Elastic Beanstalk プラットフォームのサポートポリシー - AWS Elastic Beanstalk

Elastic Beanstalk プラットフォームのサポートポリシー

AWS Elastic Beanstalkは、 でアプリケーションを実行するためのさまざまなプラットフォームを提供します。AWSElastic Beanstalk は、サプライヤー (所有者またはコミュニティ) から引き続き継続的なマイナーおよびパッチ更新を受け取るプラットフォームブランチをサポートします。関連用語の詳細な定義については、「Elastic Beanstalk プラットフォームの用語集」を参照してください。

廃止されたプラットフォームブランチ

サポートされているプラットフォームブランチのコンポーネント (オペレーティングシステム [OS]、ランタイム、アプリケーションサーバー、またはウェブサーバー) がサプライヤーによって EOL (End of Life) とマークされた場合、Elastic Beanstalk はプラットフォームブランチをリタイアとしてマークします。プラットフォームブランチがリタイアとしてマークされた場合、Elastic Beanstalk では、Elastic Beanstalk の新しいお客様がこれを新しい環境へのデプロイに使用できなくなります。リタイアしたプラットフォームブランチで実行されているアクティブな環境を持つ既存のお客様には、発表されたリタイア日から 90 日間の猶予期間があります。

注記

リタイアしたプラットフォームブランチは、[Create environment] (環境を作成する) ウィザードで使用できなくなります。ただし、リタイアしたプラットフォームブランチに基づく既存の環境を持つお客様は、AWS CLI、EB CLI、および EB API を通じて使用できます。また、既存のお客様は [Clone environment] (環境のクローン作成) コンソールと [Rebuild environment] (環境の再構築) コンソールを使用できます。

90 日間の猶予期間経過後

発表されたリタイア日から 90 日を超えて、リタイアしたプラットフォームブランチで Elastic Beanstalk 環境を実行している既存のお客様は、そのリスクに注意する必要があります。環境のリソースにアクセスできなくしたり、これらを削除したりすることはありません。ただし、そのような環境は、予測不能な状況になることがあります。サプライヤーがコンポーネントを EOL とマークしているので、リタイアしたプラットフォームブランチに対して Elastic Beanstalk でセキュリティ更新プログラム、テクニカルサポート、修正プログラムを提供できないためです。

例えば、リタイアしたプラットフォームブランチで実行されている環境に、有害で重大なセキュリティ脆弱性が現れる可能性があります。または、時間の経過とともに Elastic Beanstalk サービスとの互換性がなくなると、環境での EB API アクションの動作が停止することがあります。このようなリスクの可能性は、リタイアしたプラットフォームブランチ上の環境が長くアクティブなままであるほど、増加します。最近のリリースでコンポーネントサプライヤーから提供される重要なセキュリティ、パフォーマンス、および機能拡張のメリットを継続的に利用できるよう、すべての Elastic Beanstalk 環境を、サポートされているプラットフォームバージョンに更新することを強くお勧めします。

アプリケーションを実行し続ける必要があり、サポートされている Elastic Beanstalk プラットフォームに更新できないために、このような状況が発生してしまう場合は、他の代替案を検討し、使用する必要があります。回避策として、アプリケーションを Docker イメージにカプセル化して Docker コンテナとして実行する方法があります。これにより、お客様は、Elastic Beanstalk AL2 Docker プラットフォームなどの当社の Docker ソリューションや、Amazon ECS、Amazon EKS、AWS App Runner などのその他の Docker ベースのサービスを使用できるようになります。Docker 以外の代替案には、AWS CodeDeploy サービスなどがあります。これにより、必要なランタイムを完全にカスタマイズできます。

廃止されるプラットフォームブランチのスケジュール

以下の表に、リタイアとしてマークされているか、リタイア日が設定されている既存のプラットフォームコンポーネントを示します。表には、これらのコンポーネントを含む Elastic Beanstalk プラットフォームブランチの提供終了日が記載されています。

廃止される Elastic Beanstalk プラットフォームに関連するブランチのリストについては、AWS Elastic Beanstalk プラットフォームガイドの「リタイアが予定されているプラットフォームのバージョン」を参照してください。

Amazon Linux 2 (AL2) - ランタイムバージョンとプラットフォームブランチ

ランタイムバージョンまたはプラットフォームブランチ

プラットフォームの廃止日

PHP 7.4 AL2

2023 年 5 月 31 日

リタイアしたプラットフォームブランチの履歴

以下の表は、過去に廃止済みとしてマークされたプラットフォームコンポーネントの一覧です。表には、これらのコンポーネントが含まれていたプラットフォームが Elastic Beanstalk でリタイアとなった日付が記載されています。

