Vertical Pod Autoscaler - Amazon EKS

Vertical Pod Autoscaler

Kubernetes Vertical Pod Autoscaler は、ポッドの CPU とメモリの予約を自動的に調整し、アプリケーションを「適切なサイズ」にします。この調整により、クラスターリソースの使用率が向上し、他のポッドの CPU とメモリが解放されます。このトピックでは、Vertical Pod Autoscaler をクラスターにデプロイし、動作していることを確認する方法について説明します。

前提条件

Vertical Pod Autoscaler をデプロイする

このセクションでは、Vertical Pod Autoscaler をクラスターにデプロイします。

Vertical Pod Autoscaler をデプロイするには

  1. ターミナルウィンドウを開き、Vertical Pod Autoscaler ソースコードをダウンロードするディレクトリに移動します。

  2. kubernetes/autoscaler GitHub リポジトリのクローンを作成します。

    git clone https://github.com/kubernetes/autoscaler.git
  3. vertical-pod-autoscaler ディレクトリを変更します。

    cd autoscaler/vertical-pod-autoscaler/
  4. (オプション) Vertical Pod Autoscaler の別のバージョンをすでにデプロイしている場合は、次のコマンドを使用して削除します。

    ./hack/vpa-down.sh
  5. ノードが k8s.gcr.io コンテナレジストリに対してインターネットからアクセスできない場合は、次のイメージをプルして、独自のプライベートリポジトリにプッシュする必要があります。イメージをプルしたり、独自のプライベートリポジトリにプッシュする方法の詳細については、「あるリポジトリから別のリポジトリにコンテナイメージをコピーする」 を参照してください。

    k8s.gcr.io/autoscaling/vpa-admission-controller:0.10.0 k8s.gcr.io/autoscaling/vpa-recommender:0.10.0 k8s.gcr.io/autoscaling/vpa-updater:0.10.0

    プライベートの Amazon ECR リポジトリにイメージをプッシュする場合は、マニフェストの k8s.gcr.io をレジストリに置き換えます。111122223333 をアカウント ID に置き換え、レジストリが含まれている region-code を AWS リージョン に置き換えます。次のコマンドは、リポジトリにマニフェストのリポジトリ名と同じ名前を付けていることを前提としています。リポジトリに別名を付けた場合も、同様に変更する必要があります。

    sed -i.bak -e 's/k8s.gcr.io/111122223333.dkr.ecr.region-code.amazonaws.com/' ./deploy/admission-controller-deployment.yaml sed -i.bak -e 's/k8s.gcr.io/111122223333.dkr.ecr.region-code.amazonaws.com/' ./deploy/recommender-deployment.yaml sed -i.bak -e 's/k8s.gcr.io/111122223333.dkr.ecr.region-code.amazonaws.com/' ./deploy/updater-deployment.yaml
  6. 次のコマンドを使用して、Vertical Pod Autoscaler をクラスターにデプロイします。

    ./hack/vpa-up.sh
  7. Vertical Pod Autoscaler ポッドが正常に作成されたことを確認します。

    kubectl get pods -n kube-system

    出力:

    NAME READY STATUS RESTARTS AGE ... metrics-server-8459fc497-kfj8w 1/1 Running 0 83m vpa-admission-controller-68c748777d-ppspd 1/1 Running 0 7s vpa-recommender-6fc8c67d85-gljpl 1/1 Running 0 8s vpa-updater-786b96955c-bgp9d 1/1 Running 0 8s

Vertical Pod Autoscaler のインストールをテストする

このセクションでは、サンプルアプリケーションをデプロイして、Vertical Pod Autoscaler が動作していることを確認します。

Vertical Pod Autoscaler のインストールをテストするには

  1. 次のコマンドを使用して hamster.yaml Vertical Pod Autoscaler の例をデプロイします。

    kubectl apply -f examples/hamster.yaml
  2. hamster サンプルアプリケーションからポッドを取得します。

    kubectl get pods -l app=hamster

    出力:

    hamster-c7d89d6db-rglf5 1/1 Running 0 48s hamster-c7d89d6db-znvz5 1/1 Running 0 48s
  3. cpumemory の予約を表示するポッドの 1 つを説明します。c7d89d6db-rglf5 を前のステップの出力で返された ID の 1 つに置き換えます。

    kubectl describe pod hamster-c7d89d6db-rglf5

    出力:

