Amazon FSx をモニタリングする CloudWatch アラームの作成 - Amazon FSx for Windows File Server

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon FSx をモニタリングする CloudWatch アラームの作成

CloudWatch アラームの状態が変更されたときに Amazon SNS メッセージを送信するアラームを作成できます。アラームは、指定期間にわたって単一のメトリクスを監視し、指定したしきい値に対応したメトリクスの値に基づいて、期間数にわたって 1 つ以上のアクションを実行します。アクションは、Amazon SNS のトピックまたはオートスケーリングのポリシーに送信される通知です。

アラームは、持続している状態変化に対してのみアクションを呼び出します。 CloudWatch アラームは、特定の状態にあるというだけではアクションを呼び出しません。状態が変更され、指定された期間にわたって維持されている必要があります。Amazon FSx コンソールまたは CloudWatch コンソールからアラームを作成できます。

次の手順は、コンソール、 AWS CLI、および API を使用して Amazon FSx のアラームを作成する方法を示しています。

Amazon FSx コンソールを使用してアラームを設定するには
  1. https://console.aws.amazon.com/fsx/ で Amazon FSx コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[File systems] (ファイルシステム) を選択し、アラームに対して作成したいファイルシステムを選択します。

  3. [Actions] (アクション) メニューを選択し、[View details] (詳細の表示) を選択します。

  4. [Summary] (概要) ページで、[Monitoring] (モニタリング) を選択します。

  5. CloudWatch アラーム を選択します。

  6. CloudWatch アラームの作成 を選択します。 CloudWatch コンソールにリダイレクトされます。

  7. [Select metrics] (メトリクスの選択) を選択し、[Next] (次へ) を選択します。

  8. [メトリクス] セクションで、[FSX] を選択します。

  9. [File System Metrics] (ファイルシステムメトリクス) を選択し、アラームを設定するメトリクスを選択し、[Select metrics] (メトリクスの選択) を選択します。

  10. [Conditions] (条件) セクションで、アラームに使用する条件を選択し、[Next] (次へ) を選択します。

    注記

    メトリクスは、シングル AZ ファイルシステムではファイルシステムのメンテナンス中や、マルチ AZ ファイルシステムではプライマリサーバーまたはセカンダリサーバーとの間のフェイルオーバー中およびフェイルバック中に発行されない場合があります。不要で誤解を招くアラーム状態の変化を防ぎ、欠落したデータポイントに対する回復力を持つようにアラームを設定するには、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」の CloudWatch 「アラームが欠落データを処理する方法の設定」を参照してください。

  11. アラーム状態がアクション CloudWatch をトリガーしたときに E メールまたは SNS 通知を送信する場合は、アラーム状態を に選択します。このアラーム状態が になるたびに。

    [select an SNS topic] (SNS トピックの選択) で、既存の SNS トピックを選択します。[Create topic] (トピックの作成) を選択すると、新しいメールサブスクリプションリストの名前とメールアドレスを設定できます。このリストは保存され、今後のアラーム用のフィールドに表示されます。[Next] (次へ) を選択します。

    注記

    [Create Topic] (トピックの作成) を使用して新しい Amazon SNS トピックを作成する場合、メールアドレスを検証しなければ、そのアドレスで通知を受け取ることができません。メールは、アラームがアラーム状態になったときにのみ送信されます。アラーム状態になった際に、メールアドレスの検証がまだ完了していない場合は、そのアドレスで通知を受け取ることはできません。

  12. [Name] (名前)、[Description] (説明)、[Whenever] (いつでも) のそれぞれにメトリクスの値を入力し、[Next] (次へ) を選択します。

  13. [Preview and create] (プレビューと作成) ページで、作成しようとしているアラームを確認し、[Create Alarm] (アラームの作成) を選択します。

CloudWatch コンソールを使用してアラームを設定するには
  1. にサインイン AWS Management Console し、https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/ で CloudWatch コンソールを開きます。

  2. [Create Alarm] (アラームの作成) を選択して、[Create Alarm Wizard] (アラームウィザードの作成) を起動します。

  3. [FSx Metrics] を選択し、Amazon FSx メトリクスをスクロールして、アラームを設定するメトリクスを見つけます。このダイアログボックスに Amazon FSx メトリクスのみを表示するには、ファイルシステムのファイルシステム ID で検索します。アラームを作成するメトリクスを選択し、[Next] (次へ) をクリックします。

  4. [Name] (名前)、[Description] (説明)、[Whenever] (いつでも) のそれぞれにメトリクスの値を入力します。

  5. アラーム状態に達したときに E CloudWatch メールを送信する場合は、このアラームが になるたびに状態が ALARM を選択します。[Send notification to] (通知の宛先) に、既存の SNS トピックを選択します。[Create topic] (トピックの作成) を選択すると、新しいメールサブスクリプションリストの名前とメールアドレスを設定できます。このリストは保存され、今後のアラーム用のフィールドに表示されます。

    注記

    [トピックの作成] を使用して新しい Amazon SNS トピックを作成する場合、メールアドレスを検証しなければ、そのアドレスで通知を受け取ることができません。メールは、アラームがアラーム状態になったときにのみ送信されます。アラーム状態になった際に、メールアドレスの検証がまだ完了していない場合は、そのアドレスで通知を受け取ることはできません。

  6. この段階で、[Alarm Preview] (アラームの確認) エリアで作成しているアラームを確認することができます。[Create Alarm] (アラームの作成) を選択します。

を使用してアラームを設定するには AWS CLI
CloudWatch API を使用してアラームを設定するには