AWS の用語集 - AWS 全般のリファレンス

AWS の用語集

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

数字と記号

100-continue

クライアントが実際にリクエストを送信する前に、サーバーがリクエストを受け付けることができるかどうかを確認するメソッド。大容量の PUT リクエストを行う場合、この方法により、時間と帯域幅の料金を節約できます。

A

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

AAD

参照 追加認証データ.

アクセスアナライザー

AWS Identity and Access Management (IAM) の機能は、外部エンティティと共有されている Amazon S3 バケットや IAM ロールなど、組織とアカウントのリソースを識別するのに役立ちます。

参照 https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2019/12/introducing-aws-identity-and-access-management-access-analyzer/.

アクセスコントロールリスト (ACL)

特定の bucket またはオブジェクトにアクセスできるユーザーを定義するドキュメント。の各 bucket および オブジェクトには ACL Amazon S3 があります。このドキュメントには、各種のユーザーができること (書き込みおよび読み取りのアクセス許可など) が定義されます。

アクセス識別子

参照 認証情報.

アクセスキー

アクセスキー ID (例: AKIAIOSFODNN7EXAMPLE) と シークレットアクセスキー (例: wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY).) の組み合わせ。アクセスキーを使用して、 に作成した API リクエストに署名します。AWS.

アクセスキー ID

シークレットアクセスキー に関連付けられている一意の識別子。アクセスキー ID とシークレットアクセスキーを一緒に使用して、暗号化された署名をプログラムによる AWS リクエストに適用します。

アクセスキーの更新

AWS アクセスキー ID を変更することによりセキュリティを高める方法。この方法により、自身の判断で古いキーを無効にすることができます。

アクセスポリシー言語

特定の AWS にアクセスできるユーザーとその条件を指定する、ドキュメント (つまり、ポリシーリソース) を作成する言語。

アカウント

以下のすべてに関連付けられている AWS との正式な関係:

  • 所有者の E メールアドレスとパスワード

  • その組織の下で作成された リソース の制御

  • それらのリソースに関連する AWS アクティビティに対する支払い

AWS アカウントは、AWS アカウントのリソースのすべてを用いて、ありとあらゆることを行うことが許可されています。これは、アカウント内に含まれるエンティティである ユーザー とは対照的です。

アカウントアクティビティ

過去 1 か月の AWS の使用状況とコストを表示するウェブページ。アカウントアクティビティページは https://aws.amazon.com/account-activity. にあります。

ACL

参照 アクセスコントロールリスト (ACL).

ACM

参照 AWS Certificate Manager (ACM).

ACM PCA

参照 AWS Certificate Manager Private Certificate Authority (ACM PCA).

ACM プライベート CA

参照 AWS Certificate Manager Private Certificate Authority (ACM PCA).

action

API 関数。オペレーションまたはコール.とも呼びます。プリンシパル に実行のアクセス許可があるアクティビティ。「A は、条件 D に該当する C を対象とするアクション B の実行を許可または禁止されている」というポリシーにおいては、文字通り B がアクションに相当します。たとえば、Jane は に ReceiveMessage Amazon SQS というリクエストを送信します。

Amazon CloudWatch: アラームのステータスが変更されると開始される応答(たとえば OK から ALARM に変更された場合)。状態の変更は、アラームのしきい値に達するメトリクス、またはSetAlarmStateリクエストによってトリガーされる場合があります。それぞれのアラームでは、各ステータスに 1 つ以上のアクションを割り当てることができます。アクションは、 アラームが、 Amazon Simple Notification Service 通知、 Amazon EC2 Auto Scaling ポリシー 実行、または Amazon EC2 インスタンス 停止/終了アクションなどのアクションが割り当てられた状態に変更されるたびに実行されます。

アクティブな信頼されたキーグループ

のディストリビューションに対してアクティブな信頼されたキーグループ、各キーグループの およびパブリックIDsキーの のリストAmazon CloudFront。 は、これらのキーグループのパブリックキーを使用してCloudFront、署名付き Cookie CloudFront と署名付き Cookie URLsの署名を検証できます。

有効な信頼済み署名者

」を参照してください。アクティブな信頼されたキーグループ.

追加認証データ

ヘッダーやその他の環境に応じたメタデータなど、整合性を確認したが暗号化されていないことを確認した情報。

管理上の停止

Amazon EC2 Auto Scaling は、繰り返しインスタンスの起動に失敗する Auto Scaling グループ のプロセスを停止することがあります。管理上の停止が最もよく起こる Auto Scaling グループでは、実行中のインスタンスがなく、24 時間以上インスタンスの起動を試みても、成功しませんでした。

アラーム

指定された期間にわたって単一のメトリクスを監視し、メトリクスの値が所定の期間にわたってしきい値を超えた場合Amazon SNSは、 topicAmazon EC2 Auto Scaling ポリシー または をトリガーする項目。

許可

拒否IAM アクセスが評価されたときの 2 つの可能な結果のうちの 1 つ (もう 1 つは ポリシー)。ユーザーが AWS へのリクエストを送信すると、AWS は、ユーザーに適用されるすべてのアクセス許可に基づいてリクエストを評価し、許可または拒否を返します。

Amazon API Gateway

開発者があらゆる規模APIsで簡単に作成、公開、保守、監視、保護できる完全マネージド型サービス。

参照 https://aws.amazon.com/api-gateway.

Amazon AppStream 2.0

デスクトップアプリケーションを書き換えることなく、ユーザーにそのアプリケーションをストリーミングするための、完全マネージド型のセキュアなサービス。

参照 https://aws.amazon.com/appstream/.

Amazon Athena

ANSI SQL を使用して Amazon S3 のデータの分析を簡易化するインタラクティブなクエリサービスです。Athena はサーバーレスであるため、管理するインフラストラクチャはありません。Athena は自動的にスケーリングし、簡単に使用できるため、数秒以内にデータセットの分析を開始できます。

参照 https://aws.amazon.com/athena/.

Amazon Aurora

完全マネージド型の MySQLと互換性のあるリレーショナルデータベースエンジン。商用データベースのスピードと可用性、オープンソースデータベースのシンプルさとコスト効率性を兼ね備えています。

参照 https://aws.amazon.com/rds/aurora/.

Amazon Chime

安全でリアルタイムの統一されたコミュニケーションサービス。会議をより効率的かつ簡単に行うことで会議を変革します。

参照 https://aws.amazon.com/chime/.

Amazon Cloud Directory (Cloud Directory)

アプリケーションの多階層データ用に高スケーラブルなディレクトリストアを提供するサービス。

参照 https://aws.amazon.com/cloud-directory/.

Amazon CloudFront

ウェブサイトやアプリケーションのパフォーマンス、信頼性、および可用性を向上させる AWS のコンテンツ配信サービス。

参照 https://aws.amazon.com/cloudfront.

Amazon CloudSearch

ウェブサイトまたはアプリケーション向けの検索ソリューションを容易に設定、管理、拡張できる、AWS クラウドにおける完全マネージド型サービス。

Amazon CloudWatch

さまざまなメトリクスを監視、および管理して、それらのメトリクスのデータに基づいてアラームのアクションを設定できるウェブサービス。

参照 https://aws.amazon.com/cloudwatch.

Amazon CloudWatch Events

AWS の変更を示すシステムイベントのストリームを、 リソース 関数、 のストリーム、 AWS LambdaAmazon Kinesis Data Streams トピックAmazon Simple Notification Service、または組み込みターゲットにタイムリーに配信できるようにするウェブサービス。

参照 https://aws.amazon.com/cloudwatch.

Amazon CloudWatch Logs

既存のシステム、アプリケーション、およびカスタムログファイルから、システムとアプリケーションをモニタリングしてトラブルシューティングのためのウェブサービス。既存のログファイルを CloudWatch Logs に送信し、送信したログをほぼリアルタイムにモニタリングできます。

参照 https://aws.amazon.com/cloudwatch.

Amazon Cognito

アプリケーションの設定やゲームの状態などのモバイルユーザーデータを AWS クラウドに簡単に保存できるウェブサービス。バックエンドコードの記述やインフラストラクチャの管理は必要ありません。Amazon Cognito では、モバイルアイデンティティ管理や複数のデバイス間のデータ同期を行うことができます。

参照 https://aws.amazon.com/cognito/.

Amazon Connect

簡単にセルフサービスで設定でき、動的で個人向けの自然なカスタマーエンゲージメントをあらゆる規模で実現するサービスソリューション。

参照 https://aws.amazon.com/connect/.

Amazon Corretto

Open Java Development Kit (OpenJDK) の無償でマルチプラットフォーム対応の本番稼働可能なディストリビューション。

参照 https://aws.amazon.com/corretto/.

Amazon Detective

AWS リソースからログデータを収集し、セキュリティの問題や疑わしいアクティビティの根本原因を分析して特定するサービス。Detective 動作グラフは、考えられるセキュリティ問題の性質と範囲を判断し、効率的な調査を行うために役立つ視覚化を提供します。

参照 https://aws.amazon.com/detective/.

Amazon DocumentDB (MongoDB 互換)

クラウドで MongoDBと互換性のあるデータベースをセットアップ、運用、拡張するために使用できるマネージド型データベースサービス。

参照 https://aws.amazon.com/documentdb/.

Amazon DynamoDB

完全に管理されたNoSQLデータベースサービスで、高速で予測可能なパフォーマンスとシームレスな拡張性を提供します。

参照 https://aws.amazon.com/dynamodb/.

Amazon DynamoDB の暗号化クライアント

に送信する前にテーブルデータを保護するのに役立つソフトウェアライブラリ。Amazon DynamoDB.

Amazon DynamoDB Storage Backend for Titan

上で実装される Titan グラフデータベース用のストレージバックエンドです。Amazon DynamoDB. Titan は、グラフの保存とクエリ用に最適化されたスケーラブルなグラフデータベースです。

参照 https://aws.amazon.com/dynamodb/.

Amazon DynamoDB Streams

Amazon DynamoDB テーブル内の、項目レベルの変更を時系列シーケンスでキャプチャし、この情報を最大 24 時間ログに保存する AWS サービス。アプリケーションは、このログにアクセスし、データ項目の変更前および変更後の内容をほぼリアルタイムで参照できます。

参照 https://aws.amazon.com/dynamodb/.

Amazon EBS-backed &AMI

Amazon マシンイメージ (AMI) がルートデバイスインスタンスAmazon EBSとして を使用する ボリュームのタイプ。これに比べて、instance store-backed AMI から起動されるインスタンスは、インスタンスストア をルートデバイスとして使用します。

Amazon EC2

Amazon のデータセンターで Linux/UNIX および Windows Server インスタンスを起動および管理するためのウェブサービス。

参照 Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2).

参照 https://aws.amazon.com/ec2.

Amazon EC2 Auto Scaling

ユーザー定義のインスタンスポリシーポリシー、スケジュール、および に基づいて を自動的に起動または終了するように設計されたウェブサービスヘルスチェック

参照 https://aws.amazon.com/ec2/autoscaling.

Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)

ボリューム で使用するためのブロックレベルのストレージ EC2 インスタンス を提供するサービス。

参照 https://aws.amazon.com/ebs.

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)

Amazon のデータセンターで Linux/UNIX および Windows Server インスタンスを起動および管理するためのウェブサービス。

参照 https://aws.amazon.com/ec2.

Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR)

開発者が Docker コンテナイメージを簡単に保存、管理、デプロイできる完全マネージド型の Docker コンテナレジストリ。Amazon ECR は Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) および AWS Identity and Access Management (IAM). と統合します。

参照 https://aws.amazon.com/ecr.

Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)

コンテナクラスター にある Docker コンテナを簡単に実行、停止、管理できるようにする、拡張性が高く、高速な EC2 インスタンス 管理サービス。

参照 https://aws.amazon.com/ecs.

Amazon Elastic File System (Amazon EFS)

EC2 のファイルストレージサービスインスタンス。 Amazon EFS は使いやすく、ファイルシステムを作成および設定できるシンプルなインターフェイスを提供します。 Amazon EFS ストレージ容量は、ファイルの追加や削除に伴い、自動的に拡張および縮小されます。

参照 https://aws.amazon.com/efs/.

Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)

独自の Kubernetes コントロールプレーンを立ち上げたり維持したりすることなく、AWS で Kubernetes を簡単に実行できるようにするマネージド型サービス。

参照 https://aws.amazon.com/eks/.

Amazon Elastic Transcoder

クラウドベースのメディアトランスコーディングサービス。 Elastic Transcoder は、メディアファイルをソース形式から、スマートフォン、タブレット、 などのデバイスで再生可能なバージョンに変換 (またはトランスコーディング) するための、高度にスケーラブルなツールですPCs。

参照 https://aws.amazon.com/elastictranscoder/.

Amazon ElastiCache

クラウドでの、メモリ内キャッシュのデプロイ、運用、スケーリングを単純化するウェブサービス。このサービスは、低速のディスクベースのデータベースに完全に依存せずに、高速の管理されたメモリ内のキャッシュから取得した情報を提供することで、ウェブアプリケーションのパフォーマンスを向上させます。

参照 https://aws.amazon.com/elasticache/.

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES)

AWS クラウドのオープンソース検索および分析エンジンである AWS をデプロイ、運用、スケーリングするための Elasticsearch マネージド型サービス。Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES) はまた、セキュリティオプション、高可用性、データ耐久性、Elasticsearch API への直接アクセスを可能にします。

参照 https://aws.amazon.com/elasticsearch-service.

Amazon EMR

大量のデータを効率的かつ簡単に処理するためのウェブサービス。Amazon EMR では、Hadoop 処理に AWS の様々なサービスを組み合わせることによって、ウェブインデックス作成、データマイニング、ログファイル分析、機械学習、科学シミュレーション、データウェアハウジングなどのタスクを行うことができます。

参照 https://aws.amazon.com/elasticmapreduce.

Amazon EventBridge

アプリケーションをさまざまなソースのデータに接続し、そのデータを などのターゲットにルーティングできるようにするサーバーレスイベントバスサービス。AWS Lambda. お客様は、データの送信先を判断するためのルーティングルールを設定して、すべてのデータソースにリアルタイムで反応するアプリケーションアーキテクチャを構築できます。

参照 https://aws.amazon.com/eventbridge/.

Amazon GameLift

セッションベースのマルチプレイヤーゲームをデプロイ、運用、およびスケーリングするためのマネージドサービス。

参照 https://aws.amazon.com/gamelift/.

Amazon GuardDuty

継続的なセキュリティモニタリングサービスです。Amazon GuardDuty は、AWS 環境での予期しないアクティビティや、潜在的に許可されていないアクティビティや悪意のあるアクティビティを特定するのに役立ちます。

参照 https://aws.amazon.com/guardduty/.

Amazon Inspector

AWS にデプロイされたアプリケーションのセキュリティとコンプライアンスを向上させるための、自動化されたセキュリティ評価サービス。Amazon Inspector は自動的にアプリケーションを評価し、脆弱性やベストプラクティスからの逸脱がないかどうかを確認します。Amazon Inspector では評価の実行後、修復に必要なステップを優先順位に従ってリスト化したものを含む詳細なレポートが作成されます。

参照 https://aws.amazon.com/inspector.

Amazon Kinesis

AWS でデータをストリーミングするためのプラットフォーム。Kinesis は、ストリーミングのデータの読み込みと分析を簡略化できるサービスを提供しています。

参照 https://aws.amazon.com/kinesis/.

Amazon Kinesis Data Firehose

ストリーミングデータを AWS にロードするための完全マネージド型サービス。 Kinesis Data Firehose は、ストリーミングデータをキャプチャして Amazon S3 および に自動的にロードできるためAmazon Redshift 、既存のビジネスインテリジェンスツールとダッシュボードを使用してほぼリアルタイムの分析を行うことができます。 は、データのスループットに合わせてKinesis Data Firehose自動的にスケールし、継続的な管理は不要です。また、読み込む前に、データをバッチ処理、圧縮、暗号化できます。

参照 https://aws.amazon.com/kinesis/firehose/.

Amazon Kinesis Data Streams

専門的な必要性に応じて、ストリーミングデータを処理、または分析するカスタムアプリケーションを構築するためのウェブサービス。Amazon Kinesis Data Streams は、1 時間に数十万のソースからの数テラバイトのデータを継続的にキャプチャ、保存することができます。

参照 https://aws.amazon.com/kinesis/streams/.

Amazon Lightsail

Lightsail は、AWS で仮想プライベートサーバーを起動および管理する最も簡単な方法として設計されています。Lightsail は、わずかな月額料金で、仮想プライベートサーバーをデプロイするために必要なすべてを含むバンドルプランを提供しています。

参照 https://aws.amazon.com/lightsail/.

Amazon Lumberyard

高品質のゲームを作成するための、クロスプラットフォーム型の 3D ゲームエンジン。AWS クラウドのコンピューティングとストレージにゲームを接続し、Twitch のファンを実行できます。

参照 https://aws.amazon.com/lumberyard/.

Amazon マシンイメージ (AMI)

Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) または Amazon Simple Storage Service. に格納される、暗号化されたマシンイメージ。AMIs は、コンピュータのルートドライブのテンプレートのようなものです。オペレーティングシステムが置かれており、ソフトウェアのほか、データベースサーバー、ミドルウェア、ウェブサーバーなどのアプリケーションのレイヤーも含むことができます。

Amazon Machine Learning

データのパターンを検出して機械学習モデル (ML) を作成し、そのモデルを使用して新規データを処理し、予測を生成するクラウドベースのサービス。

参照 http://aws.amazon.com/machine-learning/.

Amazon Macie

機械学習によって AWS 内の機密データを自動的に検出、分類、保護するセキュリティサービスです。

参照 http://aws.amazon.com/macie/.

Amazon Managed Blockchain

一般的なオープンソースのフレームワークを使用して、スケーラブルなブロックチェーンネットワークを作成および管理するための完全マネージド型のサービス。

参照 http://aws.amazon.com/managed-blockchain/.

Amazon ML

参照 Amazon Machine Learning.

Amazon Mobile Analytics (Mobile Analytics)

モバイルアプリケーションの使用状況データを大規模に収集して視覚化し、開発者が把握して、拡張できるようにするサービスです。

参照 https://aws.amazon.com/mobileanalytics.

Amazon Monitron

産業機械の異常な動作を検出するために Machine Learning (ML) を使用するエンドツーエンドのシステム。Amazon Monitron を使用して、予測メンテナンスを実装し、計画外のダウンタイムを削減します。

参照 https://aws.amazon.com/モーNitron/.

Amazon MQ

クラウドでメッセージブローカーを簡単に設定および運用ActiveMQできる、Apache 向けのマネージド型メッセージブローカーサービス。

参照 https://aws.amazon.com/amazon-mq/.

Amazon Neptune

高度に接続されたデータセットを扱うアプリケーションを構築および実行するために使用できるマネージド型グラフデータベースサービス。 Neptune は、一般的なグラフクエリ言語 Apache TinkerPop Gremlin と W3C の SPARQL をサポートしているため、高度に接続されたデータセットを効率的にナビゲートするクエリを構築できます。

参照 https://aws.amazon.com/neptune/.

Amazon Personalize

個別化された製品とコンテンツのレコメンデーションを作成するための人工知能サービス。

参照 https://aws.amazon.com/personalize/.

Amazon QuickSight

クラウド型の高速なビジネス分析サービス。データの視覚化と分析を容易に行うことができ、ビジネス上の洞察をすばやく得ることができます。

参照 https://aws.amazon.com/quicksight/.

Amazon Redshift

クラウド内での完全マネージド型、ペタバイトスケールのデータウェアハウスサービス。Amazon Redshift では、既存のビジネスインテリジェンスツールを使用してデータを分析できます。

参照 https://aws.amazon.com/redshift/.

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)

クラウドでリレーショナルデータベースを簡単に設定、運用、および拡張することができるウェブサービス。業界標準のリレーショナルデータベース向けに、費用対効果に優れた拡張機能を備え、一般的なデータベース管理タスクを管理します。

参照 https://aws.amazon.com/rds.

Amazon リソースネーム (ARN)

AWS を参照する標準化された方法。リソース. 例: arn:aws:iam::123456789012:user/division_abc/subdivision_xyz/Bob

Amazon Route 53

新しい DNS サービスを作成する、またはクラウドに既存の DNS サービスを移行するために使用するウェブサービス。

参照 https://aws.amazon.com/route53.

Amazon S3

インターネット用のストレージ。これを使用して、ウェブ上のどの場所からも、いつでも、いくらでも、データを保存して取得することができます。

参照 Amazon Simple Storage Service (Amazon S3).

参照 https://aws.amazon.com/s3.

Amazon S3-Backed AMI

参照 instance store-backed AMI.

Amazon S3 Glacier

データのアーカイブおよび長期バックアップを行うための、安全性と耐久性に優れた低コストのストレージサービスです。オンプレミスのソリューションより大幅に小さいデータを、その量にかかわらず、確実に保存できます。S3 Glacier は、アクセス頻度が低く、数時間内の取り出し回数が適切なデータに最適化されています。

参照 https://aws.amazon.com/glacier/.

AWS Security Hub

AWS リソースのセキュリティ状態の包括的なビューを提供するサービス。セキュリティハブ では、AWS のアカウントとサービスからセキュリティデータが収集され、セキュリティ傾向を分析できるため、AWS 環境全体のセキュリティ問題を特定し、優先順位を付けられるようになります。

参照 https://aws.amazon.com/security-hub/.

Amazon Silk

Fire OS タブレットおよび携帯電話のみで使用できる次世代ウェブブラウザ。AWS は、クライアントと Amazon Silk クラウド間での処理を分ける、分割アーキテクチャ上に構築されており、より高速で、応答性の高いモバイル閲覧操作を可能にします。

Amazon Simple Email Service (Amazon SES)

使いやすく、費用効率が高い、アプリケーションの E メールソリューション。

参照 https://aws.amazon.com/ses.

Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS)

アプリケーション、ユーザー、およびデバイスでクラウドからすぐに通知を送受信できるようにするウェブサービス。

参照 https://aws.amazon.com/sns.

Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS)

コンピュータ間で送受信されるメッセージを格納するための、信頼性の高いスケーラブルなホストされたキュー。

参照 https://aws.amazon.com/sqs.

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)

インターネット用のストレージ。これを使用して、ウェブ上のどの場所からも、いつでも、いくらでも、データを保存して取得することができます。

参照 https://aws.amazon.com/s3.

Amazon Simple Workflow Service (Amazon SWF)

開発者がバックグラウンドジョブを構築、実行、拡張するのを支援する、完全マネージド型のサービス。並列またはシーケンシャルステップが含まれます。Amazon SWF はクラウド内で、ステータストラッカーや、タスクコーディネーターのような役割を負います。

参照 https://aws.amazon.com/swf/.

Amazon Sumerian

ウェブで高品質な 3D、拡張現実 (AR)、バーチャルリアリティ (VR) アプリケーションを作成および実行するためのツールのセット。

参照 https://aws.amazon.com/sumerian/.

Amazon Textract

スキャンしたドキュメントからテキストとデータを自動的に抽出するサービス。Amazon Textract は、単純な光学式文字認識 (OCR) を行うだけでなく、フォーム内のフィールドの内容とテーブルに保存されている情報も識別します。

参照 https://aws.amazon.com/textract/.

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC)

開発者が定義した、AWS クラウド仮想ネットワークの論理的に隔離されたセクションをプロビジョニングするウェブサービス。独自の IP アドレス範囲の選択、サブネット の作成、ルートテーブル、ネットワークゲートウェイの設定など、仮想ネットワーク環境をコントロールできます。

参照 https://aws.amazon.com/vpc.

Amazon VPC

参照 Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC).

アマゾンウェブサービス (AWS)

あらゆる規模の企業に対応する、クラウド上のインフラストラクチャウェブサービスのプラットフォーム。

参照 https://aws.amazon.com/what-is-cloud-computing/.

Amazon WorkDocs

管理コントロールとフィードバック機能を備え、セキュリティに優れた、マネージド型の企業向けドキュメントストレージおよび共有サービス。

参照 https://aws.amazon.com/workdocs/.

Amazon WorkLink

モバイルデバイスから社内のウェブサイトやウェブアプリへの安全なアクセスを提供する、クラウドベースのサービス。

参照 https://aws.amazon.com/worklink/.

Amazon WorkMail

セキュリティに優れたマネージド型の企業向け E メールおよびカレンダーサービスで、デスクトップとモバイルの既存の E メールクライアントに対応しています。

参照 https://aws.amazon.com/workmail/.

Amazon WorkSpaces

クラウドベースのデスクトップをプロビジョニングする、マネージド型のセキュアなデスクトップコンピューティングサービスです。このサービスを使用して、ユーザーは、サポート対象デバイスから、ドキュメント、アプリケーション、リソース にアクセスできます。

参照 https://aws.amazon.com/workspaces/.

Amazon WorkSpaces Application Manager (Amazon WAM)

Amazon WorkSpaces のアプリケーションをデプロイし、管理するウェブサービス。Amazon WAM では、Windows デスクトップアプリケーションを仮想化されたアプリケーションコンテナにパッケージ化することにより、ソフトウェアのデプロイメント、アップグレード、パッチの適用、リタイアを迅速に行うことができます。

参照 https://aws.amazon.com/workspaces/applicationmanager.

AMI

参照 Amazon マシンイメージ (AMI).

分析スキーム

Amazon CloudSearch: ステミングを制御し、ストップワードとシノニムを設定するためにテキストフィールドに適用される、言語固有のテキストの分析オプション

同時接続の

AWS Elastic Beanstalk: 環境、バージョン、環境設定などの、コンポーネントの論理コレクション。アプリケーションの概念はフォルダと似ています。

AWS CodeDeploy: デプロイするアプリケーションを一意に識別する名前。AWS CodeDeploy は、この名前を使用して、デプロイ中にリビジョン、デプロイ設定、デプロイグループの正しい組み合わせが参照されるようにします。

Application Auto Scaling

Amazon EC2 サービス、Amazon ECS クラスター、Amazon EMR テーブルなど、DynamoDB の枠を超えた AWS リソースに対して自動スケーリングを設定できるウェブサービス。

参照 https://aws.amazon.com/autoscaling/.

アプリケーション請求書

お客様が購入した Amazon DevPay 製品を管理する場所。ウェブアドレスは http://www.amazon.com/dp-applications. です。

アプリケーションリビジョン

AWS CodeDeploy: ソースコンテンツ (ソースコード、ウェブページ、実行可能ファイル、デプロイスクリプトなど) を含むアーカイブファイルと アプリケーション仕様ファイル。リビジョンはAmazon S3bucket、 または GitHub リポジトリに保存されます。の場合Amazon S3、リビジョンはAmazon S3オブジェクトキーとその ETag、バージョン、またはその両方によって一意に識別されます。の場合GitHub、リビジョンはコミット ID によって一意に識別されます。

アプリケーション仕様ファイル

AWS CodeDeploy: アプリケーションリビジョンのソースファイルを、インスタンス上の宛先にマッピングするために使用される、YAML 形式のファイル。このファイルは、デプロイされるファイルでカスタムのアクセス許可を指定し、デプロイプロセスのさまざまなステージの各インスタンスで実行されるスクリプトを指定するためにも使用されます。

アプリケーションバージョン]

AWS Elastic Beanstalk: アプリケーションに固有に繰り返し付けられ、機能的に一貫性のある、デプロイ可能な一連のアプリケーションコードを示します。バージョンは、アプリケーションコードを含むAmazon S3オブジェクト (JAVA WAR ファイル) を指します。

AppSpec ファイル

参照 アプリケーション仕様ファイル.

ARN

参照 Amazon リソースネーム (ARN).

アーティファクト

AWS CodePipeline: パイプラインで機能するファイルまたは変更の複製。

非対称暗号化

パブリックキーとプライベートキーを両方使用する暗号化です。

非同期バウンス

バウンス が最初に E メールメッセージの配信を承諾し、その後メッセージの配信に失敗したときに発生する レシーバー のタイプ。

アトミックカウンター

DynamoDB: 他の書き込みリクエストを妨害せずに、既存の属性の値をインクリメントまたはデクリメントする方法。

属性

基盤となるデータ要素であり、それ以上分割する必要がないものです。DynamoDB 内の属性は、多くの点で他のデータベースシステムのフィールドや列に似ています。

Amazon Machine Learning: 1 つのデータセットの監視にある一意の名前付きのプロパティです。スプレッドシートまたはコンマ区切り値 (.csv) ファイルなどの、表形式のデータ。列見出しは属性を表し、行には各属性の値が表示されます。

AUC

曲線の下の領域。バイナリ分類の機械学習の品質を評価する、業界標準のメトリクスです。AUC は、モデルの能力を測定して、「正」である肯定的な例には「誤」である否定的な例よりも、高いスコアを予測します。AUC のメトリクスは 0 から 1 の 10 進値を返します。1 に近い AUC 値は、極めて正確な ML モデルであることを示します。

Aurora

参照 Amazon Aurora.

認証されている暗号化

暗号化されたデータの機密性、データ整合性、および信頼性を保証する暗号化です。

認証

ID をシステムに証明するプロセス。

Auto Scaling グループ

似た特性を共有し、インスタンスのスケーリングと管理を行うための論理グループとして扱われる、複数の EC2 インスタンス を表します。

アベイラビリティーゾーン

リージョン 内の仕切られた場所。他のアベイラビリティーゾーンに障害が発生してもその影響を受けず、低コスト、低レイテンシーで同一リージョン内の他のアベイラビリティーゾーンに接続できます。

AWS

参照 アマゾンウェブサービス (AWS).

AWS Application Discovery Service

サーバー、仮想マシン、アプリケーション、アプリケーション依存関係、ネットワークのインフラストラクチャなど、データセンターの IT アセットを特定することで、AWS への移行の計画時に役立つウェブサービス—

参照 https://aws.amazon.com/about-aws/whats-new/2016/04/aws-application-discovery-service/.

AWS AppSync

リアルタイムのデータ同期機能とオフラインプログラミング機能を備えた、エンタープライズレベルの完全マネージド型GraphQLサービス。

参照 https://aws.amazon.com/appsync/.

AWS Auto Scaling

アプリケーションの一部であるスケーラブルな AWS リソースをすばやく検出し、動的スケーリングを設定できる完全マネージド型サービス。

参照 https://aws.amazon.com/autoscaling/.

AWS Backup

マネージド型のバックアップサービスであり、これを使用して、クラウド内およびオンプレミスの AWS のサービス間でデータのバックアップを簡単に一元化および自動化できます。

参照 https://aws.amazon.com/backup/.

AWS Billing and Cost Management

AWS のクラウドコンピューティングモデルは、サービスをオンデマンドで、必要な時間だけご利用いただける料金体系となっています。お客様のアカウントで リソース がアクティブになっている間は、そのリソース割り当ての料金と、そのリソースに付随する利用 (データ転送やストレージの割り当てなど) の料金をお支払いいただきます。

参照 https://aws.amazon.com/billing/new-user-faqs/.

AWS Blockchain Templates

Ethereum や Hyperledger Fabric などのオープンソースのブロックチェーンフレームワークを作成して AWS にデプロイするサービス。

参照 https://aws.amazon.com/blockchain/templates/.

AWS Certificate Manager (ACM)

サービスで使用する Secure Sockets Layer/Transport Layer Security (SSL/TLS) 証明書をプロビジョニング、管理、デプロイするためのウェブAWSサービス。

参照 https://aws.amazon.com/certificate-manager/.

AWS Certificate Manager Private Certificate Authority (ACM PCA)

プライベートデジタル証明書の発行/取り消しに使用するホスト型のプライベート認証機関サービス。

参照 https://aws.amazon.com/certificate-manager/private-certificate-authority/.

AWS クラウド開発キット (AWS CDK)

コードでクラウドインフラストラクチャを定義し、 を通じてプロビジョニングするための、オープンソースのソフトウェア開発フレームワーク。AWS CloudFormation.

参照 https://aws.amazon.com/cdk/.

AWS Cloud Map

アプリケーションで使用されるバックエンドサービスやリソースのマップを作成および維持できるフルマネージド型のサービス。AWS Cloud Map では、クラウドリソースに名前を付け、検出できます。

参照 https://aws.amazon.com/cloud-map.

AWS Cloud9

コードの記述、実行、デバッグに使用するクラウドベースの統合開発環境 (IDE)。

参照 https://aws.amazon.com/cloud9/.

AWS CloudFormation

関連する AWS リソース を 1 つの単位として一緒に作成および削除する、書き込みまたは変更のテンプレートのサービス。

参照 https://aws.amazon.com/cloudformation.

AWS CloudHSM

専用ハードウェアセキュリティモジュール (HSM) アプライアンスを AWS クラウド内で使用することによって、データセキュリティに対する会社、契約上、または法令で定められた要件の遵守を支援するウェブサービス。

参照 https://aws.amazon.com/cloudhsm/.

AWS CloudTrail

お客様のアカウントの AWS API コールを記録し、ログファイルをお客様に送信するウェブサービスです。記録される情報には、API 呼び出し元の ID、API 呼び出しの時刻、API 呼び出し元のソース IP アドレス、リクエストパラメータおよび AWS サービスから返された応答のアイデンティティが含まれます。

参照 https://aws.amazon.com/cloudtrail/.

AWS CodeBuild

フルマネージド型の継続的統合サービスであり、このサービスにより、ソースコードをコンパイルし、テストを実行し、デプロイ可能なソフトウェアパッケージを作成できます。

参照 https://aws.amazon.com/codebuild.

AWS CodeCommit

完全マネージド型ソースコントロールサービスで、安全で極めて拡張性の高いプライベート Git リポジトリを簡単にホスティングできます。

参照 https://aws.amazon.com/codecommit.

AWS CodeDeploy

オンプレミスで実行中の EC2 インスタンスインスタンス など、インスタンスへのコードのデプロイを自動化するサービスです。

参照 https://aws.amazon.com/codedeploy.

AWS CodeDeploy エージェント

インスタンスにインストールして設定すると、そのインスタンスが CodeDeploy デプロイで使用できるようになるソフトウェアパッケージです。

AWS CodePipeline

速度と信頼性に優れたアプリケーション更新を実現する継続的デリバリサービス。

参照 https://aws.amazon.com/codepipeline.

AWS Command Line Interface (AWS CLI)

AWS サービスを管理するための、ダウンロードおよび設定が可能な統合ツール。複数の AWS サービスをコマンドラインから制御したり、スクリプトで自動化したりできます。

参照 https://aws.amazon.com/cli/.

AWS Config

セキュリティや管理面を向上するため、AWS リソース 在庫、設定履歴、設定変更の通知を提供する完全マネージド型サービス。AWS が記録する AWS Config リソースの構成を自動で確認するルールを作成できます。

参照 https://aws.amazon.com/config/.

AWS Database Migration Service

多く一般的な市販のオープンソースデータベース間で、データを移行できるウェブサービスです。

参照 https://aws.amazon.com/dms.

AWS Data Pipeline

オンプレミスのデータソースと同様に、異なる AWS のコンピューティングやストレージサービス間で、信頼性の高いデータの処理や移動を行う際に役立つウェブサービス。

参照 https://aws.amazon.com/datapipeline.

AWS Device Farm (Device Farm)

開発者が、Android、iOS、Fire OS を搭載したデバイスを、実際に によりホストされている電話やタブレットで物理的にテストできる、アプリテストサービス。AWS.

参照 https://aws.amazon.com/device-farm.

AWS Direct Connect

プレミスから への専用ネットワーク接続の確立を単純化するウェブサービス。AWS. AWS Direct Connect を使用すると、AWS と顧客のデータセンター、オフィス、またはコロケーション環境との間にプライベート接続を確立することができます。

参照 https://aws.amazon.com/directconnect.

AWS Directory Service

AWSリソース を既存のオンプレミス Microsoft Active Directory に接続するか、AWS クラウドに新規のスタンドアロンディレクトリを設定して運用する、マネージド型サービス。

参照 https://aws.amazon.com/directoryservice.

AWS Elastic Beanstalk

アプリケーションを実行しているインフラストラクチャについて心配することなく、AWS クラウドでアプリケーションのデプロイと管理を行うことができるウェブサービス。

参照 https://aws.amazon.com/elasticbeanstalk.

AWS Elemental MediaConnect

配信者やその他のプレミアムビデオプロバイダーがライブビデオを AWS クラウドに確実に取り込み、AWS クラウドの内外で複数の場所に配信することを可能にするサービス。

参照 https://aws.amazon.com/mediaconnect.

AWS Elemental MediaConvert

従来のブロードキャストおよびマルチ画面デバイス向けのインターネットストリーミングで必要な形式にメディアを変換する、ファイルベースのビデオ変換サービスです。

参照 https://aws.amazon.com/mediaconvert.

AWS Elemental MediaLive

ブロードキャスト配信やストリーミング配信のライブ出力を作成できるビデオサービス。

参照 https://aws.amazon.com/medialive.

AWS Elemental MediaPackage

さまざまなデバイス向けにセキュリティと信頼性に優れたライブ出力を作成できる、ジャストインタイムのパッケージ化および発信サービスです。

参照 https://aws.amazon.com/mediapackage.

AWS Elemental MediaStore

ライブおよびオンデマンドのビデオコンテンツを大規模に配信するために必要なパフォーマンス、整合性、および低レイテンシーを提供する、メディアに最適化されたストレージサービスです。

参照 https://aws.amazon.com/mediastore.

AWS Elemental MediaTailor

一線を越えた (OTT) ビデオアプリケーションでブロードキャスト品質を維持しながら、ターゲット広告を視聴者に配信できるビデオサービスです。

参照 https://aws.amazon.com/mediatailor.

AWS 暗号化 SDK

業界標準とベストプラクティスを使用して、誰もが簡単にデータの暗号化と復号を行うことができるように設計されたクライアント側の暗号化ライブラリ。

参照 https://aws.amazon.com/blogs/security/tag/aws-encryption-sdk/.

AWS Firewall Manager

AWS WAF と共に使用することにより、複数のアカウントおよびリソース間での AWS WAF の管理およびメンテナンスタスクがシンプルになるサービス。AWS Firewall Manager を使用して、ファイアウォールルールを 1 回だけ設定できます。このサービスは、新しいリソースを追加した場合でも、アカウントやリソースにルールを自動的に適用します。

参照 https://aws.amazon.com/firewall-manager.

AWS Global Accelerator

AWS グローバルネットワークを介してトラフィックを最適なエンドポイントに転送するアクセラレーターを作成するために使用する、ネットワークレイヤーサービス。これにより、世界中のユーザーが使用するインターネットアプリケーションの可用性とパフォーマンスが向上します。

参照 https://aws.amazon.com/global-accelerator.

AWS Glue

データをカタログ化し、分析用にロードするために使用できる、完全マネージド型の 抽出、変換、ロード (ETL) サービスです。AWS Glue では、データを検出し、ソースをターゲットに変換するためのスクリプトを開発して、サーバーレス環境で ETL ジョブをスケジュールして実行できます。

参照 https://aws.amazon.com/glue.

AWS GovCloud (US)

クラウド内の機密ワークロードをホストするように設計された、隔離された AWS リージョンは、この作業が米国政府規制およびコンプライアンス要件を満たしていることを確認します。AWS GovCloud (US) リージョンは、武器規制国際交渉規則 (International Traffic in Arms Regulations/ITAR)、Federal Risk and Authorization Management Program (FedRAMP) 要件、国防省 (DOD) クラウドのセキュリティ要件ガイド (SRG) のレベル 2 と 4、Criminal Justice Information Services (CJIS) セキュリティポリシー要件に従います。

参照 https://aws.amazon.com/govcloud-us/.

AWS Identity and Access Management (IAM)

アマゾンウェブサービス (AWS) のお客様が、AWS 内でユーザーとユーザーアクセス許可を管理できるウェブサービス。

参照 https://aws.amazon.com/iam.

AWS Import/Export

AWS とポータブルストレージデバイスの間で大量のデータを転送するためのサービス。

参照 https://aws.amazon.com/importexport.

AWS IoT Core

接続されたデバイスが簡単かつ安全にクラウドアプリケーションやその他のデバイスとやり取りできる、マネージド型クラウドプラットフォーム。

参照 https://aws.amazon.com/iot.

AWS IoT 1-Click

アクションを実行する AWS Lambda 関数をシンプルなデバイスがトリガーできるようにするサービス。

参照 https://aws.amazon.com/iot-1-click.

AWS IoT Analytics

膨大な量のIoTデータに対して高度な分析を実行するために使用される完全マネージド型サービス。

参照 https://aws.amazon.com/iot-analytics.

AWS IoT Device Defender

デバイスの設定の監査、異常動作の検出を目的とした接続デバイスのモニタリング、セキュリティリスクの軽減を行う AWS IoT セキュリティサービス。

参照 https://aws.amazon.com/iot-device-defender.

AWS IoT デバイス管理

大規模なIoTデバイスの安全なオンボード、整理、監視、リモート管理に使用されるサービス。

参照 https://aws.amazon.com/iot-device-management.

AWS IoT イベント

IoT センサーやアプリケーションからのイベントを容易に検出して応答できるようにする、完全マネージド型の AWS IoT サービス。

参照 https://aws.amazon.com/iot-events.

AWS IoT Greengrass

接続されたデバイスのローカルでのコンピューティング、メッセージング、データのキャッシング、同期、ML 推論機能を安全な方法で行うことができるソフトウェアです。

参照 https://aws.amazon.com/greengrass.

AWS IoT SiteWise

産業機器からデータを大規模に収集、整理、分析できるマネージドサービス。

参照 https://aws.amazon.com/iot-sitewise.

AWS IoT Things Graph

さまざまなデバイスとウェブサービスを簡単に視覚的に接続してIoTアプリケーションを構築できるサービス。

参照 https://aws.amazon.com/iot-things-graph.

AWS Key Management Service (AWS KMS)

データの暗号化に使用される暗号化キーの作成と制御を簡素化するマネージド型サービス。

参照 https://aws.amazon.com/kms.

AWS Lambda

サーバーをプロビジョニングしたり管理しなくてもコードを実行できるウェブサービス。実質どのようなタイプのアプリケーションやバックエンドサービスでも、管理なしでコードを実行できます。コードは、AWS の他のサービスから自動的にトリガーするか、ウェブやモバイルアプリケーションから直接呼び出すように設定できます。

参照 https://aws.amazon.com/lambda/.

AWS マネージドキー

カスタマーマスターキー (CMK) での AWS Key Management Service (AWS KMS). の 1 つのタイプ。

AWS マネージドポリシー

によって作成および管理IAM管理ポリシーされる AWS。

AWS マネジメントコンソール

コンピューティング、ストレージ、およびその他のクラウド リソース を管理するためのグラフィカルインターフェイス。

参照 https://aws.amazon.com/コンソール.

AWS Management Portal for vCenter

AWS リソースを使用して を管理するためのウェブサービスVMwarevCenter。 ポータルは、既存のvCenter環境にvCenterプラグインとしてインストールします。インストールが完了すると、 内から VMware VMs に移行Amazon EC2してAWSリソースを管理できるようになりますvCenter。

参照 https://aws.amazon.com/ec2/vcenter-portal/.

AWS Marketplace

認定パートナーがソフトウェアを販売してAWS顧客に販売するウェブポータル。 AWSMarketplace は、お客様が で実行されるソフトウェアとサービスを見つけ、購入し、すぐに使用を開始するのに役立つオンラインソフトウェアストアAWSです。

参照 https://aws.amazon.com/partners/aws-marketplace/.

AWS Mobile Hub (Mobile Hub)

モバイルアプリを構築、テスト、およびモニタリングするための統合コンソールです。

参照 https://aws.amazon.com/mobile.

