汎用 SSD ボリューム - Amazon EBS

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

汎用 SSD ボリューム

汎用 SSD (gp2 および gp3) ボリュームは、ソリッドステートドライブ (SSD) によってサポートされます。これらは、さまざまなトランザクションワークロードに対して、料金とパフォーマンスのバランスをとります。これらには、仮想デスクトップ、中規模のシングルインスタンスデータベース、レイテンシーの影響を受けやすいインタラクティブなアプリケーション、開発およびテスト環境、およびブートボリュームが含まれます。これらのボリュームは、ほとんどのワークロードに推奨されます。

Amazon EBS は、次のタイプの汎用 SSD ボリュームを提供します。

汎用 SSD (gp3) ボリューム

汎用 SSD (gp3) ボリュームは、最新世代の汎用 SSD ボリュームであり、Amazon EBS が提供する最も低コストの SSD ボリュームです。このボリュームタイプは、ほとんどの用途で料金とパフォーマンスの適切なバランスを提供するのに役立ちます。また、ボリュームサイズにかかわらず、ボリュームのパフォーマンスをスケールするのにも役立ちます。つまり、追加のブロックストレージ容量をプロビジョニングしなくても、必要なパフォーマンスをプロビジョニングできます。さらに、gp3 ボリュームでは、GiB あたりの料金が汎用 SSD (gp2) ボリュームよりも 20% 低くなります。

gp3 ボリュームは、1 桁ミリ秒のレイテンシーと 99.8% から 99.9% のボリューム耐久性を提供し、年間故障率 (AFR) は 0.2% 以下です。これは、1 年間に実行中のボリューム 1,000 個あたり最大 2 つのボリューム障害に変換されます。 は gp3 ボリュームを AWS 設計して、プロビジョニングされたパフォーマンスを 99% の割合で実現します。

gp3 ボリュームのパフォーマンス

ヒント

gp3 ボリュームはバーストパフォーマンスを使用しません。これらは、フルプロビジョンド IOPS とスループットパフォーマンスを無期限に維持できます。

IOPS パフォーマンス

gp3 ボリュームは、ストレージの料金に含まれている 3,000 IOPS の一貫したベースライン IOPS パフォーマンスを提供します。追加料金を支払うことで、ボリュームサイズの GiB あたり 500 IOPS の割合で追加の IOPS (最大 16,000 まで) をプロビジョニングできます。32 GiB 以上のボリュームに対して最大 IOPS をプロビジョニングできます (GiB あたり 500 IOPS × 32 GiB = 16,000 IOPS)。

スループットパフォーマンス

gp3 ボリュームは、ストレージの料金に含まれている 125 MiB/秒の一貫したベースラインスループットパフォーマンスを提供します。追加料金を支払うことで、プロビジョンド IOPS あたり 0.25 MiB/秒の割合で追加のスループット (最大 1,000 MiB/秒) をプロビジョニングできます。最大スループットは、4,000 IOPS 以上かつ 8 GiB 以上 (4,000 IOPS × IOPS あたり 0.25 MiB/秒 = 1,000 MiB/秒) でプロビジョニングできます。

gp3 ボリュームサイズ

gp3 ボリュームのサイズ範囲は、1 GiB~16 TiB です。

gp2 から gp3 に移行する

現在 gp2 ボリュームを使用している場合は、Amazon EBS Elastic Volumes を使用してボリュームを変更する オペレーションを使用してボリュームを gp3 に移行できます。Amazon EBS Elastic Volumes オペレーションを使用して、Amazon EC2 インスタンスを中断することなく、既存のボリュームのボリュームタイプ、IOPS、およびスループットを変更できます。コンソールを使用してボリュームを作成したり、スナップショットから AMI を作成したりする場合、ボリュームタイプには、汎用 SSD gp3 がデフォルトで選択されます。それ以外の場合は、gp2 がデフォルトで選択されます。このような場合、gp2 を使用する代わりに、ボリュームタイプとして gp3 を選択できます。

gp2 ボリュームを gp3 に移行することでどの程度のコストを削減できるかを調べるには、Amazon EBS gp2 から gp3 への移行で削減できるコストの計算ツールを使用してください。

汎用 SSD (gp2) ボリューム

これらは、さまざまなトランザクションワークロードに対応できるコスト効率の高いストレージとして使用できます。gp2 ボリュームを使用すると、ボリュームサイズに応じてパフォーマンスがスケールします。

