監視 CloudWatch イベント - Amazon EMR

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

監視 CloudWatch イベント

Amazon EMR はイベントを追跡し、最大 7 日間、そのイベントに関する情報を保持します。クラスター、インスタンスグループ、自動スケーリングのポリシーおよび手順の状態変化によりイベントが記録されます。各イベントには、イベントが発生した日付と時刻などの情報が、影響を受けたクラスターやインスタンスグループなどの、イベントについての詳細情報とともに存在します。

Amazon EMR のイベントを、イベントが示す状態や状態の変化、イベントの重大度、およびイベントメッセージとともに次の表に示します。各イベントは、イベントのストリームに自動的に送信される JSON オブジェクトとして表されます。JSON オブジェクトは、を使用してイベント処理のルールを設定する場合、特に重要です。 CloudWatch JSON オブジェクトでパターンと一致しようとするからです。詳細については、次を参照してください。イベントとイベントパターンそしてAmazon EMR イベントアマゾン CloudWatch Events ユーザーガイド

クラスターイベント

状態や状態の変化 重要度 Message

STARTING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName)Time にリクエストされ、作成中です。

STARTING

INFO

注記

インスタンスフリートが構成されており、VPC で複数のサブネットが選択されているクラスターのみに適用されます。

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) は、指定した VPC オプションから選択されたアベイラビリティーゾーン (AvailabilityZoneID) 内の VPC (VPCName) のサブネット (SubnetName) で作成中です。

STARTING

INFO

注記

インスタンスフリートが構成されており、EC2-Classic 内で複数のアベイラビリティーゾーンが選択されているクラスターのみに適用されます。

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) は、指定したアベイラビリティーゾーンオプションから選択されたアベイラビリティーゾーン (AvailabilityZoneID) で作成中です。

RUNNING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName)Time にステップの実行を開始しました。

WAITING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName)Time に作成され、使用する準備ができています。

- または -

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName)Time に保留中のすべてのステップの処理を完了しました。

注記

WAITING 状態のクラスターでも、ジョブを処理している可能性があります。

TERMINATED

重大度は次に示す状態変更の理由によって異なります。

  • CRITICAL クラスターが次に示す状態変更の理由のいずれかによって終了した場合: INTERNAL_ERRORVALIDATION_ERRORINSTANCE_FAILUREBOOTSTRAP_FAILURESTEP_FAILURE

  • INFO クラスターが次に示す状態変更の理由のいずれかによって終了した場合: USER_REQUEST または ALL_STEPS_COMPLETED

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) は、TimeStateChangeReason:Code という理由で終了しました。

TERMINATED_WITH_ERRORS

CRITICAL

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) は、TimeStateChangeReason:Code という理由でエラーを出して終了しました。

インスタンスフリートイベント

注記

インスタンスフリート設定は、5.0.0 および 5.0.3 バージョンを除く Amazon EMR リリースバージョン 4.8.0 以降でのみ使用できます。

状態や状態の変化 重要度 Message

PROVISIONING から WAITING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) へのインスタンスフリート InstanceFleetID のプロビジョニングは完了しました。プロビジョニングは Time に開始され、Num 分かかりました。インスタンスフリートには、Num のオンデマンド容量があり、Num のスポット容量があります。ターゲットのオンデマンド容量は Num で、ターゲットのスポット容量は Num でした。

WAITING から RESIZING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) のインスタンスフリート InstanceFleetID のサイズ変更が、Time に開始されました。インスタンスフリートは、オンデマンド容量 Num から、ターゲットの Num へ、スポット容量の Num から、ターゲットの Num へサイズ変更されています。

RESIZING から WAITING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) 内のインスタンスフリート InstanceFleetID のサイズ変更オペレーションが完了しました。サイズ変更は Time に開始し、Num 分かかりました。インスタンスフリートには、Num のオンデマンド容量があり、Num のスポット容量があります。ターゲットのオンデマンド容量は Num で、ターゲットのスポット容量は Num でした。

RESIZING から WAITING

WARN

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) 内のインスタンスフリート InstanceFleetID のサイズ変更オペレーションがタイムアウトになり、停止しました。サイズ変更は Time に開始し、Num 分後に停止しました。インスタンスフリートには、Num のオンデマンド容量があり、Num のスポット容量があります。ターゲットのオンデマンド容量は Num で、ターゲットのスポット容量は Num でした。

SUSPENDED

ERROR

インスタンスフリートInstanceFleetIDAmazon EMR クラスターの EMR クラスターClusterId (clusterName)で逮捕された[Time] (時間)次の理由から: ReasonDesc

RESIZING

WARNING

インスタンスフリートのサイズ変更操作InstanceFleetIDAmazon EMR クラスターの EMR クラスターClusterId (clusterName)次の理由で立ち往生している。ReasonDesc

WAITING または RUNNING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) 内のインスタンスフリート InstanceFleetID のサイズ変更は、Entity によって Time に開始されました。

インスタンスグループのイベント

状態や状態の変化 重要度 Message

RESIZING から RUNNING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID のサイズ変更操作は完了しました。これで Num 個のインスタンスがあります。サイズ変更は Time に開始され、完了するまでに Num 分かかりました。

RUNNING から RESIZING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID のサイズ変更は、Time に開始されました。インスタンス数 Num 個から Num 個にサイズ変更をしています。

SUSPENDED

ERROR

インスタンスグループInstanceGroupIDAmazon EMR クラスターの EMR クラスターClusterId (clusterName)で逮捕された[Time] (時間)次の理由から: ReasonDesc

