EBS ボリューム変更の要件 - Amazon EBS

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

EBS ボリューム変更の要件

Amazon EBS ボリュームを変更すると、以下の要件と制約事項が適用されます。EBS ボリュームの一般的な要件についての詳細は、EBS ボリュームのサイズと設定の制限を参照してください。

サポートされるインスタンスタイプ

Elastic Volumes は、次のインスタンスでサポートされています。

インスタンスタイプが Elastic Volumes をサポートしていない場合は、Elastic Volumes がサポートされていない場合の EBS ボリュームの変更を参照してください。

オペレーティングシステム

次のオペレーティングシステム要件が適用されます。

Linux AMI では、2 TiB (2048 GiB) 以上のブートボリュームについて GUID パーティションテーブル (GPT) と GRUB 2 が必要です。現在の多くの Linux AMI は依然として MBR パーティションスキームを使用しており、2 TiB までのブートボリュームのみをサポートしています。インスタンスが 2 TiB を超えるブートボリュームで起動しない場合、使用中の AMI は、2 TiB のブートボリュームサイズに制限されている可能性があります。ブートボリューム以外のボリュームには、Linux インスタンスでこの制限はありません。Windows ボリュームに影響する要件については、「Amazon EC2 ユーザーガイド」の「Windows ボリュームの要件」を参照してください。 Amazon EC2

2 TiB より大きな値にブートボリュームのサイズを変更する前に、ボリュームが MBR と GPT のどちらのパーティション分割を使用しているのか確認します。それには、インスタンス上で、コマンドを実行します。

[ec2-user ~]$ sudo gdisk -l /dev/xvda

GPT パーティション分割を使用している Amazon Linux インスタンスでは、次の情報が返ります。

GPT fdisk (gdisk) version 0.8.10
  
  Partition table scan:
    MBR: protective
    BSD: not present
    APM: not present
    GPT: present
  
  Found valid GPT with protective MBR; using GPT.

MBR パーティション分割を使用している SUSE インスタンスは、次の情報を返します。

GPT fdisk (gdisk) version 0.8.8
  
  Partition table scan:
    MBR: MBR only
    BSD: not present
    APM: not present
    GPT: not present

デフォルトでは、Windows はマスターブートレコード (MBR) パーティションテーブルを使用してボリュームを初期化します。MBR は 2 TiB (2048 GiB) 以下のボリュームのみをサポートするため、Windows はこのサイズ制限以上の MBR ボリュームのサイズ変更を阻止します。この場合、[Extend Volume (ボリュームの拡張)] のオプションは Windows の [Disk Management (ディスクの管理)] ユーティリティで無効になっています。 AWS Management Console または を使用して、サイズ制限を超える MBR パーティションボリューム AWS CLI を作成する場合、Windows は追加のスペースを検出または使用することはできません。Linux ボリュームに影響する要件については、「Amazon EC2 ユーザーガイド」の「Linux ボリュームの要件」を参照してください。 Amazon EC2

この制限を回避するには、GUID パーティションテーブル (GPT) でより大きな新しいボリュームを作成し、元の MBR ボリュームからデータをコピーします。

GPT ボリュームを作成するには
  1. EC2 インスタンスのアベイラビリティーゾーンに必要な容量の新しい空のボリュームを作成し、インスタンスにアタッチします。

    注記

    新しいボリュームには、スナップショットから復元したボリュームは使用できません。

  2. Windows システムにログインし、[Disk Management (ディスク管理)] (diskmgmt.exe) を開きます。

  3. 新しいディスクのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Online] を選択します。

  4. [Initialize Disk] ウィンドウで、新規のディスクを選択し、続いて [GPT (GUID Partition Table)]、[OK] の順に選択します。

