Amazon Elastic Block Store エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

Amazon Elastic Block Store エンドポイントとクォータ

このサービスのサービスエンドポイントおよびサービスクォータを以下に示します。AWS のサービスにプログラムで接続するには、エンドポイントを使用します。標準の AWS エンドポイントに加えて、一部の AWS のサービスは選択されたリージョンで FIPS エンドポイントを提供します。詳細については、「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。サービスクォータ (制限とも呼ばれます) は、AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。

サービスエンドポイント

Amazon EC2 での Amazon EBS のエンドポイント

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) の Amazon EBS エンドポイントを使用して、EBS ボリューム、スナップショット、暗号化を管理します。詳細については、Amazon EC2 API リファレンスAmazon EBS アクションを参照してください。

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2

ec2.us-east-2.amazonaws.com

ec2-fips.us-east-2.amazonaws.com

ec2.us-east-2.api.aws

HTTP および HTTPS

HTTPS

HTTPS

米国東部 (バージニア北部) us-east-1

ec2.us-east-1.amazonaws.com

ec2-fips.us-east-1.amazonaws.com

ec2.us-east-1.api.aws

HTTP および HTTPS

HTTPS

HTTPS

米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1

ec2.us-west-1.amazonaws.com

ec2-fips.us-west-1.amazonaws.com

HTTP および HTTPS

HTTPS

米国西部 (オレゴン) us-west-2

ec2.us-west-2.amazonaws.com

ec2-fips.us-west-2.amazonaws.com

ec2.us-west-2.api.aws

HTTP および HTTPS

HTTPS

HTTPS

アフリカ (ケープタウン) af-south-1 ec2.af-south-1.amazonaws.com HTTP および HTTPS
アジアパシフィック (香港) ap-east-1 ec2.ap-east-1.amazonaws.com HTTP および HTTPS
アジアパシフィック (ジャカルタ) ap-southeast-3 ec2.ap-southeast-3.amazonaws.com HTTP および HTTPS
アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1

ec2.ap-south-1.amazonaws.com

ec2.ap-south-1.api.aws

HTTP および HTTPS

HTTPS

アジアパシフィック (大阪) ap-northeast-3 ec2.ap-northeast-3.amazonaws.com HTTP および HTTPS
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 ec2.ap-northeast-2.amazonaws.com HTTP および HTTPS
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 ec2.ap-southeast-1.amazonaws.com HTTP および HTTPS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 ec2.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTP および HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTP および HTTPS
カナダ (中部) ca-central-1

ec2.ca-central-1.amazonaws.com

ec2-fips.ca-central-1.amazonaws.com

HTTP および HTTPS

HTTPS

欧州 (フランクフルト) eu-central-1 ec2.eu-central-1.amazonaws.com HTTP および HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1

ec2.eu-west-1.amazonaws.com

ec2.eu-west-1.api.aws

HTTP および HTTPS

HTTPS

欧州 (ロンドン) eu-west-2 ec2.eu-west-2.amazonaws.com HTTP および HTTPS
ヨーロッパ (ミラノ) eu-south-1 ec2.eu-south-1.amazonaws.com HTTP および HTTPS
欧州 (パリ) eu-west-3 ec2.eu-west-3.amazonaws.com HTTP および HTTPS
欧州 (ストックホルム) eu-north-1 ec2.eu-north-1.amazonaws.com HTTP および HTTPS
中東 (バーレーン) me-south-1 ec2.me-south-1.amazonaws.com HTTP および HTTPS
南米 (サンパウロ) sa-east-1

ec2.sa-east-1.amazonaws.com

ec2.sa-east-1.api.aws

HTTP および HTTPS

HTTPS

AWS GovCloud (米国東部) us-gov-east-1 ec2.us-gov-east-1.amazonaws.com HTTPS
AWS GovCloud (米国西部) us-gov-west-1 ec2.us-gov-west-1.amazonaws.com HTTPS

EBS direct API のエンドポイント

EBS direct API エンドポイントを使用して Amazon EBS スナップショットのデータを直接読み取り、2 つのスナップショットの違いを特定できます。詳細については、「Amazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド」の「EBS direct API を使用して Amazon EBS スナップショットの内容にアクセスする」を参照してください。

