Amazon EBS ボリュームの作成 - Amazon EBS

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon EBS ボリュームの作成

Amazon EBS ボリュームを作成し、同じアベイラビリティーゾーン内の任意の EC2 インスタンスにアタッチできます。暗号化された EBS ボリュームを作成する場合、サポートされるインスタンスタイプにのみアタッチできます。詳細については、「サポートされるインスタンスタイプ」を参照してください。

高性能のストレージシナリオ用にボリュームを作成する場合、プロビジョンド IOPS ボリューム (io1 または io2) を使用して、アプリケーションをサポートするために十分な帯域幅を持つインスタンス (EBS 最適化インスタンスなど) にアタッチしてください。同様のアドバイスは、スループット最適化 HDD (st1) と Cold HDD (sc1) ボリュームにもあてはまります。

注記

Windows インスタンス用のボリュームを作成し、そのボリュームが 2048 GiB を超える場合 (または 2048 GiB より小さいが後で増加する可能性がある場合) は、GPT パーティションテーブルを使用するようにボリュームを設定してください。詳細については、 2 TB を超えるハードディスクの Windows サポートを参照してください。

空の EBS ボリュームは、利用可能になるとすぐに最大のパフォーマンスを発揮し、初期化 (以前は事前ウォーミングと呼ばれました) を必要としません。ただし、スナップショットから作成されたボリュームのストレージブロックは、アクセスするためには事前に初期化する必要があります (Amazon S3 からプルダウンしてボリュームに書き込みます)。この準備処理には時間がかかるため、初めて各ブロックにアクセスした場合に、I/O 操作のレイテンシーの著しい増加が発生する可能性があります。ボリュームのパフォーマンスは、すべてのブロックがダウンロードされてボリュームに書き込まれると正常値に達します。ほとんどのアプリケーションにとって、ボリュームの存続期間全体でこのコストを割り当てることは、許容範囲内です。本番環境でこの初期パフォーマンスヒットを回避するには、ボリューム全体の即時初期化を強制するか、高速スナップショット復元を有効にします。詳細については、「Amazon EBS ボリュームの初期化」を参照してください。

ボリュームを作成する方法

空のボリュームの作成

空のボリュームは、使用可能になるとすぐに最大のパフォーマンスを発揮し、初期化を必要としません。

次のいずれかの方法を使用して、空の EBS ボリュームを作成します。

Console
コンソールを使用して、空の EBS ボリュームを作成するには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [ボリューム] を選択します。

  3. [Create volume] (ボリュームの作成) を選択します。

  4. [Volume type] (ボリュームタイプ) に、作成するボリュームのタイプを選択します。詳細については、「Amazon EBS ボリュームの種類」を参照してください。

    汎用 SSD gp3 がデフォルトで選択されます。

  5. [サイズ] に、ボリュームのサイズ (GiB) を入力します。詳細については、EBS ボリュームのサイズと設定の制限を参照してください。

  6. (io1io2、および gp3 のみ) IOPS では、ボリュームが提供する IOPS (1 秒あたりの入力/出力オペレーションの数) の最大数を入力します。

  7. (gp3 のみ) [Throughput] (スループット) に、ボリュームが提供すべきスループットを MiB/秒 単位で入力します。

  8. [アベイラビリティーゾーン] では、ボリュームを作成するアベイラビリティーゾーンを選択します。ボリュームは、同じアベイラビリティーゾーンにあるインスタンスにのみアタッチできます。

  9. [Snapshot ID](スナップショット ID )はデフォルト値のままにしておきます (スナップショットからボリュームを作成しないでください)。

  10. (io1 および io2 のみ) Amazon EBS マルチアタッチのボリュームを有効にするには、[Enable Multi-Attach](マルチアタッチの有効化) を選択します。詳細については、Amazon EBS マルチアタッチを使用した複数のインスタンスへのボリュームのアタッチを参照してください。

  11. ボリュームの暗号化ステータスを設定します。

    アカウントにおいて暗号化がデフォルトで有効になっている場合、暗号化は自動的に有効になり、無効にすることはできません。ボリュームの暗号化に使用する KMS キーを選択できます。

    アカウントの暗号化がデフォルトで有効になっていない場合、暗号化はオプションです。ボリュームを暗号化するには、[Encryption] (暗号化) で、[Encrypt this volume] (このボリュームを暗号化する) を選択し、次にボリュームの暗号化に使用する KMS キーを選択します。

    注記

    暗号化されたボリュームは、Amazon EBS の暗号化をサポートするインスタンスにのみアタッチすることができます。詳細については、「Amazon EBS 暗号化」を参照してください。

