AWS 全般のリファレンス
リファレンスガイド (Version 1.0)

AWS リージョンの管理

2019 年 3 月 20 日より前に導入された AWS リージョンはデフォルトで有効になっています。これらのリージョンでは、すぐに使用を開始できます。2019 年 3 月 20 日以降に導入された アジアパシフィック (香港) などのリージョンはデフォルトでは無効になっています。これらのリージョンを使用するには、有効にする必要があります。

AWS リージョンがデフォルトで無効になっている場合は、AWS マネジメントコンソール を使用してリージョンを有効化または無効化できます。AWS リージョンを有効化または無効化することで、AWS アカウントのユーザーがそのリージョンのリソースにアクセスできるかどうかを制御できます。

AWS リージョンについて

AWS リージョンは地理的な領域内の AWS リソースのコレクションです。各 AWS リージョンは他のリージョンから分離され、独立しています。あるリージョンで作成したリソースは、AWS のサービスで提供されるレプリケーション機能を明示的に使用しないかぎり、他のリージョンに存在することはありません。

AWS Identity and Access Management (IAM) などの一部のサービスには、リージョンのリソースが存在しない場合があります。Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) などの他のサービスでは、クロスリージョンレプリケーションがサポートされています。

リージョンでは耐障害性や安定性が提供され、レイテンシーを低減することもできます。これにより、リージョンの障害の影響を受けずに利用できる冗長リソースを作成できます。管理者はリージョンを有効および無効にし、ポリシーの条件を使用して特定の AWS リージョンで AWS のサービスへのアクセスを制御できます。

各リージョンでサポートされている AWS のサービスの一覧 (エンドポイントなし) については、リージョン表を参照してください。

リージョンを有効にする

リージョンを有効にするには、リージョンを有効化するアクセス許可が付与されているアカウントの管理者である必要があります。このようなアクセス許可を含むサンプルポリシーを表示するには、IAM ユーザーガイド の「AWS: AWS リージョンの有効化および無効化」を参照してください。

リージョンを有効にした場合、AWS は、該当のリージョンにアカウントを準備するためのアクション (例: リージョンへの IAM リソースの分散) を行います。ほとんどのアカウントでは、このプロセスに数分かかりますが、数時間かかることがあります。このプロセスが完了するまでそのリージョンを使用することはできません。

リージョンを有効にするには

  1. リージョンの有効化を許可するポリシーがアタッチされている管理者の認証情報を使用して、AWS マネジメントコンソール にサインインします。このようなアクセス許可が付与されているサンプルポリシーを表示するには、IAM ユーザーガイド の「AWS: AWS リージョンの有効化および無効化」を参照してください。

  2. コンソールの右上隅のアカウント名またはアカウント番号を選択し、続いて [自分のアカウント] を選択します。

  3. [AWS リージョン] セクションで、有効にするリージョンの名前の横にある [有効化] を選択します。

  4. ダイアログボックスの情報テキストを確認し、[Enable Region (リージョンの有効化)] を選択します。

  5. リージョンが使用できるようになるまで待ちます。

リージョンを無効にする

アカウントのメンバーが不要になったリージョンを無効にするには、まずそのリージョンからすべてのリソースを削除する必要があります。リージョンを無効にすると、そのリージョンのリソースを表示または管理することはできません。ただし、そのリージョンのリソースに対して引き続き料金が発生することがあります。詳細については、『AWS Billing and Cost Management ユーザーガイド』の「リージョンの有効化および無効化」を参照してください。

重要

リージョンを無効にすると、そのリージョンのリソースは、ただちに使用できなくなります。

リージョンを無効にするには

  1. リージョンの無効化を許可するポリシーがアタッチされている管理者の認証情報を使用して、AWS マネジメントコンソール にサインインします。このようなアクセス許可が付与されているサンプルポリシーを表示するには、IAM ユーザーガイド の「AWS: AWS リージョンの有効化および無効化」を参照してください。

  2. コンソールの右上隅のアカウント名またはアカウント番号を選択し、続いて [自分のアカウント] を選択します。

  3. [AWS リージョン] セクションで、無効にするリージョンの名前の横にある [無効化] を選択します。

  4. ダイアログボックスの情報テキストを確認し、[Disable Region (リージョンの無効化)] を選択します。

AWS CLI を使用するリージョンの記述

describe-regions コマンドを使用して、アカウントで使用可能なリージョンが有効または無効かどうかを記述します。

aws ec2 describe-regions --all-regions

リージョンがデフォルトで有効になっている場合、出力には以下が含まれます。

"OptInStatus": "opt-in-not-required"

リージョンが有効になっていない場合、出力には以下が含まれます。

"OptInStatus": "not-opted-in"

オプトインリージョンが有効になると、出力には以下が含まれます。

"OptInStatus": "opted-in"