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2

ebs.us-east-2.amazonaws.com

ebs-fips.us-east-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国東部 (バージニア北部) us-east-1

ebs.us-east-1.amazonaws.com

ebs-fips.us-east-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1

ebs.us-west-1.amazonaws.com

ebs-fips.us-west-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国西部 (オレゴン) us-west-2

ebs.us-west-2.amazonaws.com

ebs-fips.us-west-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

アフリカ (ケープタウン) af-south-1 ebs.af-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (香港) ap-east-1 ebs.ap-east-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ジャカルタ) ap-southeast-3 ebs.ap-southeast-3.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1 ebs.ap-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (大阪) ap-northeast-3 ebs.ap-northeast-3.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 ebs.ap-northeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 ebs.ap-southeast-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 ebs.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 ebs.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
カナダ (中部) ca-central-1

ebs.ca-central-1.amazonaws.com

ebs-fips.ca-central-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

欧州 (フランクフルト) eu-central-1 ebs.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 ebs.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ロンドン) eu-west-2 ebs.eu-west-2.amazonaws.com HTTPS
ヨーロッパ (ミラノ) eu-south-1 ebs.eu-south-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (パリ) eu-west-3 ebs.eu-west-3.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ストックホルム) eu-north-1 ebs.eu-north-1.amazonaws.com HTTPS
中東 (バーレーン) me-south-1 ebs.me-south-1.amazonaws.com HTTPS
南米 (サンパウロ) sa-east-1 ebs.sa-east-1.amazonaws.com HTTPS
AWS GovCloud (米国東部) us-gov-east-1 ebs.us-gov-east-1.amazonaws.com HTTPS
AWS GovCloud (米国西部) us-gov-west-1 ebs.us-gov-west-1.amazonaws.com HTTPS

