通信をテストする (デバイス同期を有効にする) - AWS IoT Greengrass

2023 年 6 月 30 日に AWS IoT Greengrass Version 1 は延長ライフサイクルフェーズに入りました。詳細については、「AWS IoT Greengrass V1 メンテナンスポリシー」を参照してください。この日付以降、AWS IoT Greengrass V1 の機能、拡張機能、バグ修正、またはセキュリティパッチを提供するアップデートはリリースされません。AWS IoT Greengrass V1 で稼働中のデバイスは中断されず、引き続き動作し、クラウドに接続できます。重要な新機能新たなプラットフォームのサポートが追加された AWS IoT Greengrass Version 2 への移行を強くお勧めします。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

通信をテストする (デバイス同期を有効にする)

このテストでは、AWS IoT と同期するように GG_TrafficLight デバイスシャドウを構成します。前のテストと同じコマンドを実行しますが、今回は GG_Switch が更新リクエストを送信したときにクラウド内のシャドウ状態が更新されます。

  1. AWS IoT コンソールで AWS IoT Greengrass グループを選択して、[Client devices] (クライアントデバイス) タブを選択します。

  2. GG_TrafficLight デバイスを選択して、[Sync shadow] (シャドウの同期)を選択して [Enable shadow sync with cloud] (クラウドとのシャドウ同期を有効にする) を選択します。

    デバイスシャドウ同期が更新されたという通知を受信します。

  3. グループ設定ページで、[Deploy] (デプロイ) を選択します。

  4. 2 つのコマンドラインウィンドウで、GG_SwitchGG_TrafficLight クライアントデバイスについて、前のテストのコマンドを実行します。

  5. ここで、AWS IoT コンソールのシャドウの状態をチェックします。AWS IoT Greengrass グループを選択し、[Client devices] (クライアントデバイス) タブから [GG_TrafficLight][Device Shadows] (デバイスシャドウ) タブ、[Classic Shadow] (クラシックシャドウ) の順に選択します。

    GG_TrafficLight シャドウの AWS IoT への同期を有効にしたため、GG_Switch が更新を送信するたびに、クラウド内のシャドウステータスが更新されます。この機能を使用して、クライアントデバイスのステータスを AWS IoT に公開することができます。

    注記

    必要に応じて、AWS IoT Greengrass Core のログ、特に runtime.log を確認することで問題のトラブルシューティングができます。

    cd /greengrass/ggc/var/log sudo cat system/runtime.log | more

    GGShadowSyncManager.logGGShadowService.log を確認することもできます。詳細については、「AWS IoT Greengrass のトラブルシューティング」を参照してください。

クライアントデバイスとサブスクリプションを設定したままにします。これらは次のモジュールで使用します。同じコマンドも実行します。