AWS Service Catalog エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

AWS Service Catalog エンドポイントとクォータ

このサービスのサービスエンドポイントおよびサービスクォータを以下に示します。AWS のサービスにプログラムで接続するには、エンドポイントを使用します。標準の AWS エンドポイントに加えて、一部の AWS のサービスは選択されたリージョンで FIPS エンドポイントを提供します。詳細については、Amazon サービスエンドポイントを参照してください。サービスクォータ (制限とも呼ばれます) は、AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、Amazon サービスクォータを参照してください。

サービスエンドポイント

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2

servicecatalog.us-east-2.amazonaws.com

servicecatalog-fips.us-east-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国東部 (バージニア北部) us-east-1

servicecatalog.us-east-1.amazonaws.com

servicecatalog-fips.us-east-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1

servicecatalog.us-west-1.amazonaws.com

servicecatalog-fips.us-west-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国西部 (オレゴン) us-west-2

servicecatalog.us-west-2.amazonaws.com

servicecatalog-fips.us-west-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

アフリカ (ケープタウン) af-south-1 servicecatalog.af-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (香港) ap-east-1 servicecatalog.ap-east-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ジャカルタ) ap-southeast-3 servicecatalog.ap-southeast-3.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1 servicecatalog.ap-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (大阪) ap-northeast-3 servicecatalog.ap-northeast-3.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 servicecatalog.ap-northeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 servicecatalog.ap-southeast-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 servicecatalog.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 servicecatalog.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
カナダ (中部) ca-central-1 servicecatalog.ca-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 servicecatalog.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 servicecatalog.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ロンドン) eu-west-2 servicecatalog.eu-west-2.amazonaws.com HTTPS
ヨーロッパ (ミラノ) eu-south-1 servicecatalog.eu-south-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (パリ) eu-west-3 servicecatalog.eu-west-3.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ストックホルム) eu-north-1 servicecatalog.eu-north-1.amazonaws.com HTTPS
中東 (バーレーン) me-south-1 servicecatalog.me-south-1.amazonaws.com HTTPS
南米 (サンパウロ) sa-east-1 servicecatalog.sa-east-1.amazonaws.com HTTPS
AWS GovCloud (米国東部) us-gov-east-1

servicecatalog.us-gov-east-1.amazonaws.com

servicecatalog-fips.us-gov-east-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

AWS GovCloud (米国西部) us-gov-west-1

servicecatalog.us-gov-west-1.amazonaws.com

servicecatalog-fips.us-gov-west-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

サービスクォータ

名前 デフォルト 調整可能 説明
属性グループあたりのアプリケーション サポートされている各リージョン: 1,000 はい 属性グループあたりのアプリケーションの最大数
リージョンあたりのアプリケーション サポートされている各リージョン: 2,000 はい リージョンごとに作成できるアプリケーションの最大数
アプリケーションあたりの属性グループ サポートされている各リージョン: 1,000 はい アプリケーションあたりの属性グループの最大数
リージョンあたりの属性グループ サポートされている各リージョン: 2,000 はい リージョンごとに作成できる属性グループの最大数
組織あたりの委任管理者 サポートされている各リージョン: 50 いいえ 組織ごとに登録できる委任管理者の最大数
リージョンあたりのポートフォリオ サポートされている各リージョン: 100 はい リージョンごとに作成できるポートフォリオの最大数
製品あたりの製品バージョン サポートされている各リージョン: 100 はい 製品ごとに作成できる製品バージョンの最大数
ポートフォリオあたりの製品 サポートされている各リージョン: 150 はい ポートフォリオごとに作成できる製品の最大数
リージョンあたりの製品 サポートされている各リージョン: 350 はい リージョンごとに作成できる製品の最大数
アプリケーションあたりのリソース サポートされている各リージョン: 1,000 はい アプリケーションあたりのリソースの最大数
プロビジョニングアーティファクトあたりのサービスアクションの関連付け サポートされている各リージョン: 25 いいえ プロビジョニングアーティファクトごとに作成できるサービスアクションの関連付けの最大数
リージョンあたりのサービスアクション サポートされている各リージョン: 200 いいえ リージョンごとに作成できるサービスアクションの最大数
ポートフォリオあたりの共有アカウント サポートされている各リージョン: 5,000 いいえ ポートフォリオあたりの共有アカウントの最大数
リソースあたりの TagOption サポートされている各リージョン: 25 いいえ リソースに関連付けられる TagOptions の最大数
ポートフォリオあたりのタグ サポートされている各リージョン: 20 いいえ ポートフォリオごとに作成できるタグの最大数
製品あたりのタグ サポートされている各リージョン: 20 いいえ 製品ごとに作成できるタグの最大数
プロビジョニング済み製品あたりのタグ サポートされている各リージョン: 50 いいえ プロビジョニング済み製品ごとに作成できるタグの最大数
ポートフォリオあたりのユーザー、グループ、ロール サポートされている各リージョン: 100 はい ポートフォリオごとに作成できるユーザー、グループ、ロールの最大数
製品あたりのユーザー、グループ、ロール サポートされている各リージョン: 200 はい ポートフォリオごとに作成できるユーザー、グループ、ロールの最大数
TagOption あたりの値 サポートされている各リージョン: 25 いいえ TagOption ごとに異なる値の最大数

詳細については、AWS Service Catalog 管理者ガイドの「AWS Service Catalog のデフォルトサービスクォータ」を参照してください。