Elastic Beanstalk プラットフォームの用語集 - AWS Elastic Beanstalk

Elastic Beanstalk プラットフォームの用語集

AWS Elastic Beanstalk プラットフォームとそのライフサイクルに関連する重要な用語を以下に示します。

ランタイム

アプリケーションコードを実行するために必要なプログラミング言語固有のランタイムソフトウェア (フレームワーク、ライブラリ、インタプリタ、vm など)。

Elastic Beanstalk のコンポーネント

Elastic Beanstalk の機能を有効にするために Elastic Beanstalk がプラットフォームに追加するソフトウェアコンポーネント。たとえば、ヘルス情報を収集して報告するためは、拡張ヘルスエージェントが必要です。

プラットフォーム

オペレーティングシステム (OS)、ランタイム、ウェブサーバー、アプリケーションサーバー、および Elastic Beanstalk コンポーネントの組み合わせ。プラットフォームは、アプリケーションを実行するために使用できるコンポーネントを提供します。

プラットフォームのバージョン

特定のバージョンのオペレーティングシステム (OS)、ランタイム、ウェブサーバー、アプリケーションサーバー、および Elastic Beanstalk コンポーネントの組み合わせ。プラットフォームのバージョンに基づいて Elastic Beanstalk 環境を作成し、その環境にアプリケーションをデプロイします。

プラットフォームのバージョンには、X.Y.Z 形式のセマンティックバージョン番号があります。ここで X はメジャーバージョン、Y はマイナーバージョン、Z はパッチバージョンをそれぞれ表します。

プラットフォームのバージョンは、次のいずれかの状態になります。

  • サポート対象サポートされているコンポーネントのみで構成されるプラットフォームのバージョン。すべてのコンポーネントは、それぞれのサプライヤー (所有者 (AWS またはサードパーティー) またはコミュニティ) によって指定されているように、End of Life (EOL) を迎えていません。サプライヤーから定期的なパッチまたはマイナーな更新を受け取ります。Elastic Beanstalk は、サポートされているプラットフォームバージョンを環境作成に使用できるようにします。

  • リタイア – サプライヤーが指定したとおり End of Life (EOL) を迎えた 1 つ以上の リタイアしたコンポーネントを含むプラットフォームのバージョン。リタイアしているプラットフォームのバージョンは、新規または既存のお客様用に Elastic Beanstalk 環境で使用することはできません。

    リタイアしたコンポーネントの詳細については、Elastic Beanstalk プラットフォームのサポートポリシー を参照してください。

プラットフォームブランチ

オペレーティングシステム (OS)、ランタイム、Elastic Beanstalk コンポーネントなど、一部のコンポーネントの特定バージョン (通常はメジャー) を共有する一連のプラットフォームバージョンです。例: Python 3.6 は 64 ビットの Amazon Linux で実行IIS 10.0 は 64 ビットの Windows Server 2016 で実行。ブランチ内の後続の各プラットフォームバージョンは、前のバージョンの更新です。

各プラットフォームブランチの最新のプラットフォームバージョンは、環境の作成に無条件に利用できます。ブランチの以前のプラットフォームバージョンも引き続きサポートされます。過去 30 日内に環境で以前のプラットフォームバージョンを使用した場合は、そのバージョンに基づいて環境を作成できます。しかし、これらの以前のプラットフォームバージョンには最新のコンポーネントがないため、使用することは推奨されません。

プラットフォームブランチは、次のいずれかの状態になります。

  • サポート対象 – 現在のプラットフォームブランチ。これは、全体がサポートされているコンポーネントで構成されています。継続的なプラットフォーム更新を受け取り、実稼働環境での使用を推奨します。サポートされているプラットフォームブランチのリストについては、AWS Elastic Beanstalk プラットフォーム ガイドの「Elastic Beanstalk がサポートするプラットフォーム」を参照してください。

