クラスターへの作業の送信 - Amazon EMR

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

クラスターへの作業の送信

このセクションでは、Amazon EMR クラスターに作業を送信する方法を説明します。クラスターに作業を送信するには、ステップを追加するか、マスターノードに Hadoop ジョブをインタラクティブに送信します。クラスターで使用できる保留中および実行中のステップの最大数は 256 です。クラスターで実行しているアクティブなステップが 256 ある場合でも、マスターノードにジョブをインタラクティブに送信できます。長時間稼働するクラスターが存続する間は、送信できるステップの数に制限はありませんが、任意の時点で実行中または保留中にできるステップは 256 ステップまでです。

バージョン 5.0.0 を除く Amazon EMR バージョン 4.8.0 以降では、AWS Management Console、AWS CLI、または Amazon EMR API を使用して、保留中のステップをキャンセルできます。

Amazon EMR バージョン 5.28.0 以降では、保留中のステップと実行中のステップの両方をキャンセルできます。また、複数のステップを並行して実行して、クラスターの使用率を改善し、コストを削減することもできます。

注記

最高のパフォーマンスを得るには、Amazon EMR で使用するカスタムブートストラップアクション、スクリプト、およびその他のファイルを、クラスターと同じ AWS リージョン 内の Simple Storage Service (Amazon S3) バケットに保存することをお勧めします。