の使用開始AWS IoT SiteWise監視 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の使用開始AWS IoT SiteWise監視

組織の AWS 管理者は、AWS IoT SiteWise コンソールからポータルを作成します。組織サイトのメンバーが AWS IoT SiteWise データを表示できるようにポータルを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. ポータルを設定して作成する

  2. ポータル管理者の追加と招待メールの送信

  3. ポータルユーザーの追加

ポータルを作成すると、ポータル管理者は AWS IoT SiteWise アセットを表示して、ポータル内のプロジェクトに割り当てることができます。プロジェクト所有者は、ダッシュボードを作成してアセットのプロパティを可視化できます。これは、プロジェクトビューワーがデバイス、プロセス、および機器のパフォーマンスを理解するのに役立ちます。

チュートリアルでは、風力発電施設データを使用して、特定のシナリオのプロジェクト、ダッシュボード、複数のユーザーを含むポータルをセットアップするために必要な手順を説明します。詳細については、「での風力発電施設データの視覚化と共有AWS IoT SiteWise監視」を参照してください。

ポータルの作成

SiteWise Monitor ポータルは、AWS IoT SiteWiseconsole.

ポータルを作成するには

  1. AWS IoT SiteWise コンソールにサインインします。

  2. ナビゲーションペインで、[Monitor (モニタリング)]、[Getting started (開始方法)] の順に選択します。

    
              の左側のナビゲーションペインで、AWS IoT SiteWiseによるコンソール開始方法ハイライト表示。
  3. [Create Portal (ポータルの作成)] を選択します。

    
              -AWS IoT SiteWise監視開始方法によるページポータルを作成するハイライト表示。

    次に、ポータルを設定するために基本情報を指定する必要があります。

ポータルの設定

ユーザーはポータルを使用してデータを表示します。ポータルの名前、説明、ブランド、ユーザー認証は、連絡先の電子メール、およびアクセス許可をサポートします。


          ポータルの作成に使用する [Portal configuration (ポータルの設定)] ページ。

ポータルを設定するには

  1. ポータルの名前を入力します。

  2. (オプション) ポータルの説明を入力します。複数のポータルがある場合は、わかりやすい説明を使用すると、各ポータルに含まれる内容を追跡できます。

  3. (オプション) 画像をアップロードして、ブランドをポータルに表示します。正方形の PNG 画像を選択します。正方形でない画像をアップロードすると、画像は正方形に縮小されます。

  4. 次のいずれかのオプションを選択します。

    • 選択AWS SSOは、ポータルユーザーが会社のユーザー名とパスワードを使用してこのポータルにサインインします。

      有効化していない場合AWS SSOアカウントで、以下の操作を実行します。

      1. [Create user] を選択します。

      2. リポジトリの []ユーザーの作成ページで、最初のポータルを作成するには、ユーザーのE メールアドレス、姓、姓を入力し、[ユーザーの作成

        
                      Enable  (Gems の有効化)AWS SSO有効化していない場合AWS SSOでAWSアカウント.
        注記
        • AWS自動的に有効化AWS SSO最初のポータルユーザーを作成するときに、アカウントに追加します。

        • 次の設定を行うことができます。AWS SSO一度に 1 つのリージョンにのみアクセスできます。SiteWise モニターは、設定したリージョンに接続します。AWS SSO。つまり、1 つのリージョンをAWS SSOにアクセスできますが、どのリージョンでもポータルを作成できます。

      • 選択IAMは、ポータルユーザーが IAM 認証情報を使用してこのポータルにサインインします。

        重要

        IAM ユーザーまたはロールにはiotsitewise:DescribePortalポータルにサインインするには、アクセス許可を使用します。

  5. ポータルに問題があり、解決するためにサポートが必要な場合にポータルユーザーが連絡できる E メールアドレスを入力します。

  6. (オプション) ポータルにタグを追加します。詳細については、「AWS IoT SiteWise リソースのタグ付け」を参照してください。

  7. 次のいずれかのオプションを選択します。

    • 選択新しいサービスロールを作成し使用する。デフォルトでは、SiteWise Monitor は各ポータルにサービスロールを自動的に作成します。このロールにより、ポータルユーザーは AWS IoT SiteWise リソースにアクセスできます。詳細については、「のサービスロールの使用AWS IoT SiteWise監視」を参照してください。

