お客様のElastic Beanstalk 環境に対する Amazon EC2 インスタンス - AWS Elastic Beanstalk

お客様のElastic Beanstalk 環境に対する Amazon EC2 インスタンス

ウェブサーバー環境を作成すると、AWS Elastic Beanstalk は、インスタンスと呼ばれる 1 つ以上の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) 仮想マシンを作成します。

環境内のインスタンスは、選択したプラットフォームでウェブアプリケーションを実行するように設定されます。環境の作成中、または既に実行を開始してから、環境のインスタンスのさまざまなプロパティと動作を変更できます。これらの変更は、環境にデプロイするソースコードを変更することでも、行うことができます。詳細については、 設定オプション を参照してください。

注記

環境内の Auto Scaling グループは、アプリケーションを実行する Amazon EC2 インスタンスを管理します。このページで説明されている設定を変更した場合、起動設定も変更されます。起動設定は、Amazon EC2 起動テンプレートまたは、Auto Scaling グループ起動設定のリソースです。この変更にはすべてのインスタンスの置換が必要です。また、ローリング更新またはイミュータブルな更新のいずれかが設定されている場合、そのいずれかをトリガーします。

Elastic Beanstalk は、オンデマンドインスタンスリザーブドインスタンススポットインスタンスという複数の Amazon EC2 インスタンス購入オプションをサポートしています。オンデマンドインスタンスは、従量制料金のリソースであり、使用時に長期的な契約は必要ありません。リザーブドインスタンスは、お客様の環境で一致するオンデマンドインスタンスに自動的に適用される事前購入請求割引です。スポットインスタンスは、オンデマンド価格より低価で利用できる未使用の Amazon EC2 インスタンスです。1 つのオプションを設定することで、環境内のスポットインスタンスを有効にすることができます。追加のオプションを使用して、オンデマンドインスタンスとスポットインスタンスの混在を含め、スポットインスタンスの使用量を設定できます。詳細については、「」を参照してくださいAuto Scaling グループ

Amazon EC2 インスタンスタイプ

新しい環境を作成すると、Elastic Beanstalk は Amazon EC2 に基づく Amazon EC2 インスタンスをプロビジョニングします。あなたが選択するのは、インスタンスタイプです。選択したインスタンスタイプによって、インスタンスを実行するホストハードウェアが決まります。EC2 インスタンスタイプは、それぞれのプロセッサアーキテクチャに基づいて分類できます。Elastic Beanstalk は、次のプロセッサアーキテクチャに基づいてインスタンスタイプを support します。AWSGraviton 64-bit Armアーキテクチャ (arm64)、64-bit アーキテクチャ (x86)、32-bit のアーキテクチャー(i386)。

注記

i386 32 ビットアーキテクチャは、大半の Elastic Beanstalk プラットフォームで support されなくなりました。代わりに x86 または arm64 アーキテクチャタイプを選択することをお勧めします。Elastic Beanstalk設定オプションの i386 プロセッサインスタンスタイプの場合aws:ec2:instances名前空間。

デフォルトでは、Elastic Beanstalk は新しい環境を作成するときに x86 プロセッサアーキテクチャを選択します。インスタンスタイプのプロセッサアーキテクチャ (x86、arm64) は、新しい環境を作成するときにのみ選択できます。環境を作成した後は、実行中の環境の同じプロセッサアーキテクチャ内でのみインスタンスタイプを他のインスタンスに変更できます。プロセッサアーキテクチャを変更することはできません。

特定の Elastic Beanstalk 環境の設定に含まれるインスタンスタイプはすべて、同じタイプのプロセッサアーキテクチャを持つ必要があります。x86 アーキテクチャに基づく t2.ミディアム インスタンスタイプが既にある既存の環境に、新しいインスタンスタイプを追加するとします。t2.small や t4g.large など、同じアーキテクチャの別のインスタンスタイプのみを追加できます。

Amazon EC2 がインスタンスタイプを導入すると、Elastic Beanstalk は互換性のあるインスタンスタイプの support を、いつも追加します。使用可能なインスタンスタイプの詳細については、Amazon EC2 Linux インスタンス用ユーザーガイドインスタンスタイプまたは Amazon EC2 Windows インスタンス用ユーザーガイドインスタンスタイプを参照してください。

