サブスクリプションを設定する - AWS IoT Greengrass

AWS IoT Greengrass Version 1 は機能更新を受信しなくなり、2023 年 6 月 30 日までセキュリティパッチとバグ修正のみ受信します。詳細については、「AWS IoT Greengrass V1 メンテナンスポリシー」を参照してください。重要な新機能新たなプラットフォームのサポートが追加された AWS IoT Greengrass Version 2 への移行を強くお勧めします。

サブスクリプションを設定する

このステップでは、HelloWorld_Publisher クライアントデバイスから HelloWorld_Subscriber クライアントデバイスに MQTT メッセージを送信できるようにします。

  1. グループの設定ページの [Subscription] (サブスクリプション) タブで、[Add] (追加) を選択します。

  2. [Create a subscription] (サブスクリプションの作成) ページで、以下の操作を実行してサブスクリプションを設定します。

    1. [Source type] (ソースタイプ) は、[Client device] (クライアントデバイス)、[HelloWorld_Publisher] の順に選択します。

    2. [Target type] (ターゲットの選択) で、[Client device] (クライアントデバイス)、[HelloWorld_Subscriber] の順に選択します。

    3. [トピックのフィルター] に「hello/world/pubsub」と入力します。

      注記

      前のモジュールからサブスクリプションを削除できます。グループの [Subscriptions] (サブスクリプション) ページで削除するサブスクリプションを選び、[Delete] (削除) を選択します。

    4. [Create subscription] を選択します。

  3. Greengrass コアが IP アドレスのリストを公開できるように、自動検出が有効になっていることを確認してください。クライアントデバイスはこの情報を使用してコアを検出します。次を実行してください。

    1. グループ設定ページで、[Lambda functions] (Lambda 関数) タブを選択します。

    2. [System Lambda functions] (システム Lambda 関数) から、[IP detector] (IP ディテクター)、[Edit] (編集) の順に選択します。

    3. [Edit IP detector settings] (IP ディテクター設定の編集) で、[Automatically detect and override MQTT broker endpoints] (MQTT ブローカーのエンドポイントを自動的に検出して上書きする)、[Save] (保存) の順に選択します。

  4. コアデバイスへのクラウド設定のデプロイ」の説明に従って Greengrass デーモンが実行されていることを確認します。

  5. グループ設定ページで、[Deploy] (デプロイ) を選択します。

デプロイステータスは、ページヘッダーのグループ名の下に表示されます。デプロイの詳細を表示するには、[Deployments] (デプロイ) タブを選択します。