Amazon Elastic File System の開始 - Amazon Elastic File System

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Elastic File System の開始

この「開始方法」の演習では、Amazon Elastic File System (Amazon EFS) ファイルシステムをすばやく作成する方法について説明します。このプロセスのひとつのパートとして、[virtual private cloud (VPC)仮想プライベートクラウド(VPC)]内の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスにファイルシステムをマウントします。また、をテストします end-to-end セットアップ。

最初の Amazon EFS ファイルシステムを作成して使用するには、次の 4 つのステップのパフォーマンスの必要があります。

  • Amazon EFS ファイルシステムを作成します。

  • Amazon EC2 リソースを作成し、インスタンスを起動して、ファイルシステムをマウントします。

  • AWS DataSync を使用して EFS ファイルシステムにファイルを転送します。

  • リソースをクリーンアップし、AWS アカウントを保護します。

前提

この演習では、次のことを前提としています。

  • Amazon EC2 コンソールを使用してインスタンスを起動することにすでに精通しています。

  • Amazon VPC 、Amazon EC2、および Amazon EFS リソースはすべて同じ AWS リージョン にあります。このガイドでは、米国西部 (オレゴン) リージョン (us-west-2) を使用します。

  • この「開始方法」の演習のために使用している AWS リージョン にデフォルトの VPC があります。デフォルトの VPC がない場合、または、新しい VPC から新しいまたは既存のセキュリティグループでファイルシステムをマウントする場合でも、この「開始方法」の演習を活用できます。そうするためには、Amazon EC2インスタンスとマウントターゲットにVPCセキュリティグループを使用する を設定します。

  • デフォルトのセキュリティグループ用のデフォルトのインバウンドのアクセスルールを変更していません。

AWS アカウント rootユーザーの認証情報を使用してコンソールにサインインし、「開始方法」の演習を試すことができます。ただし、AWS Identity and Access Management (IAM) では、アカウントのルートユーザー認証情報を使用しないことをお勧めします。代わりに、アカウントに管理者ユーザーを作成し、それらの認証情報を使用してアカウントのリソースを管理します。詳細については、「セットアップ」を参照してください。

このガイドでは、Amazon EFS API コールを行うための AWS Command Line Interface (AWS CLI) コマンドを使用した同様の「開始方法」の演習を行うためのチュートリアルも提供しています。詳細については、「チュートリアル: Amazon EFS ファイルシステムを作成し、を使用して Amazon EC2 インスタンスにマウントするAWS CLI」を参照してください。