AWS Mobile SDK

ソフトウェア開発キット。キットに含まれるライブラリ、コード例、ドキュメントは、iOS、Android、Fire OS、Unity、Xamarin プラットフォーム向けの、質の高いモバイルアプリを開発する際に役立ちます。

参照 https://aws.amazon.com/mobile/sdk.

AWS OpsWorks

インスタンスおよびアプリケーションのグループを構成し、運用する Chef を使用する際に役立つ、構成管理サービスです。パッケージのインストール、ソフトウェア設定およびストレージなどの リソース を含む、各コンポーネントのアプリケーションのアーキテクチャおよび仕様を定義できます。時間、負荷、ライフサイクルなどに基づいて、タスクを自動化できます。

参照 https://aws.amazon.com/opsworks/.

AWS Organizations

作成して一元管理する組織に、複数の AWS アカウントを統合するためのアカウント管理サービスです。

参照 https://aws.amazon.com/organizations/.

AWS Resource Access Manager

リソースを AWS Organizations の任意の AWS アカウントや組織と共有できるようにするサービス。

参照 https://aws.amazon.com/ram/.

AWS ParallelCluster

AWS がサポートするオープンソースのクラスター管理ツール。このツールは、AWS クラウドでハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) クラスターを簡単にデプロイおよび管理するのに役立ちます。

AWS SDK for C++

APIsAWS、、 などAmazon S3、多くの のサービスに C++ Amazon EC2 Amazon DynamoDBを提供する のソフトウェア開発キット。ダウンロード可能な 1 つのパッケージに、AWS C++ ライブラリ、コード例、およびドキュメントが含まれています。

参照 https://aws.amazon.com/sdk-for-cpp/.

AWS SDK for Go

Go アプリケーションとフルスイート版の AWS サービスを統合するソフトウェア開発キット。

参照 https://aws.amazon.com/sdk-for-go/.

AWS SDK for Java

APIsAWS、、 など、多くの Amazon S3 のサービスに Java Amazon EC2 を提供するソフトウェア開発キットAmazon DynamoDB。ダウンロード可能な 1 つのパッケージに、AWS Java ライブラリ、コード例、ドキュメントが含まれます。

参照 https://aws.amazon.com/sdk-for-java/.

ブラウザJavaScriptでの AWS SDK for

ブラウザで実行されるAWSコードから JavaScript サービスにアクセスするためのソフトウェア開発キット。Facebook、 Google、Login with Amazon を介して、ウェブ認証フェデレーションを使用してユーザーを認証します。アプリケーションデータを Amazon DynamoDB に格納し、ユーザーファイルを Amazon S3. に保存します。

参照 https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-javascript/v2/developer-guide/.

Node.js JavaScript の AWS SDK

Node.js AWS の から JavaScript サービスにアクセスするためのソフトウェア開発キット。SDK はJavaScriptAWS、、、、 Amazon S3 などの Amazon EC2 のサービス用のAmazon DynamoDBオブジェクトを提供しますAmazon Simple Workflow Service (Amazon SWF)。ダウンロード可能な 1 つのパッケージに、 AWS JavaScript ライブラリとドキュメントが含まれています。

参照 https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-javascript/v2/developer-guide/.

AWS SDK for .NET

AWS、、 Amazon S3などのAmazon EC2サービス用の .NET API アクションを提供するソフトウェア開発キットIAM。SDK は、 で複数のサービス固有のパッケージとしてダウンロードできますNuGet。

参照 https://aws.amazon.com/sdk-for-net/.

AWS SDK for PHP

PHP アプリケーションを AWS、、 Amazon S3などのサービスと統合するためのソフトウェア開発キットAmazon S3 Glacierとオープンソースの PHP ライブラリAmazon DynamoDB

参照 https://aws.amazon.com/sdk-for-php/.

AWS SDK for Python (Boto)

Python を使用して AWS、、Amazon EC2、Amazon EMR、 などの Amazon EC2 Auto Scaling Amazon Kinesisサービスにアクセスするためのソフトウェア開発キットAWS Lambda

参照 http://boto.readthedocs.org/en/latest/.

AWS SDK for Ruby

Ruby から AWS サービスにアクセスするためのソフトウェア開発キット。SDK は、、、 AWSAmazon S3 などAmazon EC2、多くのサービス用の Ruby クラスを提供しますAmazon DynamoDB。ダウンロード可能な 1 つのパッケージに、AWS Ruby ライブラリとドキュメントが含まれます。

参照 https://aws.amazon.com/sdk-for-ruby/.

AWS Secrets Manager

データベースやその他のサービスの認証情報を安全に暗号化、保存、およびローテーションするためのサービス。

参照 https://aws.amazon.com/secrets-manager/.

AWS Security Token Service (AWS STS)

一時的なリクエスト、AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーまたは認証するユーザーの権限制限の認証情報 (フェデレーションユーザー).) のためのウェブサービス。

参照 https://aws.amazon.com/iam/.

AWS Service Catalog

AWS での使用が承認された IT サービスのカタログを作成および管理の役に立つウェブサービス。この IT サービスには、仮想マシンイメージ、サーバー、ソフトウェア、データベースから包括的な多層アプリケーションアーキテクチャまで、あらゆるものが含まれます。

参照 https://aws.amazon.com/servicecatalog/.

AWS Shield

— 攻撃に対してAmazon EC2、 インスタンス、 Elastic Load Balancing ロードバランサー、 Amazon CloudFront ディストリビューション、 Route 53 ホストゾーン—などの リソースDDoSを保護するために役立つサービス。AWS Shield は自動的に追加料金なしで含まれます。AWS WAF と他の AWS のサービスに対して支払い済みの金額を超えてお支払いいただくことはありません。DDoS 攻撃に対する保護を強化するために、 AWS では AWS Shield Advanced を提供しています。

参照 https://aws.amazon.com/shield.

AWS シングルサインオン

AWS アカウントおよびビジネスアプリケーションへの SSO アクセスの管理をシンプルにするクラウドベースのサービス。AWS では、すべての AWS Organizations. アカウントの SSO アクセスとユーザーアクセス許可を管理できます。

参照 https://aws.amazon.com/single-sign-on/.

AWS Step Functions

分散アプリケーションのコンポーネントを視覚的なワークフローの一連のステップとして調整するウェブサービス。

参照 https://aws.amazon.com/step-functions/.

AWS Snowball

AWS クラウドとの大容量データ転送を安全に行うように設計されたデバイスを使用した、ペタバイト規模のデータ転送ソリューション

参照 https://aws.amazon.com/snowball.

AWS Storage Gateway

オンプレミスのソフトウェアアプライアンスとクラウドベースのストレージとを接続するウェブサービス。AWS Storage Gateway は、組織のオンプレミス IT 環境と AWS のストレージインフラストラクチャとをシームレスに、セキュリティを維持しながら統合します。

参照 https://aws.amazon.com/storagegateway/.

AWS Toolkit for Eclipse

を使用して Java アプリケーションをより簡単に開発、デバッグ、デプロイできるようになる、Eclipse Java 統合開発環境 (IDE) 用のオープンソースプラグイン。Amazon Web Services.

参照 https://aws.amazon.com/eclipse/.

JetBrains の AWS ツールキット

を使用したサーバーレスアプリケーションの開発、デバッグ、デプロイを容易にJetBrainsする、 の統合開発環境 (IDEs) 用のオープンソースプラグインAmazon Web Services。

参照 https://aws.amazon.com/intellij/, https://aws.amazon.com/pycharm/.

AWS Toolkit for Visual Studio

を使用して .NET アプリケーションをより簡単に開発、デバッグ、デプロイできるようになる、Visual Studio の拡張機能。Amazon Web Services.

参照 https://aws.amazon.com/visualstudio/.

Visual Studio Code の AWS Toolkit

Visual Studio Code (VS Code) エディタ用のオープンソースプラグインを使用すると、 によるアプリケーションの開発、デバッグ、およびデプロイが容易になります。Amazon Web Services.

参照 https://aws.amazon.com/visualstudiocode/.

AWS Tools for Windows PowerShell

開発者と管理者が Windows PowerShell スクリプト環境からAWSサービスを管理するのに役立つ一連のPowerShellコマンドレット。

参照 https://aws.amazon.com/powershell/.

AWS Toolkit for Microsoft Azure DevOps

AWS のサービスとやり取りするために VSTS のビルドおよびリリース定義で使用できるタスクを提供します。

参照 https://aws.amazon.com/vsts/.

AWS Trusted Advisor

AWS 環境を調査し、コストの削減、システムの可用性とパフォーマンスの向上に関する推奨事項を作成して、セキュリティのギャップを埋める支援を行うウェブサービス。

参照 https://aws.amazon.com/premiumsupport/trustedadvisor/.

AWS VPN CloudHub

の有無にかかわらず、シンプルなハブアンドスポークモデルを使用して支社間の通信をセキュリティで保護できます。VPC.

AWS WAF

ユーザーが指定した基準に基づいて、ウェブリクエストを許可またはブロックすることで、コンテンツへのアクセスを制御するウェブアプリケーションファイアウォールサービス。たとえば、リクエストの送信元のヘッダー値または IP アドレスに基づいて、アクセスをフィルターできます。AWS WAF は、アプリケーションの可用性低下、セキュリティの侵害、リソースの過剰消費に影響を与える一般的なウェブエクスプロイトからウェブアプリケーションを保護します。

参照 https://aws.amazon.com/waf/.

AWS X-Ray

アプリケーションで処理するリクエストに関するデータを収集するサービス。X-Ray は、データの表示、フィルタリング、洞察によって問題や機会を特定して最適化するために使用できるツールを提供します。

参照 https://aws.amazon.com/xray/.

B

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

基本モニタリング

5 分間隔で派生する AWS 提供のメトリクスのモニタリング。

バッチ

参照 ドキュメントバッチ.

BGP ASN

ボーダーゲートウェイプロトコル(BGP)自律システム番号(ASN)。BGP ルーティングで使用する、ネットワークの一意の識別子。 では、1 65335 の範囲の 2 バイトの ASN 番号がすべてAmazon EC2–サポートされていますが、予約されている 7224 を除きます。

バッチ予測

Amazon Machine Learning: 入力データの監視を非同期的に一度に処理するオペレーション。リアルタイムの予測とは異なり、バッチ予測はすべての予測が処理されるまで使用できません。

参照 リアルタイム予測.

請求

参照 AWS Billing and Cost Management.

バイナリ属性

Amazon Machine Learning: 可能性のある 2 つの有効値のうちの、どちらかの属性。有効な正の値は、1、y、yes、t、および true の回答です。有効な正の値は、1、y、no、t、および false の回答です。正の値の場合の Amazon Machine Learning の出力は 1 で、負の値の場合の出力は 0 です。

参照 属性.

バイナリ分類のモデル

Amazon Machine Learning: 解がバイナリ変数で表現できる質問に対する回答を予測する機械学習モデル。たとえば、「1」または「0」、「yes」または「no」、「クリックする」または「クリックしない」で答える質問は、バイナリの解を持つ質問です。バイナリ分類モデルの結果は必ず、「1」 (「true」または正の回答) または「0」 (「false」または負の回答) のいずれかになります。

ブロック

データセット。 Amazon EMR は大量のデータをサブセットに分割します。各サブセットは、データブロックと呼ばれます。Amazon EMR では、各ブロックに ID が割り当てられ、ハッシュテーブルを使用してブロックの処理が追跡されます。

ブロックデバイス

固定サイズのブロック、セクタ、またはクラスターでデータの読み取りおよび (任意で) 書き込みをサポートするストレージデバイス。

ブロックデバイスマッピング

インスタンスにアタッチされたブロックデバイスを指定するすべての AMIインスタンス と のマッピング構造。

Blue/Green デプロイ

CodeDeploy: デプロイグループのインスタンス (元の環境) を別のインスタンスのセット (置き換え先環境) に置き換えるデプロイ方法。

ブートストラップアクション

Hadoop が開始する前に、ジョブフローのすべてのノードでスクリプトまたはアプリケーションを実行する、ユーザー指定のデフォルトまたはカスタムのアクション。

ボーダーゲートウェイプロトコル (BGP) 自律システム番号 (ASN)

参照 BGP ASN.

バウンス

失敗した E メール配信。

超過

Amazon EC2 Auto Scaling: ユーザー設定のしきい値 (上限または下限の境界) が渡される条件。超過の継続時間が重要な場合は、超過時間パラメータで設定すると、 を開始できることがあります。規模の拡大や縮小.

bucket

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3): 格納されるオブジェクトのコンテナ。すべてのオブジェクトはバケット内に格納されます。たとえば、photos/puppy.jpg という名前のオブジェクトが DOC-EXAMPLE-BUCKET というバケットに格納されている場合、権限があるユーザーは https://s3-bucket-endpoint/DOC-EXAMPLE-BUCKET/photos/puppy.jpg. という URL を使ってそのオブジェクトにアクセスできます。

バケット所有者

bucket で を所有する個人または組織Amazon S3。Amazon が Amazon.com というドメイン名の唯一の所有者であるように、バケットは、1 人の個人または 1 つの組織のみが所有できます。

バンドル

を作成するために一般的に使用される用語。Amazon マシンイメージ (AMI). これは特に instance store-backed AMI を作成することを示します。

C

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

キャッシュクラスター

複数の キャッシュ ノード に分散された論理キャッシュ。キャッシュクラスターには、特定の数のキャッシュノードを設定できます。

キャッシュクラスター識別子

お客様が用意するキャッシュクラスターの識別子。AWS 内のお客様の識別子は一意である必要があります。リージョン.

キャッシュエンジンバージョン

キャッシュノードで実行中の Memcached サービスのバージョン。

キャッシュ ノード

セキュリティで保護され、ネットワークに接続している RAM の固定サイズの断片。各キャッシュノードでは、Memcached サービスのインスタンスが実行され、それぞれの DNS 名とポートを持っています。それぞれ関連付けられている異なるメモリ量で、複数のタイプのキャッシュノードがサポートされています。

キャッシュノードタイプ

キャッシュノードを実行するために使用される EC2 インスタンス タイプ

キャッシュパラメータグループ

1 つ以上のキャッシュクラスターに適用できる、キャッシュエンジンパラメータ用のコンテナ。

キャッシュのセキュリティグループ

コンソール、API、またはコマンドラインツールを通じてElastiCacheAmazon EC2指定された に属するホストのインバウンド認証とキャッシュノードセキュリティグループを組み合わせた によって維持されるグループ。

キャンペーン

Amazon Personalize: アプリケーションユーザー向けにリアルタイムのレコメンデーションを作成するためのプロビジョニングされた専用トランザクションキャパシティーを持つ、デプロイされたソリューションバージョン (トレーニング済みモデル)。キャンペーンを作成したら、 getRecommendations またはgetPersonalizedRankingパーソナライズオペレーションを使用してレコメンデーションを取得します。

参照 推奨事項.

参照 ソリューションバージョン.

既定アクセスポリシー

bucket やオブジェクトに適用できる標準のアクセスコントロールポリシー。private、public-read、public-read-write、authenticated-read のオプションがあります。

正規化

などのサービスが認識できる標準形式にデータを変換Amazon S3するプロセス。

capacity

同時にコンピューティングできるサイズの合計。各Auto Scaling グループは、最小のコンピューティングサイズと最大のコンピューティングサイズとともに定義されます。定義された最小値と最大値の範囲で、規模の拡大や縮小 が容量を増大または縮小させます。

デカルト積プロセッサ

デカルト積を計算するプロセッサ。別名、デカルトデータプロセッサ.です。

デカルト積

複数セットから積を返す算術演算。

CDN

参照 コンテンツ配信ネットワーク (CDN).

証明書

一部の AWS 製品で、AWS アカウント およびユーザーの認証に使用する認証情報。別名 です。X.509 証明書 . 証明書はプライベートキーと組み合わせられます。

請求対象リソース

使用時に料金がかかる機能またはサービス。一部の AWS 製品は無料ですが、料金が含まれるものもあります。たとえば、AWS CloudFormation スタック で、料金が発生するように作成されている AWS リソース 請求される金額は、使用量によって異なります。にあるアマゾン ウェブ サービスのシンプルな月次計算機を使用して、インスタンス、スタック、またはその他のリソースを作成する前のコストを見積もります。

CIDR ブロック

クラスレスドメイン間ルーティング。インターネットプロトコルアドレスの割り当てとルート集計方法。

参照 クラスレスドメイン間ルーティング in Wikipedia.

暗号化テキスト

が暗号化していない情報である ではなく暗号化されたプレーンテキストが使用されます情報。

ClassicLink

EC2-Classic インスタンスVPC にリンクして、EC2-Classic インスタンスと、プライベート IP アドレスを使用した VPC インスタンスとの通信を有効にすることができる機能です。

参照 VPC へのリンク .

参照 VPC からのリンクの解除.

分類

機械学習では、データサンプルを単一のカテゴリまたは「クラス」に配置 (分類) しようとする問題のタイプを指します。多くの場合、分類問題は 2 つのカテゴリ (クラス) から 1 つを選択するようモデル化されます。これらはバイナリ分類問題です。3 つ以上のカテゴリ (クラス) がある問題は、「複数クラスの分類」問題と呼ばれます。

参照 バイナリ分類のモデル.

参照 複数クラスの分類モデル.

CLI

参照 AWS Command Line Interface (AWS CLI).

クラウドのディレクトリ

参照 Amazon Cloud Directory (Cloud Directory).

クラウドサービスプロバイダー (CSP)

サブスクライバーにインターネットホストコンピューティング、ストレージ、ソフトウェアサービスへのアクセスを提供する企業。

CloudHub

参照 AWS VPN CloudHub.

クラスター

コンテナインスタンス を配置できる task の論理的なグループ。

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES)Amazon Elasticsearch ServiceAmazon ES) の実行と Amazon ES ドメインの運用に必要な 1 つ以上のデータノード、オプションの専用マスターノード、ストレージの論理グループ。

参照 データノード.

参照 専用マスターノード.

参照 ノード.

クラスターコンピューティングインスタンス

強化されたネットワークパフォーマンスと優れた CPU パワーを組み合わせて提供する、インスタンスにより、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) アプリケーションとその他の要求が厳しいネットワークバウンドアプリケーションに最適となります。

クラスタープレイスメントグループ

クラスターコンピューティングインスタンス 間の低レイテンシーと高帯域接続を提供する論理 インスタンス グループ。

クラスターステータス

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES): クラスターの状態のインジケータ。ステータスは、緑、黄、赤のいずれかで表示されます。シャードのレベルで、緑はすべてのシャードがクラスター内のすべてのノードに割り当てられたことを、黄色はプライマリシャードが割り当てられたがレプリカシャードは割り当てられていないことを、赤は 1 つ以上のインデックスのプライマリシャードとレプリカシャードが割り当てられていないことを表します。シャードのステータスによりインデックスのステータスが決まり、インデックスのステータスによりクラスターのステータスが決まります。

CMK

参照 カスタマーマスターキー (CMK).

CNAME

正規名レコード。ドメイン名が別の正規ドメイン名のエイリアスであることを指定する、ドメイン名システム (DNS) 内の リソースレコード のタイプ。より簡単に説明すると、1 つの完全修飾ドメイン名に別の完全修飾ドメイン名をエイリアスとして提供できる、DNS テーブルへのエントリです。

Code Signing for AWS IoT

IoT (Amazon Web Services) でAWSサポートされているデバイス用に作成する署名コード用のサービス。

苦情

E メールの受信を希望しない 受取人 が、E メールクライアント内で [スパムとしてマークする] をクリックすると、インターネットサービスプロバイダー (ISP)Amazon SES. に通知を送信します。

複合クエリ

Amazon CloudSearchAmazon CloudSearch 構造化検索の構文を使用して、複数の検索条件を指定する検索リクエスト。

Condition

IAM: アクセス許可に関する制限または詳細。「A は、条件 D に該当する C に対して B を実行するアクセス許可を持つ」というステートメントでは、条件は D です。

AWS WAF: が AWS WAFリソース ディストリビューションなどの AWS Amazon CloudFrontへのウェブリクエストで検索する属性のセット。条件には、ウェブリクエストが発生する IP アドレスや、リクエストヘッダー内の値などの値を含めることができます。指定の条件に基づいて、AWS リソースへのウェブリクエストを許可またはブロックする AWS WAF を設定できます。

条件パラメータ

参照 マッピングを.

設定 API/

Amazon CloudSearch: 検索ドメインを作成、設定、管理するために使用する API 呼び出し。

設定テンプレート

– が環境にプロビジョンできるように、多様な AWS 製品のパラメータを定義するキーAWS Elastic Beanstalk値の一連のペア。

整合性モデル

高可用性を実現するためにサービスが使用する方法。たとえば、データセンター内の複数のサーバー間でデータを複製する可能性があります。

参照 最終的な一貫性.

コンソール

参照 AWS マネジメントコンソール.

一括決済

複数の AWS Organizations アカウントの支払いを統合するための AWS サービスの機能。AWS アカウントを含む組織を作成し管理アカウント、組織の を使用してすべてのメンバーアカウントの支払いを行います。組織内のすべてのアカウントで発生した AWS コストのビューを組み合わせて表示して、各アカウントの詳細なコストレポートを確認できます。

コンテナ

の一部である Docker 画像から作成された Linux コンテナ。task.

コンテナの定義

Docker イメージ にどの コンテナ を使用するか、コンテナにどのくらいの CPU とメモリが割り当てられているか、およびその他のオプションを指定します。コンテナの定義は の一部として含まれています。タスク定義.

