Amazon EKS
ユーザーガイド

ワーカーノード

Kubernetes のワーカーマシンはノードと呼ばれます。Amazon EKS ワーカーノード は AWS アカウントで実行され、クラスター API サーバーエンドポイントを介してクラスターのコントロールプレーンに接続します。

Amazon EKS ワーカーノードはスタンダードな Amazon EC2 インスタンスであり、通常の EC2 オンデマンド価格に基づいて請求されます。詳細については、「Amazon EC2 料金表」を参照してください。

デフォルトでは、Amazon EKS には Amazon EKS クラスターでワーカーノードを使用可能にするための AWS CloudFormation テンプレートが用意されています。この AMI は Amazon Linux 2 上に構築され、Amazon EKS ワーカーノードのベースイメージとして機能するように設定されています。AMI は、設定しなくても Amazon EKS と動作するように設定されており、Docker、kubelet、および AWS IAM オーセンティケーターが含まれています。また、AMI にはクラスターのコントロールプレーンを自動的に検出して接続を許可する、特別なブートストラップスクリプトも含まれます。

注記

Amazon Linux2 のセキュリティまたはプライバシーイベントは、Amazon Linux セキュリティセンター で追跡するか、関連付けられた RSS フィードでサブスクライブできます。セキュリティおよびプライバシーイベントには、問題の概要、影響を受けるパッケージ、および問題を修正するためにインスタンスを更新する方法などがあります。

AWS CloudFormation ワーカーノードテンプレートは、特殊な Amazon EC2 ユーザーデータを使用してワーカーノードを起動します。このユーザーデータにより、特殊なブートストラップスクリプトがトリガーされて、ワーカーノードはクラスターのコントロールプレーンを自動的に検出して接続できるようなります。詳細については、「Amazon EKS ワーカーノードを起動する」を参照してください。

一般的な Kubernetes の観点からのワーカーノードの詳細については、Kubernetes のドキュメントでノードについて参照してください。