Elastic Load Balancing
クラシックロードバランサー

HTTP ヘッダーおよび クラシックロードバランサー

HTTP リクエストと HTTP レスポンスは、ヘッダーフィールドを使用して HTTP メッセージに関する情報を送信します。ヘッダーフィールドはコロンで区切られた名前と値のペアであり、キャリッジリターン (CR) とラインフィード (LF) で区切ります。HTTP ヘッダーフィールドの標準セットが RFC 2616 の「Message Headers」で定義されています。アプリケーションで広く使用されている標準以外の HTTP ヘッダーもあります。標準以外の HTTP ヘッダーには X-Forwarded というプレフィックスが付いている場合があります。クラシックロードバランサー は、次の X-Forwarded ヘッダーをサポートしています。

HTTP 接続の詳細については、Elastic Load Balancing ユーザーガイド の「リクエストルーティング」を参照してください。

前提条件

  • リスナー設定が X-Forwarded ヘッダーをサポートしていることを確認します。詳細については、「クラシックロードバランサー のリスナーの設定」を参照してください。

  • クライアント IP アドレスを記録するようウェブサーバーを設定します。

X-Forwarded-For

X-Forwarded-For リクエストヘッダーは、HTTP または HTTPS ロードバランサーを使用する場合に、クライアントの IP アドレスを識別するのに役立ちます。ロードバランサーはクライアント/サーバー間のトラフィックをインターセプトするので、サーバーアクセスログにはロードバランサーの IP アドレスのみが含まれます。クライアントの IP アドレスを確認するには、X-Forwarded-For リクエストヘッダーを使用します。Elastic Load Balancing は、クライアントの IP アドレスを X-Forwarded-For リクエストヘッダーに格納し、このヘッダーをサーバーに渡します。

X-Forwarded-For リクエストヘッダーは以下のような形式です。

X-Forwarded-For: client-ip-address

以下に、IP アドレスが 203.0.113.7 であるクライアントの X-Forwarded-For リクエストヘッダーの例を示します。

X-Forwarded-For: 203.0.113.7

以下に、IPv6 アドレスが 2001:DB8::21f:5bff:febf:ce22:8a2e であるクライアントの X-Forwarded-For リクエストヘッダーの例を示します。

X-Forwarded-For: 2001:DB8::21f:5bff:febf:ce22:8a2e

X-Forwarded-Proto

X-Forwarded-Proto リクエストヘッダーを使用すると、クライアントがロードバランサーへの接続に使用したプロトコル (HTTP または HTTPS) を識別することができます。サーバーアクセスログには、サーバーとロードバランサーの間で使用されたプロトコルのみが含まれ、クライアントとロードバランサーの間で使用されたプロトコルに関する情報は含まれません。クライアントとロードバランサーの間で使用されたプロトコルを判別するには、X-Forwarded-Proto リクエストヘッダーを使用します。Elastic Load Balancing は、クライアントとロードバランサーの間で使用されたプロトコルを X-Forwarded-Proto リクエストヘッダーに格納し、このヘッダーをサーバーに渡します。

アプリケーションやウェブサイトは X-Forwarded-Proto リクエストヘッダーに格納されているプロトコルを使用して、適切な URL にリダイレクトする応答を生成できます。

X-Forwarded-Proto リクエストヘッダーは以下のような形式です。

X-Forwarded-Proto: originatingProtocol

次の例には、HTTPS リクエストとしてクライアントから発信されたリクエストの X-Forwarded-Proto リクエストヘッダーが含まれています。

X-Forwarded-Proto: https

X-Forwarded-Port

X-Forwarded-Port リクエストヘッダーは、ロードバランサーへの接続にクライアントが使用した送信先ポートを識別するために役立ちます。