AWS IoT Core でのデータ保護 - AWS IoT コア

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS IoT Core でのデータ保護

AWS 責任共有モデルは、AWS IoT Core のデータ保護に適用されます。このモデルで説明したように、AWS は、すべての AWS クラウドを実行するグローバルインフラストラクチャを保護します。お客様は、このインフラストラクチャでホストされているコンテンツに対する管理を維持する責任があります。このコンテンツには、使用する AWS サービスのセキュリティ設定および管理タスクが含まれます。データプライバシーの詳細については、「データプライバシーのよくある質問」を参照してください。 欧州でのデータ保護の詳細については、AWS セキュリティブログの「AWS の責任共有モデルと GDPR」のブログ記事を参照してください。

データ保護の目的で、AWS アカウントの認証情報を保護し、個々のユーザーアカウントを AWS Identity and Access Management (IAM) で設定することをお勧めします。この方法により、それぞれの職務を遂行するために必要なアクセス許可のみを各ユーザーに付与できます。また、以下の方法でデータを保護することをお勧めします。

  • 各アカウントで多要素認証 (MFA) を使用します。

  • SSL/TLS を使用して AWS リソースと通信します。TLS 1.2 以降が推奨されています。

  • AWS CloudTrail で API とユーザーアクティビティログをセットアップします。

  • AWS 暗号化ソリューションを、AWS サービス内のすべてのデフォルトのセキュリティ管理と一緒に使用します。

  • Amazon Macie などの高度なマネージドセキュリティサービスを使用します。これにより、Amazon S3 に保存される個人データの検出と保護が支援されます。

  • コマンドラインインターフェイスまたは API を使用して AWS にアクセスするときに FIPS 140-2 検証済みの暗号化モジュールが必要な場合は、FIPS エンドポイントを使用します。使用可能な FIPS エンドポイントの詳細については、「連邦情報処理規格 (FIPS) 140-2」を参照してください。

顧客のアカウント番号などの機密の識別情報は、[名前] フィールドなどの自由形式のフィールドに配置しないことを強くお勧めします。これは、コンソール、API、AWS CLI、または AWS で AWS IoT または他の AWS サービスを使用する場合も同様です。AWS IoT または他のサービスに入力したデータはすべて、診断ログの内容として取得される可能性があります。外部サーバーへの URL を指定するときは、そのサーバーへのリクエストを検証するための認証情報を URL に含めないでください。

データ保護の詳細については、 AWS セキュリティブログのブログ投稿「AWSの責任共有モデルと GDPR」を参照してください

AWS IoT デバイスはデータを収集し、そのデータに対して何らかの操作を行い、そのデータを別のウェブサービスに送信します。デバイスにデータを短期間保存することを選択することもできます。お客様は、保管中のデータに対するデータ保護を提供する責任があります。デバイスがデータを AWS IoT に送信すると、このセクションの後半で説明するように、TLS 接続を介してそのデータを送信します。AWS IoT デバイスは、任意の AWS のサービスにデータを送信できます。各サービスのデータセキュリティの詳細については、そのサービスのドキュメントを参照してください。AWS IoT は、CloudWatch Logs にログを書き込み、AWS IoT API 呼び出しを AWS CloudTrail にログを記録するように設定できます。これらのサービスのデータセキュリティの詳細については、「Amazon CloudWatch の認証とアクセスコントロール」および「AWS KMS で管理されたキーによる CloudTrail ログファイルの暗号化」を参照してください。