コンテナインスタンス

EC2 インスタンス エージェントを実行しており、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) に登録されている クラスター。Amazon ECS task は実行中のコンテナインスタンスに配置されます。

コンテナレジストリ

Docker イメージ を格納、管理、デプロイします。

コンテンツ配信ネットワーク (CDN)

データセンターの世界的なネットワークを使用して、ユーザーに対する静的および動的ウェブコンテンツ (.html、.css、.js、メディアファイル、イメージファイルなど) の配信を高速化するウェブサービスです。ユーザーがコンテンツをリクエストすると、そのリクエストは最もレイテンシー (遅延時間) が低いデータセンターにルーティングされます。レイテンシーが最も低いロケーション内にコンテンツがすでに存在している場合、CDN はそのコンテンツを即時に配信します。そうでない場合、CDN は指定されたオリジン (たとえば Amazon S3 バケットやウェブサーバー) からそのコンテンツを取得します。一部の ではCDNs、ユーザーとデータセンター間、およびデータセンターとオリジン間に HTTPS 接続を設定することで、コンテンツをセキュリティで保護できます。Amazon CloudFront は CDN の例です。

コンテキストメタデータ

Amazon Personalize: イベント (クリックなど) が発生したときにユーザーのブラウジングコンテキスト (使用されたデバイスや場所など) について収集するインタラクションデータ。コンテキストメタデータにより、新規および既存のユーザーの推奨事項の関連性を向上させることができます。

参照 インタラクションデータセット.

参照 event.

継続的デリバリー

コードを変更するソフトウェア開発のベストプラクティスは、本稼働環境への公開を自動的にビルド、テスト、準備します。

参照 https://aws.amazon.com/devops/continuous-delivery/.

継続的インテグレーション

自動化されたビルドとテストが実行された後、開発者がコードの変更をセントラルリポジトリに日常的にマージするソフトウェア開発業務。

参照 https://aws.amazon.com/devops/continuous-integration/.

クールダウン期間

Amazon EC2 Auto ScalingAuto Scaling グループ の必要なサイズを、Amazon CloudWatch アラーム. からのその他の通知によって変更できないようにする期間。

コアノード

マップを実行してタスクを軽減し、Hadoop Distributed File System(HDFS)を使用してデータを保存するEC2 インスタンスHadoop コアノードは、ノードに Hadoop タスクを割り当て、ステータスをモニタリングする マスターノードによって管理されます。コアノードとして割り当てる EC2 インスタンスが、実行するジョブフロー全体で配分する必要がある容量です。コアノードにはデータが格納されるため、コアノードをジョブフローから削除することはできません。しかし、実行中のジョブフローにコアノードを追加することはできます。

コアノードは、 DataNodes と TaskTracker Hadoop デーモンの両方を実行します。

コーパス

Amazon CloudSearch: 検索するデータのコレクション。

カバレッジ

Amazon Personalize: インタラクションデータセットとアイテムデータセットの一意のアイテムの総数に対してモデルの使用Amazon Personalizeをお勧めする一意のアイテムの比率を示す評価メトリクス。がより多くのアイテムAmazon Personalizeを推奨するようにするには、カバレッジスコアの高いモデルを使用します。ユーザーのパーソナライゼーションなど、アイテムの探索を行うレシピは、人気度カウントなど、そうでないレシピよりも範囲が広くなっています。

参照 メトリクス.

参照 項目データセット.

参照 インタラクションデータセット.

参照 項目探索.

参照 ユーザーパーソナライゼーションレシピ.

参照 popularity-count レシピ.

認証情報ヘルパー

AWS CodeCommit: リポジトリに接続するとき、リポジトリの認証情報を保存して、保存したリポジトリに Git を供給するプログラム。には、 リポジトリに接続するときに Git で使用できる認証情報ヘルAWS CLICodeCommitパーが含まれています。

認証情報

アクセス資格情報またはセキュリティ資格情報.とも呼ばれます。認証および認可を実行する際にシステムは、誰が呼び出しをしているかを特定し、リクエストされたアクセスを許可するかどうかを決定するために認証情報を使用します。AWS では、これらの認証情報は通常、 アクセスキー ID および ですシークレットアクセスキー

クロスアカウントアクセス

他の AWS アカウントのユーザーにより、1 つの AWS リソース での アカウント の使用を制限され、管理される許可のプロセス。たとえば、 AWS CodeCommit および AWS CodeDeploy では、クロスアカウントアクセスを設定して、AWS アカウント A のユーザーがアカウント B で作成された CodeCommit リポジトリにアクセスできるようにできます。アカウント A AWS CodePipeline で作成された のパイプラインは、アカウント B によって作成されたCodeDeployリソースを使用できます。 では、 を使用してIAMロールあるアカウントの への一時アクセスを別のアカウントのリソースに委任ユーザーします。

クロスリージョンレプリケーション

ほぼリアルタイムで、異なる AWS リージョン間でデータをレプリケートするソリューション。

カスタマーゲートウェイ

によって管理される VPN トンネルのユーザー側のルーターまたはソフトウェアアプリケーションAmazon VPC。カスタマーゲートウェイの内部インターフェイスは、ホームネットワークの 1 つ以上のデバイスにアタッチされます。外部インターフェイスは、VPN トンネル全体にわたり仮想プライベートゲートウェイ (VGW)にアタッチされます。

カスタマー管理ポリシー

IAM管理ポリシー作成および管理する AWS アカウント

カスタマーマスターキー (CMK)

リソース が管理する基本の AWS Key Management Service (AWS KMS) CMKs は、カスタマー管理キーまたは AWS 管理キーのいずれかです。CMKs の内部を使用してAWS KMS、最大 4 暗号化 キロバイトのデータを直接復号化するか、生成されたデータキーを暗号化します。これは、 サービス外部の大量のデータを暗号化または復号するために使用されます。

D

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

ダッシュボード

参照 サービス状態ダッシュボード.

データの整合性

データが正常に書き込まれ、または更新され、データのすべてのコピーがすべての AWS リージョン で更新されたことを示す概念。しかし、データがすべてのストレージの場所に伝達されるには時間がかかります。多様なアプリケーション要件に対応するために、Amazon DynamoDB では結果整合性のある読み込みと強力な整合性のある読み込みの両方のオプションがサポートされています。

参照 最終的な一貫性.

参照 結果的に整合性のある読み込み.

参照 強力な整合性のある読み込み.

データノード

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES): データを保持し、データアップロードリクエストに応答する Elasticsearch インスタンス。

参照 専用マスターノード.

参照 ノード.

データスキーマ

参照 schema.

データソース

アプリケーションまたはデータベースにより、必要な情報を提供する、データベース、ファイル、リポジトリ。たとえば、 ではAWS OpsWorks、有効なデータソースには、スタックの インスタンス Layer またはスタックMySQLAmazon RDSのサービス Layer の が含まれます。ではAmazon Redshift 、有効なデータソースとして、 Amazon S3bucketAmazon EMR クラスター、またはクラスターが SSH 接続を介してアクセスできるリモートホストのテキストファイルがあります。

参照 データソース.

データベース エンジン –

で実行されるデータベース ソフトウェアとバージョン 。DB インスタンス.

データベース名

でホストされているデータベースの名前。DB インスタンス. DB インスタンスは、複数のデータベースをホストできますが、同じ DB インスタンスによりホストされているデータベースはそれぞれ、そのインスタンス内で一意の名前が必要です。

データセット

Amazon Personalize: で使用されるデータのコンテナAmazon Personalize。Amazon Personalize データセットには、ユーザー、アイテム、インタラクションの 3 つのタイプがあります。

参照 インタラクションデータセット.

参照 ユーザーデータセット.

参照 項目データセット.

データセットグループ

Amazon Personalize: データセット、イベントトラッカー、ソリューション、フィルター、キャンペーン、バッチ推論ジョブなどのAmazon Personalizeコンポーネントのコンテナ。データセットグループは、リソースを独立したコレクションに整理するため、1 つのデータセットグループのリソースが他のデータセットグループのリソースに影響を与えることはできません。

参照 データセット.

参照 イベントトラッカー.

参照 solution.

参照 キャンペーン.

データソース

Amazon Machine Learning: 入力データに関するメタデータを含むオブジェクト。Amazon ML は入力データを読み出して、属性の詳細な統計情報をコンピューティングし、データソースオブジェクトの一部として、—スキーマとその他の情報とともに—、統計を保存します。Amazon ML はデータソースを使用して機械学習モデルをトレーニング、評価して、バッチ予測を生成します。

参照 データソース.

DB コンピューティングクラス

インスタンスを実行するために使用される、データベースのコンピューティングプラットフォームのサイズ。

DB インスタンス

クラウドで実行される、隔離されたデータベース。DB インスタンスには、複数のユーザーが作成したデータベースを含めることができます。

DB インスタンス識別子

DB インスタンスのユーザーが提供する識別子。識別子は、AWS のそのユーザーに一意である必要があります。リージョン.

DB パラメータグループ

1 つ以上のDB インスタンスに適用されるデータベースエンジンパラメータ値のコンテナ。

DB セキュリティグループ

へのアクセスをコントロールする方法。DB インスタンス. デフォルトで、ネットワークアクセスは、DB インスタンスに無効です。インバウンドトラフィックが セキュリティグループ を使用するよう設定されると、同じルールが、そのグループに関連するすべての DB インスタンスに適用されます。

DB スナップショット

ユーザーが開始する のポイントバックアップ。DB インスタンス.

Dedicated Host

完全にユーザー専用の EC2 インスタンス 容量の物理サーバー。

ハードウェア専有インスタンス

ホストのハードウェアレベルで物理的に分離され、インスタンス 内で起動される VPC.

専用マスターノード

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES): クラスター管理タスクを実行する Elasticsearch インスタンス。ただし、データを保持せず、データアップロードリクエストにも応答しません。Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES) は、クラスターの安定性を向上するために専用マスターノードを使用します。

参照 データノード.

参照 ノード.

ハードウェア専有リザーブドインスタンス

ハードウェア専有インスタンスVPC. を起動するのに十分な容量が利用可能であることを保証するために、購入できるオプション。

委任

単一 AWSアカウント 内: AWS ユーザーリソース アカウントの AWS へのアクセスを付与します。

2 つの AWS アカウント間: リソースを所有するアカウント (信頼するアカウント) と、リソースへアクセスする必要のあるユーザーを含むアカウント (信頼されたアカウント) の間に信頼をセットアップします。

参照 信頼ポリシー.

削除マーカー

キーとバージョン ID があるが、コンテンツがないオブジェクト。 は、オブジェクトが削除されると、バージョニングされた に削除マーカーを自動的にAmazon S3bucket挿入します。

配信性能

E メールメッセージが意図した宛先に届く可能性。

配信

経由で送信され、一定期間Amazon SESに への配信のために によって受け入れられインターネットサービスプロバイダー (ISP)受取人た E メールメッセージの数。

拒否

効果として拒否を含んでいる ポリシー ステートメントの結果。特定のアクションが特定のユーザー、グループ、またはロールに対して明示的に禁止されます。明示的な拒否は明示的なよりも優先されます。許可.

デプロイ設定

AWS CodeDeploy: デプロイ中にサービスにより使用される、一連のデプロイルールと、成功および失敗の条件。

デプロイグループ

AWS CodeDeploy: 個別にタグ付けられた一連の インスタンスEC2 インスタンス 内の Auto Scaling グループ、または両方。

詳細モニタリング

1 分間隔で派生する AWS 提供のメトリクスのモニタリング。

説明プロパティ

リソース テンプレートエレメントを文書化するために役立つパラメータ、AWS CloudFormation、リソースプロパティ、マッピング、および出力に追加されるプロパティ。

ディメンション

メトリクスを識別するための追加情報を含む名前–と値のペア (InstanceType=m1.small、EngineName=mysql など)。

フォーラム

AWS ユーザーが開発作業を迅速に行い、AWS コミュニティと対話するために役立つ技術的な質問やフィードバックを投稿できる場所。ディスカッションフォーラムは にありますhttps://forums.aws.amazon.com/

ディストリビューション

オリジンサーバー ( などAmazon S3bucket) とドメイン名の間のリンク。ドメイン名CloudFrontは自動的に割り当てられます。CloudFront は、このリンクを通して、オリジンサーバー.に保存されているオブジェクトを識別します。

DKIM

DomainKeys Identified Mail (確認済みメール)。E メールの送信者がメッセージに署名するために使用する標準。ISPs これらの署名を使用して、メッセージが正当であることを確認します。詳細については、https://tools.ietf.org/html/rfc6376. を参照してください。

DNS

参照 ドメインネームシステム.

Docker イメージ

Docker の基礎となる多層ファイルシステムのテンプレート。コンテナ. Docker イメージは、特定のオペレーティングシステムやアプリケーションで構成できます。

document

Amazon CloudSearch: 検索結果として返すことができる項目。各ドキュメントには、検索したり返したりできるデータを含んでいるフィールドの集合があります。フィールドの値としては文字列または数値を使用できます。各ドキュメントには、一意の ID が割り当てられ、少なくとも 1 つのフィールドがある必要があります。

ドキュメントバッチ

Amazon CloudSearch: ドキュメント追加操作とドキュメント削除操作の集合。バッチを送信して検索ドメインのデータを更新するには、ドキュメントサービス API を使用します。

ドキュメントサービス API

Amazon CloudSearch: バッチを送信して検索ドメインのデータを更新するために使用する API 呼び出し。

ドキュメントサービス エンドポイント

Amazon CloudSearch: ドキュメント更新を Amazon CloudSearch ドメインに送信するときに接続する URL。各検索ドメインには固有のドキュメントサービスエンドポイントがあり、ドメインの存続期間中にこれが変更されることはありません。

ドメイン

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES)Amazon Elasticsearch ServiceAmazon ES) エンドポイントによって公開されるハードウェア、ソフトウェア、およびデータ。Amazon ES ドメインは、Elasticsearch クラスターの周囲のサービスラッパーです。Amazon ES ドメインは、Amazon ES リクエスト、検索対象のインデックス化されたデータ、ドメインのスナップショット、アクセスポリシー、メタデータを処理するエンジンインスタンスをカプセル化します。

参照 クラスター.

参照 Elasticsearch.

ドメインネームシステム

わかりやすいドメイン名 (www.example.com など) を、コンピュータが相互接続に使用する IP アドレス (192.0.2.1 など) に変換することで、インターネットトラフィックをウェブサイトにルーティングするサービスです。

寄付ボタン

米国国税局の規定 501 (c) 3 の資格を認定されている非営利組織が簡単かつ安全に寄付を募ることができる HTML コードのボタン。

DynamoDB ストリーム

Amazon DynamoDB テーブル内の項目に加えられた変更に関する情報の順序付けされた情報。テーブルでストリームを有効にすると、DynamoDB はテーブル内のデータ項目に加えられた各変更に関する情報をキャプチャします。

参照 Amazon DynamoDB Streams.

E

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

EBS

参照 Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS).

EC2

参照 Amazon EC2.

EC2 コンピュートユニット (ECU) (ECU)

コンピュート CPU およびメモリの AWS 標準。この測定値を使用して、さまざまな EC2 インスタンス タイプの CPU 処理能力を評価できます。

EC2 インスタンス

インスタンスAmazon EC2 サービス内のコンピューティング。他の AWS のサービスでは、EC2 インスタンスという用語を使用して、これらのインスタンスを他のタイプのインスタンスと区別します。

ECR

参照 Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR).

ECS

参照 Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS).

エッジロケーション

サービス固有のオペレーションを実行するために AWS サービスが使用するデータセンター。たとえば、 CloudFront はエッジロケーションを使用してコンテンツのコピーをキャッシュするため、コンテンツはユーザーの近くにあり、ユーザーの場所に関係なく迅速に配信できます。 Route 53 はエッジロケーションを使用して、パブリック DNS クエリへの応答を高速化します。

EFS

参照 Amazon Elastic File System (Amazon EFS).

弾力性

Elasticsearch、Logstash、Kibana、Beats をはじめとするオープンソースソリューションを提供する企業。これらのソリューションは、ソースからデータを取得し、それをリアルタイムで検索、分析、可視化することを目的として作られています。

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES) は、AWS クラウドで AWS をデプロイ、運用、スケーリングするための Elasticsearch マネージド型サービスです。

参照 Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES).

参照 Elasticsearch.

Elastic Block Store

参照 Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS).

Elastic IP アドレス

Amazon EC2 または Amazon VPC で割り当てた後に インスタンス. にアタッチした固定 (静的) IP アドレス。Elastic IP アドレスは、特定のインスタンスにではなく、アカウントに関連付けられます。これらは、ニーズの変化に応じて簡単に割り当て、アタッチ、デタッチ、解放できるため、伸縮自在です。従来の静的 IP アドレスとは異なり、Elastic IP アドレスでは、インスタンスや アベイラビリティーゾーン で障害が発生した場合に、パブリック IP アドレスを別のインスタンスに速やかに再マッピングすることによって障害を隠すことができます。

Elastic Load Balancing

着信トラフィックを 2 つ以上の EC2 インスタンスに分散することでアプリケーションの可用性を高めるウェブサービス。

参照 https://aws.amazon.com/elasticloadbalancing.

Elastic Network Interface

にアタッチすることができる追加のネットワークインターフェイス。インスタンス. Elastic Network Interface は、プライマリプライベート IP アドレス、1 つ以上のセカンダリプライベート IP アドレス、Elastic IP アドレス (任意指定)、MAC アドレス、指定された セキュリティグループ のメンバーシップ、説明、およびソース/デスティネーションチェックフラグが含まれています。Elastic Network Interface を作成して、インスタンスへのアタッチ、インスタンスからのデタッチ、別のインスタンスへのアタッチを行うことができます。

Elasticsearch

全文検索機能、構造化検索、および分析に使用される、オープンソース、リアルタイム、分散型の検索および分析エンジンです。Elasticsearch は Elastic によって開発されました。

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES) は、AWS クラウドで AWS をデプロイ、運用、スケーリングするための Elasticsearch マネージド型サービスです。

参照 Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES).

参照 弾力性.

EMR

参照 Amazon EMR.

暗号化

数学的アルゴリズムを使用して、未承認の ユーザー にはデータを解読できないようにすると同時に、承認済みユーザーには、キーやパスワードなどの方法を使用して、変換されたデータを元の状態に戻せるようにします。

暗号化コンテキスト

AWS Key Management Service (AWS KMS) で暗号化された情報に関連付けられた追加の情報を含む、1 組キーと値のペア–

endpoint

ホストおよびポートをウェブサービスのエントリポイントとして識別する URL。ウェブサービスの各リクエストには、1 つずつエンドポイントが含まれています。ほとんどの AWS 製品には、高速で接続できるようにリージョンごとのエンドポイントが用意されています。

Amazon ElastiCache: の DNS 名キャッシュ ノード

Amazon RDS: の DNS 名DB インスタンス

AWS CloudFormation: HTTP リクエストを受け取るサーバーの IP アドレスの DNS 名。

エンドポイントポート

Amazon ElastiCache: によって使用されるポート番号キャッシュ ノード

Amazon RDS: によって使用されるポート番号DB インスタンス

エンベロープ暗号化

アルゴリズムを使用してデータを保護するために、マスターキーとデータキーを使用します。マスターキーを使用してデータキーを暗号化し、復号します。データキーはデータそのものを暗号化し、復号します。

environment

AWS Elastic Beanstalk: の特定の実行中のインスタンス同時接続の。アプリケーションには CNAME があり、アプリケーションバージョンとカスタマイズ可能な設定 (デフォルトのコンテナタイプから継承) が含まれています。

AWS CodeDeploy: Blue/Green デプロイのデプロイグループのインスタンス。Blue/Green デプロイの開始時には、元の環境のインスタンスからデプロイグループが構成されます。デプロイメントの最後では、デプロイグループは代替環境のインスタンスから構成されます。

環境設定

環境とその環境に関連付けられているリソースの動作を定義するパラメータと設定の集合。

エフェメラルストア

参照 インスタンスストア.

epoch

時間測定開始日 ほとんどの Unix 環境のエポックは 1970 年 1 月 1 日です。

ETL

参照 抽出、変換、ロード (ETL).

評価

Amazon Machine Learning: 機械学習 (ML) モデルの予測パフォーマンスを測定するプロセス。

また、詳細と ML モデル評価の結果を保管する機械学習オブジェクト。

評価のデータソース

機械学習モデルの予測の正確性を評価するために、Amazon Machine Learning が使用するデータ。

event

Amazon Personalize: ユーザーのアクティビティ —(—インタラクションデータセットに記録してアップロードするクリック、購入、動画表示Amazon Personalizeなど)。イベントはリアルタイムで個別に記録するか、一括で記録およびアップロードします。

参照 データセット.

参照 インタラクションデータセット.

イベントトラッカー

Amazon Personalize: リアルタイムで記録するイベントデータの送信先データセットグループを指定します。イベントをリアルタイムで記録するときは、イベントトラッカーの ID を指定して、 がデータを追加する場所Amazon Personalizeを認識できるようにします。

参照 データセットグループ.

参照 event.

最終的な一貫性

AWS が高可用性を実現するための手法。Amazon のデータセンター内の複数のサーバーにデータがレプリケートされます。データが書き込まれたとき、または更新されたときに Success が返されると、データのすべてのコピーが更新されます。しかし、データがすべてのストレージの場所に伝達されるには時間がかかります。最終的にはデータの一貫性が保たれますが、すぐに読み取りをした場合は変更が表示されない可能性があります。通常、整合性は数秒以内に達成します。

参照 データの整合性.

参照 結果的に整合性のある読み込み.

参照 強力な整合性のある読み込み.

結果的に整合性のある読み込み

読み込みプロセスは 1 つのリージョンのみからのデータを返し、最新の書き込み情報を表示しない場合があります。ただし、少し時間がたってから読み込みリクエストを繰り返すと、最終的に応答で最新のデータが返されます。

参照 データの整合性.

参照 最終的な一貫性.

参照 強力な整合性のある読み込み.

