CloudWatch ログを使用した Amazon Data Firehose のモニタリング - Amazon Data Firehose

Amazon Data Firehose は、以前は Amazon Kinesis Data Firehose と呼ばれていました。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CloudWatch ログを使用した Amazon Data Firehose のモニタリング

Amazon Data Firehose は Amazon CloudWatch Logs と統合されているため、データ変換またはデータ配信の Lambda 呼び出しが失敗したときに特定のエラーログを表示できます。Firehose ストリームを作成するときに、Amazon Data Firehose エラーログ記録を有効にできます。

Amazon Data Firehose コンソールで Amazon Data Firehose エラーログ記録を有効にすると、ユーザーに代わって Firehose ストリームのロググループと対応するログストリームが作成されます。ロググループ名の形式は です。ここで/aws/kinesisfirehose/delivery-stream-namedelivery-stream-nameは対応する Firehose ストリームの名前です。 は、プライマリ送信先への配信に関連するエラーをログに記録するために作成および使用されるログストリームDestinationDeliveryです。もう 1 つの BackupDelivery というログストリームは、S3 バックアップが送信先で有効になっている場合のみ作成されます。BackupDelivery ログストリームは、S3 バックアップへの配信に関連するすべてのエラーを記録するために使用されます。

例えば、MyStreamAmazon Redshift を送信先として Firehose ストリーム「」を作成し、Amazon Data Firehose エラーログ記録を有効にすると、 という名前のロググループaws/kinesisfirehose/MyStreamDestinationDeliveryおよび という名前の 2 つのログストリームがユーザーに代わって作成されますBackupDelivery。こちらの例では、DestinationDelivery を使用して Amazon Redshift の送信先と中間の S3 送信先への配信に関連するすべてのエラーが記録されます。S3 バックアップが有効になっている場合、S3 バックアップバケットへの配信に関連するすべてのエラーの記録には BackupDelivery が使用されます。

Amazon Data Firehose エラーログ記録は AWS CLI、、 API、または CloudWatchLoggingOptions設定 AWS CloudFormation を使用して有効にできます。これを行うには、事前にロググループとログストリームを作成します。Amazon Data Firehose エラーログ記録専用のロググループとログストリームを予約することをお勧めします。また、関連付けられた IAM ポリシーに "logs:putLogEvents" アクセス許可があることを確認します。詳細については、「Amazon Data Firehose によるアクセスの制御」を参照してください。

Amazon Data Firehose は、すべての配信エラーログが CloudWatch Logs に送信されることを保証するものではないことに注意してください。配信失敗率が高い状況では、Amazon Data Firehose は配信エラーログを CloudWatch ログに送信する前にサンプリングします。

CloudWatch ログに送信されるエラーログには少額の料金がかかります。詳細については、「Amazon CloudWatch の料金」を参照してください。

データ配信エラー

以下は、Amazon Data Firehose の送信先ごとのデータ配信エラーコードとメッセージのリストです。各エラーメッセージには、問題を解決するために実行する適切なアクションも示されます。

Amazon S3 データ配信エラー

Amazon Data Firehose は、次の Amazon S3-relatedエラーを CloudWatch ログに送信できます。

エラーコード エラーメッセージおよび情報
S3.KMS.NotFoundException

「指定された AWS KMS キーが見つかりませんでした。正しいロールを持つ有効な AWS KMS キーと思われるものを使用している場合は、 AWS KMS キーがアタッチされているアカウントに問題があるかどうかを確認します。」

S3.KMS.RequestLimitExceeded

"S3 オブジェクトを暗号化しようとしているときに、KMS リクエスト/秒の制限を超えました。1 秒あたりのリクエストの制限を引き上げてください。"

詳細については、AWS Key Management Service デベロッパーガイドの「制限」を参照してください。

S3.AccessDenied 「アクセスが拒否されました。提供された IAM ロールの信頼ポリシーで Amazon Data Firehose がロールを引き受けることが許可され、アクセスポリシーで S3 バケットへのアクセスが許可されていることを確認します。」
S3.AccountProblem AWS 「アカウントに問題があるため、オペレーションが正常に完了しません。 AWS サポートにお問い合わせください。」
S3.AllAccessDisabled 「指定されたアカウントへのアクセスが無効になっています。 AWS サポートにお問い合わせください。」
S3.InvalidPayer 「指定されたアカウントへのアクセスが無効になっています。 AWS サポートにお問い合わせください。」
S3.NotSignedUp 「アカウントは Amazon S3 に対してサインアップされていません。アカウントにサインアップするか、別のアカウントを使用します。」
S3.NoSuchBucket 「指定されたバケットが存在しません。バケットを作成するか、存在する別のバケットを使用します。」
S3.MethodNotAllowed 「指定されたメソッドは、このリソースに対して許可されていません。Amazon S3 オペレーションの正しいアクセス許可を許可するようバケットのポリシーを変更します。」
InternalError 「データを配信しようとして内部エラーが発生しました。配信は再試行されます。エラーが解決しない場合は、解決 AWS のために に報告されます。」
S3.KMS.KeyDisabled 「指定された KMS キーが無効です。キーを有効にするか別のキーを使用します。」
S3.KMS.InvalidStateException 「指定された KMS キーは無効な状態です。別のキーを使用してください。」
KMS.InvalidStateException 「指定された KMS キーは無効な状態です。別のキーを使用してください。」
KMS.DisabledException 「指定された KMS キーが無効です。キーを修正するか別のキーを使用してください。」
S3.SlowDown 「指定されたバケットへの PUT リクエスト率が高すぎます。Firehose ストリームのバッファサイズを増やすか、他のアプリケーションからの put リクエストを減らします。」
S3.SubscriptionRequired 「S3 を呼び出すときにアクセスが拒否されました。渡された IAM ロールと KMS キー (指定されている場合) に Amazon S3 サブスクリプションがあることを確認してください。」
S3.InvalidToken 「指定されたトークンは形式に誤りがあるか無効です。入力した認証情報を確認してください。」
S3.KMS.KeyNotConfigured 「KMS キーが設定されていません。KMS MasterKeyID を設定するか、S3 バケットの暗号化を無効にします。」
S3.KMS.AsymmetricCMKNotSupported 「Amazon S3 がサポートしているのは対称 CMK のみです。非対称 CMK を使用して Amazon S3 にあるデータを暗号化することはできません。CMK のタイプを取得するには、KMS DescribeKey オペレーションを使用します。」
S3.IllegalLocationConstraintException 「Firehose は現在、設定された S3 バケットへのデータ配信に S3 グローバルエンドポイントを使用しています。設定された S3 バケットのリージョンは、S3 グローバルエンドポイントをサポートしていません。s3 バケットと同じリージョンに Firehose ストリームを作成するか、グローバルエンドポイントをサポートするリージョンで s3 バケットを使用してください。」
S3.InvalidPrefixConfigurationException 「タイムスタンプ評価に使用したカスタムの S3 プレフィックスが無効です。S3 プレフィックスに現在の日付と時刻を示す有効な表示が含まれていることを確認してください。」
DataFormatConversion.MalformedData 「トークンの間に不正な文字が見つかりました。」

