Amazon Timestream エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

Amazon Timestream エンドポイントとクォータ

このサービスのサービスエンドポイントおよびサービスクォータを以下に示します。AWS のサービスにプログラムで接続するには、エンドポイントを使用します。標準の AWS エンドポイントに加えて、一部の AWS のサービスは選択されたリージョンで FIPS エンドポイントを提供します。詳細については、「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。サービスクォータ (制限とも呼ばれます) は、AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。

サービスエンドポイント

次のエンドポイントを使用して、書き込み API のエンドポイントを取得します。

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2

ingest.timestream.us-east-2.amazonaws.com

ingest.timestream-fips.us-east-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国東部 (バージニア北部) us-east-1

ingest.timestream.us-east-1.amazonaws.com

ingest.timestream-fips.us-east-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国西部 (オレゴン) us-west-2

ingest.timestream.us-west-2.amazonaws.com

ingest.timestream-fips.us-west-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 ingest.timestream.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 ingest.timestream.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 ingest.timestream.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 ingest.timestream.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS

クエリ API のエンドポイントを取得するには、次のエンドポイントを使用します。

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2

query.timestream.us-east-2.amazonaws.com

query.timestream-fips.us-east-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国東部 (バージニア北部) us-east-1

query.timestream.us-east-1.amazonaws.com

query.timestream-fips.us-east-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国西部 (オレゴン) us-west-2

query.timestream.us-west-2.amazonaws.com

query.timestream-fips.us-west-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 query.timestream.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 query.timestream.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 query.timestream.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 query.timestream.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS

詳細については、Amazon Timestream デベロッパーガイドAPI の使用を参照してください。

サービスクォータ

名前 デフォルト 調整可能 説明
クエリ結果のデータサイズ サポートされている各リージョン: 5 GB いいえ クエリ結果の最大データサイズ。
データベース名の長さ サポートされている各リージョン: 256 バイト いいえ データベース名の最大バイト数。
アカウントあたりのデータベース サポートされている各リージョン: 500 いいえ AWS アカウントごとに作成できるデータベースの最大数。
シリーズあたりのディメンション名とディメンション値のペアのサイズ サポートされている各リージョン: 2 KB いいえ シリーズあたりのディメンション名とディメンション値の最大サイズ。
ディメンション名の長さ サポートされている各リージョン: 60 バイト いいえ ディメンション名の最大バイト数。
テーブルあたりのディメンション サポートされている各リージョン: 128 いいえ テーブルあたりのディメンションの最大数。
クエリの実行期間 (時間) サポートされている各リージョン: 1 いいえ クエリの最大実行期間 (時間単位)。時間がかかるクエリはタイムアウトします。
将来の取り込み期間 (分) サポートされている各リージョン: 30 いいえ 現在のシステム時間と比較した時系列データの最大リードタイム (分単位)。例えば、将来の取り込み期間が 30 分である場合、Timestream は現在のシステム時刻より最大 30 分前のデータを受け入れます。
データベースあたりのアクティブなマグネティックストアパーティションの最大数 サポートされている各リージョン: 250 いいえ データベースあたりのアクティブなマグネティックストアパーティションの最大数。パーティションは、取り込みを受け取ってから最大 6 時間アクティブなままになることがあります。
マグネティックストアの最大保持期間 (日) サポートされている各リージョン: 73,000 いいえ マグネティックストアにデータを保持できる最大期間 (日数)。
メモリストアの最大保持期間 (時間) サポートされている各リージョン: 8,766 いいえ テーブルごとにデータをメモリストアに保持できる最大期間 (時間単位)。
メジャー名の長さ サポートされている各リージョン: 256 バイト いいえ メジャー名の最大バイト数。
複数メジャーレコードあたりのメジャー値サイズ サポートされている各リージョン: 2,048 バイト いいえ 複数メジャーレコードあたりのメジャー値の最大サイズ。
複数メジャーレコードあたりのメジャー サポートされている各リージョン: 256 いいえ 複数メジャーレコードあたりのメジャーの最大数。
テーブルあたりのメジャー サポートされている各リージョン: 8,192 いいえ テーブルあたりのメジャーの最大数。
クエリ結果のメタデータのサイズ サポートされている各リージョン: 100 KB いいえ クエリ結果の最大メタデータサイズ。
マグネティックストアの最小保持期間 (日) サポートされている各リージョン: 1 いいえ テーブルごとにデータをマグネティックストアに保持する必要がある最小期間 (日数)。
メモリストアの最小保持期間 (時間) サポートされている各リージョン: 1 いいえ テーブルごとにデータをメモリストアに保持する必要がある最小期間 (時間単位)。
QueryString の長さ (KiB) サポートされている各リージョン: 256 いいえ UTF-8 でエンコードされたクエリ文字列の最大長 (KiB 単位)。
WriteRecords API リクエストあたりのレコード サポートされている各リージョン: 100 いいえ WriteRecords API リクエストのレコードの最大数。
アカウントごとのスケジュールされたクエリ サポートされている各リージョン: 10,000 いいえ AWS アカウントごとに作成できるスケジュールされたクエリの最大数。
テーブル名の長さ サポートされている各リージョン: 256 バイト いいえ テーブル名の最大バイト数。
アカウントあたりのテーブル数 サポートされている各リージョン: 50,000 いいえ AWS アカウントごとに作成できるテーブルの最大数。
CRUD API のスロットリングレート サポートされている各リージョン: 1 いいえ 現在のリージョンで、アカウントごとに 1 秒あたりに許可されるデータベース/テーブル API の作成/更新/リスト/説明/削除リクエストの最大数。
テーブルごとの複数メジャーレコードにわたる一意のメジャー サポートされている各リージョン: 1,024 いいえ 1 つのテーブルに定義されているすべての複数メジャーレコードの一意のメジャー。1 つの複数メジャーレコードは、MaximumMeasureAttributesPerRecord の一意のメジャーを持つことができます。また、テーブルは、複数メジャーレコード間で定義された MaximumMeasureAttributesPerTable の一意のメジャーを持つことができます。

詳細については、Amazon Timestream デベロッパーガイドクォータをご覧ください。