フリートインデックス作成サービス - AWS(AWS) IoT コア

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

フリートインデックス作成サービス

フリートインデックス作成は、クラウド上でレジストリデータ、シャドウデータ、およびデバイス接続データ(デバイスライフサイクルイベント)のインデックス作成、検索や集計に使用できるマネージド型サービスです。フリートインデックスが設定された後、サービスはモノのグループ、Thing Registry、デバイスシャドウの更新のインデックス作成を管理します。集計クエリの詳細については、「集計データのクエリ」を参照してください。シンプルなクエリ言語を使用してこのデータを検索できます。検索クエリでモノの動的グループを作成することもできます。

注記

フリートインデックス作成サービスが、モノの作成、更新、または削除の後でフリートインデックスを更新するまでに、30 秒ほどかかることがあります。

インデックス作成を有効にすると、AWS IoT によって、モノまたはモノのグループのインデックスが作成されます。アクティブになると、バッテリー残量が 70% 超のすべてのハンドヘルドデバイスの検索などのクエリをインデックスで実行できます。AWS IoT では、インデックスが最新のデータで継続的に更新されます。

AWS_Things はモノに対して作成されたインデックスです。AWS_ThingGroups は、すべてのモノのグループが含まれるインデックスです。

AWS IoT コンソールを使用して、インデックス設定を管理し、検索クエリを実行できます。コンソールの設定ページで使用するインデックスを選択します。プログラマティックアクセスを希望する場合は、 AWS SDKs または AWS Command Line Interface (AWS CLI)。

このサービスと他のサービスの料金の詳細については、「AWS IoT デバイス管理料金表」ページを参照してください。