注記

Elastic Beanstalk は、すべての最新の Amazon Linux 2 プラットフォームで Graviton のサポートを提供するようになりましたAWSGraviton でサポートされているリージョン。arm64 ベースのインスタンスタイプを使用した Elastic Beanstalk 環境の作成の詳細については、を参照してください。お客様の環境に対応する Amazon EC2 インスタンスの設定

arm64 アーキテクチャで Amazon EC2 インスタンスを実行する新しい環境を作成し、デプロイオプションElastic Beanstalk

Graviton arm64 ベースのプロセッサの詳細については、以下を参照してください。AWSリソース。

お客様の環境に対応する Amazon EC2 インスタンスの設定

Elastic Beanstalk コンソールで、Elastic Beanstalk 環境の Amazon EC2 インスタンスを設定または変更できます。

環境の作成後に環境のプロセッサアーキテクチャを編集することはできません。インスタンスタイプのプロセッサアーキテクチャ (x86、arm64) を選択できます。のみ環境の作成時。

環境を構築する間にElastic Beanstalk コンソールで Amazon EC2 インスタンスを設定するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開き、[Regions] (リージョン) リストで AWS リージョンを選択します。

  2. ナビゲーションペインで、[環境] を選択します。

  3. [新しい環境の作成] を選択して、環境の作成を開始します。

  4. ウィザードのメインページで、[環境の作成] を選択する前に、[さらにオプションを設定] を選択します。

  5. [インスタンス] 設定カテゴリで、[編集] を選択します。このカテゴリの設定を変更し、[Apply (適用)] を選択します。設定の説明については、このページのセクション インスタンスカテゴリの設定 を参照してください。

  6. [キャパシティー] 設定カテゴリで、[編集] を選択します。このカテゴリの設定を変更し、[Continue (続行)] を選択します。設定の説明については、このページのセクション キャパシティーカテゴリの設定 を参照してください。

    プロセッサアーキテクチャの選択

    [] まで下にスクロールします。プロセッサをクリックして、EC2 インスタンスのプロセッサアーキテクチャを選択します。コンソールには、で以前に選択したプラットフォームでサポートされているプロセッサアーキテクチャが一覧表示されます。環境を作成するパネル。

    必要なプロセッサアーキテクチャが表示されない場合は、設定のカテゴリリストに戻り、それをサポートするプラットフォームを選択します。からの容量の変更パネル、選択しますキャンセル。次に、プラットフォームのバージョンを変更するをクリックして、新しいプラットフォーム設定を選択します。次に、容量設定のカテゴリを選択します。編集プロセッサー・アーキテクチャーの選択をもう一度見てください。

    
              実行環境用のElastic Beanstalk 容量設定ウィンドウでの Amazon EC2 インスタンス設定
  7. [保存] を選択し、環境に必要なその他の任意の設定変更を行います。

  8. [Create environment] (環境の作成) を選択します。

Elastic Beanstalk コンソールで実行環境の Amazon EC2 インスタンス を設定するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開き、[Regions] (リージョン) リストで AWS リージョンを選択します。

  2. ナビゲーションペインで、[環境] を選択し、リストから環境の名前を選択します。

    注記

    環境が多数ある場合は、検索バーを使用して環境リストをフィルタリングします。

  3. ナビゲーションペインで、[設定] を選択します。

  4. [インスタンス] 設定カテゴリで、[編集] を選択します。このカテゴリの設定を変更し、[Apply (適用)] を選択します。設定の説明については、このページのセクション インスタンスカテゴリの設定 を参照してください。

  5. [キャパシティー] 設定カテゴリで、[編集] を選択します。このカテゴリの設定を変更し、[Continue (続行)] を選択します。設定の説明については、このページのセクション キャパシティーカテゴリの設定 を参照してください。

インスタンスカテゴリの設定

Amazon EC2 インスタンスに関連する次の設定は、[Instances (インスタンス)] 設定カテゴリで使用できます。


          Elastic Beanstalk インスタンス設定ウィンドウの Amazon EC2 インスタンス設定

間隔のモニタリング

デフォルトでは、環境内のインスタンスは、ベーシックヘルスメトリクスを 5 分間隔で Amazon CloudWatch に公開します (追加料金は発生しません)。

より詳細なレポートを実行するには、[Monitoring interval] (モニタリング間隔) を [1 minute] (1 分) に設定し、環境内のリソースがベーシックヘルスのメトリクスを CloudWatch に公開する頻度を高めます。この場合、CloudWatch の利用料金は、1 分間隔のメトリクスに適用されます。詳細については、「Amazon CloudWatch」を参照してください。

