Grafana のバージョンについて - Amazon Managed Grafana

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Grafana のバージョンについて

Grafana ワークスペースを作成するときは、作成する Grafana バージョンを選択する必要があります。バージョン 8.4 とバージョン 9.4 のいずれかを選択できます。以下に、Grafana バージョン 8.4 と Grafana バージョン 9.4 の間に追加された主な機能と変更を示します。

注記

Grafana ワークスペースを使用するためのバージョン固有のドキュメントはGrafana バージョン 8 での作業、、、および Grafana バージョン 9 での作業トピックで確認できます。

  • アラート: Grafana マネージドアラートルールがグループ名をサポートするようになりました。

  • 探索: 探索ビュー内からダッシュボードを作成します。

  • Prometheus クエリ: Prometheus クエリ用の新しいクエリビルダー (PromQL を使用) を使用すると、クエリの書き込みが簡単になります。

  • Loki クエリ: Loki クエリ用の新しいクエリビルダー (LogQL を使用) を使用すると、クエリの書き込みが簡単になります。

  • API トークン/サービスアカウント: サービスアカウントは、Grafana でのマシンアクセスを簡素化し、API トークンの管理を支援します。

  • プラグイン管理: プラグイン管理を有効にして、ワークスペースにコミュニティプラグインをインストール、削除、または更新できます。これにより、より多くのデータソースとビジュアライゼーションにアクセスでき、使用する各プラグインのバージョンを制御できます。

  • メトリクスへのトレース: トレースデータソースを設定して、クエリとタグを含むメトリクスへのリンクを追加します。

  • Canvas パネル: 画像とオーバーレイテキストを使用してデータ駆動型のカスタムパネルを作成するための静的要素と動的要素を含む新しいパネルの視覚化。

  • インターフェイスの再編成: Grafana コンソールでのナビゲーションが容易になるように UI を更新しました。

  • CloudWatch: Amazon CloudWatch データソースは、 全体AWS アカウントおよび 全体のメトリクスをモニタリングできるようになりましたAWS リージョン。

  • ログ: ログの詳細のインターフェイスが改善されました。

  • 全般: バグ修正と全体的な軽微な改善。