Amazon Redshift データ配信エラー

Amazon Data Firehose は、次の Amazon Redshift 関連のエラーを CloudWatch Logs に送信できます。

エラーコード エラーメッセージおよび情報
Redshift.TableNotFound

「データのロード先となるテーブルが見つかりませんでした。指定されたテーブルが存在することを確認してください。」

S3 からのデータのコピー先となる Amazon Redshift の送信先テーブルが見つかりませんでした。Amazon Data Firehose が存在しない場合、Amazon Redshift テーブルは作成されないことに注意してください。

Redshift.SyntaxError 「COPY コマンドには構文エラーが含まれています。コマンドを再試行してください。」
Redshift.AuthenticationFailed 「指定されたユーザー名とパスワードで認証に失敗しました。有効なユーザー名とパスワードを指定してください。」
Redshift.AccessDenied 「アクセスが拒否されました。提供された IAM ロールの信頼ポリシーで、Amazon Data Firehose がロールを引き受けることが許可されていることを確認します。」
Redshift.S3BucketAccessDenied 「COPY コマンドは S3 バケットにアクセスできませんでした。指定した IAM ロールのアクセスポリシーで、S3 バケットへのアクセスが許可されることを確認してください。」
Redshift.DataLoadFailed 「テーブルへのデータのロードに失敗しました。詳細については、STL_LOAD_ERRORS システムテーブルを確認してください。」
Redshift.ColumnNotFound 「COPY コマンドの列がテーブルに存在しません。有効な列名を指定してください。」
Redshift.DatabaseNotFound 「Amazon Redshift の送信先設定または JDBC URL で指定されたデータベースは見つかりませんでした。有効なデータベース名を指定してください。」
Redshift.IncorrectCopyOptions

「競合するか冗長な COPY のオプションが指定されました。一部のオプションは、特定の組み合わせと互換性がありません。詳細については、COPY コマンドのリファレンスを参照してください。」

詳細については、Amazon Redshift データベース開発者ガイドの「Amazon Redshift COPY コマンド」を参照してください。

Redshift.MissingColumn 「デフォルト値がなく、列リストに含まれていない、NOT NULL としてテーブルスキーマに定義されている列があります。この列を除外し、ロードされたデータが常にこの列の値を提供することを確認するか、このテーブルの Amazon Redshift スキーマにデフォルト値を追加します。」
Redshift.ConnectionFailed 「指定された Amazon Redshift クラスターへの接続に失敗しました。セキュリティ設定で Amazon Data Firehose 接続が許可されていること、Amazon Redshift 送信先設定または JDBC URL で指定されたクラスターまたはデータベースが正しいこと、およびクラスターが使用可能であることを確認します。」
Redshift.ColumnMismatch 「COPY コマンドの jsonpaths の数および宛先テーブルの列数が一致する必要があります。コマンドを再試行してください。」
Redshift.IncorrectOrMissingRegion 「Amazon Redshift は、S3 バケットにアクセスするために間違ったリージョンのエンドポイントを使用しようとしました。COPY コマンドのオプションで正しいリージョンの値を指定するか、S3 バケットが Amazon Redshift データベースと同じリージョンにあることを確認します。」
Redshift.IncorrectJsonPathsFile 「指定された jsonpaths ファイルが、サポートされている JSON 形式ではありません。コマンドを再試行してください。」
Redshift.MissingS3File 「Amazon Redshift で必要な 1 つまたは複数の S3 ファイルが S3 バケットから削除されました。S3 バケットポリシーを確認し、S3 ファイルの自動削除がある場合はそれを除外します。」
Redshift.InsufficientPrivilege 「データをテーブルにロードするアクセス許可がユーザーにありません。INSERT 権限に対する Amazon Redshift ユーザー権限を確認してください。」
Redshift.ReadOnlyCluster 「システムがサイズ変更モードであるため、クエリを実行できません。後でもう一度クエリの実行を試みてください。」
Redshift.DiskFull 「ディスクがいっぱいのため、データをロードできませんでした。Amazon Redshift クラスターの容量を増やすか、使用されていないデータを削除してディスク容量を解放してください。」
InternalError 「データを配信しようとして内部エラーが発生しました。配信は再試行されます。エラーが解決しない場合は、解決 AWS のために に報告されます。」
Redshift.ArgumentNotSupported 「COPY コマンドにサポートされていないオプションが含まれています。」
Redshift.AnalyzeTableAccessDenied 「アクセスが拒否されました。テーブルの分析を実行できるのはテーブルかデータベースの所有者のみであるため、S3 から Redshift へのコピーは失敗します。」
Redshift.SchemaNotFound 「Amazon Redshift 送信先設定 DataTableName の で指定されたスキーマが見つかりませんでした。有効なスキーマ名を指定してください。」
Redshift.ColumnSpecifiedMoreThanOnce 「列リストに 2 回以上指定されている列があります。重複している列を削除してください。」
Redshift.ColumnNotNullWithoutDefault 「列リストに含まれていない列に、DEFAULT 値がない NULL 以外の列があります。そのような列が列リストに含まれていることを確認してください。」
Redshift.IncorrectBucketRegion 「Redshift がクラスターとは異なるリージョンのバケットを使用しようとしました。クラスターと同じリージョンにあるバケットを指定してください。」
Redshift.S3SlowDown 「S3 へのリクエストレートが高くなっています。スロットリングを避けるためレートを下げてください。」
Redshift.InvalidCopyOptionForJson 「JSON copyOption には、auto パスか有効な S3 パスのいずれかを使用します。」
Redshift.InvalidCopyOptionJSONPathFormat 「COPY が次のエラーにより失敗しました: \"無効な JSONPath 形式です。配列インデックスが範囲外です\"。JSONPath 式を修正してください。」
Redshift.InvalidCopyOptionRBACAclNotAllowed 「COPY が次のエラーにより失敗しました: \"アクセス許可の伝播が有効になっていない間は RBAC ACL フレームワークを使用できません。\"」
Redshift.DiskSpaceQuotaExceeded 「ディスク容量のクォータを超えたためトランザクションが中止されました。ディスク容量を解放するか、スキーマのクォータを増やすようリクエストしてください。」
Redshift.ConnectionsLimitExceeded 「ユーザーの接続上限を超えました。」
Redshift.SslNotSupported 「サーバーが SSL をサポートしていないため、指定された Amazon Redshift クラスターへの接続に失敗しました。クラスターの設定を確認してください。」
Redshift.HoseNotFound 「Firehose が削除されました。Hose の状態を確認してください。」
Redshift.Delimiter 「copyCommand の copyOptions 区切り文字が無効です。1 文字になっていることを確認してください。」
Redshift.QueryCancelled 「ユーザーが COPY オペレーションをキャンセルしました。」
Redshift.CompressionMismatch 「Hose には UNCOMPRESSED が設定されていますが、copyOption には圧縮形式が含まれています。」
Redshift.EncryptionCredentials 「ENCRYPTED オプションでは、認証情報は次の形式になっている必要があります。'aws_iam_role=...;master_symmetric_key=...' or 'aws_access_key_id=...;aws_secret_access_key=...[;token=...];master_symmetric_key=...'」
Redshift.InvalidCopyOptions 「COPY 設定オプションが無効です。」
Redshift.InvalidMessageFormat 「Copy コマンドに無効な文字が含まれています。」
Redshift.TransactionIdLimitReached 「トランザクション ID の上限に達しました。」
Redshift.DestinationRemoved 「Redshift の送信先が存在し、Firehose 設定で正しく設定されていることを確認してください。」
Redshift.OutOfMemory 「Redshift クラスターのメモリが不足しています。クラスターに十分な容量があることを確認してください。」
Redshift.CannotForkProcess 「Redshift クラスターのメモリが不足しています。クラスターに十分な容量があることを確認してください。」
Redshift.SslFailure 「ハンドシェイク中に SSL 接続が終了しました。」
Redshift.Resize 「Redshift クラスターのサイズを変更しています。Firehose は、クラスターのサイズ変更中はデータを配信できません。」
Redshift.ImproperQualifiedName 「修飾名が正しくありません (ドット表記名が多すぎる)。」
Redshift.InvalidJsonPathFormat 「JSONPath 形式が無効です。」
Redshift.TooManyConnectionsException 「Redshift への接続が多すぎます。」
Redshift.PSQLException 「Redshift からQlException 観測された PS」
Redshift.DuplicateSecondsSpecification 「日付/時刻形式の秒指定が重複しています。」
Redshift.RelationCouldNotBeOpened 「Redshift でエラーが発生し、関係を開けませんでした。指定された DB の Redshift ログを確認してください。」
Redshift.TooManyClients 「Redshift で多数のクライアントの例外が発生しました。複数のプロデューサーが同時にデータベースに書き込んでいる場合は、データベースへの最大接続数を再検討してください」