ルートボリューム (起動デバイス)

環境内の各インスタンスは、ルートボリュームを使用して設定されます。ルートボリュームは、オペレーティングシステムやライブラリ、スクリプト、アプリケーションのソースコードを保存するためにインスタンスにアタッチされる Amazon EBS ブロックデバイスです。デフォルトでは、すべてのプラットフォームでストレージ用の汎用 SSD ブロックデバイスが使用されます。

[ルートボリュームタイプ] を変更して、マグネティックストレージやプロビジョンド IOPS SSD ボリュームタイプを使用すれば、必要に応じてボリュームサイズを増大することが可能です。プロビジョンド IOPS ボリュームでは、プロビジョニングする IOPS の数を選択する必要があります。スループットは gp3 SSD ボリュームタイプにのみ適用されます。プロビジョンに必要なスループットを入力できます。1 秒あたり 125 ~ 1000 メビバイト (MiB/s) の範囲に及びます。必要なパフォーマンスと価格の要件を満たすボリュームタイプを選択します。

詳細については、Amazon EC2 Linux インスタンス用ユーザーガイドの「Amazon EBS ボリュームの種類」および Amazon EBS 製品の詳細を参照してください。

インスタンスメタデータサービス

インスタンスメタデータサービス (IMDS) は、インスタンス上のコードによって、インスタンスメタデータに安全にアクセスするために使用されるインスタンス上のコンポーネントです。コードは、次の二つのうち一つのメソッドを使って、実行中のインスタンスからインスタンスのメタデータにアクセスできます。二つのメソッドは、インスタンスのメタデータサービスバージョン1(IMDSv1)か、インスタンスのメタデータサービスバージョン2(IMDSv2)です。IMDSv2 の方が安全性に優れています。IMDSv1 を無効にして、IMDSv2 を適用します。詳細については、「環境のインスタンスでのインスタンスメタデータサービスの設定」を参照してください。

注記

この設定ページの IMDS セクションは、IMDSv2 をサポートするプラットフォームバージョンに対してのみ表示されます。

セキュリティグループ

インスタンスに添付されているセキュリティグループによって、どのトラフィックがインスタンスに到達することを許可されるかが決まります。また、インスタンスの退出を許可するトラフィックも決定します。Elastic Beanstalk は、HTTP (80) および HTTPS (443) の標準ポートのロードバランサーからのトラフィックを許可するセキュリティグループを作成します。

追加のセキュリティグループを指定し、他のポート上にあるトラフィックやその他のソースからのトラフィックを許可することも可能です。例えば、制限された IP アドレス範囲から ポート 22 に着信したトラフィックを許可する SSH アクセス用セキュリティグループを作成できます。それ以外の場合は、セキュリティを強化するために、自分だけがアクセスできる踏み台ホストからのトラフィックを許可するセキュリティを作成します。

注記

環境 A のインスタンスと環境 B のインスタンス間のトラフィックを許可するには、Elastic Beanstalk が環境 B にアタッチしたセキュリティグループにルールを追加します。そうすると、Elastic Beanstalk が環境 A にアタッチしたセキュリティグループを指定できます。これにより、環境 A のインスタンスとの間で着信または送信されるトラフィックが許可されます。ただし、これを行うことで 2 つのセキュリティグループ間に依存性が生じます。後で環境 A を終了しようとすると、Elastic Beanstalk は環境 B のセキュリティグループが依存しているため、環境のセキュリティグループを削除できなくなります。

したがって、最初に別のセキュリティグループを作成することをお勧めします。次に、環境 A にアタッチして、環境 B のセキュリティグループのルールでその環境を指定します。

Amazon EC2 セキュリティグループの詳細については、Linux インスタンス用の Amazon EC2 ユーザーガイドAmazon EC2 セキュリティグループ を参照してください。

キャパシティーカテゴリの設定

Amazon EC2 インスタンスに関連する次の設定は、[Capacity (キャパシティー)] 設定カテゴリで使用できます。


          環境を作成するためのElastic Beanstalk 容量設定ウィンドウでの Amazon EC2 インスタンス設定

インスタンスのタイプ

Instance type (インスタンスタイプ) の設定によって、アプリケーションを実行する時に起動する Amazon EC2 インスタンスのタイプが決まります。この設定ページには、インスタンスタイプ。1 つ以上のインスタンスタイプを選択できます。Elastic Beanstalk コンソールには、環境用に設定されたプロセッサアーキテクチャに基づくインスタンスタイプのみが表示されます。したがって、同じプロセッサアーキテクチャのインスタンスタイプのみを追加できます。