  • ベータ – プレビュー、プレリリースのプラットフォームブランチ。それは本質的に実験的なものです。しばらくの間、継続的なプラットフォームの更新を受け取る可能性がありますが、長期的なサポートはありません。ベータ版のプラットフォームブランチは、実稼働環境での使用にはお勧めしません。評価のためにのみ使用してください。ベータプラットフォームブランチのリストについては、AWS Elastic Beanstalk プラットフォーム ガイドの「パブリックベータの Elastic Beanstalk プラットフォームのバージョン」を参照してください。

  • 非推奨 – 1 つ以上の非推奨コンポーネントを持つプラットフォームブランチ。継続的なプラットフォームの更新を受け取りますが、実稼働環境での使用は推奨されません。非推奨のプラットフォームブランチのリストについては、AWS Elastic Beanstalk プラットフォーム ガイドの「リタイアが予定されている Elastic Beanstalk プラットフォームのバージョン」を参照してください。

  • リタイアリタイアしたコンポーネントが 1 つ以上あるプラットフォームブランチ。プラットフォームの更新はもう受信されず、実稼働環境での使用は推奨されません。リタイアしたプラットフォームブランチは AWS Elastic Beanstalk プラットフォーム ガイドに記載されていません。Elastic Beanstalk は、リタイアしたプラットフォームブランチのプラットフォームバージョンを環境作成に使用できるようにしません。

サポートされているコンポーネントには、サプライヤー (所有者またはコミュニティ) によってスケジュールされたリタイア日がありません。サプライヤーは、AWS または第三者である可能性があります。非推奨のコンポーネントには、サプライヤーによってスケジュールされているリタイア日があります。リタイアされたコンポーネントは、End of Life (EOL) に達し、そのサプライヤーによってサポートされなくなりました。リタイアしたコンポーネントの詳細については、Elastic Beanstalk プラットフォームのサポートポリシー を参照してください。

環境が非推奨またはリタイアしたプラットフォームブランチを使用している場合は、サポートされているプラットフォームブランチのプラットフォームバージョンに更新することをお勧めします。詳細については、「Elastic Beanstalk 環境のプラットフォームバージョンの更新」を参照してください。

プラットフォームの更新

新しいプラットフォームバージョンのリリースには、プラットフォームの一部のコンポーネント (OS、ランタイム、ウェブサーバー、アプリケーションサーバー、Elastic Beanstalk コンポーネント) への更新が含まれています。プラットフォームの更新はセマンティックバージョンの分類に従い、いくつかのレベルがあります。

  • 主な更新 – 既存のプラットフォームバージョンと互換性がない変更を含む更新。新しいメジャーバージョンで正しく実行するようにアプリケーションを変更する必要がある場合があります。主な更新には、新しいプラットフォームのメジャーバージョン番号があります。

  • マイナー更新 – 既存のプラットフォームバージョンとの下位互換性がある機能を追加する更新。新しいマイナーバージョンで正しく実行するようにアプリケーションを変更する必要はありません。マイナーな更新には、新しいプラットフォームのマイナーバージョン番号があります。

  • パッチ更新 – 既存のプラットフォームのバージョンとの下位互換性がある、メンテナンスリリース (バグ修正、セキュリティの更新、パフォーマンスの改善) で構成される更新。パッチ更新には、新しいパッチのプラットフォームバージョン番号があります。

管理された更新

Elastic Beanstalk でサポートされているプラットフォームバージョンのオペレーティングシステム (OS)、ランタイム、ウェブサーバー、アプリケーションサーバー、および Elastic Beanstalk コンポーネントにパッチおよびマイナーな更新を自動的に適用する Elastic Beanstalk の機能。管理された更新は、同じプラットフォームブランチの新しいプラットフォームバージョンを環境に適用します。管理された更新がパッチ更新のみ、またはマイナーおよびパッチ更新に適用されるよう設定できます。管理された更新を完全に無効にすることもできます。

詳細については、「マネージドプラットフォーム更新」を参照してください。