Snowflake データ配信エラー

Firehose は、以下の Snowflake 関連のエラーを CloudWatch Logs に送信できます。

エラーコード エラーメッセージおよび情報
Snowflake.InvalidUrl

「Firehose は Snowflake に接続できません。Snowflake の送信先設定でアカウント URL が正しく指定されていることを確認してください。」

Snowflake.InvalidUser

「Firehose は Snowflake に接続できません。Snowflake の送信先設定でユーザーが正しく指定されていることを確認してください。」

Snowflake.InvalidRole

「指定された Snowflake ロールが存在しないか、承認されていません。指定されたユーザーにロールが付与されていることを確認してください」

Snowflake.InvalidTable

「指定されたテーブルが存在しないか、承認されていません」

Snowflake.InvalidSchema

「指定されたスキーマが存在しないか、承認されていません」

Snowflake.InvalidDatabase

「指定されたデータベースが存在しないか、承認されていません」

Snowflake.InvalidPrivateKeyOrPassphrase

「指定されたプライベートキーまたはパスフレーズが無効です。提供されるプライベートキーは有効な PEM RSA プライベートキーである必要があることに注意してください。」

Snowflake.MissingColumns

「入力ペイロードに列がないため、挿入リクエストは拒否されます。null 以外のすべての列に値が指定されていることを確認してください」

Snowflake.ExtraColumns

「追加の列のため、挿入リクエストは拒否されます。テーブルに存在しない列は指定しないでください」

Snowflake.InvalidInput

「無効な入力形式のため、配信に失敗しました。指定された入力ペイロードが JSON 形式で許容できることを確認してください。」

Snowflake.IncorrectValue

「入力ペイロードのデータ型が正しくないため、配信に失敗しました。入力ペイロードで指定された JSON 値が Snowflake テーブル定義で宣言されたデータ型に従っていることを確認してください。」

Splunk データ配信エラー

Amazon Data Firehose は、以下の Splunk 関連のエラーを CloudWatch Logs に送信できます。

エラーコード エラーメッセージおよび情報
Splunk.ProxyWithoutStickySessions

「Amazon Data Firehose と HEC ノードの間にプロキシ (ELB またはその他の) がある場合は、スティッキーセッションを有効にして HEC ACKs."」

Splunk.DisabledToken "The HEC token is disabled。トークンを有効にして Splunk へのデータ配信を許可します。」
Splunk.InvalidToken "The HEC token is invalid。Amazon Data Firehose を有効な HEC トークンで更新します。」
Splunk.InvalidDataFormat "The data is not formatted correctly。Raw または Event HEC のエンドポイントのデータを適切にフォーマットする方法については、「Splunk Event Data」を参照してください。」
Splunk.InvalidIndex "The HEC token or input is configured with an invalid index。インデックスの設定を確認して再試行してください。」
Splunk.ServerError "Data delivery to Splunk failed due to a server error from the HEC node。Amazon Data Firehose の再試行時間が 0 より大きい場合、Amazon Data Firehose はデータの送信を再試行します。すべての再試行が失敗した場合、Amazon Data Firehose はデータを Amazon S3 にバックアップします。」
Splunk.DisabledAck "Indexer acknowledgement is disabled for the HEC token。Enable indexer acknowledgement and try again。詳細については、「Enable indexer acknowledgement」を参照してください。」
Splunk.AckTimeout "Did not receive an acknowledgement from HEC before the HEC acknowledgement timeout expired。Despite the acknowledgement timeout, it's possible the data was indexed successfully in Splunk。Amazon Data Firehose は、確認タイムアウトの有効期限が切れた Amazon S3 データをバックアップします。」
Splunk.MaxRetriesFailed

"Failed to deliver data to Splunk or to receive acknowledgment。HEC の状態を確認し、再試行してください。」

