IoT SiteWise コネクタ - AWS IoT Greengrass

AWS IoT Greengrass Version 1 は機能更新を受信しなくなり、2023 年 6 月 30 日までセキュリティパッチとバグ修正のみ受信します。詳細については、「AWS IoT Greengrass V1 メンテナンスポリシー」を参照してください。重要な新機能新たなプラットフォームのサポートが追加された AWS IoT Greengrass Version 2 への移行を強くお勧めします。

IoT SiteWise コネクタ

IoT SiteWise コネクタは、AWS IoT SiteWise でローカルデバイスおよび機器データをアセットプロパティに送信します。このコネクタを使用して、複数の OPC-UA サーバーからデータを収集し、IoT SiteWise に公開できます。コネクタは、現在の AWS アカウントとリージョンのアセットプロパティにデータを送信します。

注記

IoT SiteWise は、産業機器や装置からデータを収集、処理、視覚化する、完全マネージド型サービスです。このコネクタからアセットの測定プロパティに送信される未加工データを処理するアセットプロパティを設定できます。たとえば、デバイスの摂氏温度データポイントを華氏 に変換する変換プロパティを定義したり、毎時の平均温度を計算するメトリクスプロパティを定義したりできます。詳細については、AWS IoT SiteWise ユーザーガイドの「AWS IoT SiteWise とは何か」を参照してください。

コネクタは、OPC-UA サーバーから送信される OPC-UA データストリームパスを使用して IoT SiteWise にデータを送信します。たとえば、データストリームパス /company/windfarm/3/turbine/7/temperature は、風力発電所 #3 のタービン #7 の温度センサーを表すことができます。AWS IoT Greengrass コアがインターネットへの接続を失った場合、コネクタは AWS クラウドに正常に接続できるまでデータをキャッシュします。データのキャッシュに使用する最大ディスクバッファサイズを設定できます。キャッシュサイズが最大ディスクバッファサイズを超えると、コネクタはキューから最も古いデータを破棄します。

IoT SiteWise コネクタを設定およびデプロイしたら、IoT SiteWise コンソールでゲートウェイと OPC-UA ソースを追加できます。コンソールでソースを設定するときに、IoT SiteWise コネクタによって送信される OPC-UA データストリームパスをフィルタリングまたはプレフィックスできます。ゲートウェイおよびソースのセットアップを完了する手順については、「AWS IoT SiteWise ユーザーガイド」の「ゲートウェイの追加」を参照してください。

IoT SiteWise は、IoT SiteWise アセットの測定プロパティにマップしたデータストリームからのみデータを受け取ります。データストリームをアセットプロパティにマッピングするために、プロパティのエイリアスを OPC-UA データストリームパスと同等に設定できます。アセットモデルの定義とアセットの作成については、「AWS IoT SiteWise ユーザーガイド」の「産業用アセットのモデリング」を参照してください。

メモ

ストリームマネージャーを使用して、OPC-UA サーバー以外のソースから IoT SiteWise にデータをアップロードできます。ストリームマネージャーは、永続性と帯域幅管理のカスタマイズ可能なサポートも提供します。詳細については、「AWS IoT Greengrass コアでのデータストリームの管理」を参照してください。

このコネクタは、コンテナなし分離モードで実行されるため、Docker コンテナで実行される Greengrass グループにデプロイできます。

このコネクタには、次のバージョンがあります。

Version

ARN

12 (推奨)

