AWS Health の概念 - AWS Health

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Health の概念

AWS Health の概念を学習し、サービスを使用して AWS アカウント でアプリケーション、サービス、およびリソースのヘルスを維持する方法を理解します。

AWS Health イベント

AWS Health イベントは Health イベントとも呼ばれ、AWS Health が他の AWS サービスの代わりに送信する通知です。これらのイベントを使用して、アカウントに影響する可能性のある今後の変更や予定された変更について知ることができます。例えば、AWS Health は、AWS Identity and Access Management (IAM) がマネージドポリシーを非推奨にする予定である場合や、AWS Config がマネージドルールを非推奨にする予定である場合でも送信できます。また、AWS Health は AWS リージョン にサービスの可用性に関する問題がある場合もイベントを送信します。イベントの説明を確認して、問題を理解し、影響を受けるリソースを特定して、推奨されるアクションを実行できます。

Health イベントには 2 つのタイプがあります。

アカウント固有のイベント

アカウント固有のイベントは、AWS アカウント、または AWS 組織内のアカウントに固有です。例えば、使用しているリージョンで Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスタイプに問題がある場合、AWS Health はイベントに関する情報と、影響を受けるリソースの名前を提供します。

アカウント固有のイベントは、AWS Health ダッシュボード、またはAWS Health API から確認するか、Amazon CloudWatch Events を使用して通知を受け取ることで確認できます。

パブリックイベント

パブリックイベントは、アカウント固有ではない、レポートされたサービスイベントです。例えば、米国東部 (オハイオ) リージョンで Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) のサービスに問題がある場合、AWS Health は、そのサービスを使用していなくても、またそのリージョンに S3 バケットがなくても、イベントに関する情報を提供します。それらに対してアクションを実行する前に、パブリック通知を確認することをお勧めします。

パブリックイベントは、AWS Health ダッシュボードとAWS Health ダッシュボード – サービスヘルスから確認できます。

アカウントをお持ちの場合は、「AWS Health ダッシュボード – アカウントヘルスについて始める」を参照してください。

アカウントをお持ちでない場合は、「AWS Health ダッシュボード — サービスの状態」を参照してください。

AWS Health ダッシュボード

AWS アカウント がある場合には、パブリックイベントとアカウント固有イベントの両方がAWS Health ダッシュボードに表示されます。

AWS Health ダッシュボードを使用して、リージョン内のサービスに対する将来のメンテナンス問題などの一般的な認識を得られるイベントについて確認することをお勧めします。また、AWS Healthダッシュボードを使用して、アカウント内の廃止予定のリソースなど、自分に直接影響する可能性のあるイベントについて調べることもできます。

AWS Management Consoleにサインインすると、https://health.aws.amazon.com/health/home で AWS Health ダッシュボードを表示できます。

詳細については、「AWS Health ダッシュボード – アカウントヘルスについて始める」を参照してください。

AWS Health ダッシュボード – サービスヘルス

アカウントをお持ちでない場合は、https://health.aws.amazon.com/health/status の「AWS Healthダッシュボード — サービスヘルス」を使用して公開イベントを閲覧できます。パブリックイベントは、サービスの可用性に関する情報を得ることのできる、AWSについてレポートされるサービス問題です。このウェブサイトでは、どのアカウントでも固有ではないパブリックイベントのみが表示されます。このページを閲覧するために、各メンバーアカウントにサインインする必要はありません。

詳細については、「AWS Health ダッシュボード — サービスの状態」を参照してください。

イベントタイプのコード

Health イベントに表示されるイベントタイプのコードには、影響を受けるサービスとイベントのタイプが含まれています。例えば、AWS_EC2_SYSTEM_MAINTENANCE_EVENT イベントタイプのコードを含む Health イベントを受け取った場合、影響を及ぼす可能性のあるメンテナンスイベントがサービスで予定されていることを意味します。この情報を使用して、事前に計画を立てたり、アカウントに対してアクションを実行したりすることができます。

イベントタイプのカテゴリ

すべての Health イベントには、関連するイベントタイプのカテゴリがあります。一部のイベントでは、イベントタイプのカテゴリがイベントタイプのコードに表示される場合があります (AWS_RDS_MAINTENANCE_SCHEDULED コードなど)。この例では、カテゴリは scheduled です。この情報を使用して、イベントのカテゴリを大まかに確認できます。

すべてのイベントタイプのカテゴリをモニタリングすることをお勧めします。各カテゴリは、異なるタイプのイベントに対して表示されます。DescribeEventTypes API オペレーションを使用して、イベントタイプのカテゴリを確認することもできます。

アカウント通知

これらのイベントは、アカウントとサービスの管理またはセキュリティに関する情報を提供します。これらのイベントは情報提供のみの場合もありますが、緊急の処置が必要になる場合もあります。これらのタイプのイベントに注意を払い、推奨されるアクションをすべて確認することをお勧めします。

アカウント通知のイベントタイプのコードの例を次に示します。

  • AWS_S3_OPEN_ACCESS_BUCKET_NOTIFICATION — パブリックアクセスを許可する可能性のある Amazon S3 バケットがあります。

