ボリュームのクラウド書き込みモードの有効化 - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ボリュームのクラウド書き込みモードの有効化

volume modify ONTAP CLI コマンドを使用して、既存のボリュームのクラウド書き込みモードを有効または無効にします。詳細については、 NetApp ONTAP ドキュメントセンターvolume modifyの「」を参照してください。

クラウド書き込みモードを設定するための前提条件は次のとおりです。

  • ボリュームは既存のボリュームである必要があります。この機能は、既存のボリュームでのみ有効にできます。

  • ボリュームは読み取り/書き込み (RW) ボリュームである必要があります。

  • ボリュームには、すべての階層化ポリシーが必要です。ボリュームの階層化ポリシーの変更の詳細については、「」を参照してくださいボリュームの階層化ポリシーの設定

クラウド書き込みモードは、NFS プロトコルを使用して大量のデータがファイルシステムに転送される移行などに役立ちます。

ボリュームのクラウド書き込みモードを設定するには (ONTAP CLI)
  1. NetApp ONTAP CLI にアクセスするには、次のコマンドを実行して、Amazon FSx for NetApp ONTAP ファイルシステムの管理ポートで SSH セッションを確立します。management_endpoint_ip をファイルシステムの管理ポートの IP アドレスに置き換えます。

    [~]$ ssh fsxadmin@management_endpoint_ip

    詳細については、「ONTAPCLI によるファイルシステムの管理」を参照してください。

  2. 次のコマンドを使用して ONTAP CLI アドバンスドモードを開始します。

    FSx::> set -privilege advanced Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them only when directed to do so by NetApp personnel. Do you want to continue? {y|n}: y
  3. 次のコマンドを使用して、ボリュームのクラウド書き込みモードを設定し、次の値を置き換えます。

    • svm_name をボリュームが作成されている SVM の名前に置き換えます。

    • を、クラウド書き込みモードを設定するボリュームの名前vol_nameに置き換えます。

    • ボリュームでクラウド書き込みモードtrueを有効にするか、無効にfalseするには、 を vol_cw_modeに置き換えます。

    FSx::> volume modify -vserver svm_name -volume vol_name -is-cloud-write-enabled vol_cw_mode

    リクエストが成功すると、システムは次のように応答します。

    Volume modify successful on volume vol_name of Vserver svm_name.