Amazon EKS と AWS Local Zones - Amazon EKS

Amazon EKS と AWS Local Zones

AWS ローカルゾーンは AWS リージョン の拡張であり、ユーザーに近い場所に配置されます。Local Zones は、インターネットへの独自の接続を持ち、AWS Direct Connect をサポートします。Local Zone で作成したリソースは、低いレイテンシーの通信をローカルユーザーに提供できます。詳細については、「 Local Zones」を参照してください。

Amazon EKS では、Local Zones の特定のリソースをサポートしています。これには、セルフマネージド型の Amazon EC2 ノード、Amazon EBS ボリューム、および Application Load Balancer (ALB) が含まれます。Amazon EKS クラスターの一部として Local Zones を使用する場合は、次を考慮することをお勧めします。

ノード

Amazon EKS を使用して Local Zones に Fargate ノードまたはマネージド型ノードグループを作成することはできません。ただし、Amazon EC2 API、AWS CloudFormation、または eksctl を使用して、Local Zones でセルフマネージド型の Amazon EC2 ノードを作成できます。詳細については、「セルフマネージド型ノード」を参照してください。

ネットワークアーキテクチャ

  • Amazon EKS が管理する Kubernetes コントロール プレーンは、常に AWS リージョン で実行されます。Amazon EKS が管理する Kubernetes コントロールプレーンは、ローカル ゾーンでは実行できません。Local Zones は VPC 内のサブネットとして表示されるため、Kubernetes は Local Zones リソースをそのサブネットの一部として認識します。

  • Amazon EKS Kubernetes クラスターは、Amazon EKS が管理する エラスティックネットワークインターフェース を使用して AWS リージョン またはローカルゾーンで実行する Amazon EC2 インスタンスと通信します。Amazon EKS ネットワークアーキテクチャの詳細については、「Amazon EKS ネットワーク」を参照してください。

  • リージョンサブネットとは異なり、Amazon EKS は Local Zone サブネットにネットワークインターフェイスを配置できません。つまり、クラスターの作成時に Local Zone サブネットを指定することはできません。