式での変数の使用 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

式での変数の使用

変数は数式内の AWS IoT SiteWise アセットプロパティを表します。変数を使用して、式中の他のアセットプロパティから値を入力し、定数プロパティ ([attributes]) (属性) 、raw データストリーム ([measurements]) (測定値) 、および他の式プロパティからのデータを処理できるようにします。

変数は、同じアセットモデル、または関連する子アセットモデルのアセットプロパティを表すことができます。子アセットモデルから変数を入力できるのは、メトリクス式のみです。

コンソールと API では、異なる名前で変数を識別します。

  • AWS IoT SiteWise コンソール – アセットプロパティ名を式内の変数として使用します。

  • AWS IoT SiteWise API (AWS CLI、 AWS SDKs) – 変数名とアセットプロパティへの参照を必要とする ExpressionVariable 構造で変数を定義します。変数名には小文字、数字、アンダースコアを使用することができます。次に、式の中でアセットプロパティをリファレンスするために、変数名を使用します。

変数名名では、大文字と小文字が区別されます。

詳細については、[Defining metrics] (メトリクスの定義) の [Defining transforms] (変換の定義) を参照してください。

変数を使用したプロパティの参照

変数の値は、参照するプロパティを定義します。 AWS IoT SiteWise には、これを行うためのさまざまな方法が用意されています。

  • プロパティ ID 別: プロパティの一意の ID (UUID) を指定して識別できます。

  • 名前別: プロパティが同じアセットモデルにある場合は、プロパティ ID フィールドで名前を指定できます。

  • パス別: 変数値は、パス別にプロパティを参照できます。詳細については、「パスを使用してカスタム複合モデルプロパティを参照する」を参照してください。

注記

可変は AWS IoT SiteWise コンソールではサポートされていません。これらは、 AWS Command Line Interface AWS CLI) や AWS SDKs を含む AWS IoT SiteWise API によって使用されます。

からのレスポンスで受け取る変数 AWS IoT SiteWise には、ID とパスの両方を含む、値に関する完全な情報が含まれます。

ただし、変数を に渡す場合 AWS IoT SiteWise (例えば、「create」または「update」呼び出しで)、これらの 1 つを指定するだけで済みます。例えば、パスを指定した場合、ID を指定する必要はありません。