AWS IoT Events アラームの定義 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS IoT Events アラームの定義

AWS IoT Events アラームを作成すると、 AWS IoT SiteWise はアセットプロパティ値を に送信 AWS IoT Events して、アラームの状態を評価します。 AWS IoT Events アラーム定義は、 で定義したアラームモデルによって異なります AWS IoT Events。アセットモデルに AWS IoT Events アラームを定義するには、アラームモデルを AWS IoT Events アラームソースプロパティとして指定するアラーム複合モデルを定義します。

AWS IoT Events アラームは、アラームのしきい値やアラーム通知設定などの入力によって異なります。これらの入力は、アセットモデル上の属性として定義します。そして、これらの入力をモデルに基づいて各アセットでカスタマイズすることができます。 AWS IoT SiteWise コンソールでこれらの属性を作成できます。 AWS CLI または API でアラームを定義する場合は、アセットモデルでこれらの属性を手動で定義する必要があります。

また、カスタムアラーム通知アクションなど、アラームが検出されたときに発生するその他のアクションを定義することも可能です。例えば、Amazon SNSのトピックにプッシュ通知を送信するアクションを設定することができます。定義できるアクションの詳細については、「 AWS IoT Events デベロッパーガイド」の「他の AWS のサービスの使用」を参照してください。

アセットモデルを更新または削除すると、 は、 の AWS IoT Events アラームモデルがこのアセットモデルに関連付けられたアセットプロパティをモニタリングしているかどうか AWS IoT SiteWise を確認できます。これにより、 AWS IoT Events アラームが現在使用しているアセットプロパティを削除できなくなります。でこの機能を有効にするには AWS IoT SiteWise、 アクセスiotevents:ListInputRoutings許可が必要です。このアクセス許可により AWS IoT SiteWise 、 は でサポートされている ListInputRoutings API オペレーションを呼び出すことができます AWS IoT Events。詳細については、「(オプション) ListInputRoutings アクセス許可」を参照してください。

注記

アラーム通知機能は、中国 (北京) リージョンでは利用できません。