Splunk.ConnectionTimeout "The connection to Splunk timed out。This might be a transient error and the request will be retried。すべての再試行が失敗した場合、Amazon Data Firehose はデータを Amazon S3 にバックアップします。」
Splunk.InvalidEndpoint "Could not connect to the HEC endpoint。HEC エンドポイント URL が有効で、Amazon Data Firehose から到達可能であることを確認してください。」
Splunk.ConnectionClosed "Unable to send data to Splunk due to a connection failure。This might be a transient error。Amazon Data Firehose 設定の再試行期間を長くすると、このような一時的な障害を防ぐことができます。」
Splunk.SSLUnverified "Could not connect to the HEC endpoint。ホストがピアによって提供された証明書と一致しません。証明書とホストが有効であることを確認してください。"
Splunk.SSLHandshake "Could not connect to the HEC endpoint。証明書とホストが有効であることを確認してください。"
Splunk.URLNotFound 「リクエストされた URL が Splunk サーバーで見つかりませんでした。Splunk クラスターをチェックし、正しく設定されていることを確認してください。」
Splunk.ServerError.ContentTooLarge 「サーバーエラー (statusCode: 413、メッセージ: クライアントが送信したリクエストが大きすぎます) により Splunk へのデータ配信が失敗しました。max_content_length の設定方法については、Splunk のドキュメントを参照してください。」
Splunk.IndexerBusy "Data delivery to Splunk failed due to a server error from the HEC node。HEC エンドポイントまたは Elastic Load Balancer にアクセスできること、それらが正常であることを確認してください。」
Splunk.ConnectionRecycled 「Firehose から Splunk への接続はリサイクルされました。配信は再試行されます。」
Splunk.AcknowledgementsDisabled 「POST での受信確認を取得できませんでした。HEC エンドポイントで確認が有効になっていることを確認してください。」
Splunk.InvalidHecResponseCharacter 「HEC レスポンスで無効な文字が見つかりました。サービスと HEC の設定を確認してください。」

ElasticSearch データ配信エラー

Amazon Data Firehose は、次の ElasticSearch エラーを CloudWatch ログに送信できます。

エラーコード エラーメッセージおよび情報
ES.AccessDenied 「アクセスが拒否されました。Firehose に関連付けられている指定された IAM ロールが削除されていないことを確認してください。」
ES.ResourceNotFound 「指定された AWS Elasticsearch ドメインは存在しません」

HTTPS エンドポイントデータ配信エラー

Amazon Data Firehose は、次の HTTP エンドポイント関連のエラーを CloudWatch ログに送信できます。これらのエラーのいずれも発生している問題と一致しない場合、デフォルトのエラーは次のとおりです。「データの配信中に内部エラーが発生しました。配信は再試行されます。エラーが解決しない場合は、解決 AWS のために に報告されます。」

エラーコード エラーメッセージおよび情報
HttpEndpoint.RequestTimeout

レスポンスを受信する前に配信がタイムアウトし、再試行されます。このエラーが解決しない場合は、 AWS Firehose サービスチームにお問い合わせください。

HttpEndpoint.ResponseTooLarge 「エンドポイントから受信したレスポンスが大きすぎます。この問題を解決するには、エンドポイントの所有者にお問い合わせください。」
HttpEndpoint.InvalidResponseFromDestination 「指定されたエンドポイントから受信したレスポンスが無効です。問題を解決するには、エンドポイントの所有者にお問い合わせください。」
HttpEndpoint.DestinationException 「エンドポイントの送信先から次のレスポンスが受信されました。」
HttpEndpoint.ConnectionFailed 「送信先エンドポイントに接続できません。この問題を解決するには、エンドポイントの所有者にお問い合わせください。」
HttpEndpoint.ConnectionReset 「エンドポイントとの接続を維持できません。この問題を解決するには、エンドポイントの所有者にお問い合わせください。」
HttpEndpoint.ConnectionReset 「エンドポイントとの接続の維持に問題があります。エンドポイントの所有者に連絡してください。」
HttpEndpoint.ResponseReasonPhraseExceededLimit 「エンドポイントから受信したレスポンスの理由のフレーズが、設定されている上限の 64 文字を超えています。」
HttpEndpoint.InvalidResponseFromDestination 「エンドポイントから受信したレスポンスが無効です。詳細については、Firehose ドキュメントの「Troubleshooting HTTP Endpoints」を参照してください。理由:「
HttpEndpoint.DestinationException 「エンドポイントへの配信に失敗しました。詳細については、Firehose ドキュメントの「Troubleshooting HTTP Endpoints」を参照してください。ステータスコード付きのレスポンスを受信しました。」
HttpEndpoint.InvalidStatusCode 「無効なレスポンスステータスコードを受信しました。」
HttpEndpoint.SSLHandshakeFailure 「エンドポイントとの SSL ハンドシェイクを完了できません。この問題を解決するには、エンドポイントの所有者にお問い合わせください。」
HttpEndpoint.SSLHandshakeFailure 「エンドポイントとの SSL ハンドシェイクを完了できません。この問題を解決するには、エンドポイントの所有者にお問い合わせください。」
HttpEndpoint.SSLFailure 「エンドポイントとの TLS ハンドシェイクを完了できません。この問題を解決するには、エンドポイントの所有者にお問い合わせください。」
HttpEndpoint.SSLHandshakeCertificatePathFailure 「証明書パスが無効であるため、エンドポイントとの SSL ハンドシェイクを完了できません。この問題を解決するには、エンドポイントの所有者にお問い合わせください。」
HttpEndpoint.SSLHandshakeCertificatePathValidationFailure 「証明書パスの検証に失敗したため、エンドポイントとの SSL ハンドシェイクを完了できません。この問題を解決するには、エンドポイントの所有者にお問い合わせください。」
HttpEndpoint.MakeRequestFailure.IllegalUriException HttpEndpoint 「URI の入力が無効であるため、リクエストに失敗しました。入力 URI の文字がすべて有効であることを確認してください。」
HttpEndpoint.MakeRequestFailure.IllegalCharacterInHeaderValue HttpEndpoint 「不正なレスポンスエラーのためリクエストに失敗しました。ヘッダー値に不正な文字 '\n' が含まれています。」
HttpEndpoint.IllegalResponseFailure HttpEndpoint 「不正なレスポンスエラーのためリクエストに失敗しました。HTTP メッセージに複数の Content-Type ヘッダーを含めることはできません。」
HttpEndpoint.IllegalMessageStart HttpEndpoint 「不正なレスポンスエラーのためリクエストに失敗しました。不正な HTTP メッセージが開始されました。詳細については、Firehose ドキュメントの「Troubleshooting HTTP Endpoints」を参照してください。」

Amazon OpenSearch サービスデータ配信エラー

OpenSearch サービスの送信先の場合、Amazon Data Firehose は OpenSearch 、サービスによって返されるときにエラーを CloudWatch ログに送信します。

OpenSearch クラスターから返される可能性のあるエラーに加えて、次の 2 つのエラーが発生することがあります。

  • 認証/承認エラーは、送信先 OpenSearch サービスクラスターにデータを配信しようとしたときに発生します。これは、アクセス許可の問題や、Amazon Data Firehose ターゲット OpenSearch サービスドメインの設定が変更されたときに断続的に発生する可能性があります。クラスターポリシーとロールのアクセス許可を確認してください。

