ファイルシステムのストレージ容量と IOPS - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ファイルシステムのストレージ容量と IOPS

FSx for ONTAP ファイルシステムを作成するときは、SSD 階層のストレージ容量を指定します。スケールアウトファイルシステムでは、指定したストレージ容量は各高可用性 (HA) ペアのストレージプールに均等に分散されます。これらのストレージプールはアグリゲートと呼ばれます。

プロビジョニングした SSD ストレージの GiB ごとに、Amazon FSx はファイルシステムに対して 3 SSD 1 秒あたりの入出力オペレーション (IOPS) を自動的にプロビジョニングします。ファイルシステムあたり最大 160,000 SSD IOPS です。スケールアウトファイルシステムでは、SSD IOPS はファイルシステムの各アグリゲートに均等に分散されます。プロビジョニングされた SSD IOPS のレベルを、1 GiB あたり自動 3 SSD IOPS を超えるように指定することもできます。FSx for ONTAP ファイルシステムにプロビジョニングできる SSD IOPS の最大数の詳細については、スループット容量がパフォーマンスに与える影響 を参照してください。

ファイルシステムの SSD ストレージと IOPS の更新

データセットのアクティブな部分にストレージを追加する必要がある場合は、Amazon FSx for NetApp ONTAP ファイルシステムの SSD ストレージ容量を増やすことができます。SSD ストレージ容量を増やすには、Amazon FSx コンソール、Amazon FSx API、または AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用します。詳細については、「SSD ストレージ容量とプロビジョンド IOPS の変更」を参照してください。

Amazon FSx ファイルシステムの SSD ストレージ容量を増やすと、通常、新しい容量は数分以内に使用できます。新しい SSD ストレージ容量は、使用可能になった後に請求されます。料金の詳細については、「Amazon FSx for NetApp ONTAP の料金」を参照してください。

ストレージ容量を増やすと、Amazon FSx はストレージ最適化プロセスをバックグラウンドで実行してデータのバランスを再調整します。ほとんどのファイルシステムでは、ストレージの最適化には数時間かかり、ワークロードのパフォーマンスへの影響は最小限に抑えられます。

Amazon FSx コンソール、CLI、および API を使用して、ストレージ最適化の進捗状況をいつでも追跡できます。詳細については、「ストレージ容量と IOPS アップデートのモニタリング」を参照してください。

考慮事項

ファイルシステムの SSD ストレージ容量とプロビジョンド IOPS を変更するときに考慮すべき重要な項目を以下に示します。

  • ストレージ容量増量のみ - ファイルシステムのストレージ容量を増加することのみできます。ストレージ容量を減らすことはできません。

  • ストレージ容量増量の最小値 – 各 SSD ストレージ容量の増加は、ファイルシステムの現在の SSD ストレージ容量の 10% 以上で、ファイルシステム構成の最大 SSD ストレージ容量以下である必要があります。

  • (スケールアウトのみ) ストレージ容量の分散 – ファイルシステム用に選択した新しいストレージ容量や SSD IOPS は、ファイルシステムの各アグリゲートに均等に分散されます。

  • 増加の間隔 — ファイルシステムの SSD ストレージ容量、プロビジョンド IOPS、スループットキャパシティのいずれかを変更した後に、同じファイルシステムで再度これらの構成のいずれかを変更するときは、6 時間以上待機する必要があります。これは、クールダウン期間と呼ばれることもあります。

  • プロビジョンド IOPS モード - プロビジョンド IOPS の変更については、2 つの IOPS モードのうち、いずれかを指定する必要があります。

    • 自動モード – Amazon FSx は、SSD IOPS を自動的にスケールして、SSD ストレージ容量 1 GiB ごとに 3 つのプロビジョニングされた SSD IOPS を維持します。上限は、ファイルシステム構成の最大 SSD IOPS です。

      注記

      FSx for ONTAP ファイルシステムにプロビジョニングできる SSD IOPS の最大数の詳細については、スループット容量がパフォーマンスに与える影響 を参照してください。

    • [User-provisioned] (ユーザープロビジョニング) モード - SSD IOPS の数を指定します。これは、SSD ストレージ容量の GiB あたり 3 IOPS 以上である必要があります。より高いレベルの IOPS のプロビジョニングを選択した場合は、その月のインクルードレートを上回ってプロビジョニングされた平均 IOPS に対して支払います。これは、IOPS 月単位で測定されます。

料金の詳細については、「Amazon FSx for NetApp ONTAP の料金」を参照してください。

SSD ストレージ容量を増やすタイミング

使用可能な SSD 階層ストレージが不足している場合は、ファイルシステムのストレージ容量を増やすことをお勧めします。ストレージが不足すると、データセットのアクティブな部分の SSD 階層のサイズが小さくなることを示します。

ファイルシステムで使用可能な空きストレージの量をモニタリングするには、ファイルシステムレベルStorageCapacityStorageUsed Amazon CloudWatch メトリクスを使用します。メトリクスに CloudWatch アラームを作成し、特定のしきい値を下回ったときに通知を受け取ることができます。詳細については、「Amazon によるモニタリング CloudWatch」を参照してください。

注記

データ階層化、スループットスケーリング、他のメンテナンス用アクティビティが適切に機能し、追加のデータに使用できる容量を確保するために、SSD ストレージの容量使用率が 80% を超えないようにすることをお勧めします。スケールアウトファイルシステムの場合、この推奨事項はファイルシステムのすべてのアグリゲートの平均使用率と個々のアグリゲートの両方に適用されます。

ファイルシステムの SSD ストレージの使用方法、およびファイルメタデータとオペレーティングソフトウェア用に SSD ストレージがどれだけ確保されているかについては、適切な量のファイルシステム SSD ストレージを選択する を参照してください。