カスタム認証 - AWS IoT コア

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

カスタム認証

AWS IoT Core では、独自のクライアントの認証と認可を管理できるように、カスタムオーソライザーを定義できます。これは、AWS IoT Core がネイティブでサポートするもの以外の認証メカニズムを使用する必要がある場合に便利です。(ネイティブにサポートされるメカニズムの詳細については、「クライアント認証」を参照してください)。 

たとえば、フィールド内の既存のデバイスを AWS IoT Core に移行し、それらのデバイスがカスタムベアラートークンまたは MQTT ユーザー名とパスワードを使用して認証する場合、新しい ID をプロビジョニングすることなく、それらのデバイスを AWS IoT Core に移行できます。カスタム認証は、AWS IoT Core がサポートする通信プロトコルのいずれかで使用できます。がサポートするプロトコルの詳細については、「AWS IoT Core」を参照してください。デバイス通信プロトコル