CreateAutoPredictor - Amazon Forecast

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CreateAutoPredictor

Amazon Forecast 予測子を作成します。

Amazon Forecastは予測変数を作成します AutoPredictorこれには、データセット内の各時系列にアルゴリズムの最適な組み合わせを適用することが含まれます。新しい予測子を作成したり、既存の予測子をアップグレード/再トレーニングしたりするために CreateAutoPredictor を使用できます。

新しい予測子の作成

新しい予測子を作成するときは、次のパラメータが必要です。

  • PredictorName - 予測子の一意の名前。

  • DatasetGroupArn - 予測子のトレーニングに使用されるデータセットグループの ARN。

  • ForecastFrequency - 予測の粒度 (毎時、毎日、毎週など)。

  • ForecastHorizon-モデルが予測するタイムステップの数。予測期間は予測長とも呼ばれます。

新しい予測子を作成するときは、ReferencePredictorArn の値を指定しないでください。

予測子のアップグレードと再トレーニング

予測子を再トレーニングまたはアップグレードする場合は、次のパラメータが必要です。

  • PredictorName - 予測子の一意の名前。

  • ReferencePredictorArn - 再トレーニングまたはアップグレードする予測子の ARN。

予測子をアップグレードまたは再トレーニングするときは、ReferencePredictorArnPredictorName の値のみを指定します。

リクエストの構文

{ "DataConfig": { "AdditionalDatasets": [ { "Configuration": { "string" : [ "string" ] }, "Name": "string" } ], "AttributeConfigs": [ { "AttributeName": "string", "Transformations": { "string" : "string" } } ], "DatasetGroupArn": "string" }, "EncryptionConfig": { "KMSKeyArn": "string", "RoleArn": "string" }, "ExplainPredictor": boolean, "ForecastDimensions": [ "string" ], "ForecastFrequency": "string", "ForecastHorizon": number, "ForecastTypes": [ "string" ], "MonitorConfig": { "MonitorName": "string" }, "OptimizationMetric": "string", "PredictorName": "string", "ReferencePredictorArn": "string", "Tags": [ { "Key": "string", "Value": "string" } ], "TimeAlignmentBoundary": { "DayOfMonth": number, "DayOfWeek": "string", "Hour": number, "Month": "string" } }

リクエストパラメータ

リクエストは以下の JSON 形式のデータを受け入れます。

DataConfig

データセットグループと追加のデータセットのデータ設定。

型: DataConfig オブジェクト

必須: いいえ

EncryptionConfig

AWS Key Management Service (KMS) キーと、Amazon Forecast がそのキーにアクセスするために引き受けることができる AWS Identity and Access Management (IAM) ロール。このオプションのオブジェクトは、CreateDataset および CreatePredictor リクエストで指定できます。

型: EncryptionConfig オブジェクト

必須: いいえ

ExplainPredictor

予測子の Explainability リソースを作成します。

Type: ブール値

必須: いいえ

ForecastDimensions

生成された予測をグループ化する方法を指定するディメンション (フィールド) 名の配列。

例えば、すべての店舗の商品の販売予測を生成していて、データセットに store_id フィールドが含まれている場合、各店舗の販売予測をグループ化するディメンションとして store_id を指定します。

Type: 文字列の配列

配列メンバー: 最小数は 1 項目です。最大数は 10 項目です。

長さの制約: 最小長は 1 です。 最大長は 63 です。

パターン: ^[a-zA-Z][a-zA-Z0-9_]*

必須: いいえ

ForecastFrequency

予測内の予測の頻度。

有効な間隔は、整数の後に 1 (年)、M (年)、M (年)、M (15) です。例えば、[1min] は毎日を示し、[15min] は 15 分ごとを示します。次に大きい周波数と重複するような値は指定できません。つまり、たとえば 60 分の間隔は 1 時間に相当するため、指定することはできません。各周波数の有効な値は以下のとおりです。

  • 分-1-59

  • 時間-1-23

  • 1日目-1-6

  • 週-1-4

  • 月-1-11

  • 年-1

したがって、隔週の予測が必要な場合は、「2W」と指定してください。または、四半期ごとの予測が必要な場合は、「3M」を指定します。

頻度は、TARGET_TIME_SERIES データセットの頻度以上である必要があります。

RELATED_TIME_SERIES データセットが提供される場合、頻度は RELATED_TIME_SERIES データセットの頻度と等しくなければなりません。

Type: 文字列

長さの制約: 最小長は 1 です。 最大長は 5 です。

パターン: ^1Y|Y|([1-9]|1[0-1])M|M|[1-4]W|W|[1-6]D|D|([1-9]|1[0-9]|2[0-3])H|H|([1-9]|[1-5][0-9])min$