ヒント

gp3 ボリュームは、汎用 SSD ボリュームの最新世代です。このボリュームは、より予測可能なパフォーマンススケーリングと、gp2 ボリュームよりも最大 20% 低い料金を提供します。詳細については、「汎用 SSD (gp3) ボリューム」を参照してください。

gp2 ボリュームを gp3 に移行することでどの程度のコストを削減できるかを調べるには、Amazon EBS gp2 から gp3 への移行で削減できるコストの計算ツールを使用してください。

gp2 ボリュームは、1 桁ミリ秒のレイテンシーと 99.8% から 99.9% のボリューム耐久性を提供し、年間障害率 (AFR) は 0.2% 以下です。これは、1 年間に実行中のボリューム 1,000 個あたり最大 2 つのボリューム障害になります。 は、プロビジョニングされたパフォーマンスを 99% の割合で実現するようにgp2ボリュームを AWS 設計します。

gp2 ボリュームのパフォーマンス

IOPS パフォーマンス

ベースライン IOPS パフォーマンスは、最小 100 から最大 16,000 の間で、ボリュームサイズの GiB あたり 3 IOPS のレートで直線的にスケールします。IOPS パフォーマンスは次のようにプロビジョニングされます。

  • 33.33 GiB 以下のボリュームは、最小 100 IOPS でプロビジョニングされます。

  • 33.33 GiB を超えるボリュームは、最大 16,000 IOPS (5,334 GiB (3 X 5,334) で到達) まで、ボリュームサイズの GiB あたり 3 IOPS でプロビジョニングされます。

  • 5,334 GiB 以上のボリュームは、16,000 IOPS でプロビジョニングされます。

1 TiB 未満の (および 3,000 IOPS 未満でプロビジョニングされた) gp2 ボリュームは、長期間にわたって必要な場合に 3,000 IOPS にバーストできます。ボリュームのバースト機能は I/O クレジットによって制御されます。I/O の需要がベースラインパフォーマンスよりも大きい場合、ボリュームは I/O クレジットを消費して、必要なパフォーマンスレベル (最大 3,000 IOPS) までバーストします。バースト中は、I/O クレジットは累積されず、ベースライン IOPS を上回る IOPS (使用率 = バースト IOPS - ベースライン IOPS) を上回る IOPS の割合で消費されます。ボリュームが蓄積した I/O クレジットが多いほど、バーストパフォーマンスを維持できる時間が長くなります。次のようにバースト期間を計算できます。

(I/O credit balance) Burst duration = ------------------------------ (Burst IOPS) - (Baseline IOPS)

I/O の需要がベースラインパフォーマンスレベル以下に低下すると、ボリュームは、ボリュームサイズの GiB あたり 3 I/O クレジット/秒のレートで I/O クレジットを獲得し始めます。ボリュームには 540 万 I/O クレジットの I/O クレジットの累積制限があり、これは少なくとも 30 分間で 3,000 IOPS の最大バーストパフォーマンスを維持するのに十分です。

注記

各ボリュームは、540 万 I/O クレジットの初期 I/O クレジットバランスを受け取ります。これにより、ブートボリュームの高速な初期ブートサイクルと、他のアプリケーションの優れたブートストラップエクスペリエンスが提供されます。

ボリュームサイズとボリュームの関連するベースラインパフォーマンス、バースト期間 (540 万 I/O クレジットから開始)、および空の I/O クレジットバランスを再補充するのにかかる時間の例を次の表に示します。

ボリュームサイズ (GiB) ベースラインパフォーマンス (IOPS) 3000 IOPS におけるバースト期間 (秒) 空のクレジットバランスを補充する時間 (秒)

1~33.33

100

1,862

54,000

100

300

2,000

18,000

334 (最大スループットの最小サイズ)

1,002

2,703

5,389

750

2,250

7,200

2,400

1,000

3,000

該当なし*

該当なし*

5,334 (最大 IOPS の最小サイズ) 以上

16,000

該当なし*

該当なし*

* ボリュームのベースラインパフォーマンスが最大バーストパフォーマンスを超えた場合。

Amazon の Amazon EBS BurstBalanceメトリクスを使用して、ボリュームの I/O クレジット残高をモニタリングできます CloudWatch。このメトリクスは、残りの gp2 の I/O クレジットの割合を示します。詳細については、「Amazon EBS I/O の特性およびモニタリング」を参照してください。BurstBalance の値が一定のレベルまで下がったときに通知するアラームを設定できます。詳細については、 CloudWatch 「アラームの作成」を参照してください。

スループットパフォーマンス

gp2 ボリュームは、ボリュームサイズに応じて、128 MiB/秒~250 MiB/秒のスループットを提供します。スループットパフォーマンスは次のようにプロビジョニングされます。

  • 170 GiB 以下のボリュームは、最大スループット 128 MiB/秒を提供します。

  • 170 GiB より大きく 334 GiB より小さいボリュームは、250 MiB/秒の最大スループットまでバーストできます。

  • 334 GiB 以上のボリュームは、250 MiB/秒を提供します。

gp2 ボリュームのスループットは、250 MiB/秒のスループット制限まで、次の計算式を使用して計算できます。

Throughput in MiB/s = IOPS performance × I/O size in KiB / 1,024

gp2 ボリュームサイズ

gp2 ボリュームのサイズ範囲は、1 GiB~16 TiB です。ボリュームのパフォーマンスはボリュームサイズに比例してスケールすることに注意してください。