Amazon EFS クライアントの手動インストール - Amazon Elastic File System

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon EFS クライアントの手動インストール

Amazon Linux および Amazon Linux 2 を実行している Amazon EC2 Linux インスタンス、および macOS ビッグサーを実行する EC2 Mac インスタンス、およびその他のサポートされている Linux ディストリビューションに Amazon EFS クライアントを手動でインストールできます。この手順については、次のセクションで説明します。

Amazon EFS クライアントを Amazon Linux および Amazon Linux 2 にインストールする

-amazon-efs-utilsパッケージは、Amazon Linux および Amazon Linux AMI パッケージリポジトリで利用でき、これらの AMI を実行する EC2 インスタンスにインストールできます。Amazon EFS クライアントを他の Linux ディストリビューションにインストールするには、「他の Linux ディストリビューションで amazon-efs-utils パッケージをインストールする」を参照してください。

注記

AWS Direct Connect を使用している場合、インストールの手順は ウォークスルー: オンプレミスでファイルシステムを作成してマウントするAWS Direct ConnectVPN と にあります。

をインストールするには amazon-efs-utils Amazon Linux 2 および Amazon Linux Linux でパッケージをパッケージする

  1. Amazon Linux または Amazon Linux 2 EC2 インスタンスが作成されたことを確認します。これを行う方法については、「」を参照してください。ステップ 1: インスタンスを起動するLinux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド。

  2. Secure Shell (SSH) を介してインスタンスのターミナルにアクセスし、適切なユーザー名でログインします。これを行う方法の詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド の「SSH を使用した Linux インスタンスへの接続」を参照してください。

  3. 次のコマンドを実行して、amazon-efs-utils パッケージをインストールします。

    sudo yum install -y amazon-efs-utils

次の手順

インストール後amazon-efs-utilsEC2 インスタンスで、ファイルシステムをマウントするための次のステップに進みます。

他の Linux ディストリビューションで amazon-efs-utils パッケージをインストールする

amazon-efs-utils パッケージを Amazon Linux または Amazon Linux 2 AMI から取得しない場合、aamazon-efs-utilsパッケージを GitHub でも入手できます。

パッケージをクローンした後、ビルドおよびインストールできます。 amazon-efs-utils Linux ディストリビューションでサポートされているパッケージタイプに応じて、次のいずれかの方法を使用します。

  • RPM – このパッケージタイプは、Amazon Linux、Red Hat Linux、CentOS などでサポートされています。

  • DEB – このパッケージタイプは Ubuntu、Debian などでサポートされています。

クローンを作成するにはamazon-efs-utilsを Github から

  1. Secure Shell (SSH) を使用して EC2 インスタンスConnect し、適切なユーザー名でログインします。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドSSH を使用した Linux インスタンスへの接続を参照してください。

  2. 次のコマンドを使用して git をインストールします。

    sudo yum -y install git
  3. 次のコマンドを使用してインストールされていない場合は、rpm-build パッケージをインストールします。

    sudo yum -y install rpm-build
  4. クローンamazon-efs-utilsから GitHub 次のコマンドを使用します。

    git clone https://github.com/aws/efs-utils

をビルドしてインストールするにはamazon-efs-utilsRPM パッケージ

  1. クライアントでターミナルを開き、amazon-efs-utils パッケージを含むディレクトリをナビゲートします。

    cd /path/efs-utils
  2. オペレーティングシステムに次のように設定されていない場合、bash make コマンドをインストールします。

    sudo yum -y install make
  3. 次のコマンドを使用してインストールされていない場合は、rpm-build パッケージをインストールします。

    sudo yum -y install rpm-build
  4. 次のコマンドを使用して、amazon-efs-utils パッケージをビルドします。

    sudo make rpm
  5. 次のコマンドで amazon-efs-utils パッケージをインストールします。

    sudo yum -y install ./build/amazon-efs-utils*rpm

次の手順

インストール後amazon-efs-utilsEC2 インスタンスで、ファイルシステムをマウントするための次のステップに進みます。

クローンを作成するにはamazon-efs-utilsを GitHub から

  1. Secure Shell (SSH) を使用して EC2 インスタンスConnect し、適切なユーザー名でログインします。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドSSH を使用した Linux インスタンスへの接続を参照してください。

  2. 次のコマンドを使用して zypper をインストールします。

    sudo zypper refresh
  3. 次のコマンドを使用して、一方がインストールされていない場合は、rpm-build パッケージとbash make コマンドをインストールします:

    sudo zypper install -y git rpm-build make
    1. OpenSUSE では、次のようなエラーが発生します。

      File './suse/noarch/bash-completion-2.11-2.1.noarch.rpm' not found on medium 'http://download.opensuse.org/tumbleweed/repo/oss/'