  5. 初期化が完了したら、robocopy または teracopy などのツールを使用して元のボリュームから新しいボリュームにデータをコピーします。

  6. [Disk Management] で、ドライブ文字を適切な値に変更し、古いボリュームをオフラインにします。

  7. Amazon EC2 コンソールで、インスタンスから古いボリュームをデタッチ後、インスタンスを再起動して正常に稼働することを確認したら、古いボリュームを削除します。

制限事項

  • ボリュームの変更でリクエストできる集計ストレージの最大数には制限があります。詳細については、「Amazon Web Services 全般のリファレンス 」の「Amazon EBS service quotas」を参照してください。

  • ボリュームを変更した後は、少なくとも 6 時間待機し、同じボリュームにさらに変更を加える前に状態が in-use または available であることを確認してください。

  • EBS ボリュームの変更には、適用される設定変更に応じて、数分から数時間かかる場合があります。サイズが 1 TiB の EBS ボリュームを変更するには通常、最長 6 時間かかります。ただし、他の状況では、同じボリュームでも 24 時間以上かかることがあります。ボリュームの変更にかかる時間は、必ずしも直線的に増えるわけではありません。したがって、ボリュームが大きくても変更にかかる時間が短く、ボリュームが小さくても時間が長くかかる場合もあります。

  • ボリュームが 2016 年 11 月 3 日 23:40 (UTC) 以前にアタッチされていた場合は、Elastic Volumes サポートを初期化する必要があります。詳細については、Elastic Volumes サポートの初期化を参照してください。

  • EBS ボリュームを変更する際にエラーメッセージが表示された場合や前世代のインスタンスタイプにアタッチされた EBS ボリュームを変更する場合は、以下のいずれかのステップを行ってください。

    • ルート以外のボリュームの場合は、ボリュームをインスタンスからデタッチして、変更を適用した後で、ボリュームを再アタッチします。

    • ルートボリュームの場合は、インスタンスを停止し、変更を適用した後で、インスタンスを再起動します。

  • 完全に初期化されていないボリュームでは、変更時間が長くなります。詳細については、Amazon EBS ボリュームの初期化を参照してください。

  • 変更後のボリュームサイズは、そのファイルシステムとパーティション設定スキームでサポートされる容量を超えることはできません。詳細については、EBS ボリュームのサイズと設定の制限を参照してください。

  • ボリュームのボリュームタイプを変更する場合、サイズとパフォーマンスは、ターゲットとなるボリュームタイプの制限内にする必要があります。詳細については、Amazon EBS ボリュームの種類を参照してください。

  • EBS ボリュームのサイズを小さく変更することはできません。ただし、より小さなボリュームを作成し、そのボリュームに対して rsync (Linux インスタンス) または robocopy (Windows インスタンス) などのアプリケーションレベルのツールを使用してデータを移行することができます。

  • 32,000 IOPS 以上を、既存の io1 または io2 ボリュームにプロビジョニングした場合、パフォーマンスの向上を完全に確認するためには、そのボリュームを一度デタッチした後に再アタッチするか、インスタンスを再起動する必要が生じることがあります。

  • Nitro System 上に構築されたインスタンスにアタッチされた io2 ボリュームは、最大 64 TiB のサイズおよび最大 256,000 の IOPS をサポートします。他のインスタンスにアタッチされた io2 ボリュームは、最大 16 TiB のサイズおよび最大 64,000 の IOPS をサポートしますが、達成できるパフォーマンスは最大 32,000 IOPS までに限られます。

  • マルチアタッチが有効な io2 ボリュームのボリュームタイプを変更することはできません。

  • マルチアタッチが有効な io1 ボリュームのボリュームタイプ、サイズ、プロビジョンド IOPS を変更することはできません。

  • タイプ io1io2gp2gp3、または standard のルート ボリュームは、インスタンスからデタッチされていても、st1 または sc1 ボリュームに変更できません。

  • m3.medium インスタンスはボリュームの変更を完全にサポートしていますが、m3.largem3.xlarge、および m3.2xlarge インスタンスは、すべてのボリューム変更機能をサポートしていない場合があります。