  12. (オプション) ボリュームにカスタムタグを割り当てるには、[タグ] セクションで [タグの追加] を選択し、タグのキーおよび値ペアを入力します。

  13. [Create volume] (ボリュームの作成) を選択します。

    注記

    [Volume state] (ボリュームの状態) が「available」となっていれば、そのボリュームは使用可能です。

  14. ボリュームを使用するには、インスタンスにアタッチします。詳細については、「インスタンスへの Amazon EBS ボリュームのアタッチ」を参照してください。

AWS CLI
を使用して空の EBS ボリュームを作成するには AWS CLI

create-volume コマンドを使用します。

stateavailable となっていれば、そのボリュームは使用可能です。

Tools for Windows PowerShell
Tools for Windows を使用して空の EBS ボリュームを作成するには PowerShell

New-EC2Volumeコマンドを実行します。

stateavailable となっていれば、そのボリュームは使用可能です。

スナップショットからのボリュームの作成

スナップショットから作成されたボリュームは、バックグラウンドで時間をかけて読み込まれます。つまり、インスタンスがアタッチされたボリュームとそのすべてのデータへのアクセスを開始する前に、Amazon S3 から EBS ボリュームにすべてのデータが転送されるのを待つ必要はありません。まだ読み込まれていないデータに対してインスタンスからのアクセスがあった場合、ボリュームは要求されたデータを Amazon S3 から即座にダウンロードし、引き続き残りのボリュームデータをバックグラウンドで読み込みます。ボリュームのパフォーマンスは、すべてのブロックがダウンロードされてボリュームに書き込まれると達成されます。本番環境で初期パフォーマンスヒットを回避するには、Amazon EBS ボリュームの初期化を参照してください。

暗号化されたスナップショットから作成された新しい EBS ボリュームは、自動的に暗号化されます。暗号化されていないスナップショットからボリュームを復元 on-the-fly しながら、ボリュームを暗号化することもできます。暗号化されたボリュームは、EBS 暗号化をサポートするインスタンスタイプにのみアタッチできます。詳細については、「サポートされるインスタンスタイプ」を参照してください。

次のいずれかの方法を使用して、スナップショットからボリュームを作成します。

Console
コンソールを使用してスナップショットから EBS ボリュームを作成するには
  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [ボリューム] を選択します。

  3. [Create volume] (ボリュームの作成) を選択します。

  4. [Volume type] (ボリュームタイプ) に、作成するボリュームのタイプを選択します。詳細については、「Amazon EBS ボリュームの種類」を参照してください。

    汎用 SSD gp3 がデフォルトで選択されます。

  5. [サイズ] に、ボリュームのサイズ (GiB) を入力します。詳細については、EBS ボリュームのサイズと設定の制限を参照してください。

  6. (io1io2、および gp3 のみ) IOPS では、ボリュームが提供する IOPS (1 秒あたりの入力/出力オペレーションの数) の最大数を入力します。

  7. (gp3 のみ) [Throughput] (スループット) に、ボリュームが提供すべきスループットを MiB/秒 単位で入力します。

  8. [アベイラビリティーゾーン] では、ボリュームを作成するアベイラビリティーゾーンを選択します。ボリュームは、インスタンスと同じアベイラビリティーゾーンに限りアタッチできます。

  9. [Snapshot ID] (スナップショット ID) に、ボリュームの作成元となるスナップショットを選択します。

  10. ボリュームの暗号化ステータスを設定します。

    選択したスナップショットが暗号化されている場合、またはアカウントがデフォルトで暗号化を有効にしている場合は、暗号化が自動的に有効になり、無効にすることはできません。ボリュームの暗号化に使用する KMS キーを選択できます。

    選択したスナップショットが暗号化されておらず、アカウントの暗号化がデフォルトで有効になっていない場合、暗号化はオプションです。ボリュームを暗号化するには、[Encryption] (暗号化) で、[Encrypt this volume] (このボリュームを暗号化する) を選択し、次にボリュームの暗号化に使用する KMS キーを選択します。

    注記

    暗号化されたボリュームは、Amazon EBS の暗号化をサポートするインスタンスにのみアタッチすることができます。詳細については、「Amazon EBS 暗号化」を参照してください。

  11. (オプション) ボリュームにカスタムタグを割り当てるには、[タグ] セクションで [タグの追加] を選択し、タグのキーおよび値ペアを入力します。

  12. [ボリュームの作成] を選択します。

    注記

    [Volume state] (ボリュームの状態) が「available」となっていれば、そのボリュームは使用可能です。

  13. ボリュームを使用するには、インスタンスにアタッチします。詳細については、「インスタンスへの Amazon EBS ボリュームのアタッチ」を参照してください。

AWS CLI
を使用してスナップショットから EBS ボリュームを作成するには AWS CLI

create-volume コマンドを使用します。

stateavailable となっていれば、そのボリュームは使用可能です。

Tools for Windows PowerShell
Tools for Windows を使用してスナップショットから EBS ボリュームを作成するには PowerShell

New-EC2Volumeコマンドを実行します。

stateavailable となっていれば、そのボリュームは使用可能です。