two エディションの Oracle バージョン 10g、11g、12c、18c、19c。

    注記

    ターゲットとして Oracle バージョン 19c のサポートは、AWS DMS バージョン 3.3.2 以降で利用できます。

    ターゲットとして Oracle バージョン 18c のサポートは、AWS DMS バージョン 3.3.1 以降で利用できます。

  • Microsoft SQL Server バージョン 2005、2008、2008R2、2012、2014、2016、2017、2019。Enterprise、Standard、Workgroup、および Developer エディションがサポートされます。Web および Express エディションは AWS DMS ではサポートされていません。

    注記

    ターゲットとしての Microsoft SQL Server バージョン 2019 のサポートは、AWS DMS バージョン 3.3.2 以降で利用できます。

  • MySQL バージョン 5.5、5.6、5.7、8.0

    注記

    ターゲットとしての MySQL 8.0 のサポートは、AWS DMS バージョン 3.3.1 以降で使用できます。

  • MariaDB (MySQL 互換データターゲットとしてサポート) バージョン 10.0.24 から 10.0.28、10.1、10.2、10.3。

    注記

    ターゲットとしての MariaDB のサポートは、MySQL がサポートされているすべての AWS DMS バージョンで利用できます。

  • PostgreSQL バージョン 9.4 以降 (バージョン 9.x 用)、10.x、11.x、および 12.x。

    注記
    • PostgreSQL バージョン 12.x は AWS DMS バージョン 3.3.3 以降でターゲットとしてサポートされています。

    • PostgreSQL バージョン 11.x は AWS DMS バージョン 3.3.1 以降でターゲットとしてサポートされています。PostgreSQL バージョン 9.4 以降 (バージョン 9.x 用) および 10.x を任意の DMS バージョンのソースとして使用できます。

  • SAP Adaptive Server Enterprise (ASE) バージョン 15、15.5、15.7、16 以降。

Amazon RDS インスタンスのデータベース、Amazon Redshift、Amazon S3、Amazon DynamoDB、Amazon Elasticsearch Service、Amazon Kinesis Data Streams、Amazon DocumentDB、Amazon Neptune、および Apache Kafka

  • Oracle バージョン 11g (バージョン 11.2.0.3.v1 以降) 向け Amazon RDS および Enterprise、Standard、Standard One、Standard Two エディション向け 12c、18c、19c。

    注記

    ターゲットとして Oracle バージョン 19c のサポートは、AWS DMS バージョン 3.3.2 以降で利用できます。

    ターゲットとして Oracle バージョン 18c のサポートは、AWS DMS バージョン 3.3.1 以降で利用できます。

  • Amazon RDS for Microsoft SQL Server バージョン 2008R2、2012、2014、2016、2017、2019。Enterprise、Standard、Workgroup、および Developer エディションがサポートされます。Web および Express エディションは AWS DMS ではサポートされていません。

    注記

    ターゲットとしての Microsoft SQL Server バージョン 2019 のサポートは、AWS DMS バージョン 3.3.2 以降で利用できます。

  • MySQL バージョン 5.5、5.6、5.7、8.0 向け Amazon RDS。

    注記

    ターゲットとしての MySQL 8.0 のサポートは、AWS DMS バージョン 3.3.1 以降で使用できます。

  • MariaDB (MySQL 互換データターゲットとしてサポート) バージョン 10.0.24 から 10.0.28、10.1、10.2、10.3。

    注記

    ターゲットとしての MariaDB のサポートは、MySQL がサポートされているすべての AWS DMS バージョンで利用できます。

  • PostgreSQL バージョン 9.4 以降 (バージョン 9.x 用)、10.x、11.x、および 12.x。

    注記
    • PostgreSQL バージョン 12.x は AWS DMS バージョン 3.3.3 以降でターゲットとしてサポートされています。

    • PostgreSQL バージョン 11.x は AWS DMS バージョン 3.3.1 以降でターゲットとしてサポートされています。PostgreSQL バージョン 9.4 以降 (バージョン 9.x 用) および 10.x を任意の DMS バージョンのソースとして使用できます。

  • MySQL と互換性がある Amazon Aurora。

  • PostgreSQL との互換性がある Amazon Aurora。

  • Amazon Redshift。

  • Amazon S3。

  • Amazon DynamoDB。

  • Amazon Elasticsearch Service。

  • Amazon Kinesis Data Streams。

  • Amazon DocumentDB (MongoDB 互換)。

  • Amazon Neptune。

  • Apache Kafka – Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (Amazon MSK)セルフマネージド型 Apache Kafka

注記

AWS DMS は、以下のターゲットエンドポイントタイプの AWS リージョン間の移行をサポートしていません。

  • Amazon DynamoDB

  • Amazon Elasticsearch Service

  • Amazon Kinesis Data Streams