Grafana との統合。 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Grafana との統合。

Grafana は、ダッシュボード内のデータの視覚化とモニタリングに使用できるデータ視覚化プラットフォームです。Grafana バージョン 7.3.0 以降では、AWS IoT SiteWise プラグインを使用して、Grafana ダッシュボードで AWS IoT SiteWise アセットデータを視覚化することができます。1 つの Grafana ダッシュボードで、複数のAWSソース (AWS IoT SiteWise、Amazon Timestream、Amazon など CloudWatch) やその他のデータソースのデータを視覚化できます。

AWS IoT SiteWise プラグインを使用するには、2 つの選択肢があります。

  • [Local Grafana servers] (ローカル Grafana サーバー)

    お客様が管理している Grafana サーバーに AWS IoT SiteWise プラグインを設定することができます。プラグインを追加および使用する方法の詳細については、 GitHub ウェブサイトのAWS IoT SiteWise「データソースの README ファイル」を参照してください。

  • [AWS Managed Service for Grafana] (マネージドサービス Grafana)

    AWS IoT SiteWise プラグインは、AWS Managed Service for Grafana (AMG) で使用することができます。AMG が Grafana サーバーを管理するため、お客様はハードウェアやその他の Grafana インフラストラクチャを構築、パッケージ化、デプロイすることなく、データを視覚化することができます。詳細については、[AWS Managed Service for Grafana] (Managed Service for Grafana ユーザーガイド) の次のトピックを参照してください。

例 Grafana ダッシュボードの例

次の Grafana ダッシュボードは、[demo wind farm] (デモの風力発電施設) を視覚したものです。このデモダッシュボードには、[Grafana Play] のウェブサイトからアクセスできます。

AWS IoT SiteWise デモ風力発電施設を視覚化した Grafana ダッシュボードの例。