Linux クライアントでのマウント - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Linux クライアントでのマウント

Linux クライアントをアタッチしている SVM ボリュームには、UNIX または mixed のセキュリティスタイル設定をお勧めします。詳細については、「FSx for ONTAP ボリュームの管理」を参照してください。

注記

デフォルトでは、FSx for ONTAP NFS マウントは hard マウントです。フェイルオーバーが発生した場合にスムーズなフェイルオーバーを実現するには、デフォルトの hard マウントオプションの使用をお勧めします。

ONTAP ボリュームを Linux クライアントにマウントするには
  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ で Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ファイルシステムと同じ VPC にある Amazon Linux 2 を実行する Amazon EC2 インスタンスを作成または選択します。

    EC2 Linux インスタンスの起動の詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド の「ステップ 1: インスタンスを起動する」を参照してください。

  3. Amazon EC2 Linux インスタンスに接続します。詳細については、[Connect to your Linux instance] (Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド) の [Amazon EC2 User Guide for Linux Instances] (Linux インスタンスへの接続) を参照してください。

  4. Secure Shell (SSH) を使用して EC2 インスタンスでターミナルを開き、適切な認証情報でログインします。

  5. 次のように、SVM ボリュームをマウントするための EC2 インスタンス上にディレクトリを作成します。

    sudo mkdir /fsx
  6. 次のコマンドを使用して、作成したディレクトリにボリュームをマウントします。

    sudo mount -t nfs svm-dns-name:/volume-junction-path /fsx

    次の例は、サンプル値を使用しています。

    sudo mount -t nfs svm-01234567890abdef0.fs-01234567890abcdef1.fsx.us-east-1.amazonaws.com:/vol1 /fsx

    また、DNS 名の代わりに SVM の IP アドレス SVM を使用できます。DNS 名を使用してクライアントをスケールアウトファイルシステムにマウントして、クライアントがファイルシステムの高可用性 (HA) ペアにバランスよく配置されるようにすることをお勧めします。

    sudo mount -t nfs 198.51.100.1:/vol1 /fsx
    注記

    スケールアウトファイルシステムでは、パラレル NFS (pNFS) プロトコルがデフォルトで有効になっており、NFS v4.1 以降でボリュームをマウントするすべてのクライアントにデフォルトで使用されます。

/etc/fstab を使用したインスタンスリブートへの自動マウント

Amazon EC2 Linux インスタンスの再起動時に FSx for ONTAP ボリュームを自動的に再マウントするには、/etc/fstab ファイルを使用します。/etc/fstab ファイルには、ファイルシステムに関する情報が含まれています。インスタンスの起動中に実行される mount -a コマンドは、/etc/fstab に示されているファイルシステムをマウントします。

注記

FSx for ONTAP ファイルシステムは、Amazon EC2 Mac インスタンスの /etc/fstab を使用した自動マウントをサポートしていません。

注記

EC2 インスタンスの /etc/fstab ファイルを更新する前に、FSx for ONTAP ファイルシステムがすでに作成済みであることを確認してください。詳細については、「FSx for ONTAP ファイルシステムの作成」を参照してください。

EC2 インスタンスで / etc / fstab ファイルを更新するには
  1. EC2 インスタンスに接続します。

    • macOS または Linux が稼働しているコンピュータからインスタンスに接続するには、SSH コマンドで .pem ファイルを指定します。これを行うには、-i オプションとプライベートキーへのパスを使用します。

    • Windows を実行しているコンピュータからインスタンスに接続するには、 MindTerm または PuTTY を使用できます。PuTTY を使用するには、PuTTY をインストールし、.pem ファイルを .ppk ファイルに変換します。

    詳細については、[Amazon EC2 User Guide for Linux Instances] (Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド) のトピックを参照してください。

  2. SVM ボリュームのマウントに使用するローカルディレクトリを作成します。

    sudo mkdir /fsx
  3. 適切なエディタで、/etc/fstab ファイルを開きます。

  4. 次の行を /etc/fstab ファイルに追加します。各パラメータの間にタブ文字を挿入します。改行のない行として表示されるはずです。

    svm-dns-name:volume-junction-path /fsx nfs nfsvers=version,defaults 0 0

    ボリュームの SVM の IP アドレスを使用することもできます。最後の 3 つのパラメータは、NFS オプション (デフォルトに設定)、ファイルシステムおよびファイルシステムチェックのダンプ (通常は使用されないため、0 に設定) を示します。

  5. 変更をファイルに保存します。

  6. 次のコマンドを使用して、ファイルシェアをマウントします。次回システムがスタートすると、フォルダは自動的にマウントされます。

    sudo mount /fsx sudo mount svm-dns-name:volume-junction-path

EC2 インスタンスは、再起動するたびに ONTAP ボリュームをマウントするように設定されました。