注記

2022 年 7 月 18 日、Elastic Beanstalk では Amazon Linux AMI (AL1) に基づくプラットフォームブランチのステータスがすべてリタイアされます。詳細については、「Amazon Linux AMI (AL1) プラットフォームのリタイアに関するよくある質問」を参照してください。

オペレーティングシステム (OS) のバージョン。

OS バージョン

プラットフォームの廃止日

Amazon Linux AMI (AL1)

2022 年 7 月 18 日

Windows Server 2012 R1

2022 年 6 月 22 日

Windows Server 2008 R2

2019 年 10 月 28 日

アプリケーションサーバーのバージョン

アプリケーションサーバーのバージョン

利用終了日

Tomcat 7

2022 年 6 月 29 日 Amazon Linux 2 (AL2) プラットフォーム向け

2022 年 6 月 18 日 Amazon Linux AMI (AL1) プラットフォーム向け

Tomcat 6

2020 年 10 月 31 日

Tomcat 8

2020 年 10 月 31 日

ウェブサーバーのバージョン

ウェブサーバーのバージョン

利用終了日

64 ビット Windows Server で動作する IIS 8

2022 年 6 月 22 日

Apache HTTP Server 2.2

2020 年 10 月 31 日

Nginx 1.12.2

2020 年 10 月 31 日

Amazon Linux 2 (AL2) - ランタイムバージョンとプラットフォームブランチ

ランタイムバージョンまたはプラットフォームブランチ

プラットフォームの廃止日

Corretto 11 with Tomcat 7 AL2

2022 年 6 月 29 日

Corretto 8 with Tomcat 7 AL2

2022 年 6 月 29 日

Node.js 12 AL2

2022 年 12 月 23 日

Node.js 10 AL2

2022 年 6 月 29 日

PHP 7.3 AL2

2022 年 6 月 29 日

PHP 7.2 AL2

2022 年 6 月 29 日

Ruby 2.6 AL2

2022 年 12 月 23 日

Ruby 2.5 AL2

2022 年 6 月 29 日

Amazon Linux AMI (AL1) - ランタイムバージョンおよびプラットフォームブランチ

ランタイムバージョンまたはプラットフォームブランチ

利用終了日

Single Container Docker

2022 年 7 月 18 日

Multicontainer Docker

2022 年 7 月 18 日

Preconfigured Docker - GlassFish 5.0 with Java 8

2022 年 7 月 18 日

Go 1

2022 年 7 月 18 日

Java 8

2022 年 7 月 18 日

Java 7

2022 年 7 月 18 日

Java 8 with Tomcat 8.5

2022 年 7 月 18 日

Java 7 with Tomcat 7

2022 年 7 月 18 日

Node.js

2022 年 7 月 18 日

PHP 7.2 - 7.3

2022 年 7 月 18 日

Python 3.6

2022 年 7 月 18 日

Ruby 2,4, 2.5, 2.6 with Passenger

2022 年 7 月 18 日

Ruby 2.4, 2.5, 2.6 with Puma

2022 年 7 月 18 日

Go 1.3–1.10

2020 年 10 月 31 日

Java 6

2020 年 10 月 31 日

Node.js 4.x–8.x

2020 年 10 月 31 日

PHP 5.4–5.6

2020 年 10 月 31 日

PHP 7.0–7.1

2020 年 10 月 31 日

Python 2.6、2.7、3.4

2020 年 10 月 31 日

Ruby 1.9.3

2020 年 10 月 31 日

Ruby 2.0–2.3

2020 年 10 月 31 日

Windows Server - プラットフォームブランチとプラットフォームバージョン

プラットフォームブランチまたはプラットフォームバージョン

リタイア日

64 ビット Windows Server (および Core) 2012 R2 バージョン 0.1.0 で動作する IIS 8.5

2022 年 6 月 29 日

64 ビット Windows Server (および Core) 2012 R2 バージョン 1.2.0 で動作する IIS 8.5

2022 年 6 月 29 日

64 ビット Windows Server 2016 (および Core) バージョン 1.2.0 で動作する IIS 10.0

2022 年 6 月 29 日

64 ビット Windows Server 2012 R1 プラットフォームブランチで動作する IIS 8

2022 年 6 月 22 日

64 ビット Windows Server 2012 R1 バージョン 0.1.0 で動作する IIS 8

2022 年 6 月 22 日

64 ビット Windows Server 2012 R1 バージョン 1.2.0 で動作する IIS 8

2022 年 6 月 22 日