  • 認証/承認の失敗により、データを宛先 OpenSearch サービスクラスターに配信できませんでした。これは、アクセス許可の問題や、Amazon Data Firehose ターゲット OpenSearch サービスドメインの設定が変更されたときに断続的に発生する可能性があります。クラスターポリシーとロールのアクセス許可を確認してください。

エラーコード エラーメッセージおよび情報
OS.AccessDenied 「アクセスが拒否されました。提供された IAM ロールの信頼ポリシーで Firehose がロールを引き受けることが許可され、アクセスポリシーで Amazon OpenSearch Service API へのアクセスが許可されていることを確認します。」
OS.AccessDenied 「アクセスが拒否されました。提供された IAM ロールの信頼ポリシーで Firehose がロールを引き受けることが許可され、アクセスポリシーで Amazon OpenSearch Service API へのアクセスが許可されていることを確認します。」
OS.AccessDenied 「アクセスが拒否されました。Firehose に関連付けられている指定された IAM ロールが削除されていないことを確認してください。」
OS.AccessDenied 「アクセスが拒否されました。Firehose に関連付けられている指定された IAM ロールが削除されていないことを確認してください。」
OS.ResourceNotFound 「指定された Amazon OpenSearch Service ドメインは存在しません」
OS.ResourceNotFound 「指定された Amazon OpenSearch Service ドメインは存在しません」
OS.AccessDenied 「アクセスが拒否されました。提供された IAM ロールの信頼ポリシーで Firehose がロールを引き受けることが許可され、アクセスポリシーで Amazon OpenSearch Service API へのアクセスが許可されていることを確認します。」
OS.RequestTimeout 「Amazon OpenSearch Service クラスターまたは OpenSearch Serverless コレクションへのリクエストがタイムアウトしました。クラスターまたはコレクションに、現在のワークロードに十分対応できる容量があることを確認してください。」
OS.ClusterError 「Amazon OpenSearch Service クラスターが未指定エラーを返しました」
OS.RequestTimeout 「Amazon OpenSearch Service クラスターへのリクエストがタイムアウトしました。クラスターに、現在のワークロードに十分対応できる容量があることを確認してください。」
OS.ConnectionFailed 「Amazon OpenSearch Service クラスターまたは OpenSearch Serverless コレクションへの接続ができません。クラスターまたはコレクションが正常であり、アクセス可能であることを確認してください。」
OS.ConnectionReset 「Amazon OpenSearch Service クラスターまたは OpenSearch Serverless コレクションとの接続を維持できません。この問題を解決するには、クラスターまたはコレクションの所有者に問い合わせてください。」
OS.ConnectionReset 「Amazon OpenSearch Service クラスターまたは OpenSearch Serverless コレクションとの接続を維持するのに問題が発生しました。クラスターまたはコレクションが正常であり、現在のワークロードに十分対応できる容量があることを確認してください。」
OS.ConnectionReset 「Amazon OpenSearch Service クラスターまたは OpenSearch Serverless コレクションとの接続を維持するのに問題が発生しました。クラスターまたはコレクションが正常であり、現在のワークロードに十分対応できる容量があることを確認してください。」
OS.AccessDenied 「アクセスが拒否されました。Amazon OpenSearch Service クラスターのアクセスポリシーが、設定された IAM ロールへのアクセスを許可していることを確認します。」
OS.ValidationException OpenSearch 「クラスターは ES を返しましたServiceException。その理由の 1 つは、クラスターが OS 2.x 以降にアップグレードされたが、それでも TypeName パラメータが設定されていることです。を TypeName 空の文字列に設定するか、 エンドポイントを タイプパラメータをサポートするクラスターに変更して、Hose 設定を更新します。」
OS.ValidationException 「メンバーは次の正規表現のパターンを満たす必要があります: [a-z][a-z0-9\\-]+。
OS.JsonParseException 「Amazon OpenSearch Service クラスターが を返しました JsonParseException。入力されたデータが有効であることを確認してください。」
OS.AmazonOpenSearchServiceParseException 「Amazon OpenSearch Service クラスターが を返しました AmazonOpenSearchServiceParseException。入力されたデータが有効であることを確認してください。」
OS.ExplicitIndexInBulkNotAllowed 「Amazon OpenSearch Service クラスターで rest.action.multi.allow_explicit_index が true に設定されていることを確認します。」
OS.ClusterError 「Amazon OpenSearch Service クラスターまたは OpenSearch Serverless コレクションが未指定エラーを返しました」
OS.ClusterBlockException 「クラスターは を返しました ClusterBlockException。オーバーロードが発生している可能性があります。」
OS.InvalidARN 「指定された Amazon OpenSearch サービス ARN が無効です。 DeliveryStream 設定を確認してください。」
OS.MalformedData 「1 つまたは複数のレコード形式が不正です。各レコードには有効な JSON オブジェクトが 1 つしか含まれていないこと、および改行が含まれていないことを確認してください。」
OS.InternalError 「データを配信する際に内部エラーが発生しました。配信は再試行されます。エラーが解決しない場合は、解決 AWS のために に報告されます。」
OS.AliasWithMultipleIndicesNotAllowed 「エイリアスに複数のインデックスが関連付けられています。エイリアスに 1 つのインデックスのみが関連付けられていることを確認してください。」
OS.UnsupportedVersion 「Amazon OpenSearch Service 6.0 は現在、Amazon Data Firehose ではサポートされていません。詳細については、 AWS サポートにお問い合わせください。」
OS.CharConversionException 「1 つ以上のレコードに無効な文字が含まれています。」
OS.InvalidDomainNameLength 「ドメイン名の長さが OS の有効な上限を超えています。」
OS.VPCDomainNotSupported VPCs 内の Amazon OpenSearch サービスドメインは現在サポートされていません」
OS.ConnectionError 「http サーバーが予期せず接続を閉じました。Amazon OpenSearch Service クラスターまたは OpenSearch Serverless コレクションの状態を確認してください。」
OS.LargeFieldData 「Amazon OpenSearch Service クラスターは、許可されたよりも大きいフィールドデータが含まれているため、リクエストを中止しました。」
OS.BadGateway 「Amazon OpenSearch Service クラスターまたは OpenSearch Serverless コレクションは、レスポンス: 502 Bad Gateway でリクエストを中止しました」
OS.ServiceException 「Amazon OpenSearch Service クラスターまたは OpenSearch サーバーレスコレクションから受信したエラー。クラスターまたはコレクションが VPC の背後にある場合は、ネットワーク構成で接続が可能になっていることを確認してください。」
OS.GatewayTimeout 「Amazon OpenSearch Service クラスターまたは OpenSearch Serverless コレクションに接続するときに、Firehose でタイムアウトエラーが発生しました。」
OS.MalformedData 「Amazon Data Firehose は Firehose レコード内の Amazon OpenSearch Service Bulk API コマンドをサポートしていません」
OS.ResponseEntryCountMismatch 「Bulk API からのレスポンスには、送信されたレコードの数よりも多いエントリが含まれていました。各レコードに有効な JSON オブジェクトが 1 つしか含まれていないこと、および改行が含まれていないことを確認してください。」