arn:aws:greengrass:region::/connectors/IoTSiteWise/versions/12

11

arn:aws:greengrass:region::/connectors/IoTSiteWise/versions/11

10

arn:aws:greengrass:region::/connectors/IoTSiteWise/versions/10

9

arn:aws:greengrass:region::/connectors/IoTSiteWise/versions/9

8

arn:aws:greengrass:region::/connectors/IoTSiteWise/versions/8

7

arn:aws:greengrass:region::/connectors/IoTSiteWise/versions/7

6

arn:aws:greengrass:region::/connectors/IoTSiteWise/versions/6

5

arn:aws:greengrass:region::/connectors/IoTSiteWise/versions/5

4

arn:aws:greengrass:region::/connectors/IoTSiteWise/versions/4

3

arn:aws:greengrass:region::/connectors/IoTSiteWise/versions/3

2

arn:aws:greengrass:region::/connectors/IoTSiteWise/versions/2

1

arn:aws:greengrass:region::/connectors/IoTSiteWise/versions/1

バージョンの変更については、「Changelog」を参照してください。

要件

このコネクタには以下の要件があります。

Version 9, 10, 11, and 12
重要

このバージョンでは、AWS IoT Greengrass Core ソフトウェア v1.10.2 および ストリームマネージャーという新しい要件が導入されています。

  • AWS IoT Greengrass Core ソフトウェア v1.10.2。

  • Greengrass グループで有効なストリームマネージャー

  • Java 8 が Core デバイスにインストールされ、PATH 環境変数に追加されている。

  • このコネクタは、AWS IoT GreengrassIoT SiteWise の両方がサポートされているアマゾン ウェブ サービスリージョンでのみ使用できます。

  • Greengrass グループロールに追加された IAM ポリシー。このロールは、次の例に示すように、ターゲットルートアセットとその子に対する iotsitewise:BatchPutAssetPropertyValue アクションへのアクセスを AWS IoT Greengrass グループに許可します。ポリシーから Condition を削除して、コネクタがすべての IoT SiteWise アセットにアクセスできるようにすることができます。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "iotsitewise:BatchPutAssetPropertyValue", "Resource": "*", "Condition": { "StringLike": { "iotsitewise:assetHierarchyPath": [ "/root node asset ID", "/root node asset ID/*" ] } } } ] }

    詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「IAM ポリシーの追加と削除」を参照してください。

Versions 6, 7, and 8
重要

このバージョンでは、AWS IoT Greengrass Core ソフトウェア v1.10.0 および ストリームマネージャーという新しい要件が導入されています。

  • AWS IoT Greengrass Core ソフトウェア v1.10.0。

  • Greengrass グループで有効なストリームマネージャー

  • Java 8 が Core デバイスにインストールされ、PATH 環境変数に追加されている。

  • このコネクタは、AWS IoT GreengrassIoT SiteWise の両方がサポートされているアマゾン ウェブ サービスリージョンでのみ使用できます。

  • Greengrass グループロールに追加された IAM ポリシー。このロールは、次の例に示すように、ターゲットルートアセットとその子に対する iotsitewise:BatchPutAssetPropertyValue アクションへのアクセスを AWS IoT Greengrass グループに許可します。ポリシーから Condition を削除して、コネクタがすべての IoT SiteWise アセットにアクセスできるようにすることができます。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "iotsitewise:BatchPutAssetPropertyValue", "Resource": "*", "Condition": { "StringLike": { "iotsitewise:assetHierarchyPath": [ "/root node asset ID", "/root node asset ID/*" ] } } } ] }

    詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「IAM ポリシーの追加と削除」を参照してください。

Version 5
  • AWS IoT Greengrass Core ソフトウェア v1.9.4。

  • Java 8 が Core デバイスにインストールされ、PATH 環境変数に追加されている。

  • このコネクタは、AWS IoT GreengrassIoT SiteWise の両方がサポートされているアマゾン ウェブ サービスリージョンでのみ使用できます。

  • Greengrass グループロールに追加された IAM ポリシー。このロールは、次の例に示すように、ターゲットルートアセットとその子に対する iotsitewise:BatchPutAssetPropertyValue アクションへのアクセスを AWS IoT Greengrass グループに許可します。ポリシーから Condition を削除して、コネクタがすべての IoT SiteWise アセットにアクセスできるようにすることができます。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "iotsitewise:BatchPutAssetPropertyValue", "Resource": "*", "Condition": { "StringLike": { "iotsitewise:assetHierarchyPath": [ "/root node asset ID", "/root node asset ID/*" ] } } } ] }

    詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「IAM ポリシーの追加と削除」を参照してください。

Version 4
  • AWS IoT Greengrass Core ソフトウェア v1.10.0。

  • Java 8 が Core デバイスにインストールされ、PATH 環境変数に追加されている。

  • このコネクタは、AWS IoT GreengrassIoT SiteWise の両方がサポートされているアマゾン ウェブ サービスリージョンでのみ使用できます。

  • Greengrass グループロールに追加された IAM ポリシー。このロールは、次の例に示すように、ターゲットルートアセットとその子に対する iotsitewise:BatchPutAssetPropertyValue アクションへのアクセスを AWS IoT Greengrass グループに許可します。ポリシーから Condition を削除して、コネクタがすべての IoT SiteWise アセットにアクセスできるようにすることができます。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "iotsitewise:BatchPutAssetPropertyValue", "Resource": "*", "Condition": { "StringLike": { "iotsitewise:assetHierarchyPath": [ "/root node asset ID", "/root node asset ID/*" ] } } } ] }

    詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「IAM ポリシーの追加と削除」を参照してください。

Version 3
  • AWS IoT Greengrass Core ソフトウェア v1.9.4。

  • Java 8 が Core デバイスにインストールされ、PATH 環境変数に追加されている。

  • このコネクタは、AWS IoT GreengrassIoT SiteWise の両方がサポートされているアマゾン ウェブ サービスリージョンでのみ使用できます。

  • Greengrass グループロールに追加された IAM ポリシー。このロールは、次の例に示すように、ターゲットルートアセットとその子に対する iotsitewise:BatchPutAssetPropertyValue アクションへのアクセスを AWS IoT Greengrass グループに許可します。ポリシーから Condition を削除して、コネクタがすべての IoT SiteWise アセットにアクセスできるようにすることができます。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "iotsitewise:BatchPutAssetPropertyValue", "Resource": "*", "Condition": { "StringLike": { "iotsitewise:assetHierarchyPath": [ "/root node asset ID", "/root node asset ID/*" ] } } } ] }

    詳細については、「IAM ユーザーガイド」の「IAM ポリシーの追加と削除」を参照してください。

Versions 1 and 2
  • AWS IoT Greengrass Core ソフトウェア v1.9.4。

  • Java 8 が Core デバイスにインストールされ、PATH 環境変数に追加されている。

  • このコネクタは、AWS IoT GreengrassIoT SiteWise の両方がサポートされているアマゾン ウェブ サービスリージョンでのみ使用できます。

  • 次の例に示すように、AWS IoT Core へのアクセスと、ターゲットルートアセットおよびその子に対する iotsitewise:BatchPutAssetPropertyValue アクションへのアクセスを許可する Greengrass グループロールに追加された IAM ポリシー。ポリシーから Condition を削除して、コネクタがすべての IoT SiteWise アセットにアクセスできるようにすることができます。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "iotsitewise:BatchPutAssetPropertyValue", "Resource": "*", "Condition": { "StringLike": { "iotsitewise:assetHierarchyPath": [ "/root node asset ID", "/root node asset ID/*" ] } } }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "iot:Connect", "iot:DescribeEndpoint", "iot:Publish", "iot:Receive", "iot:Subscribe" ], "Resource": "*" } ] }

    詳細については、「IAM User Guide」(IAM ユーザーガイド) の「Adding and removing IAM identity permissions」(IAM ID アクセス許可の追加と削除) を参照してください。

パラメータ

Versions 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, and 12
SiteWiseLocalStoragePath

IoT SiteWise コネクタが永続データを書き込むことができる AWS IoT Greengrass ホスト上のディレクトリ。デフォルトは /var/sitewise です。

AWS IoT コンソールでの表示名: [Local storage path] (ローカルストレージパス)

必須: false

タイプ: string

有効なパターン: ^\s*$|\/.

