アプリケーションの履歴を表示する - Amazon EMR

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

アプリケーションの履歴を表示する

コンソールでクラスターの詳細ページの [Application user interfaces] (アプリケーションユーザーインターフェイス) タブを使用して、Spark History Server および YARN Timeline Service アプリケーションの詳細を表示できます。Amazon EMR のアプリケーション履歴を使用すると、アクティブなジョブとジョブ履歴のトラブルシューティングや分析を簡単に行うことができます。

[Application user interfaces (アプリケーションユーザーインターフェイス)] タブには、いくつかの表示オプションがあります。

  • 永続アプリケーションユーザーインターフェイスへのクラスター外アクセス - Amazon EMR バージョン 5.25.0 以降、Spark で永続アプリケーションユーザーインターフェイスリンクを使用できます。Amazon EMR バージョン 5.30.1 以降では、Tez UI と YARN タイムラインサーバーにも永続アプリケーションユーザーインターフェイスがあります。YARN タイムラインサーバーと Tez UI は、アクティブなクラスターと終了したクラスターについてのメトリクスを提供するオープンソースアプリケーションです。Spark ユーザーインターフェイスには、スケジューラのステージとタスク、RDD サイズとメモリ使用量、環境に関する情報、動作中の実行プログラムに関する情報が表示されます。永続アプリケーション UI はクラスター外で実行されるため、クラスター情報とログは、アプリケーションの終了後 30 日間使用できます。クラスター上のアプリケーションユーザーインターフェイスとは異なり、永続アプリケーション UI では、SSH 接続を介してウェブプロキシをセットアップする必要はありません。

  • クラスター上のアプリケーションユーザーインターフェイス - クラスターで実行できる、さまざまなアプリケーション履歴ユーザーインターフェイスがあります。クラスター上のユーザーインターフェイスはマスターノードでホストされるため、ウェブサーバーへの SSH 接続をセットアップする必要があります。クラスター上のアプリケーションのユーザーインターフェイスは、アプリケーションの終了後、アプリケーションの履歴を 1 週間保持します。SSH トンネルの設定の詳細と手順については、「Amazon EMR クラスターでホストされているウェブインターフェイスを表示する」を参照してください。

    Spark History Server、YARN Timeline Server、Hive アプリケーションを除き、クラスター上のアプリケーション履歴はクラスターの実行中のみ表示できます。

  • アプリケーション履歴の概要 - Amazon EMR バージョン 5.8.0 以降では、EMR コンソールでアプリケーション履歴の概要 (ステージタスクと実行プログラムの主要なメトリクスなど) を表示できます。アプリケーション履歴の概要は、すべての YARN アプリケーションが対象です。Spark アプリケーションについては追加の詳細が表示されますが、これらの詳細は、Spark アプリケーション UI に表示される情報の一部にすぎません。