Lambda 呼び出しエラー

Amazon Data Firehose は、次の Lambda 呼び出しエラーを CloudWatch ログに送信できます。

エラーコード エラーメッセージおよび情報
Lambda.AssumeRoleAccessDenied

「アクセスが拒否されました。提供された IAM ロールの信頼ポリシーで、Amazon Data Firehose がロールを引き受けることが許可されていることを確認します。」

Lambda.InvokeAccessDenied

「アクセスが拒否されました。アクセスポリシーで、Lambda 関数へのアクセスが許可されていることを確認してください。」

Lambda.JsonProcessingException

「Lambda 関数から返されたレコードの解析時にエラーが発生しました。返されたレコードが Amazon Data Firehose に必要なステータスモデルに従っていることを確認します。」

詳細については、「データ変換とステータスモデル」を参照してください。

Lambda.InvokeLimitExceeded

「Lambda の同時実行の制限を超えています。同時実行の制限を引き上げてください。」

詳細については、AWS Lambda 開発者ガイドの「AWS Lambda の制限」を参照してください。

Lambda.DuplicatedRecordId

「複数のレコードに対して同じレコード ID が返されました。Lambda 関数がレコードごとに一意のレコード ID を返すことを確認してください。」

詳細については、「データ変換とステータスモデル」を参照してください。

Lambda.MissingRecordId

「1 つ以上のレコード ID が返されませんでした。Lambda 関数がすべての渡されたレコード ID を返すことを確認してください。」

詳細については、「データ変換とステータスモデル」を参照してください。

Lambda.ResourceNotFound

「指定した Lambda 関数は存在しません。存在する別の関数を使用してください。」

Lambda.InvalidSubnetIDException

「Lambda 関数の VPC 設定で指定したサブネット ID が無効です。サブネット ID が有効であることを確認してください。」

Lambda.InvalidSecurityGroupIDException

「Lambda 関数の VPC 設定で指定したセキュリティグループ ID が無効です。セキュリティグループ ID が有効であることを確認してください。」

Lambda.SubnetIPAddressLimitReachedException

AWS Lambda 「1 つ以上の設定済みサブネットに使用可能な IP アドレスがないため、Lambda 関数の VPC アクセスを設定できませんでした。IP アドレスの制限を引き上げてください。」

詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドの「Amazon VPC の制限 - VPC とサブネット」を参照してください。

Lambda.ENILimitReachedException

AWS Lambda 「ネットワークインターフェイスの制限に達したため、Lambda 関数設定の一部として指定された VPC に Elastic Network Interface (ENI) を作成できませんでした。ネットワークインターフェイスの制限を引き上げてください。」

詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドの「Amazon VPC の制限 - ネットワークインターフェイス」を参照してください。

Lambda.FunctionTimedOut

Lambda 関数の呼び出しがタイムアウトしました。Lambda 関数の Timeout 設定を増やします。詳細については、「関数のタイムアウトの設定」を参照してください。

Lambda.FunctionError

これは次のいずれかのエラーが原因で発生します。

  • 出力構造が無効です。関数をチェックし、出力が必要な形式になっていることを確認してください。また、処理されたレコードに有効な結果ステータス (DroppedOkProcessingFailed のいずれか) が含まれていることを確認してください。

  • Lambda 関数は正常に呼び出されたが、エラー結果が返されました。

  • KMS アクセスが拒否されたため、Lambda は環境変数を復号できませんでした。関数の KMS キー設定とキーポリシーをチェックしてください。詳細については「キーアクセスのトラブルシューティング」を参照してください。

Lambda.FunctionRequestTimedOut

Amazon Data Firehose で、Lambda の呼び出し時にリクエストタイムアウト設定エラーが発生する前にリクエストが完了しませんでした。Lambda コードを再確認して、Lambda コードが設定されたタイムアウトを超えて実行されるかどうかを確認します。設定されている場合は、メモリ、タイムアウトなど Lambda 設定の調整を検討してください。詳細については「Lambda 関数オプションの設定」を参照してください。

Lambda.TargetServerFailedToRespond

Amazon Data Firehose でエラーが発生しました。 AWS Lambda サービスを呼び出すときに、ターゲットサーバーがエラーの応答に失敗しました。

Lambda.InvalidZipFileException

Lambda 関数の呼び出し中に Amazon Data Firehose エラーが発生しました InvalidZipFileException。Lambda 関数の構成設定と Lambda コードの zip ファイルを確認してください。

Lambda.InternalServerError

「Lambda サービスを呼び出すときに Amazon Data Firehose AWS エラーが発生しました InternalServerError。Amazon Data Firehose は、一定の回数だけデータの送信を再試行します。CreateDeliveryStream または UpdateDestination API を使用して、再試行のオプションを指定または上書きできます。エラーが解決しない場合は、 AWS Lambda サポートチームにお問い合わせください。

Lambda.ServiceUnavailable

Amazon Data Firehose が Lambda AWS サービスを呼び出す ServiceUnavailableException ときに発生しました。Amazon Data Firehose は、一定の回数だけデータの送信を再試行します。CreateDeliveryStream または UpdateDestination API を使用して、再試行のオプションを指定または上書きできます。エラーが解決しない場合は、 AWS Lambda サポートにお問い合わせください。

Lambda.InvalidSecurityToken

セキュリティトークンが無効であるため Lambda 関数を呼び出すことができません。クロスパーティションの Lambda 呼び出しはサポートされていません。

Lambda.InvocationFailure

これは次のいずれかのエラーが原因で発生します。

  • Amazon Data Firehose が AWS Lambda を呼び出すときにエラーが発生しました。オペレーションは再試行されます。それでもエラーが解消しない場合、問題解決は AWS に委ねられます。」

  • Amazon Data Firehose で Lambda InvalidStateException からの KMS が発生しました。使用されている KMS キーが複合無効状態のため、Lambda は環境変数を復号できませんでした。Lambda 関数の KMS キー設定をチェックしてください。

  • Amazon Data Firehose が Lambda AWS LambdaException から を検出しました。Lambda が指定されたコンテナイメージを初期化できませんでした。イメージを確認してください。