AWSSecretsArnList

OPC-UA ユーザー名とパスワードのキーと値のペアを含む AWS Secrets Manager のシークレットのリスト。各シークレットは、キーと値のペアタイプのシークレットである必要があります。

AWS IoT コンソールでの表示名: [List of ARNs for OPC-UA username/password secrets] (OPC-UA ユーザー名/パスワードシークレットの ARN の一覧)

必須: false

タイプ: JsonArrayOfStrings

有効なパターン: \[( ?,? ?\"(arn:(aws(-[a-z]+)*):secretsmanager:[a-z0-9\\-]+:[0-9]{12}:secret:([a-zA-Z0-9\\\\]+\/)*[a-zA-Z0-9\/_+=,.@\\-]+-[a-zA-Z0-9]+)*\")*\]

MaximumBufferSize

IoT SiteWise ディスク使用量の最大サイズ (GB)。デフォルトは 10 GB です。

AWS IoT コンソールでの表示名: [Maximum disk buffer size] (最大ディスクバッファサイズ)

必須: false

タイプ: string

有効なパターン: ^\s*$|[0-9]+

Version 1
SiteWiseLocalStoragePath

IoT SiteWise コネクタが永続データを書き込むことができる AWS IoT Greengrass ホスト上のディレクトリ。デフォルトは /var/sitewise です。

AWS IoT コンソールでの表示名: [Local storage path] (ローカルストレージパス)

必須: false

タイプ: string

有効なパターン: ^\s*$|\/.

SiteWiseOpcuaUserIdentityTokenSecretArn

OPC-UA ユーザー名とパスワードのキーと値のペアを含む AWS Secrets Manager のシークレット。このシークレットは、キーと値のペアタイプのシークレットである必要があります。

AWS IoT コンソールでの表示名: [ARN of OPC-UA username/password secret] (OPC-UA ユーザー名/パスワードシークレットの ARN)

必須: false

タイプ: string

有効なパターン: ^$|arn:(aws(-[a-z]+)*):secretsmanager:[a-z0-9\\-]+:[0-9]{12}:secret:([a-zA-Z0-9\\\\]+/)*[a-zA-Z0-9/_+=,.@\\-]+-[a-zA-Z0-9]+

SiteWiseOpcuaUserIdentityTokenSecretArn-ResourceId

OPC-UA ユーザー名とパスワードのシークレットを参照する AWS IoT Greengrass グループ内のシークレットリソース。

AWS IoT コンソールでの表示名: [OPC-UA username/password secret resource] (OPC-UA ユーザー名/パスワードシークレットリソース)

必須: false

タイプ: string

有効なパターン: ^$|.+

MaximumBufferSize

IoT SiteWise ディスク使用量の最大サイズ (GB)。デフォルトは 10 GB です。

AWS IoT コンソールでの表示名: [Maximum disk buffer size] (最大ディスクバッファサイズ)

必須: false

タイプ: string

有効なパターン: ^\s*$|[0-9]+

サンプルコネクタを作成する (AWS CLI)

次の AWS CLI コマンドは、IoT SiteWise コネクタを含む初期バージョンで ConnectorDefinition を作成します。

aws greengrass create-connector-definition --name MyGreengrassConnectors --initial-version '{ "Connectors": [ { "Id": "MyIoTSiteWiseConnector", "ConnectorArn": "arn:aws:greengrass:region::/connectors/IoTSiteWise/versions/11" } ] }'
注記

このコネクタの Lambda 関数には存続期間の長いライフサイクルがあります。

AWS IoT Greengrass コンソールでは、グループの [Connectors] (コネクタ) ページからコネクタを追加できます。詳細については、「Greengrass コネクタの開始方法 (コンソール)」を参照してください。

