Renesas Starter Kit+ for RX65N-2MB の開始方法 - FreeRTOS

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Renesas Starter Kit+ for RX65N-2MB の開始方法

このチュートリアルでは、Renesas Starter Kit+ for RX65N-2MB の使用を開始するための手順について説明します。Renesas RSK+ for RX65N-2MB がない場合は、AWS Partner Device Catalog にアクセスして当社のパートナーから購入してください。

開始する前に、デバイスを AWS クラウドに接続するように、AWS IoT と FreeRTOS ダウンロードを設定する必要があります。手順については、「最初のステップ」を参照してください。このチュートリアルでは、FreeRTOS ダウンロードディレクトリへのパスを freertos とします。

概要

このチュートリアルには、使用開始のための以下の手順が含まれています。

  1. ボードをホストマシンに接続します。

  2. マイクロコントローラーボード用の組み込みアプリケーションを開発およびデバッグするためのソフトウェアをホストマシンにインストールします。

  3. FreeRTOS デモアプリケーションをバイナリイメージにクロスコンパイルします。

  4. アプリケーションバイナリイメージをボードにロードし、アプリケーションを実行します。

Renesas ハードウェアを設定する

RSK+ for RX65N-2MB を設定するには

  1. 正の +5V 電源アダプタを RSK+ for RX65N-2MB の PWR コネクタに接続します。

  2. RSK+ for RX65N-2MB の USB2.0 FS ポートにコンピュータを接続します。

  3. RSK+ for RX65N-2MB の USB-to-serial ポートにコンピュータを接続します。

  4. ルーターまたはインターネットに接続されたイーサネットポートを、RSK+ for RX65N-2MB のイーサネットポートに接続します。

E2 Lite デバッガーモジュールをセットアップするには

  1. 14 ピンリボンケーブルを使用して、E2 Lite デバッガーモジュールを RSK+ for RX65N-2MB の「E1/E2 Lite」ポートに接続します。

  2. USB ケーブルを使用して、E2 Lite デバッガーモジュールをホストマシンに接続します。E2 Lite デバッガーをボードとコンピュータの両方に接続している場合は、デバッガーの緑色の「ACT」LED が点滅します。

  3. デバッガーをホストマシンと RSK+ for RX65N-2MB に接続したら、E2 Lite デバッガーのドライバーのインストールが開始されます。

    ドライバーをインストールするには管理者権限が必要であることに注意してください。

開発環境をセットアップする

RSK+ for RX65N-2MB の FreeRTOS 設定をセットアップするには、Renesas e2studio IDE および CC-RX コンパイラを使用します。

注記

Renesas e2studio IDE と CC-RX コンパイラは、Windows 7、8、および 10 オペレーティングシステムでのみサポートされています。

e2studio をダウンロードしてインストールするには

  1. Renesas e2studio インストーラのダウンロードページに移動し、オフラインインストーラをダウンロードします。

  2. [Renesas Login] (Renesas ログイン) ページが表示されます。

    Renesas のアカウントを持っている場合は、ユーザー名とパスワードを入力し、[Login] (ログイン) を選択します。

    アカウントを持っていない場合は、[Register now]] (今すぐ登録) を選択し、最初の登録ステップに従います。Renesas アカウントを有効にするためのリンクが記載された E メール が届きます。このリンクに従って Renesas への登録を完了してから、Renesas にログインします。

  3. ログインしたら、e2studio インストーラをコンピュータにダウンロードします。

  4. インストーラを開き、ステップを完了します。

詳細については、Renesas ウェブサイトの「e2studio」を参照してください。

RX ファミリー C/C++ コンパイラパッケージをダウンロードしてインストールするには

  1. RX ファミリー C/C++ コンパイラパッケージのダウンロードページに移動して、V3.00.00 パッケージをダウンロードします。

  2. 実行可能ファイルを開き、コンパイラをインストールします。

詳細については、Renesas ウェブサイトの RX ファミリーの C/C++ コンパイラパッケージを参照してください。

注記

コンパイラは評価版のみ無料で利用でき、60 日間有効です。61 日目に、ライセンスキーを取得する必要があります。詳細については、評価ソフトウェアツールを参照してください。

FreeRTOS サンプルを構築して実行する

デモプロジェクトを設定したので、ボード上でプロジェクトをビルドして実行する準備が整いました。

e で FreeRTOS デモを構築する2Studio

e2studio でデモをインポートしてビルドするには

  1. [Start] (スタート) メニューから e2studio を起動します。

  2. [Select a directory as a workspace] (ディレクトリをワークスペースとして選択) ウィンドウで、作業するフォルダを参照し、[Launch] (起動) を選択します。

