デバイス通信プロトコル - AWS(AWS) IoT コア

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

デバイス通信プロトコル

AWS IoT Core MQTTとMQTTを使用するデバイスとクライアントをサポート WebSocket メッセージの公開とサブスクライブを行うためのセキュア(WSS)プロトコル、およびHTTPSプロトコルを使用してメッセージを公開するデバイスやクライアント。すべてのプロトコルをサポート IPv4 および IPv6. このセクションでは、デバイスとクライアントのさまざまな接続オプションについて説明します。

AWS IoT Core 使用 TLS(TLS) バージョン 1.2 すべての通信を暗号化します。詳細については、AWS IoT でのトランスポートセキュリティ を参照してください。

プロトコル、ポートマッピング、認証

デバイスまたはクライアントがデバイス・エンドポイントを使用してメッセージ・ブローカーに接続する方法は、使用するプロトコルによって異なります。次の表は、 AWS IoT デバイスのエンドポイントがサポートし、使用する認証方法とポート。

プロトコル、認証、ポートマッピング
プロトコル サポートされる操作 認証 ポート ALPN プロトコル名

MQTTオーバー WebSocket

公開、購読 署名バージョン 4 443

該当なし

MQTTオーバー WebSocket

公開、購読 カスタム認証 443

該当なし

MQTT

公開、購読

X.509 クライアント証明書

443

x-amzn-mqtt-ca

MQTT 公開、購読 X.509 クライアント証明書 8883 該当なし

MQTT

公開、購読

カスタム認証

443

mqtt

HTTPS

公開のみ

署名バージョン 4

443

該当なし

HTTPS

公開のみ

X.509 クライアント証明書

443

x-amzn-http-ca

HTTPS 公開のみ X.509 クライアント証明書 8443 該当なし
HTTPS 公開のみ カスタム認証 443 該当なし

X.509クライアント証明書認証を使用してポート443に接続するクライアントは、 アプリケーション・レイヤー・プロトコル・ネゴシエーション(ALPN) TLS拡張機能を使用して、 ALPN プロトコル名 ALPNにリストされている ProtocolNameList クライアントが ClientHello メッセージ。また、クライアントは サーバー名表示(SNI)TLS拡張. SNIを含まない接続の試みは拒否されます。詳細については、「AWS IoT のトランスポートセキュリティ」を参照してください。

注記

[ AWS IoT 装置 SDKs MQTT および MQTT over WSS をサポートし、クライアント接続のセキュリティ要件をサポートします。以下を使用することをお勧めします。 AWS IoT 装置 SDKs クライアントを AWS IoT.

クライアントは、AWSアカウントのデバイスエンドポイントに接続します。参照 AWS IoT デバイスデータおよびサービスエンドポイント 」を参照してください。

AWS IoT Core に接続する

プロトコル

エンドポイントまたはURL

MQTT

iot-endpoint

MQTT over WSS(WSSに対するMQTT)

wss://iot-endpoint/mqtt

HTTPS

https://iot-endpoint/topics

デバイス通信のプロトコルの選択

ほとんどの IoT MQTT または MQTT を WSS プロトコルで使用する必要がありますが、デバイス エンドポイントも HTTPS をサポートしています。次の表は、 AWS IoT Core は、デバイス通信に 2 つのプロトコルを使用します。

AWS IoT デバイス・プロトコルを並べて表示

機能

MQTT

HTTPS

サポートの公開/登録

公開と購読

公開のみ

SDK サポート

AWS 装置 SDKs MQTT および WSS プロトコルをサポート

SDK はサポートしていませんが、言語固有の方法を使用して HTTPS 要求を行うことができます。

サービス品質サポート

MQTT(MQTT) QoS レベル0および1

いいえ QoS サポート

デバイスがオフラインのときにメッセージを受信できません あり なし

clientId フィールドサポート

あり

なし

装置外れ検出

あり

なし

安全な通信

はい。「プロトコル、ポートマッピング、認証」を参照してください

はい。「プロトコル、ポートマッピング、認証」を参照してください

接続時間 最大数週間 最大24時間

トピックの定義

アプリケーションの定義

アプリケーションの定義

メッセージデータ形式

アプリケーションの定義

アプリケーションの定義

プロトコルのオーバーヘッド より高い
消費電力 より高い