  • AWS_BILLING_SUSPENSION_NOTICE — アカウントには未払いの料金があり、一時停止されているか、アカウントが非アクティブ化されました。

  • AWS_WORKSPACES_OPERATIONAL_NOTIFICATION — Amazon WorkSpaces にサービスに関する問題があります。

問題

これらのイベントは、AWS サービスまたはリソースに影響を及ぼす、予期しないイベントです。このカテゴリの一般的なイベントには、サービスの低下を引き起こしているオペレーション上の問題、またはユーザーの認識用にローカライズされたリソースレベルの問題に関する通信が含まれます。

次に、問題に関するイベントタイプのコードの例を示します。

  • AWS_EC2_OPERATIONAL_ISSUE — サービス使用時の遅延など、サービスのオペレーション上の問題。

  • AWS_EC2_API_ISSUE — API オペレーションのレイテンシーの増加など、サービスの API のオペレーション上の問題。

  • AWS_EBS_VOLUME_ATTACHMENT_ISSUE — Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) のリソースに影響を及ぼす可能性がある、ローカライズされたリソースレベルの問題。

  • AWS_ABUSE_PII_CONTENT_REMOVAL_REPORT — このイベントは、アクションを実行しなければ、アカウントが停止される可能性があることを意味します。

予定された変更

これらのイベントは、サービスおよびリソースへの今後の変更に関する情報を提供します。これらのイベントには、サポート終了通知や異なるバージョンの自動アップグレードなど、計画的なライフサイクルイベントが含まれます。サービスの中断を避けるためにアクションを実行することを推奨するイベントもあれば、ユーザー側のアクションなしで自動的に発生するイベントもあります。予定された変更アクティビティの間、リソースが一時的に利用できないことがあります。このカテゴリのイベントはすべて、アカウント固有のイベントです。

次に、予定された変更に関するイベントタイプのコードの例を示します。

  • AWS_EC2_SYSTEM_REBOOT_MAINTENANCE_SCHEDULED — Amazon EC2 インスタンスで再起動が必要です。

  • AWS_SAGEMAKER_SCHEDULED_MAINTENANCE — SageMaker で、サービス問題の修正など、メンテナンスイベントが必要です。

  • AWS_RDS_PLANNED_LIFECYCLE_EVENT— Amazon RDS は、お客様の対応が必要な、あるバージョンのサポート終了イベントなど、計画的なライフサイクルイベントをスケジュールしています。

ヒント

AWS Health API または AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用してイベントの詳細を返すと、Event オブジェクトには ACCOUNT_SPECIFIC 値を含む eventScopeCode フィールドが含まれます。詳細については、「AWS Health API リファレンス」を参照してください。

イベントステータス

イベントステータスは、Health イベントがオープン、クローズ、または将来のいずれであるかを示します。Health イベントは AWS Health ダッシュボードまたは AWS Health API で最大 90日間表示できます。

影響を受けるエンティティ

影響を受けるエンティティは、イベントから影響を受ける可能性のある AWS リソースです。例えば、アカウントで使用している特定のインスタンスタイプについて Amazon EC2 メンテナンスの予定されたイベントを受信した場合、Health イベントを使用して、影響を受けるインスタンスの ID を判別できます。この情報を使用して、リソースの作成や非推奨など、潜在的なサービスの問題に対処します。

Amazon EventBridgeのAWS Healthイベント

アカウントに Amazon EventBridge ルールを設定して、アカウントが適切なAWS Healthイベントを受信した後のアクションを自動化できます。これには、予定されているすべてのライフサイクルイベントメッセージをチャットインターフェイスに送信するなど、一般的なアクションの場合もあります。また、IT サービス管理ツールでワークフローを起動するなど、特定のアクションの場合もあります。

詳細については、「Amazon による AWS Health イベントのモニタリング EventBridge」を参照してください。

AWS Health API

以下のように、AWS Health API を使用して、AWS Healthダッシュボード に表示される情報にプログラムを使用してアクセスできます。

  • AWS サービスやリソースに影響を及ぼす可能性のあるイベントに関する情報を取得する

  • AWS 組織の組織ビュー機能を有効または無効にする

  • 特定のサービス、イベントタイプのカテゴリ、イベントタイプのコードでイベントをフィルタリングする

詳細については、「AWS Health API リファレンス」を参照してください。

注記

AWS Health API を使用するには、AWS Support のビジネス、エンタープライズ On-Ramp、またはエンタープライズのサポートプランが必要です。ビジネスサポートプラン、エンタープライズオンランプサポートプラン、またはエンタープライズサポートプランのないアカウントから AWS Health API を呼び出すと、SubscriptionRequiredException エラーを受け取ります。

組織ビュー

この機能を使用して、AWS Organizations の AWS アカウントのすべての正常性イベントを、AWS Healthダッシュボードの単一ビューに集約できます。その後、組織の管理アカウントにサインインするか、AWS Health API を使用して、さまざまなアカウントやリソースに影響を及ぼす可能性のあるすべてのイベントを表示できます。この機能は、AWS Health コンソールまたは API から有効化できます。詳細については、「組織ビューでのアカウント全体の AWS Health イベントの集計」を参照してください。