削除

有効期限が切れる前に からオブジェクトCloudFrontエッジロケーションに対して によって削除されます。エッジロケーションに頻繁に要求されないオブジェクトがあれば、CloudFront は、頻繁に要求されるオブジェクトのためにスペースを確保するために、そのオブジェクトを削除する(そのオブジェクトの有効期限が切れる前に削除する)場合があります。

エクスビバイト (EiB)

「エクサバイナリバイト」の略。1 エクスビバイトは 2^60、つまり 1,152,921,504,606,846,976 バイトです。1 エクサバイト (EB) は 10^18、つまり 1,000,000,000,000,000,000 バイトです。1,024 EiB はですゼビバイト (ZiB)

有効期限切れ

CloudFront キャッシュの場合、 がオブジェクトでユーザーリクエストに応答CloudFrontしなくなる時間。ヘッダーまたはCloudFrontディストリビューション設定を使用してオブジェクトを に保持する期間を指定しない場合エッジロケーション、オブジェクトは 24 時間後に期限切れになります。次回、有効期限が切れたオブジェクトをユーザーがリクエストするとき、CloudFront はオリジン.にリクエストを転送します。

明示的なインプレッション数

Amazon Personalize: Amazon Personalize インタラクションデータセットに手動で追加して将来のレコメンデーションに影響する項目のリスト。がインプレッションデータを自動的に導出するAmazon Personalize暗黙的なインプレッションとは異なり、明示的なインプレッションに含めるものを選択します。

参照 推奨事項.

参照 インタラクションデータセット.

参照 のインプレッション数のデータ.

参照 暗黙的なインプレッション.

明示的な起動許可

特定の AWS Amazon マシンイメージ (AMI) に付与される アカウント. 起動許可。

急激なバックオフ

システム負荷を軽減し、反復されるリクエストが正常に処理される可能性を高めるために再試行間の待機時間を一定単位で長くする戦略。たとえば、クライアントアプリケーションが、1 回目の再試行の前に最大 400 ミリ秒、2 回目の前に最大 1600 ミリ秒、3 回目の前に最大 6400 ミリ秒 (6.4 秒) 待つなどです。

expression

Amazon CloudSearch: 検索ヒットのソート方法を制御するために使用できる数値式。Amazon CloudSearch 式は、数値フィールド、他の順位付け式、ドキュメントのデフォルト関連性スコア、スタンダードの数値演算子および関数を使用して作成できます。sort オプションを使用して検索リクエストで式を指定すると、その式は検索ヒットごとに評価され、検索ヒットはその式の値に従って一覧表示されます。

抽出、変換、ロード (ETL)

複数のソースからデータを統合するために使用されるプロセスです。データは、分析とクエリのため、ソースから収集され (抽出)、適切な形式に変換されて (変換)、ターゲットデータストアに書き込まれます (ロード)。

ETL ツールはこれら 3 つの機能を組み合わせてデータを統合し、1 つの環境から別の環境に移動します。AWS Glue は、データを検出して整理、変換、検索、および分析に利用できるようにする完全マネージド型 ETL サービスです。

F

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

ファセット

Amazon CloudSearch: 検索結果を調整およびフィルタするために使用するカテゴリを表すインデックスフィールド。

ファセットを有効化

Amazon CloudSearch: ファセット情報がフィールドの計算に含められるようにするインデックスフィールドオプション。

FBL

参照 フィードバックループ (FBL).

機能変換

Amazon Machine Learning: 機械学習モデルの学習および生成の能力を最適化するために、RAW 入力変数からより予測精度が高い入力表示または「機能」を構築する機械学習プロセス。データ変換機能エンジニアリング.とも呼ばれています。

フェデレーション認証管理 (FIM)

個人が、同じグループまたは個人の資格情報を使用してすべてのネットワークのデータにアクセスして、複数の異なるネットワークまたはサービスにサインインできるようにします。AWS の認証フェデレーションを利用すれば、リソース アカウントを作成しなくても、AWS IAMのユーザーに対する安全なアクセス権が外部の認証 (フェデレーテッドユーザー) に付与されます。このような外部認証は、企業の ID ストア (LDAP や Windows の Active Directory など) またはサードパーティー (Login with Amazon、Facebook、または Google でのログインなど) から取得されます。AWS フェデレーションでは、SAML 2.0 もサポートしています。

フェデレーティッドユーザー

参照 フェデレーション認証管理 (FIM).

フェデレーション

参照 フェデレーション認証管理 (FIM).

フィードバックループ (FBL)

メールボックスプロバイダー (たとえば、インターネットサービスプロバイダー (ISP)) が受取人苦情支払人.に送り返すメカニズム。

フィールドの重み

検索インデックスのテキストフィールドの相対的重要性。フィールドの重みによって、特定のテキストフィールドの一致がドキュメントの関連度スコアにどれほど影響するかが制御されます。

フィルター

を一覧表示または記述するときに結果を制限するために指定する条件Amazon EC2リソース

フィルタクエリ

結果の得点方法とソート方法に影響を与えることなく検索結果をフィルタリングする方法。Amazon CloudSearchfq パラメータで指定されます。

FIM

参照 フェデレーション認証管理 (FIM).

Firehose

参照 Amazon Kinesis Data Firehose.

形式バージョン

参照 テンプレート形式バージョン.

フォーラム

参照 フォーラム.

function

参照 組み込み関数.

あいまい検索

文字列の近似一致 (あいまい一致) を使用するシンプルな検索クエリ。誤字や脱字を訂正するために使用されます。

G

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

地理空間検索

緯度と経度で指定された位置を使用する検索クエリ。一致が特定され、結果がソートされます。

ギビバイト (GiB)

「ギガバイナリバイト」の略。1 ギビバイトは 2^30、つまり 1,073,741,824 バイトです。1 ギガバイト (GB) は 10^9、つまり 1,000,000,000 バイトです。1,024 GiB は ですテビバイト (TiB)

GitHub

バージョン管理に Git を使用するウェブベースリポジトリ。

グローバルセカンダリインデックス

テーブルと異なるパーティションキーとソートキーを持つインデックス。グローバルセカンダリインデックスは、インデックスに関するクエリが、すべてのパーティションにまたがり、表内のすべてのデータを対象とする可能性があるため、グローバルと見なされます。

参照 ローカルセカンダリインデックス.

grant

AWS Key Management Service (AWS KMS)AWSプリンシパルカスタマーマスターキー (CMK) を使用するための長期のアクセス許可を付与するためのメカニズム。

許可トークン

grant のアクセス権限を許可して、直ちに実行する識別子のタイプ。

グランドトゥルース

機械学習 (ML) モデルトレーニングプロセスで使用される、ターゲットの属性の正しい値を含む監視。ML モデルをトレーニングして家の販売価格を予測します。通常、入力監視には、その地域での以前の家の販売が含まれます。これらの環境の家の販売価格はグランドトゥルースを構成します。

グループ

のコレクションIAMユーザー。IAM グループを使用して、複数ユーザーの権限の指定および管理を簡素化できます。

H

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

Hadoop

クラスターとシンプルなプログラミングモデルを使用して、ビッグデータの分散処理を可能にするソフトウェア。詳細については、http://hadoop.apache.org. をご覧ください。

ハードバウンス

"メールボックスは存在しません。" などの永続的な E メール配信障害。

ハードウェア VPN

インターネット経由のハードウェアベースの IPsec VPN 接続。

ヘルスチェック

Amazon EC2 Auto Scaling グループ内の各インスタンスのヘルスステータスをチェックするためのシステムコール。

高品質 E メール

受取人が有益であると考え、受け取りを希望する E メール。有益であるかどうかは受取人によって異なり、その形式にはオファー、注文確認、領収書、ニュースレターなどがあります。

highlights

Amazon CloudSearch: 一致するドキュメントのテキスト内のどこに検索語があるかを示す検索結果とともに返される抜粋。

ハイライトを有効化

Amazon CloudSearch: フィールド内の一致がハイライトされるようにするインデックスフィールドオプション。

ヒット

検索リクエストで指定された条件に一致するドキュメント。検索結果.とも呼ばれます。

HMAC

ハッシュベースメッセージ認証コード。メッセージ認証コード (MAC) を計算するための特定の仕組み。暗号化ハッシュ関数とシークレットキーを組み合わせて使用します。これを使用することにより、データの整合性とメッセージの正統性を同時に検証できます。AWS は、SHA-256 などの標準的な暗号化ハッシュアルゴリズムを使用して HMAC を計算します。

ホストゾーン

リソースレコード がホストする Amazon Route 53 設定の集合。従来の DNS ゾーンファイルと同様に、ホストゾーンは単一のドメイン名でまとめて管理されるレコードの集合を表します。

HRNN

Amazon Personalize: ユーザーの行動の変化をモデル化し、個人用レコメンデーションアプリケーションでユーザーが操作する可能性がある項目を予測する、階層的再帰型ニューラルネットワーク Machine Learning アルゴリズム。

HTTP クエリ

参照 Query.

HVM 仮想化

ハードウェア仮想マシンの仮想化。ゲスト VM は、性能の向上のために準仮想化 (PV) ネットワークおよびストレージドライバーを使用している点を除き、ネイティブハードウェアプラットフォームで動作しているかのように動作します。

参照 PV 仮想化.

I

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

IAM

参照 AWS Identity and Access Management (IAM).

IAM グループ

参照 グループ.

IAM Policy Simulator

参照 ポリシーシミュレータ.

IAM ロール

参照 ロール.

IAM ユーザー

参照 ユーザー.

Identity and Access Management

参照 AWS Identity and Access Management (IAM).

ID プロバイダー (IdP)

外部 ID プロバイダーに関するメタデータを保持するIAMエンティティ。

IdP

参照 ID プロバイダー (IdP) .

image

参照 Amazon マシンイメージ (AMI).

インポート/エクスポートステーション

との間でデータをアップロードまたはダウンロードするマシンAmazon S3

インポートログ

AWS Import/Export がどのようにデータを処理したかに関する詳細を含んでいるレポート。

暗黙的なインプレッション

Amazon Personalize: アプリケーションがユーザーに表示する推奨事項。各インプレッションを手動で記録する明示的なインプレッションとは異なり、 はレコメンデーションデータから暗黙的なインプレッションAmazon Personalizeを自動的に生成します。

参照 推奨事項.

参照 のインプレッション数のデータ.

参照 明示的なインプレッション数.

のインプレッション数のデータ

Amazon Personalize: ユーザーが特定のアイテムとやり取りするときにそのアイテムをクリック、監視、購入などして表示したアイテムのリスト。 Amazon Personalize は、ユーザーが同じアイテムを選択または無視した頻度に基づいて、インプレッションデータを使用して、ユーザーの新しいアイテムの関連性を計算します。

参照 明示的なインプレッション数.

参照 暗黙的なインプレッション.

インプレースデプロイ

CodeDeploy: デプロイグループの各インスタンス上のアプリケーションが停止され、アプリケーションの最新バージョンがインストールされて、新バージョンのアプリケーションが開始され検証されるデプロイ方法。ロードバランサーを使用するように選択すると、デプロイメント中はインスタンスが登録解除され、デプロイメント完了後にサービスに復元されます。

インデックス

参照 検索インデックス.

インデックスフィールド

Amazon CloudSearch ドメインのインデックスに含まれている名前と値のペア。インデックスフィールドには、テキストデータ、数値データ、日付、または場所を含めることができます。

インデックスオプション

Amazon CloudSearch ドメインのインデックスフィールド、ドキュメントデータとインデックスフィールドのマッピング方法、およびインデックスフィールドの使用方法を定義する設定。

インラインポリシー

単一の IAM、、または にポリシーIAMユーザーグループ埋め込まれた ロール

入力データ

Amazon Machine Learning: 機械学習モデルをトレーニングおよび評価して予測を生成するために、Amazon Machine Learning に提供する観測値。

インスタンス

AWS クラウド内の仮想サーバーとして実行する Amazon マシンイメージ (AMI) の複製。

インスタンスファミリー

ストレージまたは CPU 処理能力のどちらかを使用する一般的なインスタンスタイプグループ。

インスタンスグループ

Hadoop クラスターには、1 個の マスターノード を含む 1 個のマスターインスタンスグループ、1 個以上の コアノード を含む 1 個のコアインスタンスグループ、および数に制限なくタスクノードを含むことのできる任意指定の タスクノード インスタンスグループが含まれています。

インスタンスプロファイル

起動時に にIAMロールEC2 インスタンス情報を渡すコンテナ。

インスタンスストア

EC2 インスタンス のホストコンピュータに物理的にアタッチされており、そのため存続期間がそのインスタンスと同じであるディスクストレージ。インスタンスが削除されると、インスタンスストアのデータは失われます。

instance store-backed AMI

ルートデバイスとして Amazon マシンイメージ (AMI) インスタンス を使用する インスタンスストア がある ボリューム のタイプ。これに比べて、Amazon EBSAMIs-backed から起動されたインスタンスでは、 Amazon EBS ボリュームがルートデバイスとして使用されます。

インスタンスタイプ

のメモリ、CPU、ストレージ容量、および使用料を定義する指定。インスタンス. インスタンスタイプの中には、標準的なアプリケーション向けに設計されたものもあれば、CPU やメモリを大量に消費するアプリケーション向けに設計されたものもあります。

インタラクションデータセット

Amazon Personalize: ユーザーとアイテム間のやり取りから収集された履歴データとリアルタイムデータのコンテナ (イベントと呼ばれます)。インタラクションデータには、インプレッションデータとコンテキストメタデータを含めることができます。

参照 データセット.

参照 event.

参照 のインプレッション数のデータ.

参照 コンテキストメタデータ.

インターネットゲートウェイ

ネットワークをインターネットに接続します。VPC 外部の IP アドレスのトラフィックをインターネットゲートウェイにルーティングできます。

インターネットサービスプロバイダー (ISP)

加入者にインターネットへのアクセスを提供する会社。多くの ISPs も メールボックスプロバイダーです。メールボックスプロバイダーはISPs、メールボックスサービスのみを提供している場合でも、 と呼ばれることがあります。

組み込み関数

ランタイムまで使用できないプロパティに値を割り当てる AWS CloudFormation テンプレートでの特別な操作。これらの関数は、Fn::Attribute 形式に従います ( などFn::GetAtt)。 組み込み関数の引数は、パラメータ、擬似パラメータ、または他の組み込み関数の出力です。

IP アドレス

インターネットプロトコル (IP) を使用して相互に通信するために使用する、ネットワークに接続されたデバイスの数値アドレス (例: 192.0.2.44)。EC2 インスタンス にはいずれも、起動時にプライベート IP アドレス (RFC 1918 準拠) とパブリック IP アドレスの 2 つの IP アドレスが割り当てられ、これらはネットワークアドレス変換 (NAT) によって直接相互に関連付けられます。VPC で起動されるインスタンスには、プライベート IP アドレスのみが割り当てられます。デフォルトの VPC で起動されるインスタンスには、プライベート IP アドレスとパブリック IP アドレスの両方が割り当てられます。

IP 一致の状態

AWS WAF: ウェブリクエストの送信元となる IP アドレスまたは IP アドレス範囲を指定する属性。指定された IP アドレスに基づいて、 AWS WAFリソース ディストリビューションなどの AWS Amazon CloudFrontへのウェブリクエストを許可または拒否するように を設定できます。

ISP

参照 インターネットサービスプロバイダー (ISP).

発行者

ポリシー に対するアクセス許可についての リソース. を作成するユーザー。発行者は当然のこととして、リソースの所有者になります。AWS ではAmazon SQS、ユーザーが所有していないリソースのポリシーを作成することは許可されません。たとえば、ジョンが自ら所有するリソースへのアクセス許可を定義するポリシーを作成して送信した場合、AWS ではジョンが本人であることが認証されます。

商品

他のすべての項目間で一意に識別可能な属性のグループ。Amazon DynamoDB の項目は、多くの点で他のリレーショナルデータベースシステムの行、レコード、またはタプルに似ています。

項目探索

Amazon Personalize: インタラクションデータがないかほとんどない新しいアイテムのレコメンデーションを含むさまざまなアイテムのレコメンデーションをテストし、ユーザーがどう反応するかを学ぶために Amazon Personalize が使用するプロセス。ユーザーパーソナライゼーションレシピで作成されたソリューションバージョンのキャンペーンレベルで項目探索を設定します。

参照 推奨事項.

参照 キャンペーン.

参照 ソリューションバージョン.

参照 ユーザーパーソナライゼーションレシピ.

アイテム間の類似度 (SIMS) レシピ

Amazon Personalize: RELATED_ITEMS レシピ。インタラクションデータセットのデータを使用して、指定した項目に類似したアイテムのレコメンデーションを作成します。SIMS レシピは、価格や期間などの項目メタデータを一致させる代わりに、ユーザーが項目を操作する方法に基づいて類似度を計算します。

参照 recipe.

参照 RELATED_ITEMS レシピ.

参照 インタラクションデータセット.

項目データセット

Amazon Personalize: 価格、ジャンル、可用性など、アイテムに関するメタデータのコンテナ。

参照 データセット.

J

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

ジョブフロー

Amazon EMR: データに対して実行されるすべての機能を指定する 1 つ以上の step

ジョブ ID

出荷に含まれている AWS Import/Export ストレージ デバイスを一意に識別する 5 文字の英数字文字列。AWS は、CREATE JOB E メールコマンドに対する応答としてジョブ ID を発行します。

ジョブプレフィックス

同じ名前を持つオブジェクトとの競合を防ぐために AWS Import/Export ログファイル名の先頭に追加できる、オプションの文字列。

参照 キープレフィックス.

JSON

JavaScript Object Notation。軽量のデータ交換形式。JSON については、http://www.json.org/. をご覧ください。

迷惑メールフォルダ

各種フィルターによって無益であると判定された E メールメッセージが収集される場所。これらの E メールは 受取人 の受信箱には振り分けられませんが、受取人がアクセスすることは可能です。これはスパムフォルダとも呼ばれます。

K

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

key

AWS に対して AWS アカウント または ユーザー を識別する資格情報 (AWS シークレットアクセスキー). など)。

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) Amazon EMR、: 内のオブジェクトの一意の識別子bucket。バケット内のすべてのオブジェクトは、厳密に 1 個のキーを持ちます。バケットとキーを組み合わせて各オブジェクトを一意に識別するため、 はAmazon S3バケット + キーとオブジェクト自体の基本的なデータマップと考えることができます。Amazon S3 内のすべてのオブジェクトは、ウェブサービスエンドポイント、バケット名、およびキーによって場所を一意に指定できます。たとえば、http://doc.s3.amazonaws.com/2006-03-01/AmazonS3.wsdl では、doc がバケット名、2006-03-01/AmazonS3.wsdl がキーです。

AWS Import/Export: のオブジェクトの名前Amazon S3。これは一連の Unicode 文字で、その UTF-8 エンコードは 1024 バイト以下である必要があります。キー (logPrefix+ import-log-JOBID など) が 1024 バイトを超える場合、 はAWS Elastic BeanstalkエラーInvalidManifestFieldを返します。

IAMポリシー の場合、アクセスを制限するための基準である特定の特性 (現在の時刻、リクエスタの IP アドレスなど)。

リソースのタグ付け: より具体的なタグ値のカテゴリのように動作する、一般的な tag ラベル。たとえば、タグキーが EC2 インスタンスOwner で、タグ値が Jan の があるとします。 最大 10 個のAWSキーと値のペアリソース–で にタグを付けることができます。すべての AWS リソースにタグを付けられるわけではありません。

キーペア

身元を電子的に証明するために使用する一連の資格情報。キーペアはパブリックキーとプライベートキーで構成されます。

キープレフィックス

内のオブジェクトの論理グループ。bucket. プレフィックス値は、バケット内の同じディレクトリに同様のデータを保存するためのディレクトリ名に似ています。

キビバイト (KiB)

「キロバイナリバイト」の略。1 キビバイトは 2^10、つまり 1,024 バイトです。1 キロバイト (KB) は 10^3、つまり 1,000 バイトです。1,024 KiB は ですメビバイト (MiB)

KMS

参照 AWS Key Management Service (AWS KMS).

L

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

ラベル付きデータ

機械学習で、ターゲットまたは「正」の回答がすでに分かっているデータ。

起動設定

EC2 インスタンス アクティビティで新規 Amazon EC2 Auto Scaling を作成するために使用される一連の記述的なパラメータ。

Auto Scaling グループが新規 EC2 インスタンスを起動するために使用するテンプレート。起動設定には、Amazon マシンイメージ (AMI) ID、インスタンスタイプ、キーペア、セキュリティグループ、ブロックデバイスマッピングなどの設定に関する情報が含まれています。

起動許可

ユーザーが AMI を起動できるようにする Amazon マシンイメージ (AMI) 属性。

ライフサイクル

EC2 インスタンス に含まれている Auto Scaling グループ. のライフサイクル状態。EC2 インスタンスは、その存続期間にわたって、保留中、、InService終了、終了済みなど、いくつかの状態を経由して進行します。

ライフサイクルアクション

EC2 インスタンスの起動、終了など、Auto Scaling により停止されるアクション。

ライフサイクルフック

Auto Scaling が EC2 インスタンスを起動または終了した後に停止できるようになります。これにより、インスタンスが稼働していない間にカスタムアクションを実行できます。

VPC へのリンク

EC2-Classic を インスタンス対応 にリンク (またはアタッチ) ClassicLink するプロセスVPC

参照 ClassicLink.

参照 VPC からのリンクの解除.

ロードバランサー

アプリケーションで処理されるすべてのリクエストの宛先を提供する一連のポートと組み合わされた DNS 名。ロードバランサーは、アベイラビリティーゾーン内のすべての リージョン. にわたる複数のアプリケーションインスタンスにトラフィックを分散できます。ロードバランサーは、AWSAmazon EC2インスタンスが起動されたリージョン内の複数のアベイラビリティーゾーンにまたがることができます。ただし、複数のリージョンにまたがることはできません。

ローカルセカンダリインデックス

テーブルと同じパーティションキーと、異なるソートキーを持つインデックス。ローカルセカンダリインデックスは、ローカルセカンダリインデックスのすべてのパーティションの範囲が、同じパーティションキー値を持つテーブルパーティションに限定されるという意味でローカルです。

参照 ローカルセカンダリインデックス.