入力データ

このコネクタは MQTT メッセージを入力データとして受け入れません。

出力データ

このコネクタは MQTT メッセージを出力データとして公開しません。

制限

このコネクタには、IoT SiteWise によって課される、以下を含むすべての制限が適用されます。詳細については、「AWS 全般のリファレンス」の「AWS IoT SiteWise エンドポイントとクォータ」を参照してください。

  • AWS アカウントあたりのゲートウェイの最大数。

  • ゲートウェイごとの OPC-UA ソースの最大数。

  • AWS アカウントごとに保存されるタイムスタンプ品質値 (TQV) データポイントの最大レート。

  • アセットプロパティごとに保存される TQV データポイントの最大レート。

ライセンス

Version 9, 10, 11, and 12

IoT SiteWise コネクタには、以下のサードパーティーのソフトウェアおよびライセンスが含まれています。

このコネクタは、Greengrass Core ソフトウェアライセンス契約に従ってリリースされます。

Versions 6, 7, and 8

IoT SiteWise コネクタには、以下のサードパーティーのソフトウェアおよびライセンスが含まれています。

このコネクタは、Greengrass Core ソフトウェアライセンス契約に従ってリリースされます。

Versions 1, 2, 3, 4, and 5

IoT SiteWise コネクタには、以下のサードパーティーのソフトウェアおよびライセンスが含まれています。

このコネクタは、Greengrass Core ソフトウェアライセンス契約に従ってリリースされます。

Changelog

次の表に、コネクタの各バージョンにおける変更点を示します。

Version

変更

日付

12

  • このバージョンには、バグ修正が含まれています。

2021 年 12 月 22 日

11

  • 隠し文字や印刷できない文字を含む文字列のサポート。隠し文字と印刷不可能な文字は、文字列が AWS クラウド に送信される前に自動的に削除されます。

  • IoT SiteWise ゲートウェイが無効なリクエストを無限にリトライする問題を修正しました。

  • IoT SiteWise ゲートウェイが高頻度データソースに接続されている場合にチェックポイントが破損する問題を修正しました。

  • ゲートウェイ設定のトラブルシューティングに役立つエラーメッセージを改善します。

2021 年 3 月 24 日

10

送信元接続が失われ、再確立された場合の処理を改善するよう StreamManager を設定しました。本バージョンでは、SourceTimestamp がない場合に ServerTimestamp で OPC-UA 値を受け付けることも可能です。

2021 年 1 月 22 日

9

カスタム Greengrass StreamManager ストリームの送信先、OPC-UA のデッドバンド、カスタムスキャンモード、カスタムスキャンレートのサポートが開始されました。また、IoT SiteWise ゲートウェイから行われた設定更新時のパフォーマンスの向上も含まれます。

2020 年 12 月 15 日

8

コネクターのネットワーク接続が断続的に発生する場合の安定性を改善しました。

2020 年 11 月 19 日

7

ゲートウェイメトリックスに関する問題を修正しました。

2020 年 8 月 14 日

6

CloudWatch メトリクスのサポートと、新しい OPC-UA タグの自動検出が追加されました。このバージョンには、ストリームマネージャーと AWS IoT Greengrass Core ソフトウェア v1.10.0 以降が必要です。

2020 年 4 月 29 日

5

AWS IoT Greengrass Core ソフトウェア v1.9.4 との互換性の問題を修正しました。

2020 年 2 月 12 日

4

OPC-UA サーバーの再接続の問題を修正しました。

2020 年 2 月 7 日

3

iot:* アクセス許可要件を削除しました。

2019 年 12 月 17 日

2

複数の OPC-UA シークレットリソースのサポートを追加しました。

2019 年 12 月 10 日

1

初回リリース。

2019 年 12 月 2 日

Greengrass グループには、一度に 1 つのバージョンのコネクタしか含めることができません。コネクタのバージョンのアップグレードについては、「コネクタのバージョンのアップグレード」を参照してください。

以下も参照してください。