次のステップ - AWS Elastic Beanstalk

次のステップ

Elastic Beanstalk アプリケーションと環境を作成する方法がわかったところで、「Elastic Beanstalk の概念」を読むことをお勧めします。このトピックでは、Elastic Beanstalk のコンポーネント、アーキテクチャ、および Elastic Beanstalk アプリケーションの重要な設計上の考慮事項について説明します。

Elastic Beanstalk コンソール以外にも、以下のツールを使用して Elastic Beanstalk 環境を作成および管理できます。

EB CLI は、環境を作成および管理するためのコマンドラインツールです。詳細については、「Elastic Beanstalk コマンドラインインターフェイス (EB CLI) の使用」を参照してください。

AWS SDK for Java には、AWS インフラストラクチャサービスを使用するアプリケーションの構築に使用できる Java API が用意されています。AWS SDK for Java では、AWS Java ライブラリ、コードサンプル、および資料が単一のダウンロード可能なパッケージにまとめられているので、数分で使用を開始できます。

AWS SDK for Java には、J2SE Development Kit 5.0 以降が必要です。最新の Java ソフトウェアは、http://developers.sun.com/downloads/ からダウンロードできます。また、この SDK には Apache Commons(Codec、HTTPClient、および Logging)および Saxon-HE サードパーティパッケージも必要です。これらは、SDK の「third-party」ディレクトリに含まれています。

詳細については、AWS SDK for Java を参照してください。

AWS Toolkit for Eclipse は Eclipse Java IDE 用のオープンソースプラグインです。これを使用して、AWS SDK for Java で事前設定された AWS Java ウェブプロジェクトを作成し、ウェブアプリケーションを Elastic Beanstalk にデプロイできます。Elastic Beanstalk プラグインは、Eclipse Web Tools Platform (WTP) の上に構築されます。このツールキットには、Travel Log サンプルウェブアプリケーションテンプレートが用意されています。このテンプレートでは、Amazon S3、および Amazon SNS の使用方法が説明されています。

すべての WTP 依存関係があることを確認するには、Eclipse の Java EE ディストリビューションから始めることをお勧めします。このディストリビューションは http://eclipse.org/downloads/ からダウンロードできます。

Eclipse 用の Elastic Beanstalk プラグインの使用の詳細については、「AWS Toolkit for Eclipse」を参照してください。Eclipse を使用して Elastic Beanstalk アプリケーションを作成する場合は、「Elastic Beanstalk での Java アプリケーションの作成とデプロイ」を参照してください。

AWS SDK for .NET を使用すると、AWS インフラストラクチャサービスを使用するアプリケーションを構築できます。AWS SDK for .NET では、AWS .NET ライブラリ、コードサンプル、および資料が単一のダウンロード可能なパッケージにまとめられているので、数分で使用を開始できます。

詳細については、AWS SDK for .NET を参照してください。サポートされている .NET Framework および Visual Studio のバージョンの詳細については、AWS SDK for .NET デベロッパーガイドを参照してください。

AWS Toolkit for Visual Studio プラグインを使用すると、既存の .NET アプリケーションを Elastic Beanstalk にデプロイできます。AWS SDK for .NET であらかじめ設定された AWS テンプレートを使用して、新しいプロジェクトを作成することもできます。

前提条件とインストールに関する詳細については、AWS Toolkit for Visual Studio を参照してください。Visual Studio を使用して Elastic Beanstalk アプリケーションを作成する場合は、「Elastic Beanstalk での .NET アプリケーションの作成とデプロイ」を参照してください。

Node.js 内の AWS SDK for JavaScript in を使用すると、AWS インフラストラクチャサービスに基づいてアプリケーションを構築できます。Node.js 内の AWS SDK for JavaScript では、AWS Node.js ライブラリ、コード例、資料が単一のダウンロード可能なパッケージにまとめられているので、数分で使用を開始できます。

詳細については、Node.js 内の AWS SDK for JavaScript を参照してください。

AWS SDK for PHP を使用すると、AWS インフラストラクチャサービスに基づいてアプリケーションを構築できます。AWS SDK for PHP では、AWS PHP ライブラリ、コードサンプル、および資料が単一のダウンロード可能なパッケージにまとめられているので、数分で使用を開始できます。

AWS SDK for PHP には PHP 5.2 以降が必要です。ダウンロードの詳細については、http://php.net/を参照してください。

詳細については、AWS SDK for PHP を参照してください。

AWS SDK for Python (Boto) では、AWS Python ライブラリ、コードサンプル、および資料が単一のダウンロード可能なパッケージにまとめられているので、数分で使用を開始できます。API 上に Python アプリケーションを構築できるため、ウェブサービスのインターフェイスに対して直接コーディングをする複雑さがなくなります。

オールインワンのライブラリは、認証、再試行リクエスト、エラー処理を含む、AWS クラウドのプログラミングに関連する低レベルのタスクを非表示にする Python のデベロッパーフレンドリーな API を提供します。ライブラリを使用したアプリケーションの構築方法については、SDK による Python の実用的な例が用意されています。

Boto の詳細情報、サンプルコード、資料、ツール、追加のリソースについては、Python デベロッパーセンターを参照してください。

AWS Ruby ライブラリ、コードサンプル、資料が単一のダウンロード可能なパッケージにまとめられているので、数分で使用を開始できます。API 上に Ruby アプリケーションを構築できるため、ウェブサービスのインターフェイスに対して直接コーディングをする複雑さがなくなります。

オールインワンのライブラリは、認証、再試行リクエスト、エラー処理を含む、AWS クラウドのプログラミングに関連する低レベルのタスクを非表示にする Ruby のデベロッパーフレンドリーな API を提供します。ライブラリを使用したアプリケーションの構築方法については、Ruby による実用的な例が SDK に用意されています。

SDK の詳細情報、サンプルコード、資料、ツール、追加のリソースについては、Ruby デベロッパーセンターにアクセスしてください。