論理名

AWS CloudFormationリソース、パラメータ、または出力を識別する マッピングを テンプレート内の大文字小文字の区別がある一意の文字列。AWS CloudFormation テンプレートでは、各パラメータ、リソース、プロパティ、マッピング、および出力が一意の論理名で宣言されている必要があります。Ref 関数を使用してこれらの項目の参照解除を行うときには、論理名を使用します。

M

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

メール転送エージェント (MTA)

クライアント/サーバーアーキテクチャを使用して 1 台のコンピュータから別のコンピュータに E メールメッセージを転送するソフトウェア。

メールボックスプロバイダー

E メールメールボックスホスティングサービスを提供する組織。メールボックスプロバイダーは、メールボックスサービスしか提供していない場合でも、インターネットサービスプロバイダー (ISP)と呼ばれることがあります。

メールボックスシミュレーター

実際の受信者にメッセージを送信することなく ベースの E Amazon SESメール送信アプリケーションをテストするために使用できる一連の E メールアドレス。各 E メールアドレスは、特定のシナリオ (バウンスや苦情など) を表し、シナリオに固有の一般的な応答を生成します。

メインルートテーブル

新しい ルートテーブル VPC がルーティングに使用するデフォルトの サブネット 別の適切なルートテーブルにサブネットを関連付けることができます。メインルートテーブルを別のルートテーブルに変更することもできます。

管理ポリシー

の複数の IAMポリシー ユーザー グループロール、および にアタッチできるスタンドアロン IAM アカウント。管理ポリシーは AWS が管理するポリシー (AWS が作成して管理) か、顧客が管理するポリシー (ユーザーが自身の AWS アカウントで作成して管理) のいずれかです。

マニフェスト

インポートまたはエクスポートオペレーションのジョブ作成リクエストを送信する場合、マニフェストと呼ばれるテキストファイルでジョブを記述します。マニフェストファイルは YAML 形式のファイルで、ストレージデバイスと AWS クラウドの間でデータを転送する方法を指定します。

マニフェストファイル

Amazon Machine Learning: バッチ予測を説明するために使用されるファイル。マニフェストファイルは、各入力データファイルを、関係するバッチ予測の結果に関連付けます。これは Amazon S3 出力場所に保存されます。

マッピングを

AWS CloudFormation テンプレートに条件パラメータ値を追加する方法。テンプレートの任意指定の [Mappings] セクションでマッピングを指定し、FN::FindInMap 関数を使用して適切な値を取得します。

マーカー

参照 ページ分割トークン.

マスターノード

Amazon マシンイメージ (AMI)で実行されている、そのコアノードとタスクノードが完了した作業を追跡するプロセス。

上限価格

複数の スポットインスタンス を起動するためにお客様にお支払いいただく上限価格。上限価格が現在の価格を超えスポット価格、かつ制限を満たす場合、 はユーザーに代わってインスタンスAmazon EC2を起動します。

最大送信レート

を使用して 1 秒あたりに送信できる E メールメッセージの最大数Amazon SES

平均逆ランク 25

Amazon Personalize: モデルの最もランク付けされた推奨事項の関連性を評価する評価メトリクス。 は、推奨事項のすべてのリクエストのうち、上位 25 件の推奨事項のうち最も関連性のある推奨事項をランク付けするときに、モデルの平均精度を使用してこのメトリクスAmazon Personalizeを計算します。

参照 メトリクス.

参照 推奨事項.

メビバイト (MiB)

「メガバイナリバイト」の略。1 メビバイトは 2^20、つまり 1,048,576 バイトです。1 メガバイト (MB) は 10^6、つまり 1,000,000 バイトです。1,024 MiB はですギビバイト (GiB)

メンバーリソース

参照 リソース.

メッセージ ID

Amazon Simple Email Service (Amazon SES): 送信されるすべての E メールメッセージに割り当てられる一意の識別子。

Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS): メッセージをキューに送信すると返される識別子。

メタデータ

他のデータまたはオブジェクトに関する情報。Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) および Amazon EMR では、メタデータは、オブジェクトを表す名前と値ペアの形式を採用します– これには最終更新日などのデフォルトのメタデータや、Content-Type などの標準 HTTP メタデータが含まれます。ユーザーは、オブジェクトを保存するときにカスタムメタデータを指定することもできます。Amazon EC2 では、インスタンスが自身に関する情報 (インスタンスタイプ、IP アドレスなど) を特定するために取得できる EC2 インスタンス に関するデータがメタデータに含まれます。

メトリクス

1 個の 名前空間、1 個のメトリクス名、および 0 ~ 10 個のディメンションの一意の組み合わせによって定義される時系列データのエレメント。メトリクスとメトリクスから派生した統計は、 の基盤です。Amazon CloudWatch.

メトリクス

Amazon Personalize: モデルをトレーニングするときに がAmazon Personalize生成する評価データ。メトリクスを使用して、モデルのパフォーマンスを評価し、ソリューションの設定変更の影響を表示し、同じトレーニングデータを使用するが異なるレシピで作成されたソリューション間で結果を比較します。

参照 solution.

参照 recipe.

メトリクス名

名前空間 および任意指定のディメンションと組み合わせて使用されるメトリクスのプライマリ識別子。

MFA

参照 多要素認証 (MFA).

マイクロインスタンス

高 CPU アクティビティのバーストがたまに発生する環境で使用すると経済的な EC2 インスタンスのタイプ。

MIME

参照 多目的インターネットメール拡張‎ (MIME) .

ML モデル

機械学習 (ML) で、データにパターンを見出すことで予測を生成する数学モデル。Amazon Machine Learning では、バイナリ分類、複数クラス分類、回帰の 3 つのタイプの ML モデルをサポートしています。予測モデル.とも呼ばれています。

参照 バイナリ分類のモデル.

参照 複数クラスの分類モデル.

参照 回帰モデル.

MTA

参照 メール転送エージェント (MTA).

マルチ AZ 配置

別の DB インスタンス に同期スタンバイレプリカがあるプライマリ アベイラビリティーゾーン. プライマリ DB インスタンスは、同期的に Availability Zone 間でスタンバイレプリカにレプリケートされます。

複数クラスの分類モデル

制限され、事前定義された、一連の許可される値を予測する機械学習モデル たとえば、「この製品は書籍、映画、衣類のいずれか?」

多要素認証 (MFA)

任意の AWS アカウント のセキュリティ機能。AWS MFA を有効にすると、セキュリティで保護された AWS ウェブページまたは にアクセスするたびに、サインインの認証情報に加え 6 桁のワンタイムコードを入力する必要があります。AWS マネジメントコンソール. 物理的所有物の中に保存されている認証デバイスから、このワンタイムコードを取得します。

参照 https://aws.amazon.com/mfa/.

複数の値を持つ属性

複数の値を持つ属性

マルチパートアップロード

単一のオブジェクトを一連のパートとしてアップロードすることができる機能。

多目的インターネットメール拡張‎ (MIME)

ASCII 以外のテキストおよびテキストではないエレメント (添付ファイルなど) を含めるために E メールプロトコルの拡張するインターネット規格。

Multitool

大規模なデータセットを管理するためのシンプルなコマンドラインインターフェイスを提供するカスケードアプリケーション。

N

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

名前空間

保持する項目 (名前、技術用語、または単語) のコンテキストを提供し、複数の異なる名前空間に存在する同音異義語項目のあいまい性解消を可能にする抽象的なコンテナ。

NAT

ネットワークアドレス変換。データパケットがトラフィックルーティングデバイス全体に伝送される間に 1 つ以上の IP アドレスを他方にマッピングする戦略。これは、送信トラフィックを許可した状態でインターネット通信を専用インスタンスに制限するために、よく使用されています。

参照 ネットワークアドレス変換とプロトコル変換.

参照 NAT ゲートウェイ.

参照 NAT インスタンス.

NAT ゲートウェイ

AWS に管理されている NAT デバイス。インターネットのインバウンドトラフィックを保護するため、プライベート サブネット でネットワークアドレス変換を実行します。NAT のゲートウェイは NAT およびポートアドレス変換の両方を使用します。

参照 NAT インスタンス.

NAT インスタンス

ユーザーが設定した NAT デバイス。インターネットのインバウンドトラフィックを保護するため、VPC パブリック サブネット でネットワークアドレス変換を実行します。

参照 NAT ゲートウェイ.

ネットワーク ACL

のインバウンドトラフィックとアウトバウンドトラフィックを制御するためのファイアウォールとして機能する任意指定のセキュリティレイヤー。サブネット. 複数のサブネットを 1 つのネットワーク ACL に関連付けることができますが、サブネットは一度に 1 つのネットワーク ACL にのみ関連付けることができます。

ネットワークアドレス変換とプロトコル変換

(NAT-PT) RFC 2766 で定義された、インターネットプロトコル規格。

参照 NAT インスタンス.

参照 NAT ゲートウェイ.

nグラムプロセッサ

nグラムの変換を実行するプロセス。

参照 n グラム変換.

n グラム変換

Amazon Machine Learning: テキスト文字列解析を支援する変換。nグラム変換は、nワードサイズのウィンドウをスライドすることで、テキスト変数を入力文字列として受け取り、出力文字列として出力します。nは、テキスト上でユーザーによって指定され、nより小さいサイズの単語のすべての文字列を出力します。たとえば、Windows のサイズ =2 の n グラム変換を指定した場合、2 単語のすべての組み合わせと、1 つの単語すべてを返します。

NICE Desktop Cloud Visualization

リモートの高性能サーバーでホストされる、グラフィックを多用する 3D アプリケーションに安全にユーザーを接続できる、リモート可視化技術。

ノード

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES)Elasticsearchインスタンス。ノードは、データインスタンスまたは専用マスターインスタンスのどちらかにすることができます。

参照 専用マスターノード.

NoEcho

テンプレートパラメータの名前と値がデフォルトでレポートされることを防ぐための、AWS CloudFormation パラメータのプロパティです。NoEcho プロパティを宣言すると、レポート内のパラメータ値はcfn-describe-stacks コマンドによってアスタリスクにマスクされる結果となります。

K での正規化減損累積取得 (NCDG) (5/10/25)

Amazon Personalize: モデルの上位にランク付けされた推奨事項の関連性について で説明している評価メトリクス。K は、5、10、または 25 の推奨事項のサンプルサイズです。 は、ランク付けされたリストの位置に基づいて推奨事項に重みを割り当ててAmazon Personalizeこれを計算します。各推奨事項は、その位置に応じて割引 (下位の重みを適用) されます。K の正規化された割引累積取得は、リストの低い推奨事項はリストの上位にある推奨事項よりも関連性が低いことを前提としています。

参照 メトリクス.

参照 推奨事項.

NoSQL

可用性が高く、スケーラブルで、高パフォーマンス用に最適化された、非リレーショナルデータベースシステム。リレーショナルモデルの代わりにNoSQL、データベース ( などAmazon DynamoDB) は、キー –値のペアやドキュメントストレージなどのデータ管理に代替モデルを使用します。

null オブジェクト

null オブジェクトは、バージョン ID が null のオブジェクトです。 は、そのバケットの が停止Amazon S3されると、null オブジェクトを bucketバージョニング に追加します。バケット内の各キーには null オブジェクトを 1 つだけ設定できます。

合格の数

Amazon Machine Learning が機械学習モデルをトレーニングするために、同じデータレコードの使用を許可された回数。

O

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

オブジェクト

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3): に保存される基本エンティティタイプAmazon S3。オブジェクトは、オブジェクトデータとメタデータで構成されます。データ部分を から見ることはできません。Amazon S3.

Amazon CloudFront は、HTTP または RTMP の 1 つのバージョンを介してサービスが可能なすべてのエンティティです。

監視

Amazon Machine Learning: 予測する方法や、予測を生成する方法の機械学習モデルをトレーニングするために、Amazon Machine Learning (Amazon ML) が使用するデータの単一インスタンス。Amazon ML 入力データファイル内の各行は観測値です。

オンデマンドインスタンス

長期間のコミットメントなしで、時間単位または秒単位 (60 秒以上) でコンピューティング性能に対して請求する Amazon EC2 料金オプション。

オペレーション

API 関数。アクション.とも呼ばれます。

オプティミスティックロック

更新を実行する前に、更新する項目が他のユーザーにより変更されていないことを確認する方法。ではAmazon DynamoDB、オプティミスティックロックのサポートは AWS によって提供されますSDKs。

組織

AWS OrganizationsAWS アカウントを統合および管理するために作成するエンティティ。組織には、ゼロ以上のメンバーアカウント管理アカウントを持つ 1 つの があります。

組織単位

AWS Organizations: 組織の ルート 内のアカウント用のコンテナ。組織単位 (OU) には、他の を含めることができますOUs。

オリジンアクセスアイデンティティ

OAI とも呼ばれます。を使用して をオリジンAmazon CloudFrontとしてコンテンツAmazon S3bucketを供給する場合、 CloudFront URLs の代わりに を使用して を通じてコンテンツにアクセスすることをユーザーに求める仮想 Amazon S3 URLsID。 通常、 とともに使用しますCloudFrontプライベートコンテンツ

オリジンサーバー

を通じて配信するコンテンツの最終オリジナルバージョンを含む Amazon S3 bucket またはカスタムオリジンCloudFront

元の環境

CodeDeploy Blue/Green デプロイの開始時のデプロイグループのインスタンス。

OSB 変換

直角のスパースなバイグラム変換。機械学習で、テキスト文字列分析で支援する変換。また、nグラム変換の代替にもなります。OSB 変換は、テキスト上で n 単語サイズのウィンドウをずらし、ウィンドウの最初の単語を含むすべての単語ペアを出力することによって生成されます。

参照 n グラム変換.

OU

参照 組織単位.

出力場所

Amazon Machine Learning: バッチ予測が保存される Amazon S3 の場所。

P

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

ページ分割

小さく分けられた部分に、大きなレコードリストを返すことで、API リクエストに応答するプロセス。ページ分割は次の場合に発生する可能性があります。

  • クライアントが、返されたレコードの最大数を、レコードの合計数を下回る値に設定した場合。

  • サービスに、返されたレコードの最大数がデフォルトで決められており、最大数がレコードの合計数を下回る場合。

API 応答がページ分割される場合、サービスはレコードの大きなリストのサブセットと、より多くのレコードが利用できることを示すページ分割トークンを送信します。クライアントはこのページ分割トークンを後続の API リクエスト含め、サービスはレコードの次のサブセットを使用して応答します。これは、サービスがレコードのサブセットを含むがページ分割トークンを含まずに、すべてのレコードが送信されたことを示すよう応答するまで継続されます。

ページ分割トークン

API 応答にレコードの大きなリストが含まれていることを示すマーカー。サービスがレコードのサブセットを含むがページ分割トークンを含まずに、すべてのレコードが送信された旨を示すよう応答するまで、クライアントは後続の API リクエストにこのマーカーを返し、レコードの次のサブセットを取得します。

参照 ページ分割.

ペイド AMI

開発者が Amazon マシンイメージ (AMI) で他の Amazon EC2 ユーザーに販売する AWS Marketplace.

準仮想化

参照 PV 仮想化.

part

マルチパートアップロードのリクエストでの、オブジェクトのデータの連続する部分。

パーティションキー

1 つの属性で構成される、簡潔なプライマリキー (別名ハッシュ属性).

参照 パーティションキー.

参照 ソートキー.

PAT

ポートアドレスの変換です。

ペビバイト (PiB)

「ペタバイナリバイト」の略。1 ペビバイトは 2^50、つまり 1,125,899,906,842,624 バイトです。1 ペタバイト (PB) は 10^15、つまり 1,000,000,000,000,000 バイトです。1,024 PiB は ですエクスビバイト (EiB)

期間

参照 サンプリング期間.

アクセス権限

特定の ポリシー へのアクセスを許可または拒否する リソース. 内のステートメント。「A には、C に対して B を実行するアクセス許可がある」のようなアクセス許可を指定できます。 たとえば、Jane (A) には、John のAmazon SQSキュー (C) からのメッセージ (B) を読み取るアクセス許可があります。Jane が John のキューを使用するリクエストを Amazon SQS に送信するたびに、サービスは Jane にアクセス権限があるかどうか確認します。さらに、アクセス許可に定められた条件をリクエストが満たしているかどうか確認します。

永続的ストレージ

削除するまでデータがそのまま残る、データストレージ ソリューション。内のオプションにはAWS、、Amazon S3Amazon RDS、およびその他のサービスAmazon DynamoDBが含まれます。

PERSONALIZED_RANKING レシピ

Amazon Personalize: ユーザーの予測された関心に基づいて、アイテムのレコメンデーションをランク付けされた順序で提供するレシピ。

参照 recipe.

参照 推奨事項.

参照 パーソナライズしたランクのレシピ.

参照 popularity-count レシピ.

パーソナライズしたランクのレシピ

Amazon Personalize: 特定のユーザーの予測される興味レベルに基づいて提供するアイテムのコレクションをランク付けする PERSONALIZED_RANKING レシピ。パーソナライズされたレシピを使用して、特定のユーザー向けにパーソナライズされた項目または順序付けされた検索結果の選別リストを作成します。

参照 recipe.

参照 PERSONALIZED_RANKING レシピ.

物理名

AWS CloudFormation 作成時に リソース が各 スタック. に割り当てたユニークなラベルです。一部の AWS CloudFormation コマンドは、--physical-name パラメータを使用して物理名を値として受け取ります。

パイプライン

AWS CodePipeline: リリースプロセスを通したソフトウェアの変更を定義するワークフローの構造。

プレーンテキストが使用されます

ではなく、暗号化されていない情報暗号化テキスト

ポリシー

IAM: ユーザー、グループ、またはロールに適用されるアクセス許可を定義するドキュメント。アクセス許可は、ユーザーが AWS でできることを決定します。ポリシーでは通常、特定のアクション許可へのアクセスが許可されます。また、必要に応じてリソース、、 EC2 インスタンスAmazon S3 などの特定の bucketに対してアクションが許可されるように付与することもできます。また、ポリシーにより、アクセスを明示的に拒否することもできます。

Amazon EC2 Auto Scaling は、Auto Scaling グループのインスタンスの起動と終了に必要な情報を格納するオブジェクトです。ポリシーを実行すると、インスタンスが起動または終了します。アラーム ポリシーを実行するために Auto Scaling を設定できます。

Policy Generator

利用可能なオプションのリストから要素を選択して を構築するIAMAWS マネジメントコンソールポリシーのに役立つ のツール。

ポリシーシミュレータ

実際のシナリオでポリシーの効果を確認できるように、ポリシーIAMをテストおよびトラブルシューティングAWS マネジメントコンソールポリシーする のツール。

Policy Validator

既存のアクセスコントロールIAMポリシーAWS マネジメントコンソールIAMポリシーを調べてIAMポリシーの文法に準拠していることを確認する のツール。

popularity-count レシピ

Amazon Personalize: USER_PERSONALIZATION レシピは、一意のユーザーとのやり取りが最も多いアイテムを推奨します。

参照 recipe.

参照 USER_PERSONALIZATION レシピ.

precision at K (5/10/25)

Amazon Personalize: モデルの推奨事項が K (5、10、または 25) の推奨事項のサンプルサイズに基づいてどの程度関係しているかを示す評価メトリクス。 は、上位 K の推奨事項から関連する推奨事項の数を K で割った数 (K は 5、10、または 25) に基づいてこのメトリクスAmazon Personalizeを計算します。

参照 メトリクス.

参照 推奨事項.

プレフィックス

参照 ジョブプレフィックス.

Premium Support

AWS インフラストラクチャサービスのサポートのために AWS のお客様がサブスクライブ可能な、1 対 1 の迅速な対応のサポートチャネルです。

参照 https://aws.amazon.com/premiumsupport/.

署名済み URL

を使用するウェブネットワークアドレス。クエリ文字列認証.

プライマリキー

同じキーを持った 2 つの項目がないようにするため、Amazon DynamoDB テーブルの各項目を一意に識別する 1 つまたは 2 つの属性。

参照 パーティションキー.

参照 ソートキー.

プライマリシャード

参照 シャード.

プリンシパル

ユーザー で定義されたアクセス許可を受け取る アカウント、サービス、または ポリシー. 「A は、C に対して B を実行するアクセス許可がある」というステートメントの場合、A がプリンシパルに相当します。

プライベートコンテンツ

を使用してオリジンAmazon CloudFrontとして でコンテンツAmazon S3bucketを提供する場合、ユーザーが署名付き を使用するように要求することで、コンテンツへのアクセスを制御する方法URLs。 [署名付き] URLs は、現在の日時やリクエストの送信元の IP アドレスに基づいて、ユーザーアクセスを制限できます。

プライベート IP アドレス

インターネットプロトコル (IP) を使用して相互に通信するために使用する、ネットワークに接続されたデバイスの非公開の数値アドレス (例: 192.0.2.44)。EC2 インスタンス にはいずれも、起動時にプライベートアドレス (RFC 1918 準拠) とパブリックアドレスの 2 つの IP アドレスが割り当てられ、これらはネットワークアドレス変換 (NAT) によって直接相互に関連付けられます。例外: Amazon VPC 内部で起動するインスタンスには、プライベート IP アドレスのみが割り当てられます。

プライベートサブネット

VPCサブネット の一種であり、そのインスタンスにはインターネットからアクセスできないもの。

製品コード

に製品を送信するときに AWS によって指定される ID。AWS Marketplace.

プロパティ

参照 リソースプロパティ.