    • 選択既存のサービスロールの使用]、[ターゲットロールを選択します。

  8. [次へ] を選択します

  9. (オプション) ポータルのアラームを有効にします。詳細については、「ポータルの追加機能の有効化」を参照してください。

  10. 選択作成。AWS IoT SiteWiseによってポータルが作成されます。

    注記

    コンソールを閉じる場合、管理者とユーザーを追加することでセットアッププロセスを完了できます。詳細については、「ポータル管理者の追加または削除」を参照してください。このポータルを維持しない場合は、リソースを使用しないようにするため、ポータルを削除します。詳細については、「ポータルの削除」を参照してください。

ポータルを作成すると、メッセージが表示されます。


          ポータルの作成に成功したメッセージの例。

次に、1 人以上のポータル管理者をポータルに招待する必要があります。これまでのところ、ポータルを作成しましたが、誰もアクセスできません。

管理者の招待

新しいポータルの使用を開始するには、ポータル管理者を割り当てる必要があります。ポータル管理者は、プロジェクトを作成し、プロジェクト所有者を選択して、アセットをプロジェクトに割り当てます。ポータル管理者は、すべての AWS IoT SiteWise アセットを表示できます。

ユーザー認証サービスに基づいて、次のいずれかのオプションを選択します。

AWS SSO

SiteWise Monitor を初めて使用する場合は、前に作成したユーザーをポータル管理者として選択できます。別のユーザーをポータル管理者として追加する場合は、AWS SSOユーザーをこのページからダウンロードします。または、外部 ID プロバイダを AWS SSO に接続することもできます。詳細については、AWS Single Sign-On ユーザーガイドをご参照ください。

管理者を招待するには

  1. ポータル管理者になってもらいたいユーザーのチェックボックスをオンにします。これにより、ユーザーがポータル管理者リスト。

    注記

    あなたが使用する場合AWS SSOをアイデンティティストアとして使用していて、AWS Organizations管理アカウントでは、ユーザーの作成を作成するにはAWS SSOユーザー。AWS SSOは、新しいユーザーにパスワードを設定するための電子メールを送信します。その後、ユーザーを管理者としてポータルに割り当てることができます。詳細については、「」を参照してください。での ID の管理AWS SSO

  2. (オプション) [Send invite to selected users (選択したユーザーに招待を送信)] を選択します。E メールクライアントが開き、次の例に示すように、招待がメッセージ本文に入力されます。

    
                    に送信される招待 E メール本文。AWS SSOポータル管理者。

    E メールは、ポータル管理者に送信する前にカスタマイズできます。後でポータル管理者に E メールを送信することもできます。初めて SiteWise Monitor を試して、新しいAWS SSOまたは IAM ユーザーまたはロールをポータル管理者として使用する場合、自分宛てに E メールを送信する必要はありません。

  3. 管理者として不要なユーザーを追加する場合は、そのユーザーのチェックボックスをオフにします。

  4. ポータル管理者の招待が終了したら、[Next (次へ)] を選択します。


                招待AWS SSO管理者は、ポータル作成プロセスのステップを実行します。
IAM

ポータル管理者として、IAM ユーザーまたはロールを選択できます。別の IAM ユーザーまたはロールをポータル管理者として追加する場合は、IAM コンソールでユーザーまたはロールを作成できます。詳細については、「」を参照してください。での IAM ユーザーの作成AWSアカウントおよびIAM ロールの作成()IAM ユーザーガイド

管理者を招待するには

  1. 次の作業を行います。

    • 選択IAM ユーザーをクリックして、IAM ユーザーをポータル管理者として追加します。

    • 選択IAM; ロールをクリックして、ポータル管理者として IAM ロールを追加します。

  2. ポータル管理者になってもらいたいユーザーまたはロールのチェックボックスをオンにします。これにより、ユーザーまたはロールがポータル管理者リスト。

  3. 管理者として不要なユーザーまたはロールを追加する場合は、そのユーザーまたはロールのチェックボックスをオフにします。

  4. ポータル管理者の招待が終了したら、[Next (次へ)] を選択します。

重要

IAM ユーザーまたはロールにはiotsitewise:DescribePortalポータルにサインインするには、アクセス許可を使用します。

注記

あなたが使用する場合AWS SSOをアイデンティティストアとして使用していて、AWS Organizations管理アカウントでは、ユーザーの作成を作成するにはAWS SSOユーザー。AWS SSOは、新しいユーザーにパスワードを設定するための電子メールを送信します。その後、ユーザーを管理者としてポータルに割り当てることができます。詳細については、「」を参照してください。での ID の管理AWS SSO