インスタンスは、負荷がかかった状態でもアプリケーションを実行できる性能があるものを選択します。ただし、性能が高すぎて、ほとんどの時間アイドル状態になるようなインスタンスは避けてください。開発目的のため、t2 インスタンスファミリーは、短期間のバーストが可能な中程度の強度を備えています。大規模なアプリケーションの可用性を高くするには、インスタンスプールを使用して、インスタンスの 1 つが停止しても容量が大きな影響を受けないようにします。まず、平常時に中程度の負荷下で 5 つのインスタンスを実行できるインスタンスタイプから開始します。いずれかのインスタンスが失敗した場合は、残りのインスタンスがその他のトラフィックを吸収します。また、ピーク時間帯のトラフィック上昇に対応するため、環境を拡張する時間としてキャパシティーバッファが設けられています。

注記

既存の環境のプロセッサアーキテクチャを変更することはできません。ただし、arm64 など、目的のプロセッサアーキテクチャを実行する別の環境にアプリケーションを移行することはできます。目的のプロセッサアーキテクチャで新しい環境を作成します。次に、次のいずれかを使用して、アプリケーションを新しい環境に移行します。デプロイオプションElastic Beanstalk

Amazon EC2 インスタンスファミリーとタイプの詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「インスタンスタイプ」または Windows インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「インスタンスタイプ」を参照してください。要件を満たすインスタンスタイプと、サポートされるリージョンを決定するには、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「利用可能なインスタンスタイプ」または Windows インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「利用可能なインスタンスタイプ」を参照してください。

AMI ID

Amazon マシンイメージ (AMI) は、Amazon Linux または Windows Server のマシンイメージで、環境で Amazon EC2 インスタンスを起動する目的で Elastic Beanstalk が使用します。Elastic Beanstalk は、アプリケーションの実行に必要なツールとリソースを含むマシンイメージを提供します。

Elastic Beanstalk は、選択したリージョン、プラットフォームのバージョンおよび、プロセッサ・アーキテクチャに基づいた環境のデフォルト AMI を選択します。カスタム AMI を作成した場合は、デフォルトの AMI ID とそれを置き換えます。

&AEB; 環境内で、AWS CLIを使用して AWSEC2 インスタンスを設定します

を使用するAWSコマンドラインインターフェイス (AWS CLI) を使用して、コマンドラインシェルでコマンドを使用して Elastic Beanstalk 環境を作成し、設定します。このセクションでは、環境を作成するそしてupdate-environmentコマンド。

最初の 2 つの例では、新しい環境を作成します。このコマンドは、arm64 プロセッサアーキテクチャに基づく Amazon EC2 インスタンスタイプ t4g.small を指定します。Elastic Beanstalk は、リージョン、プラットフォームのバージョン、インスタンスタイプに基づいて EC2 インスタンスのイメージ ID(AMI)をデフォルト設定します。インスタンスタイプは、プロセッサアーキテクチャに対応します。-solution-stack-nameパラメータはプラットフォームバージョンに適用されます。

例 1 — 新しい arm64 ベースの環境を作成する (名前空間オプションをインライン)

aws elasticbeanstalk create-environment \ --region us-east-1 \ --application-name my-app \ --environment-name my-env \ --solution-stack-name "64bit Amazon Linux 2 v3.4.7 running Docker" \ --option-settings \ Namespace=aws:autoscaling:launchconfiguration,OptionName=IamInstanceProfile,Value=aws-elasticbeanstalk-ec2-role \ Namespace=aws:ec2:instances,OptionName=InstanceTypes,Value=t4g.small

別の方法として、options.jsonファイルを使用して、インラインで名前空間オプションを含めるのではなく、名前空間オプションを指定します。

例 2 — 新しい arm64 ベースの環境 (名前空間オプション) を作成します。options.jsonファイル)

aws elasticbeanstalk create-environment \ --region us-east-1 \ --application-name my-app \ --environment-name my-env \ --solution-stack-name "64bit Amazon Linux 2 v3.4.7 running Docker" \ --option-settings file://options.json
### example options.json ### [ { "Namespace": "aws:autoscaling:launchconfiguration", "OptionName": "IamInstanceProfile", "Value": "aws-elasticbeanstalk-ec2-role" }, { "Namespace": "aws:ec2:instances", "OptionName": "InstanceTypes", "Value": "t4g.small" } ]