プロパティのルール

JSON テンプレートによる、プロパティ、マッピング、出力値を宣言する、AWS CloudFormation に適合したマークアップ標準です。

プロビジョンド IOPS

高速、予測可能、整合性のある I/O パフォーマンスを実現するように設計されたストレージオプションです。DB インスタンスの作成時に IOPS レートを指定すると、 は DB インスタンスの有効期間中、その IOPS レートをAmazon RDSプロビジョニングします。

擬似パラメータ

事前に定義されており、宣言しなくても AWS:StackName テンプレートで利用できる設定。これには、AWS CloudFormation などがあります。擬似パラメータは、通常のパラメータを使用できる場所であればどこででも使用可能です。

パブリック AMI

あらゆる AWS Amazon マシンイメージ (AMI) が起動できる アカウント

パブリックデータセット

AWS クラウドをベースとしているアプリケーションにシームレスに統合できる大量のパブリック情報の集合。Amazon では、コミュニティには無料でパブリックデータセットを保管しています。ユーザーには、すべての AWS のサービスと同じく、自らのアプリケーションで使用したコンピューティングとストレージについてのみ支払いが発生します。これらのデータセットには、現時点では、Human Genome Project、米国国勢調査、Wikipedia、およびその他のソースからのデータが含まれています。

参照 https://aws.amazon.com/publicdatasets.

パブリック IP アドレス

ネットワーク接続されたデバイスがインターネットプロトコル (IP) を使用して、相互に通信するために使用するパブリック数値アドレス (例: 192.0.2.44)。EC2 インスタンス には、起動時にネットワークアドレス変換 (NAT) によって直接マッピングされる 2 つの IP アドレス (プライベートアドレス (RFC 1918 に準拠) とパブリックアドレス) が割り当てられます。例外: Amazon VPC 内部で起動するインスタンスには、プライベート IP アドレスのみが割り当てられます。

パブリックサブネット

サブネット の一種であり、そのインスタンスにインターネットからアクセスできるもの。

PV 仮想化

準仮想化。完全なハードウェアおよび CPU VMs 仮想化のための特別なサポート拡張機能を持たないホストシステムでゲストを実行できるようにします。PV ゲストは、ハードウェアエミュレーションを使用しない変更されたオペレーティングシステムを実行するため、ネットワーク機能の強化や GPU サポートなどのハードウェア関連の機能は実現できません。

参照 HVM 仮想化.

Q

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

四分位ビニング変換

Amazon Machine Learning: 2 つの入力、数値の変数、2 進数を呼び出したパラメータを使用して、カテゴリ変数を出力するプロセス。四分位ビニング変換は、機械学習モデルを有効にして、変数のディストリビューション内の非直線性を検出し、数値の変数分布の部分の重要性値を別に学習します。

Query

一般に、GET メソッドまたは POST HTTP メソッドと、URL でパラメータを設定したクエリ文字列のみを使用するタイプのウェブサービス。

参照 REST.

クエリ文字列認証

AWS の機能の 1 つ。Authorization ヘッダーに代わって HTTP リクエストのクエリ文字列に認証情報を配置します。これにより、bucket. 内のオブジェクトへの URL ベースのアクセスが可能になります。

キュー

一時ストレージに保管され、送信または処理を待機している一連のメッセージまたはジョブ。

キュー URL

キューを一意に識別するウェブアドレス。

クォータ

AWS アカウント内のリソース、アクション、および項目の最大値

R

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

レンジ GET

ダウンロード 1 回で取得するデータのバイト範囲を指定するリクエスト。オブジェクトが大きい場合、取得するバイト範囲をそれぞれ別に指定したレンジ GET リクエストを複数送信することによって、ダウンロードを小さい単位に分割することができます。

raw Eメール

E メールヘッダーと MIME タイプを指定できるタイプの sendmail リクエスト。

RDS

参照 Amazon Relational Database Service (Amazon RDS).

リードレプリカ

Amazon RDS: 他の DB インスタンスの実行中のコピー。ソース DB インスタンスのデータに対する更新はMySQL、5.1 の組み込みレプリケーション機能を使用してリードレプリカ DB インスタンスにレプリケートされます。

リアルタイム予測

Amazon Machine Learning は個々のデータ監視に対し、同期的に予測を生成します。

参照 バッチ予測.

recipe

Amazon Personalize: ユーザーが操作するアイテムを予測するために事前設定されたAmazon Personalizeアルゴリズム (USER_PERSONALIZATION レシピの場合)、またはユーザーが注目した特定のアイテム (RELATED_ITEMS レシピの場合) に類似したアイテムを計算する (PERSONALIZATION レシピの場合)、または特定のユーザーの予測された注目に基づいて提供するアイテムのコレクションをランク付け (PERSONALIZED_RANKING レシピの場合)。

参照 USER_PERSONALIZATION レシピ.

参照 RELATED_ITEMS レシピ.

参照 PERSONALIZED_RANKING レシピ.

推奨事項

Amazon Personalize: ユーザーがやり取りするとAmazon Personalize予測する項目のリスト。使用するAmazon Personalizeレシピに応じて、推奨事項は、アイテムのリスト (USER_PERSONALIZATION レシピと RELATED_ITEMS レシピ)、または指定したアイテムのコレクションランキング (PERSONALIZED_RANKING レシピ) のいずれかになります。

参照 recipe.

参照 キャンペーン.

参照 ソリューションバージョン.

参照 USER_PERSONALIZATION レシピ.

参照 RELATED_ITEMS レシピ.

参照 PERSONALIZED_RANKING レシピ.

受信ハンドル

Amazon SQS: キューからメッセージを受信するときに取得する識別子。この識別子は、キューからメッセージを削除する際や、メッセージの可視性タイムアウトを変更する際に必要になります。

レシーバー

に対する E メール配信を管理するネットワークシステム、ソフトウェア、およびポリシーから成るエンティティ。受取人.

受取人

Amazon Simple Email Service (Amazon SES): E メールメッセージを受信する個人または団体。たとえば、メッセージの [宛先] フィールドに名前がある人物が考えられます。

Redis

高速なオープンソースのインメモリ型キー値データ構造ストア。Redis には多目的なインメモリデータ構造が用意されており、これを使用してさまざまなカスタムアプリケーションを簡単に作成できます。

リファレンス

ある AWS リソース のプロパティをリソースに挿入する方法。たとえば、 Amazon EC2 セキュリティグループ プロパティを Amazon RDS リソースに挿入することができます。

リージョン

同じ地域にある AWS リソース のうち、指定されたもの。リージョンは最小 2 個の アベイラビリティーゾーン で構成されます。

回帰モデル

Amazon Machine Learning: 機械学習モデルのパフォーマンスを細かく設定する一般的なデータ変換のために、事前にフォーマットされた指示。

回帰モデル

家の正確な購入金額など、数値を予測する機械学習モデルのタイプ。

正規化

高品質な機械学習 (ML) モデルを得るために調整できる、ML パラメータ。正規化することで、ML モデルが、目にしたパターンを一般化する方法を学習する (別名 overfitting) 代わりにに、トレーニングデータの例を記憶しないようにできます。トレーニングデータがオーバーフィッティングされると、ML モデルではトレーニングデータはうまく実行しますが、評価データや新規のデータはうまく実行できません。

RELATED_ITEMS レシピ

Amazon Personalize: 指定されたアイテムに類似したアイテムをレコメンドする、アイテム間の類似度 (SIMS) レシピなどのレシピ。

参照 recipe.

参照 アイテム間の類似度 (SIMS) レシピ.

置き換え先環境

CodeDeploy Blue/Green デプロイ後のデプロイグループのインスタンス。

レプリカシャード

参照 シャード.

返信パス

返信 E メールが送られる E メールアドレス。 とは異なります。リターンパス.

Representational State Transfer

参照 REST.

評価

1. Amazon SES メトリクスバウンス。、、およびその他のメトリクスなど苦情、顧客が高品質 E メールを送信しているかどうかに関する要因に基づきます。

2. インターネットサービスプロバイダー (ISP) などのエンティティが、受信している E メールの送信元の IP アドレスが スパム. の発信元でないかどうかを判定する測定指標。

リクエスタ

特定のアクションを実行するために AWS にリクエストを送信するユーザー (またはアプリケーション)。AWS は、リクエストを受け取ると、まずリクエスタのアクセス許可を評価し、リクエスタがリクエストアクションを (該当する場合、リクエスト対象の に対して) 実行できるかどうかを確認します。リソース).

リクエスタ支払い

Amazon S3 が特定の 内のオブジェクトへのアクセスをリクエストするすべてのユーザーにデータ転送とリクエストのコストを支払うバケット所有者必要があることbucketを指定する機能。

リザベーション

同じ起動リクエストで起動される EC2 インスタンス の集合。 と混同しないようにご注意ください。リザーブドインスタンス.

リザーブドインスタンス

指定されたパラメータを満たすインスタンスのEC2 インスタンスオンデマンド使用料金が割引される の料金オプション。顧客は、インスタンスの使用方法にかかわらず、インスタンスの期間全体を通じて支払います。

リザーブドインスタンスマーケットプレイス

不要になったリザーブドキャパシティーを売りたい人物と、追加のキャパシティーの購入者をマッチするオンライン交換所。サードパーティーの販売者から購入した リザーブドインスタンス は残り期間が完全な標準期間よりも短くなっており、さまざまな前払い価格で販売されます。使用料金または定期的に支払う料金は、リザーブドインスタンスを最初に購入したときに設定された料金と同じ金額です。AWS から購入できるリザーブドインスタンスの完全な標準期間は、1 年間または 3 年間です。

リソース

ユーザーが AWS で使用できるエンティティ (EC2 インスタンスAmazon DynamoDB テーブル、、 Amazon S3 bucket IAM ユーザー、 AWS OpsWorks などスタック)。

リソースプロパティ

リソースAWS CloudFormation に AWS スタック. を入れるときに必要になる値。各リソースには、プロパティが関連付けられていることがあります。たとえば、AWS::EC2::Instance リソースには UserData プロパティがあります。AWS CloudFormation テンプレートでは、リソースにプロパティがない場合であっても、リソースでプロパティセクションの宣言が必要です。

リソースレコード

リソースレコードセット.ともいいます。ドメインネームシステム (DNS) 内の基本的な情報要素。

参照 ドメインネームシステム in Wikipedia.

REST

Representational State Transfer。一般的に HTTPS/TLS 経由で実行されるシンプルなステートレスアーキテクチャです。REST は、リソースには固有で階層構造の ID (URI) があり、一般的なメディアタイプ (HTML、XML、JSON など) で表され、リソースのオペレーションが事前に定義されているか、メディアタイプ内で発見可能なことを強調します。実際には、これによってオペレーションの数が制限されます。

参照 Query.

参照 WSDL.

参照 SOAP.

RESTful ウェブサービス

RESTful API とも呼ばれます。REST のアーキテクチャ制約に従うウェブサービス。API オペレーションでは、HTTP メソッドを明示的に使用する必要があります。階層 を公開URIsしJSON、XML、、またはその両方を転送します。

値を返す

Amazon CloudSearch: のインデックスフィールドのオプションの一種。フィールドの値が検索結果で返されるようになります。

リターンパス

バウンスとなったメールが返されるメールアドレス。このパスは、元の E メールのヘッダーで指定します。 とは異なります。返信パス.

revision

AWS CodePipeline: ソースアクション内で構成されている、ソースに加えられた変更。GitHub リポジトリにプッシュされたコミットや、バージョニングされた Amazon S3 bucket. のファイルに対する更新など。

ロール

AWSリソース の AWS アカウント. への一時アクセスを付与するツール。

ロールバック

AWS CloudFormation スタック. などのオブジェクトを作成できなかった場合に、以前の状態に戻すこと。失敗に終わった処理に関連付けられている リソース はすべて、ロールバック時に削除されます。AWS CloudFormation では、コマンドラインで --disable-rollback オプションを使用することによってこの処理をオーバーライドできます。

ルート

AWS Organizations: 組織のアカウント用の親コンテナ。ルートに サービスコントロールポリシー を適用する場合、組織のすべての 組織単位 とアカウントに適用されます。

ルート認証情報

AWSアカウント 所有者に関連付けられる認証情報。

ルートデバイスボリューム

ボリューム の起動に使用されるイメージが含まれている インスタンス です (ルートデバイス).とも呼ばれます)。にバックアップされた AMI からインスタンスを起動した場合インスタンスストア、これは に保存されているテンプレートからボリューム作成されたインスタンスストアですAmazon S3。にバックアップされた AMI からインスタンスを起動した場合Amazon EBS、これは Amazon EBS スナップショットから作成された Amazon EBS ボリュームです。

ルートテーブル

関連付けられている サブネット からのトラフィックを制御するためのルーティング規則。ルートテーブルにはサブネットをいくつも関連付けることができるものの、1 つのサブネットは 1 度に 1 つのルートテーブルにしか関連付けることができません。

行識別子

Amazon Machine Learning: 監視と予測の関連付けを簡単にするために出力される、評価または予測に含めることができる入力データの属性。

ルール

AWS WAF: AWS WAFリソース ディストリビューションなどの AWS へのウェブリクエストで Amazon CloudFrontが検索する一連の条件。ルールをウェブ ACL に追加し、各ルールに基づいてウェブリクエストを許可するか拒否するかを指定します。

S

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

S3

参照 Amazon Simple Storage Service (Amazon S3).

サンプリング期間

Amazon CloudWatch統計. を計算する期間として定めた時間 (1 分間など)。

サンドボックス

本稼働環境に影響を与えることなくアプリケーションの機能をテストすることができる場所。無料で利用でき、商品を購入する必要もありません。

Amazon SES: 開発者がサービスをテストおよび評価できるように設計された環境。サンドボックスでは、Amazon SES API のすべてにアクセスが可能ですが、メッセージの送信先に指定できるのは、検証済みの E メールアドレスとメールボックスシミュレーターのみとなります。サンドボックスを終了するには、本稼働環境へのアクセスを申請する必要があります。サンドボックスのアカウントは、送信制限 が本稼働アカウントよりも少なくなっています。

スケールイン

EC2 インスタンスを から削除します。Auto Scaling グループ.

スケールアウト

EC2 インスタンスを に追加します。Auto Scaling グループ.

スケーリングポリシー

需要の増減に応じて、Auto Scaling が自動的に Auto Scaling グループ をスケールする方法の説明。

参照 スケールイン.

参照 スケールアウト.

規模の拡大や縮小

インスタンスを起動または終了することによって、Auto Scaling グループ のサイズ、設定、または構成を変更するプロセス。

スケジューラー

taskコンテナインスタンス に配置するために使われる方法。

schema

Amazon Machine Learning: 機械学習モデルが入力データを解釈するために必要な情報。属性の名前と割り当てられたデータタイプ、特殊な属性などがあります。

スコアの切り捨て値

Amazon Machine Learning: 0 から 1 の範囲のスコアを出力するバイナリ分類モデル。監視が 1 または 0 のどちらに分類されるかを決定するには、分類しきい値を選択するか切り捨てて、Amazon ML はそのしきい値に対してスコアを比較します。切り捨てよりもスコアを持つ監視は 1 に等しいターゲットとして予測されます。切り捨て値より低いスコアを持つ監視は 0 に等しいターゲットとして予測されます。

SCP

参照 サービスコントロールポリシー.

検索 API

Amazon CloudSearch: に検索リクエストを送信するために使用する 検索ドメインAPI。

検索ドメイン

Amazon CloudSearch: 検索リクエストを処理する検索インスタンスと検索可能データをカプセル化したもの。通常は、検索するデータの集合それぞれに対して、別個の Amazon CloudSearch ドメインを設定します。

検索ドメイン設定

Amazon CloudSearch: ドメインのインデックス作成オプション、分析スキームexpressionサジェスタ、アクセスポリシー、スケーリング、用性オプション。

検索を有効にする

Amazon CloudSearch: のインデックスフィールドのオプションの一種。フィールドのデータを検索対象にすることができます。

検索エンドポイント

Amazon CloudSearch: 検索ドメインに検索リクエストを送信するときに接続する URL。各 Amazon CloudSearch ドメインには固有の検索エンドポイントがあり、ドメインの存続期間中にこれが変更されることはありません。

検索インデックス

Amazon CloudSearch: データの取得の速度と精度を向上するために検索可能データを一定の形式で表現したもの。

検索インスタンス

Amazon CloudSearch: データにインデックスを付け、検索リクエストを処理するためのコンピューティング リソース Amazon CloudSearch ドメインには検索インスタンスが 1 つ以上あり、それぞれに一定量の RAM および CPU リソースが割り当てられています。データ量が増えるにつれて、インデックスが付いたデータを格納するために配置する検索インスタンスの数とサイズが大きくなっていきます。インデックスは、必要に応じて複数のインスタンス間で自動的にパーティション分割されます。リクエストのボリュームや複雑さが増えると、処理能力の追加のため、各検索パーティションが自動的にレプリケートされます。

検索リクエスト

Amazon CloudSearchAmazon CloudSearch ドメインの検索エンドポイントに送信されるリクエストの一種。インデックスから特定の検索条件に合致するドキュメントを取得します。

検索結果

Amazon CloudSearch: 検索リクエストに合致する文書。検索ヒット.とも呼ばれます。

シークレットアクセスキー

プログラムによる AWS リクエストへの暗号を使用した署名に、アクセスキー ID とともに使用されるキー。リクエストに署名することで支払人を特定し、リクエストが変更されるのを防ぎます。AWS アカウント、個々の IAM ユーザー、一時セッションのシークレットアクセスキーを生成できます。

セキュリティグループ

あるインスタンスに対して許可されている受信方向のネットワーク接続 ( のセキュリティグループには、アウトバウンド接続のサポートAmazon VPCも含まれています)。 各セキュリティグループは、プロトコル、ポート、および IP アドレス範囲のリストで構成されます。セキュリティグループは複数のインスタンスに適用できます。また、1 つのインスタンスを複数のグループによる規制の対象にすることもできます。

支払人

E メールでメッセージを送信する個人または団体。

送信者 ID

Microsoft 社が管理するバージョンの SPF. E メールの認証となりすましの防止の機能を備えたシステム。送信者 ID の詳細については、Wikipedia の「送信者 ID」を参照してください。

送信制限

すべての送信クォータ最大送信レートアカウントAmazon SESに関連付けられている と 。

送信クォータ

24 時間内に を使用して送信できる E Amazon SES メールメッセージの最大数。

サーバー側の暗号化 (SSE)

サーバーレベルでのデータの暗号化Amazon S3 はサーバー側の暗号化の 3 つのモードをサポートしています。 がAmazon S3キーを管理する SSE-S3、顧客がキーを管理する SSE-C、 がAWS Key Management Service (AWS KMS)キーを管理する SSE-KMS です。

サービスコントロールポリシー

AWS Organizations: ユーザーやロールが、サービスコントロールポリシー (SCP) による影響を受けるアカウントで使用できるサービスやアクションを指定するポリシーベースのコントロールです。

サービスエンドポイント

参照 endpoint.

サービス状態ダッシュボード

AWS のサービスの可用性に関する最新情報を表示するウェブページ。ダッシュボードは にありますhttp://status.aws.amazon.com/

サービスクォータ

AWS のワークロードの増加に応じてクォータを簡単かつ大規模に表示および管理するためのサービス。クォータは制限とも呼ばれ、AWS アカウントに作成できるリソースの最大数です。

サービスロール

AWS にアクセスできるように AWS のサービスにアクセス許可IAMロールを付与する リソース。サービスロールにアタッチするポリシーによって、どの AWS リソースにサービスがアクセスできるか、およびそれらのリソースで何ができるかが決まります。

SES

参照 Amazon Simple Email Service (Amazon SES).

session

AWS Security Token Service (AWS STS) が提供する一時的なセキュリティ認証情報が、ユーザーの AWS アカウントへのアクセスを許可する期間。

SHA

Secure Hash Algorithm の略。SHA1 はこのアルゴリズムの以前のバージョンであり、AWS では現在使用していません。現在は、SHA256 を使用しています。

シャード

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES): インデックスのデータのパーティション。インデックスを複数のシャードに分割できます。このシャードには、プライマリシャード (元のシャード) とレプリカシャード (プライマリシャードの複製) を含むことができます。レプリカシャードはフェイルオーバーを提供します。つまり、クラスタノードにプライマリシャードフェイルが含まれる場合、レプリカシャードはプライマリシャードに昇格します。レプリカシャードは、リクエストを処理することもできます。

共有 AMI

ある開発者が別の開発者も使用できるように構築し、公開している Amazon マシンイメージ (AMI)

シャットダウンアクション

Amazon EMR: ジョブフローを終了する前に一連のコマンドを並行して実行するスクリプトを起動する、事前定義されたブートストラップアクション。

署名

デジタル署名を指し、デジタルメッセージの信頼性を確認する数学的方法です。AWS では、ウェブサービスに送信するリクエストを認証するために署名を使用します。詳細については、「https://aws.amazon.com/セキュリティ.」を参照してください。

SIGNATURE ファイル

AWS Import/Export: ストレージ デバイスのルートディレクトリにコピーするファイル。このファイルにはジョブ ID、マニフェストファイル、および署名が含まれています。

署名バージョン 4

インバウンド API が、すべての AWS リージョンの AWS のサービスにリクエストできるよう認証するプロトコル。

Simple Mail Transfer Protocol

参照 SMTP.

Simple Object Access Protocol

参照 SOAP.

Simple Storage Service

参照 Amazon Simple Storage Service (Amazon S3).

SIMS レシピ

参照 アイテム間の類似度 (SIMS) レシピ.

シングルサインオン

参照 AWS シングルサインオン.

Single-AZ DB インスタンス

1 つの DB インスタンス に配置されている標準 (マルチ AZ でない) アベイラビリティーゾーン。別のアベイラビリティーゾーンにスタンバイレプリカはありません。

参照 マルチ AZ 配置.

あいまいフレーズ検索

ある用語が別の用語と一致すると判定されるためには互いにどの程度似ていなければならないかを指定して実行する検索。

SMTP

Simple Mail Transfer Protocol の略。インターネットホスト間の E メールメッセージのやり取りで、ルーティングと配信を目的として使用されている規格です。

スナップショット

Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS): に保存される ボリュームのバックアップAmazon S3。このスナップショットは、新しい Amazon EBS ボリュームの開始点として使用できるほか、データを長期保存のために保護するのにも利用できます。

参照 DB スナップショット.

SNS

参照 Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS).