必須: いいえ

ForecastHorizon

モデルが予測するタイムステップの数。予測期間は予測長とも呼ばれます。

最大予測期間は、500 タイムステップまたは TARGET_TIME_SERIES のデータセットの長さの 1/4 のいずれか小さい方です。既存のものを再トレーニングする場合 AutoPredictorの場合、最大予測期間は、500 タイムステップまたは TARGET_TIME_SERIES のデータセットの長さの 1/3 のいずれか小さい方です。

にアップグレードする場合 AutoPredictor または既存のものを再訓練する AutoPredictorでは、予測期間パラメータを更新することはできません。データセットでより長い時系列を指定することで、この要件を満たすことができます。

Type: 整数

必須: いいえ

ForecastTypes

予測子のトレーニングに使用される予測タイプ。最大 5 つの予測タイプを指定できます。予測タイプは、0.01 以上の増分で 0.01 から 0.99 までの分位数にすることができます。mean で平均予測を指定することもできます。

Type: 文字列の配列

配列メンバー: 最小数は 1 項目です。最大数は 20 項目です。

長さの制約: 最小長は 2 です。最大長は 4 です。

パターン: (^0?\.\d\d?$|^mean$)

必須: いいえ

MonitorConfig

プレディクタモニタリングの設定の詳細。プレディクターモニタリングを有効にするモニターリソースの名前を指定します。

予測子モニタリングでは、予測子が時間の経過とともにどのように変化するかを確認できます。詳細については、次を参照してください。予測子モニタリング

型: MonitorConfig オブジェクト

必須: いいえ

OptimizationMetric

予測子を最適化するために使用される精度メトリクス。

Type: 文字列

有効な値: WAPE | RMSE | AverageWeightedQuantileLoss | MASE | MAPE

必須: いいえ

PredictorName

予測子の一意の名前

Type: 文字列

長さの制約: 最小長は 1 です。 最大長は 63 です。

パターン: ^[a-zA-Z][a-zA-Z0-9_]*

必須: はい

ReferencePredictorArn

再トレーニングまたはアップグレードする予測子の ARN。このパラメータは、予測子を再トレーニングまたはアップグレードするときにのみ使用されます。新しい予測子を作成するときは、このパラメータの値を指定しないでください。

予測子をアップグレードまたは再トレーニングするときは、ReferencePredictorArnPredictorName の値のみを指定します。PredictorName の値は、一意の予測子名である必要があります。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

パターン: arn:([a-z\d-]+):forecast:.*:.*:.+

必須: いいえ

Tags

予測子の分類と整理に役立つオプションのメタデータ。タグはそれぞれ、1 つのキーとオプションの 1 つの値で設定されており、どちらもお客様側が定義します。タグのキーと値は大文字と小文字が区別されます。

タグには以下の制限があります。

  • タグキーは、リソースごとにそれぞれ一意である必要があります。また、各タグキーに設定できる値は 1 つのみです。

  • リソースあたりのタグの最大数: 50。

  • キーの最大長: 128 文字 (Unicode) (UTF-8)。

  • 値の最大長: 256 文字 (Unicode) (UTF-8)。

  • 使用可能な文字: すべての文字と数字、UTF-8 で表現可能なスペース、および + - = 。_ : / @。タグ付けスキーマが他のサービスやリソースで使用されている場合、それらのサービスの文字制限も適用されます。

  • キープレフィックスには、aws: または AWS: の大文字または小文字の組み合わせを含めることはできません。値にはこのプレフィックスを付けることができます。タグ値には aws がプレフィックスとして付されているが、キーには付されていない場合、Forecast は、それをユーザータグとみなし、タグ数の上限である 50 個を計算する際に算入します。aws のキープレフィックスのみを持つタグは、リソース制限あたりのタグに算入されません。このプレフィックスが含まれるタグキーを編集したり削除することはできません。

Type: のArrayTagオブジェクト

配列メンバー: 最小項目数は 0 です。最大 200 項目。

必須: いいえ

TimeAlignmentBoundary

Forecastが使用する時間境界は、予測頻度と一致しないデータを調整および集計するために使用されます。時間の単位と時間境界をキー値のペアとして指定します。時間境界の指定については、時間境界の指定。時間境界を指定しない場合、Forecast は既定の時間境界

型: TimeAlignmentBoundary オブジェクト

必須: いいえ

レスポンスの構文

{ "PredictorArn": "string" }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

PredictorArn

予測子の Amazon リソースネーム (ARN)。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 256 です。

パターン: arn:([a-z\d-]+):forecast:.*:.*:.+

エラー

InvalidInputException

無効な値または有効な範囲を超える値が含まれているため、リクエストを処理できません。

HTTP ステータスコード: 400

LimitExceededException

アカウントあたりのリソース数の制限を超えました。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceAlreadyExistsException

この名前のリソースは既に存在します。別の名前で再試行してください。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceInUseException

指定されたリソースは使用中です。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceNotFoundException

その Amazon リソースネーム (ARN) を持つリソースが見つかりません。ARN を確認して、もう一度お試しください。

HTTP ステータスコード: 400

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、以下を参照してください。