次の 2 つの例では、既存の環境の設定をupdate-environmentコマンド。この例では、arm64 プロセッサアーキテクチャに基づく別のインスタンスタイプを追加します。既存の環境では、追加されるすべてのインスタンスタイプが同じプロセッサアーキテクチャを持つ必要があります。新しい環境のプロセッサアーキテクチャは、作成時に選択します。環境の作成後にプロセッサアーキテクチャを変更することはできません。

例 3 — 既存の arm64 ベースの環境を更新する (名前空間オプションをインライン)

aws elasticbeanstalk update-environment \ --region us-east-1 \ --application-name my-app \ --environment-name my-env \ --solution-stack-name "64bit Amazon Linux 2 v3.4.7 running Docker" \ --option-settings \ Namespace=aws:autoscaling:launchconfiguration,OptionName=IamInstanceProfile,Value=aws-elasticbeanstalk-ec2-role \ Namespace=aws:ec2:instances,OptionName=InstanceTypes,Value=t4g.small,t4g.micro

別の方法として、options.jsonファイルを使用して、インラインで名前空間オプションを含めるのではなく、名前空間オプションを指定します。

例 4 — 既存の arm64 ベースの環境を更新する (名前空間オプション)options.jsonファイル)

aws elasticbeanstalk update-environment \ --region us-east-1 \ --application-name my-app \ --environment-name my-env \ --solution-stack-name "64bit Amazon Linux 2 v3.4.7 running Docker" \ --option-settings file://options.json
### example options.json ### [ { "Namespace": "aws:autoscaling:launchconfiguration", "OptionName": "IamInstanceProfile", "Value": "aws-elasticbeanstalk-ec2-role" }, { "Namespace": "aws:ec2:instances", "OptionName": "InstanceTypes", "Value": "t4g.small, t4g.micro" } ]

次の 2 つの例で詳しく説明します。環境を作成するコマンド。これらの例は、の値を提供しません。InstanceTypes。メトリックInstanceTypes値は指定されていません。Elastic Beanstalk はデフォルトで x86 ベースのプロセッサアーキテクチャです。環境の EC2 インスタンスのイメージ ID(AMI)は、リージョン、プラットフォームのバージョン、およびデフォルトのインスタンスタイプに従ってデフォルト設定されます。インスタンスタイプは、プロセッサアーキテクチャに対応します。

例 5 — 新しい x86 ベースの環境を作成する (名前空間オプションをインライン)

aws elasticbeanstalk create-environment \ --region us-east-1 \ --application-name my-app \ --environment-name my-env \ --solution-stack-name "64bit Amazon Linux 2 v3.4.7 running Docker" \ --option-settings \ Namespace=aws:autoscaling:launchconfiguration,OptionName=IamInstanceProfile,Value=aws-elasticbeanstalk-ec2-role

別の方法として、options.jsonファイルを使用して、インラインで名前空間オプションを含めるのではなく、名前空間オプションを指定します。

例 6 — 新しい x86 ベースの環境 (名前空間オプション) を作成します。options.jsonファイル)

aws elasticbeanstalk create-environment \ --region us-east-1 \ --application-name my-app \ --environment-name my-env \ --solution-stack-name "64bit Amazon Linux 2 v3.4.7 running Docker" \ --option-settings file://options.json
### example options.json ### [ { "Namespace": "aws:autoscaling:launchconfiguration", "OptionName": "IamInstanceProfile", "Value": "aws-elasticbeanstalk-ec2-role" } ]

Graviton arm64 第一波環境に関する推奨事項

注記

このセクションは、顧客のサブセットにのみ適用されます。2021 年 11 月 24 日より前に Graviton arm64 ベースのインスタンスタイプで新しい環境を作成した場合は、このセクションの情報が適用される場合があります。

2021年10月と11月から、Elastic Beanstalk は、一部のリージョンおよび一部のプラットフォームバージョンで Graviton arm64 プロセッサのサポートの波を追加し始めました。この第1波は、AWS Elastic Beanstalkリリースノート日付10 月 13 日,10 月 21 日そして11 月 19 日2021 年の。次に arm64 ベースの環境を作成した場合は、リリースノートに記載されているカスタム AMI を使用してインスタンスを設定するように指示されています。Graviton arm64 の拡張サポートが利用可能になったので、Elastic Beanstalk は最新のプラットフォームバージョンで arm64 インスタンスタイプの AMI をデフォルト設定します。