  3. e2studio を始めて開くと、[Toolchain Registry] (ツールチェーン登録) ウィンドウが開きます。[Renesas Toolchains] (Renesas ツールチェーン) を選択し、CC-RX v3.00.00 が選択されていることを確認します。[Register] (登録)、[OK] の順に選択します。

  4. e2studio を始めて開いている場合、[Code Generator Registration] (コードジェネレーター登録) ウィンドウが表示されます。[OK] をクリックします。

  5. [Code Generator COM component register] (コードジェネレーター COM コンポーネント登録) ウィンドウが表示されます。[Please restart e2studio to use Code Generator] (コードジェネレーターを使用するには e2studio を再起動してください) で [OK] を選択します。

  6. [Restart e2studio] (e2studio の再起動) ウィンドウが表示されます。[OK] をクリックします。

  7. e2studio が再起動します。[Select a directory as a workspace] (ディレクトリをワークスペースとして選択) ウィンドウで、[Launch] (起動) を選択します。

  8. e2studio のウェルカム画面で、[Go to the e2studio workbench] (e2studio ワークベンチに移動) 矢印アイコンを選択します。

  9. [Project Explorer] (プロジェクトエクスプローラー) ウィンドウを右クリックし、[Import] (インポート) を選択します。

  10. インポートウィザードで、[General] (全般)、[Existing Projects into Workspace] (既存のプロジェクトを WorkSpace へ) の順に選択してから、[Next] (次へ) を選択します。

  11. [Browse] (参照) を選択し、projects/renesas/rx65n-rsk/e2studio/aws_demos というディレクトリを見つけて、[Finish] (終了) を選択します。

  12. [Project] (プロジェクト) メニューから、[Project] (プロジェクト)、[Build All] (すべて構築) を選択します。

    ビルドコンソールに、License Manager がインストールされていないことを示す警告メッセージが表示されます。CC-RX コンパイラのライセンスキーをお持ちの場合を除き、このメッセージは無視してかまいません。License Manager をインストールするには、License Manager のダウンロードページを参照してください。

クラウドの MQTT メッセージのモニタリング

FreeRTOS デモプロジェクトを実行する前に、MQTT クライアントをAWS IoTデバイスがに送信するメッセージをモニタリングするには、コンソールを使用します。AWSクラウド。

AWS IoT MQTT クライアントで MQTT トピックをサブスクライブするには

  1. AWS IoT コンソールにサインインします。

  2. ナビゲーションペインで、[] を選択します。Test、[] の順に選択します。MQTT テストクライアントの順にクリックして MQTT クライアントを開きます。

  3. [Subscription topic] (トピックのサブスクリプション) で your-thing-name/example/topic と入力し、[Subscribe to topic] (トピックへのサブスクライブ) を選択します。

お使いのデバイスでデモプロジェクトが正常に実行されると、「Hello World!」と表示されます。サブスクライブしたトピックに複数回送信しました。

FreeRTOS プロジェクトを実行する

e2studio でプロジェクトを実行するには

  1. E2 Lite デバッガーモジュールを RSK+ for RX65N-2MB に接続していることを確認します。

  2. トップメニューから、[Run] (実行)、[Debug Configuration] (デバッグ設定) を選択します。

  3. 拡張ルネサス GDB ハードウェアデバッグを選択し、aws_demosHardwareDebug

  4. [Debugger] (デバッガー) タブ、[Connection Settings] (接続設定) タブの順に選択します。接続設定が正しいことを確認します。

  5. [Debug] (デバッグ) を選択し、ボードにコードをダウンロードしてデバッグを開始します。

    e2-server-gdb.exe についてファイアウォール警告が表示される場合があります。[Private networks, such as my home or work network] (プライベートネットワーク (ホームネットワークや社内ネットワークなど)) をチェックし、[Allow access] (アクセスの許可) を選択します。

  6. e2studio から、[Renesas Debug Perspective] (Renesas デバッグパースペクティブ) に変更するよう求められる場合があります。[Yes] (はい) を選択します。

    E2 Lite デバッガーの緑色の「ACT」LED が点灯します。

  7. コードがボードにダウンロードされたら、[Resume] (再開) を選択し、main 関数の最初の行までコードを実行します。[Resume] (再開) をもう一度選択し、残りのコードを実行します。

ルネサスがリリースした最新のプロジェクトについては、renesas-rxフォーク・オブ・ザ・フォークamazon-freertos上のリポジトリGitHub

トラブルシューティング

FreeRTOS の開始方法に関する一般的なトラブルシューティングについては、「トラブルシューティングの開始方法」を参照してください。