                招待AWS SSOユーザー管理者は、ポータル作成プロセスのステップを実行します。

                招待AWS SSOロール管理者が、ポータル作成プロセスのステップを実行します。

ポータル管理者のリストは後で変更できます。詳細については、「ポータル管理者の追加または削除」を参照してください。

注記

プロジェクトを作成してアセットを割り当てることができるのはポータル管理者のみであるため、少なくとも 1 人のポータル管理者を指定する必要があります。

最後の手順として、新しいポータルにアクセスできるユーザーを追加します。

ポータルユーザーを追加する

ポータルにアクセスできるユーザーを制御します。各ポータルでは、ポータル管理者は 1 つ以上のプロジェクトを作成し、ポータルユーザーを各プロジェクトの所有者または閲覧者として割り当てます。各プロジェクト所有者は、プロジェクトを所有または閲覧するように追加のポータルユーザーを招待することができます。

ユーザー認証サービスに基づいて、次のいずれかのオプションを選択します。

AWS SSO

ユーザーをユーザーリストで、以下のステップを完了します。

ポータルユーザーを追加するには

  1. [] からユーザーを選択します。ユーザーリストをクリックして、ポータルに追加します。これにより、ユーザーがポータルユーザーリスト。SiteWise Monitor を初めて使用する場合、ポータル管理者をポータルユーザーとして追加する必要はありません。

    注記

    あなたが使用する場合AWS SSOをアイデンティティストアとして使用していて、AWS Organizations管理アカウントでは、ユーザーの作成を作成するにはAWS SSOユーザー。AWS SSOは、新しいユーザーにパスワードを設定するための電子メールを送信します。その後、ユーザーをユーザーとしてポータルに割り当てることができます。詳細については、「」を参照してください。での ID の管理AWS SSO

  2. ポータルにアクセスさせたくないユーザーを追加する場合は、そのユーザーのチェックボックスをオフにします。

  3. ユーザーの選択が完了したら、[ユーザーを割り当てる


                割り当てAWS SSOポータル作成プロセスのユーザーのステップ。
IAM

追加するユーザーまたはロールが [IAM ユーザーまたはIAM; ロールリストで、以下のステップを完了します。

ポータルユーザーを追加するには

  1. 次のオプションを実行します。

    • 選択IAM ユーザーIAM ユーザーをポータルユーザーとして追加するには、[] をクリックします。

    • 選択IAM; ロールをクリックして、IAM ロールをポータルユーザーとして追加します。

    SiteWise Monitor を初めて使用する場合、ポータル管理者をポータルユーザーとして追加する必要はありません。

  2. ポータル・ユーザーになってもらいたいユーザーまたはロールのチェックボックスをオンにします。これにより、ユーザーまたはロールがポータルユーザーリスト。

  3. ポータルにアクセスさせたくないユーザーを追加する場合は、そのユーザーのチェックボックスをオフにします。

  4. ユーザーの選択が完了したら、[ユーザーを割り当てる

重要

IAM ユーザーまたはロールにはiotsitewise:DescribePortalポータルにサインインするには、アクセス許可を使用します。


                ポータル作成プロセスの「IAM ユーザーの割り当て」ステップ。

                ポータル作成プロセスの「IAM」ステップ。

おめでとうございます。これで、ポータルの作成、ポータル管理者の割り当て、ポータルへの招待時にそのポータルを使用できるユーザーの割り当てが完了しました。ポータル管理者は、プロジェクトを作成し、それらのプロジェクトにアセットを追加できるようになりました。次に、プロジェクトの所有者はダッシュボードを作成して、各プロジェクトのアセットのデータを可視化することができます。

ポータル・ユーザーのリストは後で変更できます。詳細については、「ポータルユーザーの追加または削除」を参照してください。

ポータルに変更を加える必要がある場合は、「SiteWise モニターポータルの管理」を参照してください。

ポータルで開始するには、開始方法()SiteWise Monitor アプリケーション