Greengrass コアデバイスにクラウド設定をデプロイする - AWS IoT Greengrass

AWS IoT Greengrass バージョン 1 のドキュメントを参照することができます。AWS IoT Greengrass バージョン 2 は、AWS IoT Greengrass の最新のメジャーバージョンです。AWS IoT Greengrass バージョン 2 の使用の詳細については、「AWS Greengrass V2 開発者ガイドIoT」を参照してください。

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Greengrass コアデバイスにクラウド設定をデプロイする

  1. Greengrass コアデバイスがインターネットに接続されていることを確認します。たとえば、ウェブページに正常に移動できるか確認します。

  2. コアデバイスで Greengrass デーモンが実行されていることを確認します。コアデバイスのターミナルで、次のコマンドを実行して、 デーモンが実行されているかどうかを確認し、必要に応じてデーモンを起動します。

    1. デーモンが実行中であるかどうかを確認するには

      ps aux | grep -E 'greengrass.*daemon'

      出力に root/greengrass/ggc/packages/1.11.0/bin/daemon エントリが含まれる場合、デーモンは実行されています。

    2. デーモンを開始するには:

      cd /greengrass/ggc/core/ sudo ./greengrassd start

    これで、Lambda 関数とサブスクリプション設定をコアデバイスにデプロイする準備が整いました。

  3. AWS IoT コンソール のグループ設定ページで、[アクション] から [デプロイ.] を選択します。

    
                            [デプロイ]、[アクション] メニュー、および [デプロイ] が強調表示された [グループ] ページのスクリーンショット。
  4. [Configure how devices discover your core] ページで、[] を選択します。Automatic detection。 これにより、デバイスは、IP アドレス、DNS、ポート番号など、コアの接続情報を自動的に取得できます。自動検出が推奨されますが、AWS IoT Greengrass は手動で指定されたエンドポイントもサポートしています。グループが初めてデプロイされたときにのみ、検出方法の確認が求められます。

    
                            Automatic detection が強調表示された Configure how Devices discover your Core のスクリーンショット。

最初のデプロイには数分かかる場合があります。デプロイが完了すると、[デプロイ] ページの [ステータス] 列に [正常に完了しました] と表示されます。

注記

デプロイステータスは、ページヘッダーのグループ名の下にも表示されます。


                    Successfully completed という状態を表示しているスクリーンショット。

トラブルシューティングのヘルプについては、「AWS IoT Greengrass のトラブルシューティング」を参照してください。