  • Amazon Data Firehose が AWS Lambda を呼び出すときにタイムアウトエラーが発生しました。サポートされている関数のタイムアウトは最大 5 分です。詳細については、「Data Transformation Execution Duration」を参照してください。

Lambda.JsonMappingException

Lambda 関数から返されたレコードを解析しているときエラーが発生しました。データフィールドが Base64 エンコードであることを確認してください。

Kinesis 呼び出しのエラー

Amazon Data Firehose は、次の Kinesis 呼び出しエラーを CloudWatch Logs に送信できます。

エラーコード エラーメッセージおよび情報
Kinesis.AccessDenied 「Kinesis を呼び出すときにアクセスが拒否されました。使用している IAM ロールのアクセスポリシーが、適切な Kinesis API へのアクセスを許可していることを確認してください。」
Kinesis.ResourceNotFound 「Firehose がストリームからの読み取りに失敗しました。Firehose が Kinesis ストリームに接続されている場合、ストリームが存在しないか、シャードが結合されているか、あるいは分割されている可能性があります。Firehose が DirectPut タイプの場合、Firehose はもう存在しない可能性があります。」
Kinesis.SubscriptionRequired 「Kinesis を呼び出すときにアクセスが拒否されました。Kinesis ストリームアクセスに渡された IAM ロールに AWS Kinesis サブスクリプションがあることを確認してください。」
Kinesis.Throttling 「Kinesis を呼び出すときにスロットリングエラーが発生しました。これは、他のアプリケーションが Firehose ストリームと同じ APIs を呼び出すこと、またはソースと同じ Kinesis ストリームを使用して作成した Firehose ストリームが多すぎることが原因である可能性があります。」
Kinesis.Throttling 「Kinesis を呼び出すときにスロットリングエラーが発生しました。これは、他のアプリケーションが Firehose ストリームと同じ APIs を呼び出すこと、またはソースと同じ Kinesis ストリームを使用して作成した Firehose ストリームが多すぎることが原因である可能性があります。」
Kinesis.AccessDenied 「Kinesis を呼び出すときにアクセスが拒否されました。使用している IAM ロールのアクセスポリシーが、適切な Kinesis API へのアクセスを許可していることを確認してください。」
Kinesis.AccessDenied 「基盤となる Kinesis Streams で API オペレーションを呼び出そうとしてアクセスが拒否されました。IAM ロールが伝播され、有効であることを確認します。」
Kinesis.KMS.AccessDeniedException 「Firehose は、Kinesis ストリームの暗号化/復号に使用される KMS キーにアクセスできません。Firehose 配信ロールに KMS キーへのアクセス権を付与してください。」
Kinesis.KMS.KeyDisabled 「暗号化/復号に使用される KMS キーが無効になっているため、Firehose はソース Kinesis ストリームから読み取りすることができません。キーを有効にして読み取りできるようにしてください。」
Kinesis.KMS.InvalidStateException 「Firehose は、暗号化に使用される KMS キーが無効状態であるため、ソース Kinesis ストリームから読み取りすることができません。
Kinesis.KMS.NotFoundException 「Firehose は、暗号化に使用される KMS キーが見つからなかったため、ソース Kinesis ストリームから読み取りすることができません。

Kinesis DirectPut 呼び出しエラー

Amazon Data Firehose は、次の Kinesis DirectPut 呼び出しエラーを CloudWatch Logs に送信できます。

エラーコード エラーメッセージおよび情報
Firehose.KMS.AccessDeniedException 「Firehose は KMS キーにアクセスできません。キーポリシーを確認してください。」
Firehose.KMS.InvalidStateException 「Firehose は、暗号化に使用される KMS キーが無効状態であるため、データを復号することができません。
Firehose.KMS.NotFoundException 「Firehose は、暗号化に使用される KMS キーが見つからないため、データを復号することができません。
Firehose.KMS.KeyDisabled 「Firehose は、暗号化に使用される KMS キーが無効になっているため、データを復号することができません。データ配信を継続できるようにキーを有効にしてください。」

AWS Glue 呼び出しエラー

Amazon Data Firehose は、次の AWS Glue 呼び出しエラーを CloudWatch ログに送信できます。

エラーコード エラーメッセージおよび情報
DataFormatConversion.InvalidSchema 「スキーマが無効です。」
DataFormatConversion.EntityNotFound 「指定したテーブル/データベースは見つかりませんでした。こちらのテーブル/データベースが存在し、スキーマ設定で指定された値が正しいこと、特に大文字と小文字が正しく区別されていることを確認してください。」
DataFormatConversion.InvalidInput 「Glue から一致するスキーマが見つかりませんでした。入力したカタログ ID を持つ、指定したデータベースが存在することを確認してください。」
DataFormatConversion.InvalidInput 「Glue から一致するスキーマが見つかりませんでした。渡された ARN が正しい形式であることを確認してください。」
DataFormatConversion.InvalidInput 「Glue から一致するスキーマが見つかりませんでした。入力した catalogId が有効であることを確認してください。」
DataFormatConversion.InvalidVersionId 「Glue から一致するスキーマが見つかりませんでした。指定したバージョンのテーブルが存在することを確認してください。」
DataFormatConversion.NonExistentColumns 「Glue から一致するスキーマが見つかりませんでした。テーブルで、ターゲット列を含む NULL 以外のストレージ記述子が設定されていることを確認してください。」
DataFormatConversion.AccessDenied 「ロールの引き受け中にアクセスが拒否されました。データ形式の変換設定で指定したロールが、Firehose サービスに対してロールを引き受けるアクセス許可を付与していることを確認してください。」
DataFormatConversion.ThrottledByGlue 「Glue を呼び出すときにスロットリングエラーが発生しました。リクエスト率の上限を引き上げるか、他のアプリケーションから Glue を呼び出す現在のリクエスト率を減らしてください。」
DataFormatConversion.AccessDenied 「Glue を呼び出すときにアクセスが拒否されました。データ形式の変換設定で指定したロールが、必要なアクセス許可を持っていることを確認してください。」
DataFormatConversion.InvalidGlueRole 「ロールが無効です。データ形式の変換設定で指定したロールが存在することを確認してください。」
DataFormatConversion.InvalidGlueRole リクエストに含まれているセキュリティトークンが無効です。Firehose に関連付けられている指定された IAM ロールが削除されていないことを確認してください。」
DataFormatConversion.GlueNotAvailableInRegion AWS 「Glue は、指定したリージョンではまだ使用できません。別のリージョンを指定してください。」
DataFormatConversion.GlueEncryptionException 「マスターキーの取得中にエラーが発生しました。そのキーが存在し、正しいアクセス許可が付与されていることを確認してください。」
DataFormatConversion.SchemaValidationTimeout 「Glue からテーブルを取得しているときにタイムアウトしました。Glue テーブルのバージョンが多数ある場合は、「glue:GetTableVersion」アクセス許可を追加するか (推奨)、未使用のテーブルバージョンを削除してください。Glue に多数のテーブルがない場合は、 AWS サポートにお問い合わせください。」
DataFirehose.InternalError 「Glue からテーブルを取得しているときにタイムアウトしました。Glue テーブルのバージョンが多数ある場合は、「glue:GetTableVersion」アクセス許可を追加するか (推奨)、未使用のテーブルバージョンを削除してください。Glue に多数のテーブルがない場合は、 AWS サポートにお問い合わせください。」
DataFormatConversion.GlueEncryptionException 「マスターキーの取得中にエラーが発生しました。そのキーが存在し、状態が正常であることを確認してください。」