    ... Containers: hamster: Container ID: docker://e76c2413fc720ac395c33b64588c82094fc8e5d590e373d5f818f3978f577e24 Image: k8s.gcr.io/ubuntu-slim:0.1 Image ID: docker-pullable://k8s.gcr.io/ubuntu-slim@sha256:b6f8c3885f5880a4f1a7cf717c07242eb4858fdd5a84b5ffe35b1cf680ea17b1 Port: <none> Host Port: <none> Command: /bin/sh Args: -c while true; do timeout 0.5s yes >/dev/null; sleep 0.5s; done State: Running Started: Fri, 27 Sep 2019 10:35:16 -0700 Ready: True Restart Count: 0 Requests: cpu: 100m memory: 50Mi ...

    元のポッドは 100 millicpu の CPU と 50 メビバイトのメモリを予約していることがわかります。このサンプルアプリケーションでは、100 millicpu はポッドの実行に必要な数よりも少ないため、CPU に制約があります。また、必要とするよりもはるかに少ないメモリを予約します。Vertical Pod Autoscaler vpa-recommender デプロイでは、 hamster ポッドを分析して、CPU とメモリの要件が適切かどうかを確認します。調整が必要な場合、vpa-updater は更新された値でポッドを再起動します。

  4. vpa-updaterが新しい hamster ポッドを起動するまで待ちます。これには 1~2 分かかります。次のコマンドを使用して、ポッドをモニタリングできます。

    注記

    新しいポッドが起動されたかどうかが不明な場合は、ポッド名を前のリストと比較します。新しいポッドが起動すると、新しいポッド名が表示されます。

    kubectl get --watch pods -l app=hamster
  5. 新しい hamster ポッドが開始されたら、そのポッドについて説明し、更新された CPU とメモリの予約を表示します。

    kubectl describe pod hamster-c7d89d6db-jxgfv

    出力:

    ... Containers: hamster: Container ID: docker://2c3e7b6fb7ce0d8c86444334df654af6fb3fc88aad4c5d710eac3b1e7c58f7db Image: k8s.gcr.io/ubuntu-slim:0.1 Image ID: docker-pullable://k8s.gcr.io/ubuntu-slim@sha256:b6f8c3885f5880a4f1a7cf717c07242eb4858fdd5a84b5ffe35b1cf680ea17b1 Port: <none> Host Port: <none> Command: /bin/sh Args: -c while true; do timeout 0.5s yes >/dev/null; sleep 0.5s; done State: Running Started: Fri, 27 Sep 2019 10:37:08 -0700 Ready: True Restart Count: 0 Requests: cpu: 587m memory: 262144k ...

    以前の出力では、cpu 予約が元の値の 5 倍以上である 587 millicpu に増加したことがわかります。memory は 262,144 キロバイト (約 250 メビバイト、つまり元の値の 5 倍) に増加しました。このポッドはリソース不足であり、Vertical Pod Autoscaler は見積りをより適切な値で修正しました。

  6. hamster-vpa リソースの詳細を表示して、新しい推奨事項を表示します。

    kubectl describe vpa/hamster-vpa

    出力:

    Name: hamster-vpa Namespace: default Labels: <none> Annotations: kubectl.kubernetes.io/last-applied-configuration: {"apiVersion":"autoscaling.k8s.io/v1beta2","kind":"VerticalPodAutoscaler","metadata":{"annotations":{},"name":"hamster-vpa","namespace":"d... API Version: autoscaling.k8s.io/v1beta2 Kind: VerticalPodAutoscaler Metadata: Creation Timestamp: 2019-09-27T18:22:51Z Generation: 23 Resource Version: 14411 Self Link: /apis/autoscaling.k8s.io/v1beta2/namespaces/default/verticalpodautoscalers/hamster-vpa UID: d0d85fb9-e153-11e9-ae53-0205785d75b0 Spec: Target Ref: API Version: apps/v1 Kind: Deployment Name: hamster Status: Conditions: Last Transition Time: 2019-09-27T18:23:28Z Status: True Type: RecommendationProvided Recommendation: Container Recommendations: Container Name: hamster Lower Bound: Cpu: 550m Memory: 262144k Target: Cpu: 587m Memory: 262144k Uncapped Target: Cpu: 587m Memory: 262144k Upper Bound: Cpu: 21147m Memory: 387863636 Events: <none>
  7. サンプルアプリケーションの試用が終了したら、次のコマンドで削除します。

    kubectl delete -f examples/hamster.yaml