チュートリアルの例: Amazon EFS ファイルシステムを作成し、AWS CLI - Amazon Elastic File System

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

チュートリアルの例: Amazon EFS ファイルシステムを作成し、AWS CLI

このチュートリアルでは、AWS CLIを使用して、Amazon EFS API を確認します。このチュートリアルでは、暗号化された Amazon EFS ファイルシステムを作成し、VPC の Amazon EC2 インスタンスにマウントし、セットアップをテストします。

注記

このチュートリアルは「はじめに」の実習に似ています。左開始方法実習では、コンソールを使用して EC2 と Amazon EFS リソースを作成します。このウォークスルーでは、AWS CLIを使用して、主に Amazon EFS API に慣れるために同じことを行います。

このウォークスルーでは、以下を作成します。AWSリソースを追加します。

  • Amazon EC2 リソース。

    • 2 つのセキュリティグループ (EC2 インスタンスと Amazon EFS ファイルシステム用)。

      セキュリティグループにルールを追加して、適切なインバウンド/アウトバウンドアクセスを許可します。これにより、EC2 インスタンスは、標準の NFSv 4.1 TCP ポートを使用して、マウントターゲットを通じてファイルシステムに接続します。

    • VPC 内の Amazon EC2 インスタンス。

  • Amazon EFS リソース。

    • ファイルシステム。

    • ファイルシステムのマウントターゲット。

      ファイルシステムを EC2 インスタンスにマウントするには、VPC にマウントターゲットを作成する必要があります。VPC 内の各アベイラビリティーゾーンに 1 つのマウントターゲットを作成できます。詳細については、「Amazon EFS: 仕組み」を参照してください。

次に、EC2 インスタンス上のファイルシステムをテストします。チュートリアルの最後のクリーンアップの手順には、これらのリソースを削除するための情報が記載されています。

このチュートリアルにより、米国西部 (オレゴン) リージョン (us-west-2). どっち AWS リージョン を使用する場合は、それを一貫して使用してください。VPC、EC2 リソース、Amazon EFS リソースなどのすべてのリソースは、同じ AWS リージョン 。

開始する前に

  • ルート認証情報を使用するには、 AWS アカウント コンソールにサインインし、「はじめに」の練習を試すことができます。ただし、AWS Identity and Access Management(IAM) では、リクエストを実行するために、リクエストを実行するために、リクエストを実行するために、リクエストを実行するために、 AWS アカウント 。代わりに、アカウントに管理者ユーザーを作成し、それらの認証情報を使用してアカウントのリソースを管理します。詳細については、「セットアップ」を参照してください。

  • アカウントで作成したデフォルトの VPC またはカスタム VPC を使用できます。このウォークスルーでは、デフォルトの VPC 設定が機能します。ただし、カスタム VPC を使用する場合は、次の点を確認してください。

    • DNS ホスト名は有効です。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドの「VPC の DNS サポートを表示および更新する」を参照してください。

    • インターネットゲートウェイが VPC にアタッチされています。詳細については、「」を参照してください。インターネットゲートウェイ()Amazon VPC ユーザーガイド

    • VPC サブネットは、VPC サブネットで起動されたインスタンスのパブリック IP アドレスを要求するように設定されています。詳細については、「」を参照してください。VPC の IP アドレス指定()Amazon VPC ユーザーガイド

    • VPC ルートテーブルには、インターネット経由のすべてのトラフィックをインターネットゲートウェイに送信するルールが含まれています。

  • AWS CLI をセットアップして、adminuser プロファイルを追加する必要があります。

AWS CLI の設定

次の手順に従って、AWS CLI とユーザープロファイルを設定します。

AWS CLI をセットアップするには

  1. AWS CLI をダウンロードして設定します。手順については、「」の次のトピックを参照してください。AWS Command Line Interfaceユーザーガイド

    のセットアップAWSコマンドラインインターフェイス

    AWS コマンドラインインターフェイスのインストール

    の設定AWSコマンドラインインターフェイス

  2. プロファイルを設定します。

    ユーザーの認証情報を AWS CLI config ファイルに格納します。このチュートリアルの CLI コマンドの例では、adminuser プロファイルを指定します。configuser ファイルを config ファイルに作成します。以下のように、管理者ユーザープロファイルを config ファイルのデフォルトとして設定することもできます。

    [profile adminuser] aws_access_key_id = admin user access key ID aws_secret_access_key = admin user secret access key region = us-west-2 [default] aws_access_key_id = admin user access key ID aws_secret_access_key = admin user secret access key region = us-west-2

    前述のプロファイルは、デフォルトの AWS リージョン 。CLI コマンドでリージョンを指定しない場合、us-west-2 リージョンが使用されます。

  3. コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力して、セットアップを確認します。これらのコマンドの両方は、いずれも認証情報を明示的に提供しないため、デフォルトプロファイルの認証情報が使用されます。

    • help コマンドを試してみます。

      --profile パラメータを追加することで、明示的にユーザープロファイルを指定することもできます。

      aws help
      aws help \ --profile adminuser

次のステップ

ステップ 1: Amazon EC2 リソースを作成する