DataFormatConversion 呼び出しエラー

Amazon Data Firehose は、次の DataFormatConversion 呼び出しエラーを CloudWatch ログに送信できます。

エラーコード エラーメッセージおよび情報
DataFormatConversion.InvalidSchema 「スキーマが無効です。」
DataFormatConversion.ValidationException 「列名と型は空でない文字列にする必要があります。」
DataFormatConversion.ParseError 「不正な形式の JSON が見つかりました。」
DataFormatConversion.MalformedData 「データがスキーマと一致しません。」
DataFormatConversion.MalformedData 「JSON キーの長さは 262144 を超えることはできません。」
DataFormatConversion.MalformedData 「データを UTF-8 としてデコードすることはできません。」
DataFormatConversion.MalformedData 「トークンの間に不正な文字が見つかりました。」
DataFormatConversion.InvalidTypeFormat 「タイプの形式が無効です。タイプ構文をチェックしてください。」
DataFormatConversion.InvalidSchema 「無効なスキーマです。列名に特殊文字や空白が含まれていないことを確認してください。」
DataFormatConversion.InvalidRecord 「レコードがスキーマに従っていません。map<string,string> に対して 1 つまたは複数のマップキーが無効です。」
DataFormatConversion.MalformedData 「入力 JSON で最上位にプリミティブが含まれていました。最上位はオブジェクトか配列にする必要があります。」
DataFormatConversion.MalformedData 「入力 JSON で最上位にプリミティブが含まれていました。最上位はオブジェクトか配列にする必要があります。」
DataFormatConversion.MalformedData 「レコードが空であるか、空白しか含まれていませんでした。」
DataFormatConversion.MalformedData 「無効な文字が見つかりました。」
DataFormatConversion.MalformedData 「無効またはサポートされていないタイムスタンプ形式が見つかりました。サポートされているタイムスタンプの形式については、Firehose のデベロッパーガイドを参照してください。」
DataFormatConversion.MalformedData 「データにはスカラー型が使用されていましたが、スキーマには複合型が指定されていました。」
DataFormatConversion.MalformedData 「データがスキーマと一致しません。」
DataFormatConversion.MalformedData 「データにはスカラー型が使用されていましたが、スキーマには複合型が指定されていました。」
DataFormatConversion.ConversionFailureException "ConversionFailureException"
DataFormatConversion.DataFormatConversionCustomerErrorException "DataFormatConversionCustomerErrorException"
DataFormatConversion.DataFormatConversionCustomerErrorException "DataFormatConversionCustomerErrorException"
DataFormatConversion.MalformedData 「データがスキーマと一致しません。」
DataFormatConversion.InvalidSchema 「スキーマが無効です。」
DataFormatConversion.MalformedData 「データがスキーマと一致しません。1 つまたは複数の日付の形式が無効です。」
DataFormatConversion.MalformedData 「データに、サポートされていない高度にネストされた JSON 構造が含まれています。」
DataFormatConversion.EntityNotFound 「指定したテーブル/データベースは見つかりませんでした。こちらのテーブル/データベースが存在し、スキーマ設定で指定された値が正しいこと、特に大文字と小文字が正しく区別されていることを確認してください。」
DataFormatConversion.InvalidInput 「Glue から一致するスキーマが見つかりませんでした。入力したカタログ ID を持つ、指定したデータベースが存在することを確認してください。」
DataFormatConversion.InvalidInput 「Glue から一致するスキーマが見つかりませんでした。渡された ARN が正しい形式であることを確認してください。」
DataFormatConversion.InvalidInput 「Glue から一致するスキーマが見つかりませんでした。入力した catalogId が有効であることを確認してください。」
DataFormatConversion.InvalidVersionId 「Glue から一致するスキーマが見つかりませんでした。指定したバージョンのテーブルが存在することを確認してください。」
DataFormatConversion.NonExistentColumns 「Glue から一致するスキーマが見つかりませんでした。テーブルで、ターゲット列を含む NULL 以外のストレージ記述子が設定されていることを確認してください。」
DataFormatConversion.AccessDenied 「ロールの引き受け中にアクセスが拒否されました。データ形式の変換設定で指定したロールが、Firehose サービスに対してロールを引き受けるアクセス許可を付与していることを確認してください。」
DataFormatConversion.ThrottledByGlue 「Glue を呼び出すときにスロットリングエラーが発生しました。リクエスト率の上限を引き上げるか、他のアプリケーションから Glue を呼び出す現在のリクエスト率を減らしてください。」
DataFormatConversion.AccessDenied 「Glue を呼び出すときにアクセスが拒否されました。データ形式の変換設定で指定したロールが、必要なアクセス許可を持っていることを確認してください。」
DataFormatConversion.InvalidGlueRole 「ロールが無効です。データ形式の変換設定で指定したロールが存在することを確認してください。」
DataFormatConversion.GlueNotAvailableInRegion AWS 「Glue は、指定したリージョンではまだ使用できません。別のリージョンを指定してください。」
DataFormatConversion.GlueEncryptionException 「マスターキーの取得中にエラーが発生しました。そのキーが存在し、正しいアクセス許可が付与されていることを確認してください。」
DataFormatConversion.SchemaValidationTimeout 「Glue からテーブルを取得しているときにタイムアウトしました。Glue テーブルのバージョンが多数ある場合は、「glue:GetTableVersion」アクセス許可を追加するか (推奨)、未使用のテーブルバージョンを削除してください。Glue に多数のテーブルがない場合は、 AWS サポートにお問い合わせください。」
DataFirehose.InternalError 「Glue からテーブルを取得しているときにタイムアウトしました。Glue テーブルのバージョンが多数ある場合は、「glue:GetTableVersion」アクセス許可を追加するか (推奨)、未使用のテーブルバージョンを削除してください。Glue に多数のテーブルがない場合は、 AWS サポートにお問い合わせください。」
DataFormatConversion.MalformedData 「形式が正しくないフィールドが 1 つ以上あります。」