サービスクォータ

名前 デフォルト 調整可能 説明
ボリュームあたりのアーカイブされたスナップショット数 サポートされている各リージョン: 25 はい ボリュームあたりのアーカイブされたスナップショットの最大数。
アカウントあたりの CompleteSnapshot サポートされている各リージョン: 10/秒 いいえ アカウントあたりの許容される CompleteSnapshot リクエストの最大数。
送信先リージョンあたりの同時スナップショットコピー サポートされている各リージョン: 20 いいえ 1 つの送信先リージョンへの同時スナップショットコピーの最大数。
Cold HDD (sc1) ボリュームあたりの同時スナップショット サポートされている各リージョン: 1 いいえ このリージョンの Cold HDD (sc1) ボリュームあたりの同時スナップショットの最大数。
汎用 SSD (gp2) ボリュームあたりの同時スナップショット サポートされている各リージョン: 5 いいえ このリージョンの汎用 SSD (gp2) ボリュームあたりの同時スナップショットの最大数。
汎用 SSD (gp3) ボリュームあたりの同時スナップショット サポートされている各リージョン: 5 いいえ このリージョンの汎用 SSD (gp3) ボリュームあたりの同時スナップショットの最大数。
マグネティック (スタンダード) ボリュームあたりの同時スナップショット サポートされている各リージョン: 5 いいえ このリージョンのマグネティック (スタンダード) ボリュームあたりの同時スナップショットの最大数。
プロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリュームあたりの同時スナップショット サポートされている各リージョン: 5 いいえ このリージョンのプロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリュームあたりの同時スナップショットの最大数。
プロビジョンド IOPS SSD (io2) ボリュームあたりの同時スナップショット サポートされている各リージョン: 5 いいえ このリージョンのプロビジョンド IOPS SSD (io2) ボリュームあたりの同時スナップショットの最大数。
スループット最適化 HDD (st1) ボリュームあたりの同時スナップショット サポートされている各リージョン: 1 いいえ このリージョンのスループット最適化 HDD (st1) ボリュームあたりの同時スナップショットの最大数。
高速スナップショット復元 サポートされている各リージョン: 50 はい このリージョンで高速スナップショット復元を有効化できるスナップショットの最大数。
アカウントあたりの GetSnapshotBlock リクエスト サポートされている各リージョン: 1,000/秒 はい アカウントあたりの許容される GetSnapshotBlock リクエストの最大数。
スナップショットごとの GetSnapshotBlock リクエスト数 サポートされている各リージョン: 1,000/秒 いいえ スナップショットごとの許容される GetSnapshotBlock リクエストの最大数。
プロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリュームの IOPS サポートされている各リージョン: 300,000 はい このリージョンのプロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリューム全体でプロビジョニングできる IOPS の最大集計数。
プロビジョンド IOPS SSD (io2) ボリュームの IOPS サポートされている各リージョン: 100,000 はい このリージョンのプロビジョンド IOPS SSD (io2) ボリューム全体でプロビジョニングできる IOPS の最大集計数。
プロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリュームの IOPS 変更 サポートされている各リージョン: 500,000 はい このリージョンのプロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリューム全体のボリューム変更でリクエストできる IOPS の最大集計数。
プロビジョンド IOPS SSD (io2) ボリュームの IOPS 変更 サポートされている各リージョン: 100,000 はい このリージョンのプロビジョンド IOPS SSD (io2) ボリューム全体のボリューム変更でリクエストできる IOPS の最大集計数。
アカウントごとの進行中のスナップショットアーカイブ数 サポートされている各リージョン: 5 はい アカウントごとの進行中のスナップショットアーカイブの最大数。
アカウントごとの進行中のスナップショットのアーカイブからの復元数 サポートされている各リージョン: 5 はい アカウントごとの進行中のスナップショットのアーカイブからの復元の最大数。
アカウントあたりの ListChangedBlocks リクエスト数 サポートされている各リージョン: 50/秒 いいえ アカウントあたりの許容される ListChangedBlocks リクエストの最大数。
アカウントあたりの ListSnapshotBlocks リクエスト数 サポートされている各リージョン: 50/秒 いいえ アカウントあたりの許容される ListSnapshotBlocks リクエストの最大数。
アカウントあたりの保留中のスナップショット サポートされている各リージョン: 100 いいえ アカウントあたりの保留状態のスナップショットの最大数。
アカウントあたりの PutSnapshotBlock リクエスト サポートされている各リージョン: 1,000/秒 はい アカウントあたりの許容される PutSnapshotBlock リクエストの最大数。
スナップショットごとの PutSnapshotBlock リクエスト数 サポートされている各リージョン: 1,000/秒 いいえ スナップショットごとの許容される PutSnapshotBlock リクエストの最大数。
リージョンあたりのスナップショット サポートされている各リージョン: 100,000 はい リージョンあたりのスナップショットの最大数
アカウントごとの StartSnapshot リクエスト数 サポートされている各リージョン: 10/秒 いいえ アカウントあたりの許容される StartSnapshot リクエストの最大数。
コールド HDD (sc1) ボリュームのストレージ (TiB)

af-south-1: 300

ap-east-1: 300

eu-south-1: 300

me-south-1: 300

他のサポートされている各リージョン: 50

はい このリージョンの Cold HDD (sc1) ボリューム全体でプロビジョニングできるストレージの最大集計量 (TiB)。
汎用 SSD (gp2) ボリュームのストレージ (TiB)

af-south-1: 300

ap-east-1: 300

eu-south-1: 300

me-south-1: 300

他のサポートされている各リージョン: 50

はい このリージョンの汎用 SSD (gp2) ボリューム全体でプロビジョニングできるストレージの最大集計量 (TiB)。
汎用 SSD (gp3) ボリュームのストレージ (TiB)

af-south-1: 300

ap-east-1: 300

eu-south-1: 300

me-south-1: 300

他のサポートされている各リージョン: 50

はい このリージョンの汎用 SSD (gp3) ボリューム全体でプロビジョニングできるストレージの最大集計量 (TiB)。
マグネティック (standard) ボリュームのストレージ (TiB)

af-south-1: 300

ap-east-1: 300

eu-south-1: 300

me-south-1: 300

他のサポートされている各リージョン: 50

はい このリージョンのマグネティック (スタンダード) ボリューム全体でプロビジョニングできるストレージの最大集計量 (TiB)。
プロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリュームのストレージ (TiB)

