ジョブ AWS IoT の使用APIs - AWS IoT コア

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ジョブ AWS IoT の使用APIs

AWS IoT ジョブサービスで使用される API には、次の 2 つのカテゴリがあります。

  • ジョブの管理と制御に使用されるもの。

  • それらのジョブを実行するデバイスによって使用されるもの。

一般に、ジョブの管理と制御には HTTPS プロトコル API を使用します。デバイスは、MQTT または HTTPS プロトコル API を使用できます。(HTTPS API は、ジョブの作成と追跡の際に一般的な少数の呼び出しに対応するように設計されています。 これは、通常、1 つのリクエストの接続を開き、レスポンスが受信された後で接続を閉じます。 MQTT API は、ロングポーリングを許可します。 これは、数百万のデバイスに拡張できる大量のトラフィック用に設計されています。)

注記

各 AWS IoT ジョブの HTTPS API には対応するコマンドがあり、AWS CLI. から API を呼び出すことができます。コマンドは小文字で、API の名前を構成する単語の間にハイフンが付きます。たとえば、CLI で CreateJob API を呼び出すには、次のように入力します。

aws iot create-job ...