SOAP

Simple Object Access Protocol。アプリケーション間の特定のプロトコル (たとえば、HTTP や SMTP) 経由で情報を交換できる XML ベースのプロトコル。

参照 REST.

参照 WSDL.

ソフトバウンス

受信箱がいっぱいになった結果もたらされるような、一時的なメール配信障害。

ソフトウェア VPN

インターネット経由のソフトウェアアプライアンスベースの VPN 接続。

solution

Amazon Personalize: 推奨事項を生成するために使用できるレシピ、カスタマイズされたパラメータ、およびトレーニング済みモデル (ソリューションバージョン)。

参照 recipe.

参照 ソリューションバージョン.

参照 推奨事項.

ソリューションバージョン

Amazon Personalize: でソリューションの一部として作成するトレーニング済みモデルAmazon Personalize。キャンペーンでソリューションバージョンをデプロイして、推奨事項を生成します。

参照 solution.

参照 キャンペーン.

参照 推奨事項.

ソートを有効にする

Amazon CloudSearch: フィールドを使用して検索結果をソートできるようにするインデックスフィールドオプション。

ソートキー

復号プライマリキーにある、パーティションキーの順番の並べ替えに使用される属性 (別名範囲属性).

参照 パーティションキー.

参照 プライマリキー.

送信元/送信先チェック

EC2 インスタンス が、送信したすべてのトラフィックの送信元であることと、受信したすべてのトラフィックの最終的な送信先であること (つまり、インスタンスがトラフィックをリレーしていない) ことを検証するセキュリティ手段。送信元/送信先チェックはデフォルトで有効になっています。ゲートウェイとして機能するインスタンス (VPC NAT インスタンスなど) については、送信元/送信先チェックを無効にする必要があります。

スパム

未承諾一括 E メール。

スパムトラップ

未承諾 E メールを監視する目的でアンチスパムエンティティによって設定される E メールアドレス。実際のやり取りには使われません。ハニーポット.とも呼ばれます。

SPF

Sender Policy Framework。E メール認証の標準の 1 つです。

スポットインスタンス

未使用のEC2 インスタンスAmazon EC2キャパシティーを活用するために入札できる のタイプ。

スポット価格

任意の時点での スポットインスタンス の価格。上限価格が現在の価格を超え、かつ制限を満たしている場合、 はユーザーに代わってインスタンスAmazon EC2を起動します。

SQL のインジェクション一致の状態

AWS WAF: ウェブリクエストの部分を特定する属性。AWS WAF が疑わしい SQL コードを調べる、ヘッダーやクエリ文字列など。指定された条件に基づいて、 AWS WAFリソース ディストリビューションなどの AWS Amazon CloudFrontへのウェブリクエストを許可または拒否するように を設定できます。

SQS

参照 Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS).

SSE

参照 サーバー側の暗号化 (SSE).

SSL

Secure Sockets Layer

参照 Transport Layer Security (TLS).

SSO

参照 AWS シングルサインオン.

スタック

AWS CloudFormation: 単一のユニットとして作成および削除する AWS リソース のコレクション。

AWS OpsWorks: まとめて管理するインスタンスのセット。通常は、PHP アプリケーションの提供のように共通の用途があります。スタックはコンテナとして機能し、アプリケーションとクックブックの管理など、インスタンスのグループ全体に適用されるタスクを処理します。

ステーション

AWS CodePipeline: 1 つ以上のアクションが実行される、パイプラインワークフローの一部。

ステーション

AWS Import/Export データをストレージデバイスから送受信する AWS ファシリティ上の場所。

統計

特定の に送信される値の 5 つの関数のいずれか。サンプリング期間. これらの関数はMaximum、、、MinimumSumAverage、および SampleCountです。

語幹

関連する一連の単語に共通する基本部分または部分文字列。

語幹解釈

関連する単語を共通の語幹に対応付けるプロセス。これにより、単語のバリエーションの照合が可能になります。たとえば "horse" が検索されたときに、horse 以外に horses、horseback、horsing を返すことができます。Amazon CloudSearch では、辞書ベースとアルゴリズム語幹解釈の両方をサポートしています。

step

Amazon EMR: のデータに適用される単一の関数ジョブフロー。すべてのステップを合わせることで、ジョブフローが構成されます。

ステップタイプ

Amazon EMR: ステップで実行される作業のタイプ。Amazon S3 から Amazon EC2、または Amazon EC2 から Amazon S3. へのデータの移動など、ステップタイプの数には制限があります。

スティッキーセッション

Elastic Load Balancing ロードバランサーの機能の 1 つで、ユーザーのセッションを特定のアプリケーションインスタンスにバインドし、セッション中にユーザーから受信したすべてのリクエストが同じアプリケーションインスタンスに送信されるようにします。デフォルトではこれとは対照的な処理が行われ、ロードバランサーは負荷が最小になるように各リクエストを個別にアプリケーションインスタンスにルーティングします。

停止

インデックスまたは検索リクエストからストップワードをフィルタリングするプロセス。

ストップワード

あまりに一般的であるため対象にすると不要な一致が大量に生じる、重要ではないなどの理由で、検索リクエストから自動的に除外される単語。インデックスも作成されません。ストップワードは言語固有です。

ストリーミング

Amazon EMR: Java 以外の言語でHadoop実行可能ファイルを作成できる、 に付属MapReduceしているユーティリティ。

Amazon CloudFront: メディアファイルをリアルタイムに使用する機能—メディアファイルはサーバーから安定的に送信されます。

ストリーミングディストリビューション

リアルタイムメッセージングプロトコル (RTMP) 接続によってストリームされたメディアファイルを処理する特殊な ディストリビューション

Streams

参照 Amazon Kinesis Data Streams.

署名対象の文字列

HMAC 署名を計算する前に、必要なコンポーネントを正規順序でアセンブルします。事前に暗号化された文字列は署名対象の文字列です。

文字列の一致の状態

AWS WAF: ヘッダーの値やクエリ文字列など、AWS WAF がウェブリクエストを検索する文字列を指定する属性。指定された文字列に基づいて、 AWS WAFリソース ディストリビューションなどの AWS CloudFrontへのウェブリクエストを許可または拒否するように を設定できます。

強力な整合性のある読み込み

リージョンにかかわらず、成功した以前のすべての書き込みオペレーションからの更新が反映された最新データの応答を返す読み込みプロセス—

参照 データの整合性.

参照 最終的な一貫性.

参照 結果的に整合性のある読み込み.

構造化クエリ

Amazon CloudSearch 構造化クエリ言語を使用して指定された検索条件。構造化クエリ言語を使用すると、高度な検索オプションが使用され、ブール演算子で複数の検索条件が組み合わされた複合クエリを構成できます。

STS

参照 AWS Security Token Service (AWS STS).

サブネット

VPC をアタッチできる EC2 インスタンス の IP アドレス範囲の一部分。セキュリティと運用上の必要に応じて、サブネットを作成し、インスタンスをグループ分けできます。

サブスクリプションボタン

お客様に基本料金を簡単に課金できるようにする HTML コードのボタン。

サジェスタ

Amazon CloudSearch: あいまい一致を有効にしたり、候補の並べ替え方法を制御したりするオプションと、オートコンプリートの候補を取得するために使用するインデックスフィールドを指定します。

提案

で指定されたフィールドに部分検索文字列の一致を含むドキュメントサジェスタAmazon CloudSearch の提案には、一致する各ドキュメントのドキュメントIDsとフィールド値が含まれます。文字列がフィールドの先頭から始まるコンテンツと一致した場合に、"一致" と見なされます。

サポートされる AMI

Amazon マシンイメージ (AMI) と同様の 。ただしペイド AMI、お客様が独自の で使用する追加のソフトウェアまたはサービスについては、所有者が課金する点を除きAMIsます。

SWF

参照 Amazon Simple Workflow Service (Amazon SWF).

対称暗号化

プライベートキーのみを使用する暗号化

参照 非対称暗号化.

同期バウンス

バウンス の一種。支払人レシーバー の E メールサーバーがアクティブに通信する際に発生します。

シノニム

インデックスが作成された単語とまったく同じか、ほぼ同じ単語であり、検索リクエストで指定された場合に結果が同じになります。たとえば、「Rocky Four」または「Rocky 4」を検索すると、Rocky の 4 番目の映画が返されます。これは、その four と を の4シノニムとして指定することで実行できますIV。 シノニムは言語固有です。

T

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

table

データの収集。他のデータベース管理システムと同様、DynamoDB はデータをテーブルに保存します。

tag

AWS など、定義して リソース EC2 インスタンス. に割り当てることができるメタデータ。すべての AWS リソースにタグを付けられるわけではありません。

タグ付け

リソースにタグを付ける: AWS tag には、リソース. を適用します。

Amazon SESラベリング.とも呼ばれます。リターンパス E メールアドレスをフォーマットする手段です。これにより、メッセージの受信者ごとに異なるリターンパスを指定できます。タグ付けにより、 をサポートできます。VERP. たとえば、アンドリューがメーリングリストを管理しているとすると、アンドリューは、andrew+recipient1@example.net と andrew+recipient2@example.net というリターンパスを使用して、バウンスされる E メールを特定できます。

ターゲットの属性

Amazon Machine Learning (Amazon ML): 「正しい」回答を含む入力データの属性。Amazon ML は、ターゲット属性を使用して、新しいデータで予想を作成する方法を学習します。たとえば、家の販売価格を予測するモデルをビルドする場合、ターゲット属性は「ターゲット販売価格 (米ドル) 」となります。

ターゲットリビジョン

AWS CodeDeploy: リポジトリにアップロードされたアプリケーションの最新のリビジョンで、デプロイグループ内のインスタンスにデプロイされるもの。つまり、現在デプロイの対象としているアプリケーションリビジョン。これは、自動デプロイにプルされるリビジョンでもあります。

task

タスク定義 で実行中の コンテナインスタンス. のインスタンス化。

タスク定義

タスクの設計図。task、リビジョン、コンテナの定義ボリューム 情報を指定します。

タスクノード

マップを実行し、タスクを減らす EC2 インスタンス。データは保存しません。Hadoopタスクノードは、ノードに Hadoop タスクを割り当て、ステータスをモニタリングする マスターノード によって管理されます。ジョブフローの実行中、タスクノードは増やすことも減らすこともできます。タスクノードはデータが格納されず、ジョブフローへの追加、削除ができるので、容量を増やすことでピークロードに対応し、後から減らすなど、ジョブフローで使用される EC2 インスタンス容量を管理するために使用できます。

タスクノードは TaskTracker Hadoop デーモンのみを実行します。

テビバイト (TiB)

「テラバイナリバイト」の略。1 テビバイトは 2^40、つまり 1,099,511,627,776 バイトです。1 テラバイト (TB) は 10^12、つまり 1,000,000,000,000 バイトです。1,024 TiB は ですペビバイト (PiB)

テンプレート形式バージョン

AWS CloudFormation テンプレートデザインのバージョン。これにより利用可能な機能が決まります。テンプレートから AWSTemplateFormatVersion セクションを省略すると、AWS CloudFormation は最新の形式バージョンを使用します。

テンプレートの検証

JSON テンプレートで AWS CloudFormation コードの使用を確認するプロセス。AWS CloudFormation コマンドを使用して、任意の cfn-validate-template テンプレートを検証できます。

一時的な認証情報

STS API アクションを呼び出すAWS STSときに によって提供される認証情報。アクセスキー IDシークレットアクセスキーsession トークン、有効期限が含まれています。

スロットリング

1 つ以上の制限に基づく、プロセスの自動制限または遅延。例: Amazon Kinesis Data Streams は、アプリケーション (または同じストリームで動作するアプリケーションのグループ) がシャードの限界より高速にシャードからデータを取得しようとすると、対応するオペレーションを調整します。Amazon API Gateway は単一アカウントの一定リクエスト率を制限するために、スロットリングを使用します。Amazon SES送信制限. を超える E メール送信の試行を拒否するために、スロットリングを使用します。

時系列データ

メトリックの一部として提供されるデータ。時間の値は、それが生じた時点と想定されます。メトリックは Amazon CloudWatch の基本的概念で、時系列に並んだデータポイントのセットを表しています。メトリックデータポイントを CloudWatch にパブリッシュし、後でそのデータポイントに関する統計情報を時系列に並んだデータセットとして取得することができます。

timestamp

ISO 8601 形式の日付/時間文字列。

TLS

参照 Transport Layer Security (TLS).

トークン分割

スペースやハイフンなど、検出可能な境界で個別のトークンにテキストのストリームを分割するプロセス。

topic

メッセージを送信し、通知を受信する通信チャネル。発行者と受信者が相互に意思疎通するためのアクセスポイントを提供します。

トラフィックのミラーリング

Amazon EC2 インスタンスの Elastic Network Interface からネットワークトラフィックをコピーし、コンテンツの検査、脅威のモニタリング、トラブルシューティングのため、帯域外セキュリティおよびモニタリングアプライアンスに送信できる Amazon VPC の機能。

参照 https://aws.amazon.com/vpc/.

トレーニングデータソース

Amazon Machine Learning が機械学習モデルの予測作成をトレーニングするために使用するデータを含む、データソース。

移行

AWS CodePipeline: ワークフローの、ある段階から次へと継続するパイプラインにおける、1 つのリビジョンの操作

Transport Layer Security (TLS)

インターネット経由の通信のセキュリティを提供する暗号化プロトコル。その前のバージョンが Secure Sockets Layer (SSL) です。

信頼ポリシー

固有の部分IAMポリシーである IAM ロール。信頼ポリシーはどの プリンシパル がロールを使用するかを指定します。

信頼されたキーグループ

Amazon CloudFront パブリックキーがCloudFront署名付きCloudFrontおよび署名付き Cookie URLsの署名を検証するために使用できるキーグループ。

信頼された署名者

」を参照してください。信頼されたキーグループ.

チューニング

ジョブAMIsHadoopフローを最も効率的に実行する の数とタイプを選択します。

トンネル

インターネットを使用してプライベートネットワークのノードに接続するとき、プライベートネットワークのトラフィックを送信するルート。トンネルは暗号化や、PPTP などのセキュリティで保護されたプロトコルを使用して、パブリックのルーティングノードを通過するときにトラフィックが攻撃されるのを防ぎます。

U

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

unbounded

潜在的な発生数は、設定された数で制限されません。この値は、maxOccurs="unbounded" で、リスト (たとえば、WSDL.) のデータ型を定義するときによく使用されます。

単位

メトリクスデータとして Amazon CloudWatch に送信された値の基準となる大きさ。単位には、秒、パーセント、バイト、ビット、カウント、バイト/秒、ビット/秒、カウント/秒、なし、があります。

VPC からのリンクの解除

インスタンスが有効な ClassicLink から EC2-Classic のリンクを解除 (またはデタッチ) するプロセスVPC

参照 ClassicLink.

参照 VPC へのリンク .

使用状況レポート

特定の AWS サービスの使用率を詳しく記述する AWS レコード。使用状況レポートは、https://aws.amazon.com/usage-reports/. から生成してダウンロードできます。

ユーザー

AWS 製品に対して API 呼び出しを実行する必要がある、アカウント に属する人やアプリケーション。各ユーザーには、AWS アカウント内で一意の名前が付いており、認証情報の一連は、他のユーザーと共有しません。これらの認証情報は、AWS アカウントの認証情報とは異なります。各ユーザーは、1 つだけの AWS アカウントと関連付けられます。

ユーザーデータセット

Amazon Personalize: 年齢、性別、ロイヤリティメンバーシップなど、ユーザーに関するメタデータのコンテナ。

参照 データセット.

ユーザーパーソナライゼーションレシピ

Amazon Personalize: ユーザーがやり取りするアイテムを予測する HRNN ベースの USER_PERSONALIZATION レシピ。ユーザーパーソナライゼーションレシピは、アイテムの探索とインプレッションデータを使用して、新しいアイテムのレコメンデーションを生成できます。

参照 HRNN.

参照 recipe.

参照 USER_PERSONALIZATION レシピ.

参照 項目探索.

参照 のインプレッション数のデータ.

参照 推奨事項.

USER_PERSONALIZATION レシピ

Amazon Personalize: インタラクション、アイテム、ユーザーのデータセットで提供されるデータに基づいて、ユーザーがやり取りするアイテムを予測するレコメンデーションシステムを構築するために使用されるレシピ。

参照 recipe.

参照 ユーザーパーソナライゼーションレシピ.

参照 popularity-count レシピ.

参照 HRNN.

V

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

検証

参照 テンプレートの検証.

スプレッドシートのセルなど、項目の属性のインスタンス。属性は複数の値を持っている可能性があります。

リソースのタグ付け: タグカテゴリ (キー) の記述子として機能する特定の tag ラベル。たとえば、タグキーが EC2 インスタンスOwner で、タグ値が Jan の があるとします。 最大 10 個のAWSキーと値のペアリソース–で にタグを付けることができます。すべての AWS リソースにタグを付けられるわけではありません。

可変エンベロープリターンパス

参照 VERP.

検証

E メールアドレスまたはドメインを所有して、確実に E メールを送受信できるようにするプロセス。

VERP

可変エンベロープリターンパス。E メールを送信するアプリケーションが、受信者ごとに異なる バウンス を使用して、リターンパス した E メールと、バウンスの原因となった配信不能のアドレスを一致させる方法。VERP は、通常メーリングリストに使用されます。VERP では、受信者の E メールアドレスがリターンパスのアドレスに組み込まれ、そこにバウンスした E メールが返されます。これにより、コンテンツが異なるバウンスメッセージを開く必要はなく、バウンスした E メールの処理を自動的に行うことができます。

バージョニング

のすべてのオブジェクトには、キーとバージョン ID Amazon S3 があります。同じキーで、異なるバージョンのオブジェクトIDsは同じ に保存できますbucket。バージョニングは、バケット層で有効で、PUT Bucket のバージョニングを使用します。

VGW

参照 仮想プライベートゲートウェイ (VGW).

仮想化

複数のゲスト仮想マシン (VM) をホストオペレーティングシステム上で実行できます。ゲストVMsは、仮想化のタイプに応じて、ホストハードウェアの 1 つ以上のレベルで実行できます。

参照 PV 仮想化.

参照 HVM 仮想化.

virtual private cloud

参照 VPC.

仮想プライベートゲートウェイ (VGW)

接続を保持している、VPN 接続 の Amazon 側。仮想プライベートゲートウェイの内部インターフェイスは、VPN アタッチメントを介して VPC に接続されます。外部インターフェイスは VPN 接続に接続され、につながります。カスタマーゲートウェイ.

可視性タイムアウト

あるアプリケーションコンポーネントによってキューからメッセージが取得された後、他のアプリケーションからメッセージにアクセスできない期間。可視性タイムアウトの間、メッセージを受信したコンポーネントは、通常メッセージを処理してキューから削除します。これにより、複数のコンポーネントが同じメッセージを処理するのを防ぐことができます。

VM Import/Export

仮想マシン (VM) イメージを既存の仮想化環境から Amazon EC2 にインポートし、それを元の環境にエクスポートするサービス。

参照 https://aws.amazon.com/ec2/vm-import.

ボリューム

のストレージの固定量。インスタンス. コンテナが実行しなくなる場合、コンテナ 間でボリュームデータを共有し、コンテナインスタンス でデータを保持できます。

VPC

Virtual Private Cloud。インフラストラクチャ、プラットフォーム、および共通のセキュリティと相互接続を共有するアプリケーションサービスによって追加される伸縮性のあるネットワーク。

VPC エンドポイント

VPC インスタンス、NAT、または VPN 接続 経由でのインターネットを介したアクセスを使用せずに、AWS Direct Connect. と別の AWS サービスとの間でプライベート接続を作成できる機能。

VPG

参照 仮想プライベートゲートウェイ (VGW).

VPN CloudHub

参照 AWS VPN CloudHub.

VPN 接続

アマゾンウェブサービス (AWS): 企業のデータセンター、ホームネットワーク、コロケーション設備など、 IPsec と他のネットワーク間のVPC接続。

W

Numbers and symbols | A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X, Y, Z

WAM

参照 Amazon WorkSpaces Application Manager (Amazon WAM).

ウェブアクセスコントロールリスト (web ACL)

AWS WAF: が AWS WAFリソース ディストリビューションAmazon CloudFrontなどの AWS へのウェブリクエストで検索する条件を定義する一連のルール。ウェブアクセスコントロールリスト (ウェブ ACL) はリクエストを許可、ブロック、カウントするかどうかを指定します。

ウェブサービス記述言語

参照 WSDL.

WSDL

ウェブサービス記述言語。ウェブサービスが実行できるアクションと、アクションリクエストとアクションレスポンスの構文を記述するために使用される言語。

参照 REST.

参照 SOAP.

X、Y、Z

X.509 証明書

に記載されているエントリに所属するパブリックキーを検証するため、X.509 パブリックキーインフラストラクチャ (PKI) を使用するデジタル文書。証明書.

ヨビバイト (YiB)

「ヨタバイナリバイト」の略。1 ヨビバイトは 2^80、つまり 1,208,925,819,614,629,174,706,176 バイトです。1 ヨタバイト (YB) は 10^24、つまり 1,000,000,000,000,000,000,000,000 バイトです。

ゼビバイト (ZiB)

「ゼタバイナリバイト」の略。1 ゼビバイトは 2^70、つまり 1,180,591,620,717,411,303,424 バイトです。1 ゼタバイト (ZB) は 10^21、つまり 1,000,000,000,000,000,000,000 バイトです。1,024 ZiB はですヨビバイト (YiB)

ゾーン対応

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES): 同じリージョン内で 2 つの アベイラビリティーゾーン を通して、クラスター内のノードを分散する設定。ノードとデータに関する障害が発生した際、ゾーン対応はデータロスを防ぎ、ダウンタイムを最小限に抑えるために役立ちます。ゾーン対応を有効にする場合、インスタンス数に偶数のデータインスタンスを持ち、Amazon Elasticsearch Service 設定 API を使用して Elasticsearch クラスターのデータをレプリケートする必要があります。