af-south-1: 300

ap-east-1: 300

eu-south-1: 300

me-south-1: 300

他のサポートされている各リージョン: 50

はい このリージョンのプロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリューム全体でプロビジョニングできるストレージの最大集計量 (TiB)。
プロビジョンド IOPS SSD (io2) ボリュームのストレージ (TiB) サポートされている各リージョン: 20 はい このリージョンのプロビジョンド IOPS SSD (io2) ボリューム全体でプロビジョニングできるストレージの最大集計量 (TiB)。
スループット最適化 HDD (st1) ボリュームのストレージ (TiB)

af-south-1: 300

ap-east-1: 300

eu-south-1: 300

me-south-1: 300

他のサポートされている各リージョン: 50

はい このリージョンのスループット最適化 HDD (st1) ボリューム全体でプロビジョニングできるストレージの最大集計量 (TiB)。
コールド HDD (sc1) ボリュームのストレージ変更 (TiB) サポートされている各リージョン: 500 はい このリージョンの Cold HDD (sc1) ボリューム全体のボリューム変更でリクエストできるストレージの最大集計量 (TiB)。
汎用 SSD (gp2) ボリュームのストレージ変更 (TiB) サポートされている各リージョン: 500 はい このリージョンの汎用 SSD (gp2) ボリューム全体のボリューム変更でリクエストできるストレージの最大集計量 (TiB)。
汎用 SSD (gp3) ボリュームのストレージ変更 (TiB) サポートされている各リージョン: 500 はい このリージョンの汎用 SSD (gp3) ボリューム全体のボリューム変更でリクエストできるストレージの最大集計量 (TiB)。
マグネティック (standard) ボリュームのストレージ変更 (TiB) サポートされている各リージョン: 500 はい このリージョンのマグネティック (スタンダード) ボリューム全体のボリューム変更でリクエストできるストレージの最大集計量 (TiB)。
プロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリュームのストレージ変更 (TiB) サポートされている各リージョン: 500 はい このリージョンのプロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリューム全体のボリューム変更でリクエストできるストレージの最大集計量 (TiB)。
プロビジョンド IOPS SSD (io2) ボリュームのストレージ変更 (TiB) サポートされている各リージョン: 20 はい このリージョンのプロビジョンド IOPS SSD (io2) ボリューム全体のボリューム変更でリクエストできるストレージの最大集計量 (TiB)。
スループット最適化 HDD (st1) ボリュームのストレージ変更 (TiB) サポートされている各リージョン: 500 はい このリージョンのスループット最適化 HDD (st1) ボリューム全体のボリューム変更でリクエストできるストレージの最大集計量 (TiB)。

送信先リージョンあたりの同時スナップショットコピーのクォータは Service Quotas で調整できません。ただし、AWS サポートに連絡して、このクォータの引き上げをリクエストすることができます。

ストレージ変更のクォータには次の考慮事項が適用されます。

  • このクォータまでの結合ストレージを持つボリュームでは、同時変更を実行できます。ただし、同時変更を実行できるのは、現在プロビジョニングされている結合ストレージまでの結合ストレージを持つボリュームに対してのみです。例えば、汎用 SSD (gp3) ボリュームのストレージ変更のクォータが 200 TiB で、現在、gp3 ボリューム全体で 120 TiB プロビジョニングしている場合、120 TiB までの結合ストレージを持つ gp3 ボリュームで同時ストレージ変更を実行することができます。

  • このクォータは、同等の最大クォータ以下にする必要があります。例えば、汎用 SSD (gp3) ボリュームのストレージ変更のクォータは、汎用 SSD (gp3) ボリュームのストレージのクォータ以下にする必要があります。

IOPS 変更のクォータには次の考慮事項が適用されます。

  • このクォータまでの結合 IOPS を持つボリュームでは、同時変更を実行できます。ただし、同時変更を実行できるのは、現在の結合プロビジョンド IOPS までの結合 IOPS を持つボリュームに対してのみです。例えば、プロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリュームの IOPS 変更のクォータが 50,000 IOPS で、現在、io1 ボリューム全体で 30,000 IOPS プロビジョニングしている場合、30,000 IOPS までの結合 IOPS を持つ io1 ボリュームで同時 IOPS 変更を実行することができます。

  • このクォータは、同等の最大クォータ以下にする必要があります。例えば、プロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリュームの IOPS 変更のクォータは、プロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリュームの IOPS のクォータ以下にする必要があります。