RESIZING

WARNING

インスタンスグループのサイズ変更操作InstanceGroupIDAmazon EMR クラスターの EMR クラスターClusterId (clusterName)次の理由で立ち往生している。ReasonDesc

RUNNING から RESIZING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID のサイズ変更は、Entity によって Time に開始されました。

注記

Amazon EMR バージョン 5.21.0 以降では、実行中のクラスター内のインスタンスグループごとに、クラスター設定を上書きして追加の設定分類を指定できます。これを行うには、Amazon EMR コンソール、AWS Command Line Interface (AWS CLI)、または AWS SDK を使用します。詳細については、「実行中のクラスターのインスタンスグループの設定を指定する」を参照してください。

Amazon EMR の再設定オペレーションのイベントを、イベントが示す状態や状態の変化、イベントの重大度、およびイベントメッセージとともに次の表に示します。

状態や状態の変化 重要度 Message

RUNNING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID のサイズ変更は、ユーザーによって Time に開始されました。リクエストされた設定のバージョンは、Num です。

RECONFIGURING から RUNNING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID の再設定操作は完了しました。再設定は Time に開始され、完了まで Num 分かかりました。現在の設定のバージョンは Numです。

RUNNING から RECONFIGURING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID の再設定は、Time に開始されました。バージョン番号 Num からバージョン番号Num に設定されます。

RESIZING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID の設定バージョン Num への再設定操作は、インスタンスグループが State であるため、Time に一時的にブロックされます。

RECONFIGURING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID のインスタンス数 Num へのサイズ変更操作は、インスタンスグループが State であるため、Time に一時的にブロックされます。

RECONFIGURING

WARNING

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID の再構成操作は、Time に失敗し、失敗までに Num 分間かかりました。失敗した設定のバージョンは Numです。

RECONFIGURING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID の構成を前に正常に稼働していたバージョン番号 Num に戻す操作は、Time に実行中です。新しい設定バージョンは Num です。

RECONFIGURING から RUNNING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID の構成を前に正常に稼働していたバージョン番号 Num に戻す操作は、Time に正常に終了しました。新しい設定バージョンは Num です。

RECONFIGURING から SUSPENDED

CRITICAL

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID の構成を前に正常に稼働していたバージョン番号 Num に戻す操作は、Time に失敗しました。

自動スケーリングポリシーのイベント

状態や状態の変化 重要度 Message

PENDING

INFO

Auto Scaling ポリシーは、Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupIDTime に追加されました。ポリシーはアタッチメントを保留しています。

- または -

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID の Auto Scaling ポリシーは、Time に更新されました。ポリシーはアタッチメントを保留しています。

ATTACHED

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID の Auto Scaling ポリシーは、Time にアタッチされました。

DETACHED

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID の Auto Scaling ポリシーは、Time にデタッチされました。

FAILED

ERROR

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID の Auto Scaling ポリシーは、アタッチできず、Time に失敗しました。

- または -

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のインスタンスグループ InstanceGroupID の Auto Scaling ポリシーは、デタッチできず、Time に失敗しました。

ステップイベント

状態や状態の変化 重要度 Message

PENDING

INFO

ステップ StepID (StepName) は、Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName)Time に追加され、実行の保留中です。

CANCEL_PENDING

WARN

Amazon EMR クラスター ClusterId (ClusterName) 内のステップ StepID (StepName) は、Time にキャンセルされ、キャンセルの保留中です。

RUNNING

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のステップ StepID (StepName) は、Time に実行を開始しました。

COMPLETED

INFO

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のステップ StepID (StepName) は、Time に実行を完了しました。ステップは Time に実行を開始し、完了するまでに Num 分かかりました。

CANCELLED

WARN

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のクラスターステップ StepID (StepName) に対するキャンセルリクエストは、Time に正常終了し、ステップがキャンセルされました。

FAILED

ERROR

Amazon EMR クラスター ClusterId (clusterName) 内のステップ StepID (StepName) は、Time に失敗しました。

Amazon EMR コンソールを使用してイベントを表示する

各クラスターについて、イベントの簡単なリストを詳細ペインに表示できます。これは発生の降順にイベントを表示します。また、リージョンでのすべてのクラスターのすべてのイベントを、発生の降順に表示することもできます。

注記

ユーザーにリージョンでのすべてのクラスターのイベントを表示しないようにするには、"Effect": "Deny" アクションのアクセス権限を拒否するステートメント (elasticmapreduce:ViewEventsFromAllClustersInConsole) を、ユーザーにアタッチされているポリシーに追加します。

リージョンでのすべてのクラスターのイベントを表示するには

  1. で Amazon EMR コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/elasticmapreduce/

  2. [Events] を選択します。

特定のクラスターのイベントを表示するには

  1. で Amazon EMR コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/elasticmapreduce/

  2. [Cluster List] を選択し、クラスターを選択してから、[View details] を選択します。

  3. クラスター詳細ペインで、[Events] を選択します。

    
								クラスター詳細ペインに表示される Amazon EMR イベント。

CloudWatch を使用して Amazon EMR イベントに対するルールを作成する

Amazon EMR はイベントを CloudWatch イベントストリーム。指定パターンに応じてイベントに一致するルールを作成し、メールで通知を送信するなどのアクションを取るようイベントをターゲットにルーティングします。パターンはイベント JSON オブジェクトに対してマッチングされます。Amazon EMR イベントの詳細については、「」を参照してください。Amazon EMR イベントアマゾン CloudWatch Events ユーザーガイド

の設定については、を参照 CloudWatch イベントルール、「」を参照してください。の作成 CloudWatch イベントでトリガーするルール