最初の Wave リリースで提供されるカスタム AMI を使用して環境を作成した場合は、正常で動作している環境を維持するために、次の操作を実行することをお勧めします。

  1. 環境からカスタム AMI を削除します。

  2. 最新のプラットフォームバージョンで環境を更新します。

  3. マネージド・プラットフォーム更新を設定すると、予定済みのメンテナンスウィンドウの間に、自動的に最新バージョンのプラットフォームにアップグレードできます。

注記

Elastic Beanstalk は、カスタム AMI を自動的に置き換えるわけではありません。ステップ 1 でカスタム AMI を削除する必要があります。ステップ 2 の次のプラットフォームアップデートで更新されます。

次の手順では、これらの手順について説明します。-AWS CLI次の情報を使用して作成された環境には、例が適用されます。

aws elasticbeanstalk create-environment \ --region us-east-1 \ --application-name my-app \ --environment-name my-env \ --solution-stack-name "64bit Amazon Linux 2 v3.4.7 running Docker" \ --option-settings \ Namespace=aws:autoscaling:launchconfiguration,OptionName=IamInstanceProfile,Value=aws-elasticbeanstalk-ec2-role \ Namespace=aws:ec2:instances,OptionName=InstanceTypes,Value=t4g.small \ Namespace=aws:autoscaling:launchconfiguration,OptionName=ImageId,Value=ami-0fbdb88ce139244bf

Graviton arm64 サポートの最初の波の下で作成された arm64 環境を更新するには

  1. Runupdate-environmentをクリックして、カスタム AMI 設定を削除します。

    aws elasticbeanstalk update-environment \ --region us-east-1 \ --environment-name my-env \ --options-to-remove \ Namespace=aws:autoscaling:launchconfiguration,OptionName=ImageId
  2. 最新のプラットフォームバージョンで環境を更新します。以下のオプションから一つ選択してください。

    • コンソールオプション — Elastic Beanstalk コンソールを使用して、プラットフォームのバージョンを更新します。詳細については、「」を参照してください。環境のプラットフォームバージョンを更新する

    • AWS CLIオプション:AWS update-environmentコマンドで、最新のプラットフォームバージョンを指定します。

      aws elasticbeanstalk update-environment \ --region us-east-1 \ --environment-name my-env \ --solution-stack-name "64bit Amazon Linux 2 v3.4.9 running Docker"
      注記

      -list-available-solution-stacksCommand は、アカウントで使用可能なプラットフォームバージョンのリストをAWSリージョン。

      aws elasticbeanstalk list-available-solution-stacks --region us-east-1 --query SolutionStacks
  3. Elastic Beanstalk コンソールを使用して、環境のマネージドプラットフォーム更新を設定します。マネージド・プラットフォーム更新機能により、予定済みのメンテナンスウィンドウ中に、環境を自動的に最新バージョンのプラットフォームにアップグレードできます。更新プロセス中も、アプリケーションはサービスが続きます。詳細については、マネージド・プラットフォームアップデートを参照してください。

aws:autoscaling:launchconfiguration​ 名前空間

aws:autoscaling:launchconfiguration 名前空間で、設定のオプションを使用して、コンソールで使用できない追加のオプションを含む、環境のインスタンスを設定できます。

次の設定ファイルの例では、このトピックに示すベーシックな設定オプションを使用します。例えば、DisableIMDSv1 オプションを使用しています。これについては、「IMDS」を参照してください。セキュリティ で説明されている EC2KeyName および IamInstanceProfile というオプションも使用しています。また、BlockDeviceMappings オプションも使用していますが、これはコンソールでは使用できません。

option_settings: aws:autoscaling:launchconfiguration: SecurityGroups: my-securitygroup MonitoringInterval: "1 minute" DisableIMDSv1: false EC2KeyName: my-keypair IamInstanceProfile: "aws-elasticbeanstalk-ec2-role" BlockDeviceMappings: "/dev/sdj=:100,/dev/sdh=snap-51eef269,/dev/sdb=ephemeral0"

BlockDeviceMappings では、インスタンス用の追加のブロックデバイスを設定できます。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「ブロックデバイスマッピング」を参照してください。

EB CLI および Elastic Beanstalk コンソールでは、上記のオプションに推奨値が適用されます。設定ファイルを使用して同じファイルを設定する場合は、これらの設定を削除する必要があります。詳細については、「推奨値」を参照してください。