      次のコマンドを実行して、レポ OSS と非 OSS を再追加します。

      sudo zypper ar -f -n OSS http://download.opensuse.org/tumbleweed/repo/oss/ OSS sudo zypper ar -f -n NON-OSS http://download.opensuse.org/tumbleweed/repo/non-oss/ NON-OSS sudo zypper refresh
    2. git install スクリプトを再実行します。

      sudo zypper install -y git rpm-build make
  4. クローンamazon-efs-utilsから GitHub 次のコマンドを使用します。

    git clone https://github.com/aws/efs-utils

をビルドしてインストールするにはamazon-efs-utilsRPM パッケージ

  1. クライアントでターミナルを開き、amazon-efs-utils パッケージを含むディレクトリをナビゲートします。

    cd /path/efs-utils
  2. 次のコマンドを使用して、amazon-efs-utils パッケージをビルドします。

    make rpm
  3. 次のコマンドで amazon-efs-utils パッケージをインストールします。

    sudo zypper --no-gpg-checks install -y build/amazon-efs-utils*rpm

次の手順

インストール後amazon-efs-utilsEC2 インスタンスで、ファイルシステムをマウントするための次のステップに進みます。

クローンを作成するにはamazon-efs-utilsを GitHub から

  1. Secure Shell (SSH) を使用して EC2 インスタンスConnect し、適切なユーザー名でログインします。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドSSH を使用した Linux インスタンスへの接続を参照してください。

  2. (オプション) 次のコマンドを使用して、パッケージをインストールする前に更新を適用します。

    sudo apt-get update

    必要に応じてアップデートをインストールします。

  3. 次のコマンドを使用して git および binutils をインストールします。binutils は DEB パッケージのビルドに必要です。

    sudo apt-get -y install git binutils
  4. クローンamazon-efs-utilsから GitHub 次のコマンドを使用します。

    git clone https://github.com/aws/efs-utils

をビルドしてインストールするにはamazon-efs-utilsDEB パッケージ

  1. amazon-efs-utils パッケージが格納されているディレクトリに移動します。

    cd /path/efs-utils
  2. 以下のコマンドを使用して amazon-efs-utils をビルドします。

    ./build-deb.sh
  3. 次のコマンドで パッケージをインストールします。

    sudo apt-get -y install ./build/amazon-efs-utils*deb

次の手順

インストール後amazon-efs-utilsEC2 インスタンスで、ファイルシステムをマウントするための次のステップに進みます。

macOS Big Sur を実行している EC2 Mac インスタンスに Amazon EFS クライアントをインストールする

amazon-efs-utils パッケージは、macOS Big Sur を実行している EC2 Mac インスタンスにインストールできます。

amazon-efs-utils パッケージをインストールするには

  1. macOS Big Sur を実行する EC2 Mac インスタンスが作成されていることを確認します。これを行う方法については、「」を参照してください。ステップ 1: インスタンスを起動するMac インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド

  2. Secure Shell (SSH) を介してインスタンスのターミナルにアクセスし、適切なユーザー名でログインします。これを行う方法の詳細については、Mac インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド の「SSH を使用した Linux インスタンスへの接続」を参照してください。

  3. 次のコマンドを実行して amazon-efs-utils をインストールします。

    brew install amazon-efs-utils

    システムは、インストールを完了するための指示に従って応答します。

    Perform below actions to start using efs: sudo mkdir -p /Library/Filesystems/efs.fs/Contents/Resources sudo ln -s /usr/local/bin/mount.efs /Library/Filesystems/efs.fs/Contents/Resources/mount_efs To enable watchdog for using TLS mounts: sudo cp /usr/local/Cellar/amazon-efs-utils/<version>/libexec/amazon-efs-mount-watchdog.plist /Library/LaunchAgents sudo launchctl load /Library/LaunchAgents/amazon-efs-mount-watchdog.plist
  4. EFS ファイルシステムをマウントするには、amazon-efs-utils の EFS マウントヘルパーがマウントコマンドでアクセスできることを保証する必要があります。そうするには、以下のコマンドを実行します。

    sudo mkdir -p /Library/Filesystems/efs.fs/Contents/Resources sudo ln -s /usr/local/bin/mount.efs /Library/Filesystems/efs.fs/Contents/Resources/mount_efs
  5. 次のコマンドを実行して、ウォッチドッグプロセス (amazon-efs-mount-watchdog) を有効にし、EFS ファイルシステム上の TLS マウントの状態をモニタリングします。

    sudo cp /usr/local/Cellar/amazon-efs-utils/<version>/libexec/amazon-efs-mount-watchdog.plist /Library/LaunchAgents sudo launchctl load /Library/LaunchAgents/amazon-efs-mount-watchdog.plist

次の手順

インストール後amazon-efs-utilsEC2 インスタンスで、ファイルシステムをマウントするための次のステップに進みます。